533 views

蟹工船・小林多喜二の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 小林多喜二

記事公開日:2018年09月21日
最終更新日:2019年02月09日

小林多喜二
出典:wikipedia.org 自宅の火鉢にあたる28歳の小林。1931年。

小林多喜二(こばやし たきじ)は、日本のプロレタリア文学の代表的な作家、小説家。

代表作に「蟹工船」などあります。29才の若さで壮絶な尋問を受け亡くなりました。

このページでは小林多喜二の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

小林多喜二の誕生日占い

生年月日:1903年12月1日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin182です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い風 白い犬 音13
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い世界の橋渡し
互いに学びあう 反対kin 黄色い人
互いに秘かれあう 神秘kin 青い嵐
以てるもの同士の類似kin 赤い地球
鏡の向こうのもう一人の自分 kin79
絶対反対kin kin52

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音13」は、肯定的なセルフイメージを持っており、自分に絶対的な自信があり、モチベーション高く物事に取り組みます。忍耐力もあるので、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことが得意です。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえるめちゃめちゃポジディブシンキングな人です。

「白い犬」は、正直すぎる人で、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝える、やさしく厳しい人です。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。家族のためなら、自分を犠牲にしても家族を守ります。

「白い風」は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

ひとことでいえばKin182の誕生日占いは、伝達能力に優れているタイプです。心から思いを伝えましょう。進行を妨げられたら計画を温めなおすこと。

広告

小林多喜二の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

現・秋田県大館市で、小作農家の次男として生まれます。
家は貧しい農家でした。叔父は苦節のすえに北海道小樽でパンの事業に成功。
叔父は一家を多喜二が4才の時に小樽に呼び寄せ、叔父のパン工場で働かせます。

拓銀

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1923.12.1~ 20 202 7 白い風 黄色い戦士
1924.12.1~ 21 47 8 青い手 黄色い太陽
1925.12.1~ 22 152 9 黄色い人 黄色の種
貧しいながら、多喜二は叔父より支援をうけ、小樽商業学校、小樽高等商業学校(現・小樽商科大学)へと進学します。
当時、北海道では北海道開拓のため労働者たちが過酷な環境で働いていました。より良い環境を求めデモを行い、多喜二もこの運動に参加します。
1924年に大学を卒業し北海道拓殖銀行(拓銀)小樽支店に勤務します。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに小樽商科大学を卒業し北海道拓殖銀行へ就職します。

蟹工船

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1927.12.1~ 24 102 11 白い風 黄色い人
1928.12.1~ 25 207 12 青い手 黄色い戦士
1929.12.1~ 26 52 13 黄色い人 黄色い太陽
1928年3月15日に「三一五事件」が起き、反戦を訴える者が続々と逮捕。
多喜二の知り合いも逮捕されます。衝撃的な拷問の様子を題材に『一九二八年三月十五日』を発表。この作品をきっかけに警察からマークされるようになります。

1929年に代表作となった「蟹工船」を発表。警察から要注意人物の扱いとされるようになります。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に「三一五事件」をきっかけに作品を発表。警察にマークされるようになります。

プロレタリア文学とは、1920年代から1930年代前半にかけて流行した虐げられた労働者の直面する厳しい現実を描いた文学です。
多喜二の代表作の「蟹工船」は青空文庫で読むことができます。

上京

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1929.12.1~ 26 52 13 黄色い人 黄色い太陽
1930.12.1~ 27 157 1 赤い地球 赤い地球
1931.12.1~ 28 2 2 白い風 赤い竜
作品内で北海道拓殖銀行の名を使ったとして解雇。1930年に上京。
日本共産党への資金援助の疑いや、作品の中で軍国主義を批判したことが天皇への不敬へ当たるとされ逮捕と釈放を繰り返します。
1931年に非合法の日本共産党に入党。
1932年に危険思想取締りを機に、地下活動に入ります。地下生活の体験を元に『党生活者』を執筆。

ウェブスペルの色が赤色の始めころに逮捕と釈放を繰り返します。

最後

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1932.12.1~ 29 107 3 青い手 赤い蛇
1933年2月20日に東京・赤坂で逮捕。その日に壮絶な尋問を受け死去。
翌日、遺体は返された。尋問により全身が異常に腫れ上がった状態だった。
遺体の解剖は特高警察を恐れてどこの病院でも断られた。

ウェブスペルの色が赤色の前半に逮捕、尋問を受け亡くなりました。

小林多喜二のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の半ばに小樽商科大学を卒業し北海道拓殖銀行へ就職します。
黄色の最後付近に「三一五事件」をきっかけに作品を発表。警察にマークされるようになります。
赤色の始めころに逮捕と釈放を繰り返します。
赤色の前半に逮捕、尋問を受け亡くなりました。

没後75年に再脚光を浴び、『蟹工船・党生活者』が異例の40万部売れます。
2008年の新語・流行語大賞で流行語トップ10に「蟹工船(ブーム)」が選ばれました。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

安田顕
安田顕(やすだ けん)は、日本の俳優、タレント。愛称は「ヤスケン」。「水曜どうでしょう」の準レギュラー・onちゃんの中の人。2004年以降は俳優として全国区で本格的に活動。

続きを読む


ヒャダイン
ヒャダインこと前山田健一(まえやまだ けんいち)は日本のミュージシャン。ニコニコ動画へゲームのアレンジ局や自作曲を投稿。ミリオン再生を続出させ謎のクリエーターとして世界的に注目を集めます。

続きを読む


山口智子
山口智子(やまぐち ともこ)は日本の女優。数々のトレンディドラマに出演し一躍スターになります。唐沢寿明と結婚後は女優業からCMへ仕事をシフト。

続きを読む


モンキー・パンチ
モンキー・パンチは、日本の漫画家。本名は加藤一彦(かとう かずひこ)。代表作に『ルパン三世』・『一宿一飯』など。本名は加藤一彦(かとう かずひこ)。

続きを読む


桐谷広人
桐谷広人(きりたに ひろと)は、日本の将棋棋士・投資家。日本のプロ棋士。棋士番号120。2007年に引退。株主優待を使いこなす個人株式投資家として有名になりマスメディアなどに頻繁に登場しました。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin182)

久石譲
久石譲(ひさいし じょう)は日本の作曲家、編曲家。映画音楽を中心に手掛け、特に宮崎駿監督作品においては、『風の谷のナウシカ』以降『風立ちぬ』まで29年間すべての長編アニメ映画の音楽を手掛ける。

続きを読む


福原遥
福原遥(ふくはら はるか)は、日本の女優、声優。料理番組『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』に5年間出演。その後「キラキラ☆プリキュアアラモード」の声優、「もしもツアーズ」の3代目ツアーガイドを務めます。

続きを読む


温水洋一
温水洋一(ぬくみず よういち)は、日本の俳優、タレント。愛称は「ぬっくん」。もともとは舞台俳優。演劇活動と並行してドラマ・バラエティ番組し広く知られる存在。名わき役として有名です。

続きを読む


中山美穂
中山美穂(なかやま みほ)は、女優、歌手。愛称は「ミポリン」。1985年に女優・歌手デビュー。実妹は女優の中山忍。元夫はミュージシャン・小説家の辻仁成。

続きを読む


関連記事 (作家)

京極夏彦
京極夏彦(きょうごく なつひこ)は、日本の小説家、妖怪研究家。1994年に『姑獲鳥の夏』でデビュー。『後巷説百物語』で直木賞を受賞。代表作に『百鬼夜行シリーズ』、『巷説百物語シリーズ』など。

続きを読む


池波正太郎
池波正太郎(いけなみ しょうたろう)は日本の戦後を代表する時代小説・歴史小説作家。代表作は『鬼平犯科帳』『剣客商売』 『仕掛人 藤枝梅安』の3大シリーズ。

続きを読む


松本清張
松本清張(まつもと せいちょう)は日本の小説家。社会派推理小説という新分野を開拓。松本清張ブーム、社会派推理小説ブームを起こした人物です。

続きを読む


さだまさし
さだまさしさんは、シンガーソングライター、タレント、小説家。トークの軽妙さはテレビ・ラジオ・コンサートなど大きな魅力とされている。

続きを読む


樋口一葉
樋口一葉(ひぐち いちよう)は、小説家。わずか1年半で「たけくらべ」「にごりえ」「十三夜」といった作品を発表。しかしわずか24歳6ヶ月で肺結核により死去しました。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事