994 views

落語家・3代目笑福亭仁鶴の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 笑福亭仁鶴

記事公開日:2019年08月27日
最終更新日:2021年08月22日

笑福亭仁鶴
→ 画像検索はこちら

3代目笑福亭仁鶴(しょうふくてい にかく)は、日本の上方落語を演じる落語家。

「吉本中興の祖」と言われる人物。
「バラエティー生活笑百科」で相談室長をつとめ、「四角い仁鶴がまぁるく収めまっせ~」という台詞でもお馴染み。

2021年8月17日に骨髄異形成症候群のため亡くなりました。ご冥福をお祈りいたします。

このページでは、3代目笑福亭仁鶴(しょうふくてい にかく)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

笑福亭仁鶴の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1937年1月28日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin65です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い蛇 赤い空歩く人 音13
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い月
互いに学びあう 反対kin 青い鷲
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い戦士
以てるもの同士の類似kin 白い魔法使い
鏡の向こうのもう一人の自分 kin196
絶対反対kin kin195

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音13」は、肯定的なセルフイメージを持っており、自分に絶対的な自信があり、モチベーション高く物事に取り組みます。忍耐力もあるので、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことが得意です。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえるめちゃめちゃポジディブシンキングな人です。

「赤い空歩く人」は、面倒見がよく、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。良識的な人が多く、経験重視の判断をする傾向があります。まとめ役になることも多いのが特徴です。

「赤い蛇」は、よくも悪くも執着心が強く、執念深く情熱的です。高い集中力をもった、努力家さんです。あきらめない執念を持っています。好き嫌いがはっきりしてます。独特の感性を持っており、まわり振り回されることがありません。

ひとことでいえばKin65の誕生日占いは、情熱家であり人生を客観的に見ることのできるタイプです。限界をバネに生きるのが大切です。下積みが日の目を見る。母性能力ある。人助けをしなさい。

広告

笑福亭仁鶴の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

大阪市出身。本名は岡本 武士(おかもと たけし)。実家は鉄工所を経営。

古道具屋で初代桂春団治のSPレコードを買い、落語に興味を持ちます。
SPレコードや書籍などを収集して落語をおぼえていきます。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1962.1.28~ 25 90 12 白い犬 青い嵐
1963.1.28~ 26 195 13 青い鷲 青い夜
1964.1.28~ 27 40 1 黄色い太陽 黄色い太陽
落語を人に聞かせる欲求が芽生えラジオの素人参加番組に出演。演芸好きの仲間と天狗連(素人の芸人集団)を結成。
1962年に6代目笑福亭松鶴に弟子入り。
1963年に吉本興業に所属。吉本では演芸場の増加(なんば花月・京都花月がこの前後にオープン)していました。
デビュー当初からテレビ、ラジオ、映画と大活躍。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に6代目笑福亭松鶴に弟子入り。吉本興業に所属。

吉本中興の祖

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1967.1.28~ 30 95 4 青い鷲 黄色い人
1968.1.28~ 31 200 5 黄色い太陽 黄色い戦士
1967年に吉本新喜劇の女優、永隆子と結婚。
1960年代後半以降、落語ブームがおこり、月亭可朝や桂三枝(現:6代桂文枝)とともに、吉本興業の顔として花月劇場チェーンへの出演。
お笑いタレントの宝庫としての吉本の基礎を築いた。戦後、吉本の仁鶴の功績に「吉本中興の祖」と評され、吉本の総帥と呼ばれた林正之助でさえも仁鶴には頭が上がらなかったという。

ウェブスペルの色が黄色の前半にに吉本新喜劇の永隆子と結婚。

全国区

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1969.1.28~ 32 45 6 赤い蛇 黄色い太陽
1970.1.28~ 33 150 7 白い犬 黄色の種
1971.1.28~ 34 255 8 青い鷲 黄色い星
1969年よりバラエティ番組『ヤングおー!おー!』の司会を桂三枝(現:六代桂文枝)と担当。この番組を通して全国区のタレントとなります。
仁鶴は「視聴率を5%上げる男」との異名を取り、当時のテレビ関係者はキャスティングするため奔走したという。
全国区のタレントになっても吉本の劇場で高座に上がることは欠かさず当時のなんば花月・定員900人に1日8500人が押し寄せるほどでした。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに全国区の人気タレントになります。

3分間待つのだぞ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1973.1.28~ 36 205 10 赤い蛇 黄色い戦士
1974.1.28~ 37 50 11 白い犬 黄色い太陽
1975.1.28~ 38 155 12 青い鷲 黄色の種
1973年に大塚食品の「ボンカレー」のCMに出演。
CMでは時代劇『子連れ狼』のパロディを行い、「3分間待つのだぞ」のフレーズで一世を風靡。
仁鶴の写真がプリントされた大塚食品の自動販売機の筐体が多数製作・設置されます。

ウェブスペルの色が黄色の後半に「ボンカレー」のCMに出演。「3分間待つのだぞ」のフレーズで一世を風靡。

バラエティー生活笑百科

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1985.1.28~ 48 165 9 赤い蛇 赤い地球
1986.1.28~ 49 10 10 白い犬 赤い竜
1987.1.28~ 50 115 11 青い鷲 赤い蛇
1985年より法律バラエティ番組『バラエティー生活笑百科』の司会を担当。
「四角い仁鶴がまぁーるくおさめまっせぇ」のフレーズで有名。現在もなお続く長寿番組。

ウェブスペルの色が赤色の後半より『バラエティー生活笑百科』の司会を担当。

大阪ほんわかテレビ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1993.1.28~ 56 225 4 赤い蛇 白い風
1994.1.28~ 57 70 5 白い犬 白い世界の橋渡し
1995.1.28~ 58 175 6 青い鷲 白い犬
1993年より情報バラエティ番組『大阪ほんわかテレビ』の司会を担当。

ウェブスペルの色が白色の前半より『大阪ほんわかテレビ』の司会を担当。

吉本興業特別顧問

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2005.1.28~ 68 185 3 赤い蛇 青い夜
2005年に吉本興業特別顧問に就任。タレント活動を続けながらご意見番を担うことになりました。
仁鶴の吉本興業に対する過去からの貢献によるものです。

ウェブスペルの色が青色の前半に吉本興業特別顧問に就任。

心労

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2017.1.28~ 80 145 2 赤い蛇 黄色の種
2018.1.28~ 81 250 3 白い犬 黄色い星
2017年5月に『バラエティー生活笑百科』の収録を初めて欠席。同年6月2日に妻の隆子が死去。
妻を亡くした心労もあり体調を崩しぎみとなり休演が続くようになります。

ウェブスペルの色が黄色の始めころに妻が亡くなり心労がたたり休演が続くようになります。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2021.1.28~ 84 45 6 赤い蛇 黄色い太陽
2021年8月17日、骨髄異形成症候群のため大阪府内の自宅で亡くなります。84歳没。
訃報は8月20日に吉本興業から公表されました。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに亡くなりました。

笑福亭仁鶴のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の最期付近に6代目笑福亭松鶴に弟子入り。吉本興業に所属。
黄色の前半にに吉本新喜劇の永隆子と結婚。
黄色の半ばに全国区の人気タレントになります。
黄色の後半に「ボンカレー」のCMに出演。「3分間待つのだぞ」のフレーズで一世を風靡。
赤色の後半より『バラエティー生活笑百科』の司会を担当。
白色の前半より『大阪ほんわかテレビ』の司会を担当。
2度目の青色の前半に吉本興業特別顧問に就任。
2度目の黄色の始めころに妻が亡くなり心労がたたり休演が続くようになります。
2度目の黄色の半ばに亡くなりました。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

石塚英彦
石塚英彦(いしづか ひでひこ)は、日本のお笑いタレント、グルメリポーター、俳優。愛称は「石ちゃん」。お笑いコンビ・ホンジャマカとして活躍後、ソロで活動。グルメレポーターとして活躍。食べた後の「まいうー」はトレードマーク。

続きを読む


恵俊彰
恵俊彰(めぐみ としあき)は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優。お笑いコンビ・ホンジャマカとして活躍後、ソロで活動。2009年より『ひるおび!』の総合司会で有名。俳優としても活動しており『下町ロケット』等に出演。

続きを読む


片瀬那奈
片瀬那奈(かたせ なな)は、日本の女優、司会者。スカウトを受け芸能界入り。『旭化成水着キャンペーンモデル』で注目されドラマ『美少女H2』で女優デビュー。情報番組『シューイチ』の総合司会を担当。

続きを読む


小倉久寛
小倉久寛(おぐら ひさひろ)は、日本の俳優、声優。三宅裕司が主催のスーパー・エキセントリック・シアターの旗揚げに参加。1980年代半ばよりバラエティ番組を中心にテレビ出演が増え、その後『ヤングスタジオ101』の司会に抜擢。

続きを読む


染谷将太
染谷将太(そめたに しょうた)は、日本の俳優。妻は女優の菊地凛子。7才から子役として活動。2011年に映画『ヒミズ』で二階堂ふみと共にヴェネツィア国際映画祭のマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin065)

笹野高史
笹野高史(ささの たかし)は、日本の俳優、タレント。コミカル、シリアス、真面目、堅物と、どのような役柄でも独特の味わいを見せる俳優。山田洋次監督作品の常連でもあり、時代劇には欠かせない存在。

続きを読む


衣笠祥雄
衣笠祥雄(きぬがさ さちお)は元プロ野球選手。愛称は「鉄人」。国民栄誉賞受賞者。赤ヘル打線の主砲として1970年代後半から広島カープ黄金時代を築き上げる原動力となった選手の一人。

続きを読む


ビートたけし
ビートたけしは、コメディアン、タレント、映画監督、俳優。1980年代に起こった漫才ブームで知名度を飛躍的に向上。1990年頃より司会業や映画監督業が中心になり20年以上続く長寿番組もあります。

続きを読む


関連記事 (タレント)

波田陽区
波田陽区(はた ようく)は、日本のお笑いタレント。『エンタの神様』で「ギター侍」のネタでブレイク。しかしブレイクは続かず1発屋の自虐ネタを披露。近年は九州に活動拠点を移し活躍しています。

続きを読む


桂小枝
桂小枝(かつら こえだ)は日本の落語家、タレント、スタイリスト。25年間探偵ナイトスクープの探偵を務め、小ネタ集、パラダイス紹介などで人気を獲得。

続きを読む


眞鍋かをり
眞鍋かをり(まなべ かをり)は、日本のマルチタレント。夫はミュージシャンの吉井和哉。デビュー当初はグラビアタレントとして活躍。その後ブログを開設。たちまち人気ブログとなり「ブログの女王」と呼ばれます。

続きを読む


関連記事 (司会者)

三波伸介
三波伸介(みなみ しんすけ)は、コメディアン・俳優・司会者・タレント。「てんぷくトリオ」で人気を博します。また「笑点」の3代目司会者としても知られています。

続きを読む


岡江久美子
岡江久美子(おかえ くみこ)は女優、タレント、司会者。夫は大和田獏。娘は大和田美帆。義兄は大和田伸也。1996年から17年半「はなまるマーケット」の司会者を薬丸裕英と務めたので有名です。

続きを読む


櫻井翔
櫻井翔(さくらい しょう)は、タレント、歌手、俳優、司会者、キャスター、アイドルで、男性アイドルグループ・嵐のメンバー。

続きを読む


関連記事 (落語家)

立川談志
立川談志(たてかわ だんし)は落語家。落語立川流家元。「笑点」の初代司会者。その荒唐無稽・破天荒ぶりから好き嫌いが大きく分かれる落語家の一人でもあった。

続きを読む


立川志らく
立川志らく(たてかわ しらく)は、日本の落語家、映画評論家。師匠は7代目立川談志。『ひるおび!』のコメンテーターに抜擢、2017年上半期のブレイクタレント部門1位にランクイン。

続きを読む


立川志の輔
立川志の輔(たてかわ しのすけ)は、落語家、タレント。立川談志に入門。その後、テレビのレポーターに抜擢され一気に売れっ子になります。落語を続け平成を代表する落語家として君臨。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ