306 views

無名塾・仲代達矢の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 仲代達矢

記事公開日:2019年07月30日
最終更新日:2019年11月18日

仲代達矢
出典:wikipedia.org

仲代達矢(なかだい たつや)は、日本の俳優。

劇団俳優座出身で演劇・映画・テレビドラマで活動を続けている日本を代表する名優。
妻の宮崎恭子と無名塾を創立して後進の養成を行います。

このページでは仲代達矢の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

仲代達矢の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1932年12月13日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin119です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い嵐 白い鏡 音2
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い猿
互いに学びあう 反対kin 赤い月
互いに秘かれあう 神秘kin 白い風
以てるもの同士の類似kin 黄色い太陽
鏡の向こうのもう一人の自分 kin142
絶対反対kin kin249

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音2」はパワーが強い人で、衝突するような体験が多い人生を送ります。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。組織の中でも決断を行うキーパーソンとなる役割が多い人です。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

ひとことでいえばKin119の誕生日占いは、自然の成り行きの中で大きな達成が期待できるタイプです。変化に身を任せよう。頭の切り替えが大事。

広告

仲代達矢の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都目黒区出身。本名は仲代元久(なかだい もとひさ)。
父はバスの運転手。仲代が小学2年生の頃に父が亡くなり、一家は極貧状態に陥ります。

俳優座養成所

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1951.12.13~ 19 34 8 白い魔法使い 青い手
1952.12.13~ 20 139 9 青い嵐 青い猿
1953.12.13~ 21 244 10 黄色の種 青い鷲
定時制高校を卒業したものの定職にはつけず警備員などをしていました。
そんな中に俳優座の公演を観て感銘。1952年に俳優座養成所へ第4期生として入所。

ウェブスペルの色が青色の後半に俳優座養成所へ入所。

俳優座

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1955.12.13~ 23 194 12 白い魔法使い 青い夜
1956.12.13~ 24 39 13 青い嵐 青い手
1957.12.13~ 25 144 1 黄色の種 黄色の種
1955年に養成所を卒業し俳優座に入団。芸名の「仲代達矢」を使い始めます。
1956年に映画『火の鳥』で月丘夢路の相手役に抜擢。本格的デビューを果たします。
1957年に俳優座所属の女優・宮崎恭子と結婚

ウェブスペルの色が青色の最期付近に俳優座に入団。女優・宮崎恭子と結婚。

主演俳優

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1959.12.13~ 27 94 3 白い魔法使い 黄色い人
1960.12.13~ 28 199 4 青い嵐 黄色い戦士
1961.12.13~ 29 44 5 黄色の種 黄色い太陽
映画会社大手5社とは専属契約を結ばずにフリーランスでの道を選びます。

1959年に映画『人間の條件』で主人公に起用。撮影が1年半、6部作におよぶ作品で監督の小林正樹も感服する演技を見せた。
1961年に黒澤明監督の『用心棒』に三船敏郎の相方として出演、1962年に『椿三十郎』。

1962年に宮崎恭子との間の子が死産。夫婦に子がなかったため、宮崎の妹の娘・奈緒を養女に迎えます。後に奈緒は仲代奈緒の名で歌手となります。

ウェブスペルの色が黄色の前半にはフリーランスで俳優として活躍。

1960年代には斜陽期となった映画界を支える新進の代表格となった。また、舞台俳優としても引き続き活躍、俳優座の看板俳優として演劇界にも地位を確立した。

無名塾

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1974.12.13~ 42 109 5 赤い月 赤い蛇
1975.12.13~ 43 214 6 白い魔法使い 赤い月
1976.12.13~ 44 59 7 青い嵐 赤い空歩く人
1972年に大河ドラマ『新・平家物語』で平清盛役。
山崎豊子原作の映画『華麗なる一族』(1974年)で準主役を一人二役。映画『不毛地帯』(1976年)で主役。高く評価されます。

1975年に妻の宮崎恭子と共に無名塾を創立して後進の養成を開始。無名塾は学費が無料、実力派の俳優である仲代達矢の指導が直接受けられ、養成コースは3年間。
無名塾出身者は役所広司、若村麻由美、真木よう子など。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに妻の恭子と共に無名塾を創立して後進の養成を開始。

俳優座を退団

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1979.12.13~ 47 114 10 白い魔法使い 赤い蛇
1980.12.13~ 48 219 11 青い嵐 赤い月
1981.12.13~ 49 64 12 黄色の種 赤い空歩く人
1979年に俳優座を退団。
以後は無名塾公演で、脚本・演出を妻の恭子に任せ、自分が出演する形で演劇を継続。

映画では1980年に『影武者』『二百三高地』、1982年に『鬼龍院花子の生涯』などに出演。

ウェブスペルの色が赤色の後半に俳優座を退団。以後は無名塾公演で出演。

妻・恭子

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.12.13~ 63 234 13 白い魔法使い 白い風
1996.12.13~ 64 79 1 青い嵐 青い嵐
1997.12.13~ 65 184 2 黄色の種 青い夜
宮崎恭子とは結婚して以来、家庭と無名塾の公私両面を二人三脚で乗り切ります。
しかし1996年に宮崎恭子はガンで死去。その後も仲代は無名塾を続けます。
1996年に竹中直人主演の大河ドラマ『秀吉』で千利休役。
同年、紫綬褒章を受賞。

ウェブスペルの色が白色の最後の年に妻の宮崎恭子が亡くなります。

その後の活躍

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2014.12.13~ 82 149 6 赤い月 黄色の種
2015.12.13~ 83 254 7 白い魔法使い 黄色い星
2016.12.13~ 84 99 8 青い嵐 黄色い人
2015年に文化勲章を受賞。同年にも2本の映画に主演。
2017年に主演作『海辺のリア』が公開。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに文化勲章を受賞。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.12.13~ 86 49 10 赤い月 黄色い太陽
2019.12.13~ 87 154 11 白い魔法使い 黄色の種
2020.12.13~ 88 259 12 青い嵐 黄色い星
仲代達矢の現在は、ウェブスペルの色が黄色の最後付近に当たります。
87才の時はKin154。独自の理論があり企画能力がある年です。自分以外に関心をもちます。

  • 音11は、オリジナリティが高く、独自の道を歩むエネルギーの強いです。
  • 白い魔法使いは、人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたりできます。常にベストを尽くし、きっちり仕事をします。
  • 黄色い種は、物事の根本的な原因、本質を最初から納得できるまで追究したくなります。他人の良いところを見つけ開花させるのに向いています。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

血気さかんな時こそ、来るべき事態に備える。

仲代達矢のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の後半に俳優座養成所へ入所。
青色の最期付近に俳優座に入団。女優・宮崎恭子と結婚。
黄色の前半にはフリーランスで俳優として活躍。
赤色の半ばに妻の恭子と共に無名塾を創立して後進の養成を開始。
赤色の後半に俳優座を退団。以後は無名塾公演で出演。
白色の最後の年に妻の宮崎恭子が亡くなります。
2度目の黄色の半ばに文化勲章を受賞。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

三波春夫
三波春夫(みなみ はるお)は、日本の浪曲師、演歌歌手。昭和を代表する歌手。特に、東京オリンピックの「東京五輪音頭」、大阪万博の「世界の国からこんにちは」は代表曲として知られます。

続きを読む


出光佐三
出光佐三(いでみつ さぞう)は、日本の実業家。石油元売会社・出光興産の創業者。日中戦争の拡大と共に事業を拡大。日本の敗戦ですべてを失いますが、一人もクビにせず雇い続けます。宗像市に在る宗像大社の再建に貢献。

続きを読む


稲葉清右衛門
稲葉清右衛門(いなば せいえもん)は、日本の技術者、実業家。ファナックの経営者として一代で同社をNC装置、産業用ロボットのトップメーカーとして育て上げた人物。

続きを読む


坂村健
坂村健(さかむら けん)は、日本のコンピュータ科学者。自ら提唱したTRONプロジェクトのリーダー、またアーキテクトとして多種多様な仕様を策定。組み込み用OSとして広く使われています。

続きを読む


ジョン・バーディーン
ジョン・バーディーンは、アメリカの物理学者。1956年にトランジスターの開発、1972年に超伝導現象の理論的解明でノーベル物理学賞を2度受賞した人物。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin119)

水前寺清子
水前寺清子(すいぜんじ きよこ)は、日本の演歌歌手、女優。愛称はチータ。『三百六十五歩のマーチ』が100万枚の大ヒット。紅白歌合戦に連続22回出場。ドラマ『ありがとう』で主演。最高視聴率56.3%を記録。

続きを読む


木村文乃
木村文乃(きむら ふみの)は、日本の女優。デビューするが続かずに芸能活動を休止。その後、ちふれのCMやドコモのCMに起用され再ブレイク。インスタグラムの「#ふみ飯」でも多くのファンを獲得。

続きを読む


金栗四三
金栗四三(かなくり しそう)は、日本のマラソン選手、師範学校教師。箱根駅伝の開催に尽力。日本で高地トレーニング導入など日本マラソン界に大きく寄与。「マラソンの父」と称されます。

続きを読む


折口雅博
折口雅博(おりぐち まさひろ)は実業家。人材派遣会社大手のグッドウィル・グループの前会長。1990年代以降にベンチャービジネスの旗手として経済雑誌に取り上げられることが多かった。

続きを読む


関連記事 (俳優)

松田優作
松田優作さんは、刑事ドラマ「太陽にほえろ!」で人気を獲得。1970年代後半からアクションスターとして人気を博し、1980年代からは演技派としても認められるようになりました。

続きを読む


吉田鋼太郎
吉田鋼太郎(よしだ こうたろう)は、日本の俳優、演出家。長く舞台で活躍。活動の場をテレビにも広げ『花子とアン』で嘉納伝助役、『おっさんずラブ』で黒澤部長役。蜷川幸男の後継の2代目芸術監督に就任。

続きを読む


真田広之
真田広之(さなだ ひろゆき)は、俳優・歌手。子役としてデビュー。JACに入団しアクションスターとして活躍。その後演技派俳優として『太平記』『高校教師』に出演し、幅広い世代からの認知を得た。

続きを読む


千葉雄大
千葉雄大(ちば ゆうだい)は、日本の俳優、タレント。 Toppaモデルオーディションで選ばれモデルとして活動を開始。その後、『天装戦隊ゴセイジャー』のゴセイレッド役に抜擢。俳優としてデビュー。

続きを読む


火野正平
火野正平(ひの しょうへい)は、日本の俳優。芸能界の「元祖プレイボーイ」と称され、ワイドショーを賑わあせます。2011年より「にっぽん縦断 こころ旅」のパーソナリティを務めます。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事