268 views

私の青空・田畑智子の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 田畑智子

田畑智子
→ 画像検索はこちら

田畑智子(たばた ともこ)は、日本の女優。夫は俳優の岡田義徳。

映画『お引越し』のヒロイン役のオーディションで勝ち抜きデビュー。
朝の連続テレビ小説『私の青空』でヒロイン役を行い知られる存在になります。

このページでは、田畑智子(たばた ともこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 岡田義徳と田畑智子の誕生日占いと相性占いを診断

田畑智子の誕生日占い

生年月日:1980年12月26日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin232です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い人 白い風 音11
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い人
互いに学びあう 反対kin 白い風
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い月
以てるもの同士の類似kin 青い手
鏡の向こうのもう一人の自分 kin29
絶対反対kin kin102

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音11」は、オリジナリティが高く、自分のスタンスやスタイルを崩さず、独自の道を歩むエネルギーの強い人です。常に自分自身の中に、堅実さと奔放さなど相反する要素を持っています。強い破壊力の持ち主で良くも悪くも、事をやり遂げるためには手段を選びません。「改革者」という言葉が似合う人です。

「白い風」は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

「黄色い人」は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。

ひとことでいえばKin232の誕生日占いは、独自の道を歩きオリジナリティを大事にするタイプです。心を引き締め足元に注意しスタートすること。

広告

田畑智子の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

京都市出身。
実家は祇園の老舗料亭『鳥居本』。享保年間創業なので300年を超える老舗。
由緒正しき家庭で厳しく育ちます。家の中では「京言葉」と正座を常に求められた。また習い事も数多く経験。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1991.12.26~ 11 87 9 青い手 青い嵐
1992.12.26~ 12 192 10 黄色い人 青い夜
1993.12.26~ 13 37 11 赤い地球 青い手
映画監督の相米慎二が中井貴一の娘役を演じる小中学生を探している時、11才の田畑智子のことを知り対面。
オーディションに誘い8,258人の応募者の中から映画『お引越し』(1993年公開)のヒロイン・漆場レンコ役に抜擢。
『お引越し』では新人賞を多数受賞しました。

ウェブスペルの色が青色の後半に映画『お引越し』のヒロイン役のオーディションで勝ち抜きデビュー。

向田邦子シリーズ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.12.26~ 15 247 13 青い手 青い鷲
1996.12.26~ 16 92 1 黄色い人 黄色い人
1997.12.26~ 17 197 2 赤い地球 黄色い戦士
1996年より2001年まで、久世光彦演出ドラマ『向田邦子シリーズ』に毎年出演。

ウェブスペルの色が黄色に変わりドラマ『向田邦子シリーズ』に毎年のように出演。

私の青空

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1999.12.26~ 19 147 4 青い手 黄色の種
2000.12.26~ 20 252 5 黄色い人 黄色い星
2001.12.26~ 21 97 6 赤い地球 黄色い人
2000年に朝の連続テレビ小説『私の青空』でヒロイン役。シングルマザーを題材としたことでも話題となった。
連続テレビ小説作品史上初の続編となる『私の青空2002』も製作されます。

私生活では龍谷大学文学部へ進学しますが、中退。

ウェブスペルの色が黄色の前半に朝の連続テレビ小説『私の青空』でヒロイン役。

血と骨

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2003.12.26~ 23 47 8 青い手 黄色い太陽
2004.12.26~ 24 152 9 黄色い人 黄色の種
2005.12.26~ 25 257 10 赤い地球 黄色い星
2004年に大河ドラマ『新選組!』では近藤勇役・香取慎吾の妻役で出演。
同年、映画『血と骨』に出演し日本アカデミー賞・優秀助演女優賞を受賞。

ウェブスペルの色が黄色の後半に映画『血と骨』に出演し日本アカデミー賞・優秀助演女優賞を受賞。

ヘアヌード

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2010.12.26~ 30 2 2 白い風 赤い竜
2011.12.26~ 31 107 3 青い手 赤い蛇
2012.12.26~ 32 212 4 黄色い人 赤い月
30才になったのを記念しフルヌードに挑戦。写真集「月刊 NEO 田畑智子」にて初のヘアヌードを披露。
2011年の舞台『わらいのまち』での共演を機に俳優の岡田義徳と交際を開始。

ウェブスペルの色が赤色の始めころに初のヘアヌードを披露。

結婚・母になる

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2017.12.26~ 37 217 9 赤い地球 赤い月
2018.12.26~ 38 62 10 白い風 赤い空歩く人
2019.12.26~ 39 167 11 青い手 赤い地球
岡田義徳とは2015年に交際が破局。その後、交際と破局を繰り返し2018年に結婚。
2018年に第一子男児に恵まれます。
2021年に第二子の妊娠を公表。

ウェブスペルの色が赤色の後半に俳優の岡田義徳と結婚。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.12.26~ 40 12 12 黄色い人 赤い竜
2021.12.26~ 41 117 13 赤い地球 赤い蛇
2022.12.26~ 42 222 1 白い風 白い風
田畑智子の現在は、ウェブスペルの色が赤色の最後付近に当たります。
40才の時はKin12。相手の気持ちを尊重すると自分の能力が磨かれる年です。

  • 音12は、人から相談されたり、頼られたり、組織や集団の中で「相談役」になることが多いです。
  • 黄色い人は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫きます。
  • 赤い竜は、物事を誕生させるパワーがあり、叩かれてもめげません。母性愛が強く血のつながりをとても大事にします。

偶然の出会いを生かすことで日常が新鮮になります。

田畑智子のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の後半に映画『お引越し』のヒロイン役のオーディションで勝ち抜きデビュー。
黄色に変わりドラマ『向田邦子シリーズ』に毎年のように出演。
黄色の前半に朝の連続テレビ小説『私の青空』でヒロイン役。
黄色の後半に映画『血と骨』に出演し日本アカデミー賞・優秀助演女優賞を受賞。
赤色の始めころに初のヘアヌードを披露。
赤色の後半に俳優の岡田義徳と結婚。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

石塚英彦
石塚英彦(いしづか ひでひこ)は、日本のお笑いタレント、グルメリポーター、俳優。愛称は「石ちゃん」。お笑いコンビ・ホンジャマカとして活躍後、ソロで活動。グルメレポーターとして活躍。食べた後の「まいうー」はトレードマーク。

続きを読む


恵俊彰
恵俊彰(めぐみ としあき)は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優。お笑いコンビ・ホンジャマカとして活躍後、ソロで活動。2009年より『ひるおび!』の総合司会で有名。俳優としても活動しており『下町ロケット』等に出演。

続きを読む


片瀬那奈
片瀬那奈(かたせ なな)は、日本の女優、司会者。スカウトを受け芸能界入り。『旭化成水着キャンペーンモデル』で注目されドラマ『美少女H2』で女優デビュー。情報番組『シューイチ』の総合司会を担当。

続きを読む


小倉久寛
小倉久寛(おぐら ひさひろ)は、日本の俳優、声優。三宅裕司が主催のスーパー・エキセントリック・シアターの旗揚げに参加。1980年代半ばよりバラエティ番組を中心にテレビ出演が増え、その後『ヤングスタジオ101』の司会に抜擢。

続きを読む


染谷将太
染谷将太(そめたに しょうた)は、日本の俳優。妻は女優の菊地凛子。7才から子役として活動。2011年に映画『ヒミズ』で二階堂ふみと共にヴェネツィア国際映画祭のマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin232)

もう中学生
もう中学生(もうちゅうがくせい)は、日本のお笑いピン芸人。2000年代後半にブレイク。段ボールに書いた自作の道具を使い雑学を交え「タメになったねー」で閉めるほのぼのネタ。一時はテレビへの出演から遠のいたが2020年に再ブレイク。

続きを読む


加賀まりこ
加賀まりこ(かが まりこ)は日本の女優、司会者。長く女優として活躍。デビュー以来、奔放な言動でマスコミを賑わせ「小悪魔」などと呼ばれます。芸能界屈指の雀士としても知られます。

続きを読む


菅義偉
菅義偉(すが よしひで)は、日本の政治家。2007年の第2次安倍内閣から約7.5年官房長官を務めた人物です。2019年に新年号の『令和』を発表し「令和おじさん」の愛称でも知られます。

続きを読む


サン=テグジュペリ
サン=テグジュペリは、フランスの作家、操縦士。著書『星の王子さま』は自身で描いた素朴な挿絵も含め世界各国で長く愛読された作品。世界で1億5000万部を突破。

続きを読む


王貞治
王貞治(おう さだはる)は、元プロ野球選手・監督。福岡ソフトバンクホークス株式会社取締役会長。レギュラーシーズン通算本塁打868本を記録し、巨人のV9に貢献。1977年初めて国民栄誉賞を受賞。

続きを読む


関連記事 (女優)

趣里
趣里(しゅり)は、日本の女優。父は水谷豊、母は伊藤蘭。子供の頃からバレリーナになるのを志しますがケガで断念。演技学校で演技の面白さに目覚め女優になります。

続きを読む


美保純
美保純(みほ じゅん)は、日本の女優、タレント、コメンテーター。日活ロマンポルノの女優としてデビュー。親しみやすいキャラクターで人気を博し、映画、ドラマ、バラエティなど幅広く活躍。

続きを読む


浜辺美波
浜辺美波(はまべ みなみ)は、日本の女優。第7回『東宝シンデレラオーディション』でニュージェネレーション賞を受賞。映画「アリと恋文」で主演し女優デビュー。代表作に『君の膵臓をたべたい』や『賭ケグルイ』シリーズなどあります。

続きを読む


木村文乃
木村文乃(きむら ふみの)は、日本の女優。デビューするが続かずに芸能活動を休止。その後、ちふれのCMやドコモのCMに起用され再ブレイク。インスタグラムの「#ふみ飯」でも多くのファンを獲得。

続きを読む


松本穂香
松本穂香(まつもと ほのか)は、日本の女優。「有村架純の妹分」をキャッチフレーズに本格的に女優活動を開始。連続テレビ小説『ひよっこ』で有村と共演。メガネ姿で食いしん坊の役柄で注目を集めます。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ