621 views

脚本家「橋田壽賀子」の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 橋田壽賀子

記事公開日:2016年09月26日
最終更新日:2017年06月23日

橋田壽賀子
→ 画像検索はこちら

橋田壽賀子(はしだ すがこ)は、脚本家、劇作家、タレントである。

1964年『愛と死をみつめて』の脚本が話題となり、度重なる再放送の後に映画化されるなど、ヒット作となった。
これ以後、テレビドラマの脚本家として話題作・ヒット作の数々を世に送る。

このページでは橋田壽賀子の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ プロデューサー「石井ふく子」の誕生日占いと人生鑑定

橋田壽賀子の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1925年5月10日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin207です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い手 黄色い戦士 音12
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い嵐
互いに学びあう 反対kin 赤い地球
互いに秘かれあう 神秘kin 白い魔法使い
以てるもの同士の類似kin 黄色い人
鏡の向こうのもう一人の自分 kin54
絶対反対kin kin77

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音12」は、人当りのよい雰囲気を持っていますので、人から相談されたり、頼られたり、話を聞いてくれそうな雰囲気のため、自然と人が寄ってきます。組織や集団の中で「相談役」になることが多い人です。 解決をしていく上でキーパーソンになり、問題解決能力に長けています。好き嫌いが激しく、さみしがり屋さんで依存心・依託心を持つ一面があります。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

「青い手」は、チャンスやお金、人のココロなど掴みやすい人です。献身的に人を理解し癒します。「手」を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。

ひとことでいえばKin207の誕生日占いは、人に癒しをもたらすことができるタイプです。お先真っ暗でも時が解決する。

広告

橋田壽賀子の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

松竹社員

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1949.5.10~ 24 127 10 青い手 白い鏡
1952.5.10~ 27 182 13 白い風 白い犬
1959.5.10~ 34 137 7 赤い地球 青い猿

1949年 松竹に入社して脚本部所属となり、松竹最初の女性社員となった。
1952年 映画『郷愁』(監督:岩間鶴夫、主演:岸惠子)の脚本を単独で執筆
1959年 秘書への異動を提示されたのを機に松竹を退職し、独立作家となる。
退職後3年間ほどはテレビ局へ原稿を売り込みに行っても採用されなかったため、小説や漫画の原作を書くなどした

ウェブスペルの色が白色の後半に松竹最初の女性社員となります。
白色の最後の年に映画の脚本を単独で執筆
青色の半ばに松竹を退職。独立作家となります。

作家デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1964.5.10~ 39 142 12 白い風 青い猿
1966.5.10~ 41 92 1 黄色い人 黄色い人
1968.5.10~ 43 42 3 白い風 黄色い太陽
1969.5.10~ 44 147 4 青い手 黄色の種
1970.5.10~ 45 252 5 黄色い人 黄色い星

1964年 『袋を渡せば』で作家デビュー。
1964年 東芝日曜劇場『愛と死をみつめて』の脚本が話題となり、テレビドラマの脚本家として名を高めた。度重なる再放送の後に映画化されるなど、ヒット作となった。
1966年 5月10日、当時TBSプロデューサーだった岩崎嘉一と結婚。
1968年 NHK連続テレビ小説『あしたこそ』の脚本を担当。連続テレビ小説で初めてカラー化された作品
1970年 銭湯を舞台にしたテレビドラマ「時間ですよ」脚本を担当

ウェブスペルの色が青色の最期付近に作家デビュー。『愛と死をみつめて』の脚本が話題となります。
黄色の最初の年に結婚
黄色の前半に『あしたこそ』『時間ですよ』などの脚本を担当

人気の実力派

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1979.5.10~ 54 157 1 赤い地球 赤い地球
1981.5.10~ 56 107 3 青い手 赤い蛇
1983.5.10~ 58 57 5 赤い地球 赤い空歩く人
1986.5.10~ 61 112 8 黄色い人 赤い蛇
1989.5.10~ 64 167 11 青い手 赤い地球

1979年 日曜劇場「女たちの忠臣蔵」。視聴率は42.6%で日曜劇場史上最高視聴率を記録
1981年 大河ドラマ『おんな太閤記』の原作・脚本を担当
1983年 NHK連続テレビ小説『おしん』の原作・脚本を担当
1986年 大河ドラマ『いのち』の原作・脚本を担当
1989年 大河ドラマ『春日局』の原作・脚本を担当
1989年 夫の岩崎嘉一が死別

ウェブスペルの色が赤色の始めの年に「女たちの忠臣蔵」で日曜劇場史上最高視聴率を記録
赤色の半ばにNHK連続テレビ小説『おしん』の原作・脚本を担当
赤色の最後付近に夫が亡くなります。

渡る世間は鬼ばかり

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1990.5.10~ 65 12 12 黄色い人 赤い竜
1991.5.10~ 66 117 13 赤い地球 赤い蛇
1992.5.10~ 67 222 1 白い風 白い風
1993.5.10~ 68 67 2 青い手 白い世界の橋渡し
1994.5.10~ 69 172 3 黄色い人 白い犬

1990年 「渡る世間は鬼ばかり」の放映開始。1990年から2011年までシリーズとして断続的に制作・放送された。
1992年 亡夫の岩崎の遺産などを元手に「橋田文化財団」を設立。理事長に就任し、橋田賞を創設した。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近から「渡る世間は鬼ばかり」の放映開始
白色の始めの年に「橋田文化財団」を設立し、橋田賞を創設した。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.5.10~ 91 142 12 白い風 青い猿
2017.5.10~ 92 247 13 青い手 青い鷲
2018.5.10~ 93 92 1 黄色い人 黄色い人
橋田壽賀子の現在は、ウェブスペルの色が青色の最後の年に当たります。
92才の時はKin247。一つのことに労力を惜しまず、やった分だけ得ることができる年です。

  • 音13は、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことに向いています。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえることができます。
  • 青い手は、手を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。
  • 青い鷲は、勘が働き観察力にすぐれ、常にその先を意識できます。物事を常に客観的に見れます。

賑わいの中で発展する。競争は避けられない。

橋田壽賀子のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の後半に松竹最初の女性社員となります。
白色の最後の年に映画の脚本を単独で執筆

青色の半ばに松竹を退職。独立作家となります。
青色の最期付近に作家デビュー。『愛と死をみつめて』の脚本が話題となります。

黄色の最初の年に結婚
黄色の前半に『あしたこそ』『時間ですよ』などの脚本を担当

赤色の始めの年に「女たちの忠臣蔵」で日曜劇場史上最高視聴率を記録
赤色の半ばにNHK連続テレビ小説『おしん』の原作・脚本を担当
赤色の最後付近に夫が亡くなります。翌年から「渡る世間は鬼ばかり」の放映開始

白色の始めの年に「橋田文化財団」を設立し、橋田賞を創設した。

橋田の脚本は台詞が長く、演出家や俳優による台詞の変更を許さないことで有名である。
一字の言い間違いすらも許されず、アドリブも一切禁止とされる。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

フォン・ノイマン
フォン・ノイマンは、20世紀科学史における最重要人物の一人。コンピュータや原子爆弾の開発者。数学・物理学・工学・計算機科学・経済学・気象学・心理学・政治学に影響。

続きを読む


橋下徹
橋下徹(はしもと とおる)は、タレント、弁護士。大阪府知事(公選第17代)、大阪市長(第19代)、大阪維新の会代表、おおさか維新の会代表などを歴任した。

続きを読む


宮本茂
宮本茂(みやもと しげる)は、ゲームプロデューサー。スーパーマリオシリーズやゼルダの伝説シリーズ、ドンキーコングシリーズの生みの親として知られます。

続きを読む


ゴードン・ムーア
ゴードン・ムーアは、アメリカに本社を持つ半導体メーカーのインテルの設立者の一人です。ムーアの法則を提唱した人物としても知られています。

続きを読む


岡田斗司夫
岡田斗司夫(おかだ としお)は、プロデューサー、評論家、文筆家、実業家、企画者、講演者。自称オタキング。ガイナックスの初代社長。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (作家)

樋口一葉
樋口一葉(ひぐち いちよう)は、小説家。わずか1年半で「たけくらべ」「にごりえ」「十三夜」といった作品を発表。しかしわずか24歳6ヶ月で肺結核により死去しました。

続きを読む


東野圭吾
東野圭吾は、日本の小説家。理系の大学を卒業、就職後に仕事のかたわら小説を応募し江戸川乱歩賞を受賞。専業作家になります。鳴かず飛ばずの時代を経て1997年ころからブレイクしました。

続きを読む


石井ふく子
石井ふく子(いしい ふくこ)は、テレビプロデューサー。TBSでプロデューサーとして活躍。TBS退社後もフリーランスプロデューサーとしてTBSドラマの黄金時代を支えます。

続きを読む


瀬戸内寂聴
瀬戸内寂聴(せとうち じゃくちょう)は、小説家、天台宗の尼僧。結婚、出産、不倫、離婚、人気作家となり、その後出家。出家した後も精力的に作家活動は続けています。

続きを読む


赤川次郎
赤川次郎(あかがわ じろう)は、小説家。難解な表現をあえて避けた優しい文章と軽妙な表現を得意とし、余人に真似ができないスタイルを構築しています。作品のジャンルは多岐に及びます。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事