2,640 views

能楽師・野村萬斎の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 野村萬斎

記事公開日:2018年09月15日
最終更新日:2021年08月21日

野村萬斎
出典:wikipedia.org

二世野村萬斎(のむら まんさい)は、狂言方和泉流の能楽師、俳優。

端正な顔立ちから「狂言界のプリンス」と呼ばれる、日本を代表する狂言役者の一人です。
2020年東京五輪・パラリンピックの開閉会式の演出統括に就任。

このページでは、二世野村萬斎(のむら まんさい)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

野村萬斎の誕生日占い

生年月日:1966年4月5日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin57(絶対拡張Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い地球 赤い空歩く人 音5
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い蛇
互いに学びあう 反対kin 青い手
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い種
以てるもの同士の類似kin 白い風
鏡の向こうのもう一人の自分 kin204
絶対反対kin kin187

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音5」は、いつもはのんびり屋さんですが、いざとなると、底地力を発揮します。一旦ONのスイッチが入ると、行動的・積極的になり、すごいスピードで物事をこなしていきます。説得力があり、一貫性があるので、人から信頼されます。

「赤い空歩く人」は、面倒見がよく、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。良識的な人が多く、経験重視の判断をする傾向があります。まとめ役になることも多いのが特徴です。

「赤い地球」は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。「きづな」を大事する姿勢と、「説得力」がある言葉と、「バランスのいい判断力」を持っているので、まわりから慕われます。

絶対拡張Kinですので世の中に物事を広めやすいです。

ひとことでいえばKin57の誕生日占いは、困難なこともポジティブに乗り越えることが出来るタイプです。平常心を保つ。母性能力ある。

広告

野村萬斎の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京都出身。
能楽師,和泉流三宅派狂言方の家系に生まれます。本名は野村武司(のむら たけし)。
幼少より厳しい稽古が必要とされる伝統芸能の世界で育ち、4歳で初舞台を踏みます。

野村萬斎を襲名

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1994.4.5~ 28 137 7 赤い地球 青い猿
1995.4.5~ 29 242 8 白い風 青い鷲
1996.4.5~ 30 87 9 青い手 青い嵐
1994年に野村萬斎を襲名。同年、NHK大河ドラマ『花の乱』で細川勝元役で出演し全国的に知られるようになります。

ウェブスペルの色が青色の半ばに野村萬斎を襲名。大河ドラマ『花の乱』へ出演。

あぐり

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1997.4.5~ 31 192 10 黄色い人 青い夜
1998.4.5~ 32 37 11 赤い地球 青い手
1999.4.5~ 33 142 12 白い風 青い猿
1997年にNHK朝の連続テレビ小説 『あぐり』で、望月エイスケ役で出演。
この作品で多くの女性ファンを作り人気を決定的なものにします。

ウェブスペルの色が青色の後半にNHK朝の連続テレビ小説 『あぐり』に出演し人気を決定的なものにします。

陰陽師

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2001.4.5~ 35 92 1 黄色い人 黄色い人
2002.4.5~ 36 197 2 赤い地球 黄色い戦士
2003.4.5~ 37 42 3 白い風 黄色い太陽
2001年に映画『陰陽師』で安倍晴明役で主演。陰陽道のブームとなります。映画初主演です。
2003年よりEテレ『にほんごであそぼ』に出演。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年に映画『陰陽師』で安倍晴明役で主演。

のぼうの城

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2012.4.5~ 46 207 12 青い手 黄色い戦士
2013.4.5~ 47 52 13 黄色い人 黄色い太陽
2014.4.5~ 48 157 1 赤い地球 赤い地球
2012年にTBS開局60周年記念作品・映画『のぼうの城』で主演。累計興行収入28.4億円を記録するヒット作となった。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に映画『のぼうの城』で主演

シンゴジラ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.4.5~ 50 107 3 青い手 赤い蛇
2017.4.5~ 51 212 4 黄色い人 赤い月
2018.4.5~ 52 57 5 赤い地球 赤い空歩く人
2016年に映画『シン・ゴジラ』のモーションキャプチャによるゴジラ役を担当。
2018年に「2020年東京五輪・パラリンピックの開閉会式の演出統括」に就任。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに「2020年東京五輪・パラリンピックの開閉会式の演出統括」に就任

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.4.5~ 54 7 7 青い手 赤い竜
2021.4.5~ 55 112 8 黄色い人 赤い蛇
2022.4.5~ 56 217 9 赤い地球 赤い月
野村萬斎の現在は、ウェブスペルの色が赤色の半ばに当たります。
55才の時はKin112。一隅を照らす役割のある年です。センスが良いです。

  • 音8は、バランスと調和を大事にします。どんな状況でもすぐに溶け込めます。
  • 黄色い人は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫きます。
  • 赤い蛇は、よくも悪くも執着心が強く、あきらめない執念を持っています。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

失うことは与えること。マイナスをプラスに。

野村萬斎のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみると

青色の半ばに野村萬斎を襲名。大河ドラマ『花の乱』へ出演。全国的に知られます。
青色の後半にNHK朝の連続テレビ小説 『あぐり』に出演し人気を決定的なものにします。
黄色の始めの年に映画『陰陽師』で安倍晴明役で主演。
黄色の最後付近に映画『のぼうの城』で主演。
赤色の半ばに「2020年東京五輪・パラリンピックの開閉会式の演出統括」に就任。

狂言師の和泉元彌と野村萬斎は祖父同士が兄弟という遠い血縁関係です。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

舛添要一
舛添要一(ますぞえ よういち)は、日本の国際政治学者、元政治家。参院選に自民党比例区から出馬し当選。2期務めます。第8-10代厚生労働大臣。第19代東京都知事。公私混同の問題で都知事を辞任。国際政治学者としての活動を再開。

続きを読む


細野晴臣
細野晴臣(ほその はるおみ)は、日本のミュージシャン。エイプリル・フールのベースとしてメジャーデビュー。イエロー・マジック・オーケストラを結成。テクノブームを巻き起こします。

続きを読む


小林旭
小林旭(こばやし あきら)は、日本の俳優、歌手。日活ニューフェイスに合格し映画デビュー。日活の黄金期を支えます。その後東映に移籍。映画『仁義なき戦い』シリーズに出演。シングル『熱き心に』は大ヒットし若い世代にも名を知られます。

続きを読む


大瀧詠一
大瀧詠一(おおたき えいいち)は、日本のミュージシャン。「はっぴいえんど」を結成し和製ポップス史に大きな影響を与えます。解散後は自身のレーベル「ナイアガラ・レーベル」を設立。通算14作目のシングル「幸せな結末」は大ヒット。

続きを読む


角田晃広
角田晃広(かくた あきひろ)は、日本のお笑いタレント・俳優。お笑いトリオ・プラスドライバーとして活動後、豊本明長と飯塚悟志と東京03を結成。俳優として活動しドラマ『半沢直樹』などに出演。俳優としてもブレイク。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin057)

南部靖之
南部靖之(なんぶ やすゆき)は、日本の実業家。パソナ創業者。人材派遣ビジネスで急成長を遂げます。孫正義、澤田秀雄とともにベンチャー三銃士と称されました。

続きを読む


淀川長治
淀川長治(よどがわ ながはる)は、雑誌編集者、映画解説者、映画評論家。約32年にわたって「日曜洋画劇場」の解説を務め、その独特の語り口からサヨナラおじさんとして親しまれました。

続きを読む


皆藤愛子
皆藤愛子(かいとう あいこ)は、日本の女性キャスター、タレント。早稲田大学に在学中より『めざましテレビ』で4代目お天気キャスターを担当。オリコンの「好きな女子アナ」「好きなお天気キャスター・気象予報士」でランクイン。

続きを読む


高橋大輔
高橋大輔(たかはし だいすけ)は、日本のフィギュアスケート選手。愛称は「大ちゃん」。2000年代から2010年代にかけて活躍。2010年のバンクーバ五輪で銅メダルを獲得。2010年フィギュアスケート世界王者。

続きを読む


ヒャダイン
ヒャダインこと前山田健一(まえやまだ けんいち)は日本のミュージシャン。ニコニコ動画へゲームのアレンジ局や自作曲を投稿。ミリオン再生を続出させ謎のクリエーターとして世界的に注目を集めます。

続きを読む


関連記事 (俳優)

小泉孝太郎
小泉孝太郎(こいずみ こうたろう)は、日本の俳優、タレント、司会者。父は第87・88・89代内閣総理大臣の小泉純一郎、弟は政治家の小泉進次郎。父より政治家の道を反対され俳優を志します。

続きを読む


小出恵介
小出恵介(こいで けいすけ)は、日本の俳優。大学在学中にオーディション情報誌に写真が掲載され芸能界入り。代表作に『風が強く吹いている』『吉原裏同心』などあります。2017年に不祥事で芸能活動を休止したが2020年に芸能活動を再開。

続きを読む


渡部篤郎
渡部篤郎(わたべ あつろう)は、日本の俳優。デビュー当初は『丹波道場』に所属し日活ロマンポルノにも出演。ドラマ『ストーカー 逃げきれぬ愛』に出演を機に以降数々のドラマに出演。元妻はRICAKO。

続きを読む


加山雄三
加山雄三(かやま ゆうぞう)は、日本の俳優、シンガーソングライター。ニックネームは若大将。映画「若大将シリーズ」で人気スターとなり、作曲した「君といつまでも」が350万枚を売る大ヒット。

続きを読む


田中邦衛
田中邦衛(たなか くにえ)は、俳優。『北の国から』シリーズで父親・黒板五郎役が全国的に知られることになる。現代劇・時代劇・コメディーを問わず、幅広いジャンルで映画・テレビドラマに数多く出演した。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ