363 views

羞恥心のリーダー・つるの剛士の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → つるの剛士

つるの剛士
→ 画像検索はこちら

つるの剛士(つるの たけし)は、日本のタレント、歌手、俳優。

『ウルトラマンダイナ』の主人公のアスカ・シン役を行い知名度がUP。
その後、『クイズ!ヘキサゴンII』でおバカタレントとしてブレイク。羞恥心のリーダーとして活躍。
また、積極的に育児に関わる男性「イクメン」の代表的ひとりとなります。

このページでは、つるの剛士(つるの たけし)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

つるの剛士の誕生日占い

誕生日:1975年5月26日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin13です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い空歩く人 赤い竜 音13
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い地球
互いに学びあう 反対kin 青い夜
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い星
以てるもの同士の類似kin 白い世界の橋渡し
鏡の向こうのもう一人の自分 kin248
絶対反対kin kin143

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音13」は、肯定的なセルフイメージを持っており、自分に絶対的な自信があり、モチベーション高く物事に取り組みます。忍耐力もあるので、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことが得意です。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえるめちゃめちゃポジディブシンキングな人です。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

「赤い空歩く人」は、面倒見がよく、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。良識的な人が多く、経験重視の判断をする傾向があります。まとめ役になることも多いのが特徴です。

ひとことでいえばKin13の誕生日占いは、冒険心にあふれているタイプです。没頭すると怖いものなしです。自分自身が輝け、時を得て満足すること。

広告

つるの剛士の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

福岡県出身。本名は靍野剛士(つるの たけし)。
父の転勤で広島、大阪、東京と引っ越し。幼少期から芸能界に興味をもっていました。

芸能界入り

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1991.5.26~ 16 133 3 赤い空歩く人 青い猿
1994.5.26~ 19 188 6 黄色い星 青い夜
1995.5.26~ 20 33 7 赤い空歩く人 青い手
高校2年の時に東京宝映に入団し、再現VTR出演やエキストラの仕事を行います。
高校を卒業し、1994年7月にテレビドラマ『青春の影』に出演。主演の河相我聞と意気投合。
河相が行っていた深夜のラジオ番組の1コーナーに河相我聞の友人としてレギュラー出演。その後、太田プロダクションを紹介され所属となった。

ウェブスペルの色が青色の半ばに河相我聞と意気投合。太田プロダクション所属となった。

ウルトラマンダイナ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1997.5.26~ 22 243 9 青い夜 青い鷲
1998.5.26~ 23 88 10 黄色い星 青い嵐
1999.5.26~ 24 193 11 赤い空歩く人 青い夜
1997年から1998年まで放送された『ウルトラマンダイナ』の主人公のアスカ・シン役で知名度がUP。
共演した山田まりやと一時交際したが後に破局。

ウェブスペルの色が青色の後半に『ウルトラマンダイナ』の主人公のアスカ・シン役を行い知名度がUP。

BPR5000

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2001.5.26~ 26 143 13 青い夜 青い猿
2002.5.26~ 27 248 1 黄色い星 黄色い星
2003.5.26~ 28 93 2 赤い空歩く人 黄色い人
2001年から2005年まで深夜ラジオ番組『BPR5000』でラジオパーソナリティを担当。深夜ながら人気番組となった。
2003年にスタイリストの女性と結婚。この頃より俳優よりもタレントとしての活動が中心になります。

ウェブスペルの色が黄色になり深夜ラジオ番組『BPR5000』のパーソナリティを担当。深夜ながら人気番組となった。私生活では結婚。

羞恥心

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.5.26~ 31 148 5 黄色い星 黄色の種
2007.5.26~ 32 253 6 赤い空歩く人 黄色い星
2008.5.26~ 33 98 7 白い鏡 黄色い人
2007年に『クイズ!ヘキサゴンII』に解答者としてレギュラー出演。おバカタレントとしてブレイク。
同番組の上地雄輔、野久保直樹と羞恥心を結成しリーダーとなった。2008年にCDデビュー。

ウェブスペルの色が黄色の半ばにおバカタレントとしてブレイク。羞恥心のリーダーとして活躍。

イクメン

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2009.5.26~ 34 203 8 青い夜 黄色い戦士
2010.5.26~ 35 48 9 黄色い星 黄色い太陽
2011.5.26~ 36 153 10 赤い空歩く人 黄色の種
2009年に『つるのうた』でソロデビュー。
ブレイク以前から育児番組を担当していたり、ブレイク後にベストファーザー賞を受賞するなど、「父親であること」がタレント活動につながります。
積極的に育児に関わる男性「イクメン」の代表的な存在のひとりとして扱われるようになります。2010年の新語・流行語大賞で「イクメン」がTOP10入り。授賞式では代表として受賞。

ウェブスペルの色が黄色の後半より積極的に育児に関わる男性「イクメン」の代表的ひとりとなります。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2021.5.26~ 46 163 7 青い夜 赤い地球
2022.5.26~ 47 8 8 黄色い星 赤い竜
2023.5.26~ 48 113 9 赤い空歩く人 赤い蛇
つるの剛士の現在は、ウェブスペルの色が赤色の半ばに当たります。
46才の時はKin163。自分の思い込みが原動力になる年です。

  • 音7は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすいです。
  • 青い夜は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、いつもより頑張れます。
  • 赤い地球は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。

外に向かうより内側を安定。

つるの剛士のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の半ばに河相我聞と意気投合。太田プロダクション所属となった。
青色の後半に『ウルトラマンダイナ』の主人公のアスカ・シン役を行い知名度がUP。
黄色になり深夜ラジオ番組『BPR5000』のパーソナリティを担当。深夜ながら人気番組となった。私生活では結婚。
黄色の半ばにおバカタレントとしてブレイク。羞恥心のリーダーとして活躍。
黄色の後半より積極的に育児に関わる男性「イクメン」の代表的ひとりとなります。

妻と2男3女の大家族。2016年に第五子となる次男が誕生。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

上白石萌音
上白石萌音(かみしらいし もね)は、日本の女優、歌手。妹は女優の上白石萌歌。東宝「シンデレラ」オーディションで審査員特別賞を受賞し芸能界入り。アニメ映画『君の名は。』では女性主人公・宮水三葉の声優を担当。

続きを読む


舛添要一
舛添要一(ますぞえ よういち)は、日本の国際政治学者、元政治家。参院選に自民党比例区から出馬し当選。2期務めます。第8-10代厚生労働大臣。第19代東京都知事。公私混同の問題で都知事を辞任。国際政治学者としての活動を再開。

続きを読む


細野晴臣
細野晴臣(ほその はるおみ)は、日本のミュージシャン。エイプリル・フールのベースとしてメジャーデビュー。イエロー・マジック・オーケストラを結成。テクノブームを巻き起こします。

続きを読む


小林旭
小林旭(こばやし あきら)は、日本の俳優、歌手。日活ニューフェイスに合格し映画デビュー。日活の黄金期を支えます。その後東映に移籍。映画『仁義なき戦い』シリーズに出演。シングル『熱き心に』は大ヒットし若い世代にも名を知られます。

続きを読む


大瀧詠一
大瀧詠一(おおたき えいいち)は、日本のミュージシャン。「はっぴいえんど」を結成し和製ポップス史に大きな影響を与えます。解散後は自身のレーベル「ナイアガラ・レーベル」を設立。通算14作目のシングル「幸せな結末」は大ヒット。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin013)

二代目松本白鸚
二代目 松本白鸚(にだいめ まつもと はくおう)は、日本の歌舞伎役者。前名の九代目 松本幸四郎。屋号は高麗屋。歌舞伎にとどまらずミュージカル、大河ドラマなど幅広く活躍。

続きを読む


増田明美
増田明美はスポーツジャーナリスト、マラソンレース解説者。1980年代前半の女子長距離走の第一人者。レース解説では選手や監督の思いを伝えたいとのことから詳しすぎる解説で有名です。

続きを読む


臼井儀人
臼井儀人(うすい よしと)は、漫画家、作詞家。「クレヨンしんちゃん」の原作者で知られています。アニメ版は1992年から放送され、1993年に映画化。社会現象を起こすほどのブームになりました。

続きを読む


ナディア・コマネチ
1976年に行われたモントリオール五輪で3個の金メダルを獲得。近代五輪で初の10点満点を獲得。世界で最も知られた体操競技選手となり体操競技の人気を高めました。

続きを読む


宮沢りえ
宮沢りえ(みやざわ りえ)は、日本の女優、ファッションモデル、歌手。1987年、14才の時にCM『三井のリハウス』の初代リハウスガール“白鳥麗子”役を務めて注目を集め、トップアイドルの一人となった。

続きを読む


関連記事 (タレント)

久保田雅人
久保田雅人(くぼた まさと)は、日本の男性声優、タレント。子供向け工作番組『つくってあそぼ』にワクワクさんとして長年出演。番組終了後もワクワクさんとしての活動。

続きを読む


坂下千里子
坂下千里子(さかした ちりこ)は、日本のタレント、女優。愛称は千里ちゃん。アルペンのオーディションでグランプリを獲得し芸能界デビュー。『王様のブランチ』に出演し注目を集めます。

続きを読む


生瀬勝久
生瀬勝久(なませ かつひさ)は日本の俳優、タレント、司会者。1980年代後半にテレビの深夜番組に出演し関西学生演劇ブームをひき起こす一端となった。その後、全国区のテレビドラマに本格的に進出。

続きを読む


大泉洋
大泉洋(おおいずみ よう)は、日本の俳優、タレント、コメディアン、声優。「水曜どうでしょう」が北海道内で人気となり全国に番販され、それに伴い大泉の知名度も上がります。

続きを読む


森脇健児
森脇健児(もりわき けんじ)は、日本のお笑いタレント、ラジオパーソナリティー、俳優。『オールスター感謝祭』の赤坂5丁目ミニマラソンに連続出場。再ブレイク芸人です。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ