280 views

笑点の6代目座布団運び役・山田隆夫の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 山田隆夫

山田隆夫
→ 画像検索はこちら

山田隆夫(やまだ たかお)は、日本のタレント、俳優、ミュージシャン。

『笑点』の「ちびっ子大喜利」にレギュラー出演。「ずうとるび」を結成しレコードデビュー。
多数のバラエティ番組出演でも高い人気を誇り紅白歌合戦に出場。
脱退後は俳優に主軸を置いて活動。その後、『笑点』の「座布団運び」にとして長く担当。

このページでは、山田隆夫(やまだ たかお)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

山田隆夫(やまだ たかお)の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1956年8月23日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin187です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い手 青い夜 音5
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い鷲
互いに学びあう 反対kin 赤い地球
互いに秘かれあう 神秘kin 白い魔法使い
以てるもの同士の類似kin 黄色い人
鏡の向こうのもう一人の自分 kin74
絶対反対kin kin57

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音5」は、いつもはのんびり屋さんですが、いざとなると、底地力を発揮します。一旦ONのスイッチが入ると、行動的・積極的になり、すごいスピードで物事をこなしていきます。説得力があり、一貫性があるので、人から信頼されます。

「青い夜」は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、寝なくってもご飯を食べなくてもどんなことでもやれる人です。自分を理解してくれる人は囲い込み、よく面倒を見る反面、好き嫌いもはっきりしてます。嫌いなものは嫌い。と厳しい面も。

「青い手」は、チャンスやお金、人のココロなど掴みやすい人です。献身的に人を理解し癒します。「手」を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。

ひとことでいえばKin187の誕生日占いは、物事をいい加減にできないタイプです。他のために尽くすことを考えましょう。先が見えないときは気持ちにゆとりをもって。

広告

山田隆夫(やまだ たかお)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京都江東区深川出身。
幼い時に実家が詐欺にあい全財産を失います。いつも暗い顔をしていた両親を笑わせたいと落語に興味を持つようになります。

ちびっ子大喜利

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1966.8.23~ 10 197 2 赤い地球 黄色い戦士
1970.8.23~ 14 97 6 赤い地球 黄色い人
1971.8.23~ 15 202 7 白い風 黄色い戦士
10才の時にフジテレビの『ちびっこのどじまん』に出場。その後も複数の番組に出演。
1970年から『笑点』の「ちびっ子大喜利」にレギュラー出演。座布団10枚獲得の景品がレコードデビューでした。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに『笑点』の「ちびっ子大喜利」にレギュラー出演。

ずうとるび

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1973.8.23~ 17 152 9 黄色い人 黄色の種
1974.8.23~ 18 257 10 赤い地球 黄色い星
1975.8.23~ 19 102 11 白い風 黄色い人
笑点の司会が初代三波伸介のころの1973年に「ずうとるび」を4人で結成。山田隆夫が中心メンバー。
1974年にレコードデビュー。多数のバラエティ番組出演でも高い人気を誇り1975年に紅白歌合戦に出場。

17才の時にプロボクサーのライセンスを取得。

ウェブスペルの色が黄色の後半に「ずうとるび」を結成しレコードデビュー。紅白歌合戦に出場。

ずうとるび

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1977.8.23~ 21 52 13 黄色い人 黄色い太陽
1978.8.23~ 22 157 1 赤い地球 赤い地球
1980.8.23~ 24 107 3 青い手 赤い蛇
1977年に吉川桂子と結婚を機に「ずうとるび」から脱退。吉川との間にはその後2人の娘に恵まれます。
「ずうとるび」として出演していた番組から降板。仕事が急激に減り、既に持っていたマンション収入が主な収入源となる時期を経験。
「ずうとるび」脱退以降は俳優に主軸を置いて活動。
1980年に『おかあさんといっしょ』の土曜日のコーナー「どんどんどん」のお兄さんを1年担当。

ウェブスペルの色が黄色の最後の年に結婚を機に「ずうとるび」から脱退。俳優に主軸を置いて活動。

笑点の座布団運び

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1983.8.23~ 27 162 6 白い風 赤い地球
1984.8.23~ 28 7 7 青い手 赤い竜
1985.8.23~ 29 112 8 黄色い人 赤い蛇
1984年に『笑点』大喜利で6代目座布団運び役を担当。前任は「手を上げて、横断歩道を渡りましょう」のフレーズで有名な松崎真。
当時の司会の5代目三遊亭圓楽と番組プロデューサーの「重い座布団をちっちゃいのが運んだらおもしろいんじゃないか」というアイデアから笑点への復帰となった。
座布団は1枚3Kg以上ありぎっくり腰を何度も経験。日ごろからジムで筋トレに励んでいるという。
また落語家修行のために鈴々舎馬風に入門。「鈴々舎鈴丸(れいれいしゃ すずまる)」という高座名も持っています。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに『笑点』大喜利の6代目座布団運び役を担当。

1998年7月に笑点若手メンバーに座布団運びを任せることとなったが視聴者からの抗議で1か月で座布団運びに復帰。

ずうとるびの再結成

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.8.23~ 63 42 3 白い風 黄色い太陽
2020.8.23~ 64 147 4 青い手 黄色の種
「ずうとるび」は山田隆夫と入れ替わりに池田善彦が入り活動していたが1982年に解散。
2020年に「ずうとるび」末期のメンバーに山田隆夫を加えメンバー5人で再結成。2021年に41年ぶりに新曲を発表。

ウェブスペルの色が黄色の前半にずうとるびを再結成。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2021.8.23~ 65 252 5 黄色い人 黄色い星
2022.8.23~ 66 97 6 赤い地球 黄色い人
2023.8.23~ 67 202 7 白い風 黄色い戦士
山田隆夫の現在は、ウェブスペルの色が黄色の前半に当たります。
65才の時はKin252。運が強く、思ったことが叶いやすい年です。こだわりが強いです。

  • 音5は、一旦ONのスイッチが入ると、行動的・積極的になり、すごいスピードで物事をこなしていきます。
  • 黄色い人は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫きます。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。

繰り返しの感覚にとらわれたら、改めて見通しを立てる。

山田隆夫(やまだ たかお)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の半ばに『笑点』の「ちびっ子大喜利」にレギュラー出演。
黄色の後半に「ずうとるび」を結成しレコードデビュー。紅白歌合戦に出場。
黄色の最後の年に結婚を機に「ずうとるび」から脱退。俳優に主軸を置いて活動。
赤色の半ばに『笑点』大喜利の6代目座布団運び役を担当。
2度目の黄色の前半に「ずうとるび」を再結成。

結婚歴は2回。元妻・吉川桂子との間に娘2人、現在の妻との間に息子1人、娘1人がいるそうです。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

イーロン・マスク
イーロン・リーヴ・マスクは、アメリカ合衆国の実業家、エンジニア、投資家。電気自動車企業テスラの共同創設者。宇宙開発企業スペースXの創設者。2022年の世界長者番付で1位となった人物。

続きを読む


ヒコロヒー
ヒコロヒーは、日本の女性お笑いタレント。芸風は仕掛けに頼らない一人コント。2021年から初の冠番組『キョコロヒー』が始まるなどテレビ出演が増え、2021年ブレイクタレントランキングで5位。

続きを読む


五島昇
五島昇(ごとう のぼる)は、日本の実業家。東急創業者の五島慶太の長男。拡大した東急グループを再編し、本業である鉄道業や運輸業と関連性の高い事業に特化。鉄道敷設を行うほか、沿線のリゾートや宅地開発に関しては父慶太が立案した通りに忠実にやり遂げます。

続きを読む


ウィル・スミス
ウィル・スミスは、、アメリカ合衆国の俳優、映画プロデューサー、ラッパー。俳優をする前はラッパーとして活動。その後、テレビ、映画に俳優として進出。出演作はジャンルを問わずメガヒットを放つ、アメリカを代表する「ドル箱俳優」のひとり。

続きを読む


前野朋哉
前野朋哉(まえの ともや)は日本の俳優、映画監督。大阪芸術大学で映画制作に携わります。役者業を勧められ続けます。2016年にCM『au三太郎シリーズ』で一寸法師役で出演し知られる存在になります。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin187)

ゆりやんレトリィバァ
ゆりやんレトリィバァは、日本のお笑いタレント(ピン芸人)。NHK上方漫才コンテストで女性ピン芸人初の優勝、女芸人No.1決定戦 THE Wで優勝。吉本坂46のメンバーでもあります。

続きを読む


緒方洪庵
緒方洪庵(おがた こうあん)は、江戸時代後期の武士(足守藩士)、医師、蘭学者。大阪に適塾(大阪大学の前身)を開き、多くの人材を育てます。天然痘治療に貢献し、日本の近代医学の祖といわれます。

続きを読む


岡江久美子
岡江久美子(おかえ くみこ)は女優、タレント、司会者。夫は大和田獏。娘は大和田美帆。義兄は大和田伸也。1996年から17年半「はなまるマーケット」の司会者を薬丸裕英と務めたので有名です。

続きを読む


野々村真
野々村真(ののむら まこと)は、日本の俳優、タレント。初代“いいとも青年隊”でデビュー。『世界・ふしぎ発見!』のレギュラー解答者として珍回答を頻繁に出し会場を笑わすボケ役で有名。

続きを読む


久米宏
久米宏(くめ ひろし)は、日本のフリーアナウンサー、タレント。「ザ・ベストテン」の司会を務め人気を博します。フリーになり「ニュースステーション」のメイン司会を18年に渡り担当。

続きを読む


関連記事 (タレント)

阿川佐和子
阿川佐和子(あがわ さわこ)は、日本のエッセイスト、タレント。2012年のエッセイ『聞く力』はベストセラー、2017年5月9日に元大学教授と結婚しました。

続きを読む


だいたひかる
だいたひかるは、日本のお笑い芸人。R-1ぐらんぷり初代チャンピオン。歌を前フリに毒のあるツッコミを入れる一言漫談。どーでもいいですよの話で有名。

続きを読む


島田洋七
島田洋七(しまだ ようしち)は、日本の漫才師、タレント、作家。漫才コンビB&Bのひとり。1980年代に漫才ブームのトップに君臨した一人。月収1億円の時代から人気急降下。2000年代はベストセラー作家。

続きを読む


清水ミチコ
清水ミチコ(しみず ミチコ)は、日本のタレント、ナレーター、女優。「ものまねの女王」と称えられバラエティー番組で頻繁に披露。実写版ドラマ「ちびまる子ちゃん」では、まる子の母役で出演。

続きを読む


朝日奈央
朝日奈央(あさひ なお)は、日本の女性マルチタレント。 2008年よりアイドルグループ・アイドリング!!!の15号として活動。卒業後はソロで活動。2017年の年末年始の番組への出演で高い評価を得て以降バラエティ番組に多く出演。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ