298 views

百万本のバラ・加藤登紀子の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 加藤登紀子

加藤登紀子
出典:wikipedia.org 2020年

加藤登紀子(かとう ときこ)は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家、女優。

代表曲に「知床旅情」「百万本のバラ」など。
女優として『居酒屋兆治』など、声優として『紅の豚』でマダム・ジーナ役で出演。

このページでは、加藤登紀子(かとう ときこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

加藤登紀子の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1943年12月27日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin248です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い星 黄色い星 音1
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い星
互いに学びあう 反対kin 白い鏡
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い空歩く人
以てるもの同士の類似kin 青い猿
鏡の向こうのもう一人の自分 kin13
絶対反対kin kin118

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音1」は太陽の紋章とウェブスペルが一緒です。迷いのない決断力のある人で、人の先頭に立って決断をする即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。色々なものが引き寄せられてきます。

「黄色い星」は、職人気質で、プロ意識を持っています。やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。自分の居場所、ココロの綺麗な人、とにかく綺麗なものがなんでも好きです。逆に、ごちゃごちゃした環境ではストレスがたまります。

ひとことでいえばKin248の誕生日占いは、美に対する妥協を許さないタイプです。根気強く準備をしましょう。賑わいの中で発展する。競争は避けられない。

広告

加藤登紀子の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

満州国・ハルビン市生まれ。父は南満州鉄道勤務。
敗戦後は母の実家の京都に移ります。
中1の時に父の仕事の都合で東京へ引っ越し。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1964.12.27~ 21 113 9 赤い空歩く人 赤い蛇
1965.12.27~ 22 218 10 白い鏡 赤い月
1966.12.27~ 23 63 11 青い夜 赤い空歩く人
6才年上の兄と机を並べ学習するうちに成績が上がり都立駒場高校にトップ合格。
高校時代は放送部に所属。1年後輩の吉永小百合も仕事の合間に参加していたという。
60年安保の闘争で東大生の樺美智子が亡くなったのを機に東大を目指し合格。東大では演劇活動に熱中。
1965年、東京大学在学中に、第2回日本アマチュアシャンソンコンクール優勝。
1966年に「誰も誰も知らない」でデビュー。「赤い風船」で第8回日本レコード大賞新人賞受賞。

東京大学は6年かけて卒業。

ウェブスペルの色が赤色の後半に歌手としてデビュー。

知床旅情

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1968.12.27~ 25 13 13 赤い空歩く人 赤い竜
1969.12.27~ 26 118 1 白い鏡 白い鏡
1970.12.27~ 27 223 2 青い夜 白い風
1969年に「ひとり寝の子守唄」で第11回日本レコード大賞歌唱賞受賞。
1971年に森繁久彌が作詞・作曲した「知床旅情」を歌い第13回日本レコード大賞歌唱賞受賞。同年、紅白歌合戦に初出場。140万枚を売り上げた。

ウェブスペルの色が白色の始めころに「知床旅情」を歌いミリオンセラーを記録。紅白歌合戦に初出場。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1971.12.27~ 28 68 3 黄色い星 白い世界の橋渡し
1972.12.27~ 29 173 4 赤い空歩く人 白い犬
1973.12.27~ 30 18 5 白い鏡 白い魔法使い
1972年に藤本敏夫と獄中結婚。
夫の藤本とは1968年の東大紛争の時に知り合います。当時、藤本は同志社大学の学生。
その後、防衛庁襲撃事件などで逮捕され勾留の身でした。
2人の間には1972年、1975年、1980年生まれの3人の娘に恵まれます。次女はYaeは歌手。

ウェブスペルの色が白色の前半に藤本敏夫と結婚。その後、3人の娘に恵まれます。

この空を飛べたら

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1978.12.27~ 35 23 10 青い夜 白い魔法使い
1983.12.27~ 40 28 2 黄色い星 青い手
1984.12.27~ 41 133 3 赤い空歩く人 青い猿
1978年に中島みゆきが作詞・作曲の『この空を飛べたら』を歌いロング・ヒットを記録。35万枚を売り上げた。
1983年の映画『居酒屋兆治』で高倉健の妻役、1986年のテレビドラマ『深夜にようこそ』で千葉真一の妻役で共演した。

ウェブスペルの色が白色の後半に「この空を飛べたら」を歌いロング・ヒット。

百万本のバラ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1986.12.27~ 43 83 5 青い夜 青い嵐
1987.12.27~ 44 188 6 黄色い星 青い夜
1988.12.27~ 45 33 7 赤い空歩く人 青い手
1987年に「百万本のバラ」を歌い100万枚を売る大ヒット。元はロシア語の歌謡曲で日本語の訳詞は自身で行います。
また中森明菜に「難破船」、石原裕次郎に「わが人生に悔いなし」の楽曲を提供し高セールス。
1989年に紅白歌合戦に18年ぶり2回目の出場。翌1990年に3回目の出場。

ウェブスペルの色が青色の半ばに「百万本のバラ」を歌い100万枚を売る大ヒット。

紅の豚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1991.12.27~ 48 88 10 黄色い星 青い嵐
1992.12.27~ 49 193 11 赤い空歩く人 青い夜
1994.12.27~ 51 143 13 青い夜 青い猿
1992年に宮崎駿監督のアニメ映画『紅の豚』でマダム・ジーナの声優を担当。主題歌とエンディングも担当。
1995年6月21日に函館空港の全日空857便ハイジャック事件に遭遇。16時間余りの緊張を体験した。

ウェブスペルの色が青色の後半にアニメ映画『紅の豚』でマダム・ジーナの声優および主題歌とエンディングも担当。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.12.27~ 77 13 13 赤い空歩く人 赤い竜
2021.12.27~ 78 118 1 白い鏡 白い鏡
2022.12.27~ 79 223 2 青い夜 白い風
加藤登紀子の現在は、ウェブスペルの色が赤色の最後の年に当たります。
77才の時はKin13。冒険心にあふれている年です。没頭すると怖いものなしです。

  • 音13は、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことに向いています。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえることができます。
  • 赤い空歩く人は、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。
  • 赤い竜は、物事を誕生させるパワーがあり、叩かれてもめげません。母性愛が強く血のつながりをとても大事にします。

自分自身が輝け、時を得て満足すること。

加藤登紀子のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の後半に歌手としてデビュー。
白色の始めころに「知床旅情」を歌いミリオンセラーを記録。紅白歌合戦に初出場。
白色の前半に藤本敏夫と結婚。その後、3人の娘に恵まれます。
白色の後半に「この空を飛べたら」を歌いロング・ヒット。
青色の半ばに「百万本のバラ」を歌い100万枚を売る大ヒット。
青色の後半にアニメ映画『紅の豚』でマダム・ジーナの声優および主題歌とエンディングも担当。

勾留と釈放を挟み、合わせて30年間を連れ添った夫は、2002年に肝臓で死去(享年58)。
次女はYaeとして歌手。2018年に加藤登紀子自身がコンサートをプロデュース。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

石塚英彦
石塚英彦(いしづか ひでひこ)は、日本のお笑いタレント、グルメリポーター、俳優。愛称は「石ちゃん」。お笑いコンビ・ホンジャマカとして活躍後、ソロで活動。グルメレポーターとして活躍。食べた後の「まいうー」はトレードマーク。

続きを読む


恵俊彰
恵俊彰(めぐみ としあき)は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優。お笑いコンビ・ホンジャマカとして活躍後、ソロで活動。2009年より『ひるおび!』の総合司会で有名。俳優としても活動しており『下町ロケット』等に出演。

続きを読む


片瀬那奈
片瀬那奈(かたせ なな)は、日本の女優、司会者。スカウトを受け芸能界入り。『旭化成水着キャンペーンモデル』で注目されドラマ『美少女H2』で女優デビュー。情報番組『シューイチ』の総合司会を担当。

続きを読む


小倉久寛
小倉久寛(おぐら ひさひろ)は、日本の俳優、声優。三宅裕司が主催のスーパー・エキセントリック・シアターの旗揚げに参加。1980年代半ばよりバラエティ番組を中心にテレビ出演が増え、その後『ヤングスタジオ101』の司会に抜擢。

続きを読む


染谷将太
染谷将太(そめたに しょうた)は、日本の俳優。妻は女優の菊地凛子。7才から子役として活動。2011年に映画『ヒミズ』で二階堂ふみと共にヴェネツィア国際映画祭のマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin248)

大地真央
大地真央(だいち まお)は、日本の女優。元宝塚歌劇団月組トップスター。宝塚歌劇団を退団後はミュージカルスターとして舞台を中心に活躍。

続きを読む


ジェームス三木
ジェームス三木(ジェームス みき)は、日本の脚本家、作家、元歌手。朝の連続テレビ小説「澪つくし」、大河ドラマ『独眼竜政宗』などが代表作。

続きを読む


本上まなみ
本上まなみ(ほんじょう まなみ)、日本のタレント、女優。公式ニックネームはほんじょ。女優としてデビュー後に司会、ナレーター、エッセイストなど幅広く活躍。

続きを読む


長嶋一茂
長嶋一茂(ながしま かずしげ)は、日本のタレント、元プロ野球選手。父と同じ立教大学で活躍後にプロ野球選手になります。ヤクルト、巨人と入団しますが成績を残せずに現役引退し芸能人に転身。

続きを読む


小池百合子
小池百合子(こいけ ゆりこ)は、日本の政治家。ニュースキャスターを経て、1992年に政界へ転身。2016年に東京都知事に女性としては初の当選しました。

続きを読む


関連記事 (歌手)

ビヨンセ
ビヨンセは、アメリカのシンガーソングライター、音楽プロデューサー、女優。「デスティニーズ・チャイルド」のメインボーカルを務めた後、ソロで活動し大成功。後にグラミー賞6部門を受賞します。

続きを読む


前田敦子
前田敦子(まえだ あつこ)は、日本の女優、歌手。女性アイドルグループAKB48の元メンバー。オープニングメンバーであり、センターとして約6年活動。卒業後は女優業に専念。夫は俳優の勝地涼。

続きを読む


郷ひろみ
郷ひろみ(ごう ひろみ)は、日本の歌手、俳優。西城秀樹、野口五郎と共に『新・御三家』と並び称される昭和を代表するスターの一人です。長く第一線での活躍を続け、母娘の親子2代でファンというケースもあるほど。

続きを読む


大友康平
大友康平(おおとも こうへい)は、歌手、俳優、タレント。ロックバンド「HOUND DOG」のボーカル。日本武道館史上最多の15日連続ライブを決行。「BRIDGE あの橋をわたるとき」は最大のヒットシングル曲。

続きを読む


伊藤蘭
伊藤蘭(いとう らん)は、日本の女優、ナレーター、歌手。愛称はランちゃん。元キャンディーズのメンバー。夫は俳優の水谷豊。長女は女優の趣里。2019年より歌手活動を41年ぶりに再開。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ