2,084 views

野球選手・松坂大輔の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 松坂大輔

記事公開日:2018年03月08日
最終更新日:2020年07月13日

松坂大輔
出典:wikipedia.org

松坂大輔(まつざか だいすけ)は東京都出身のプロ野球選手(投手)。

甲子園で「平成の怪物」と注目を集め、西武ライオンズに入団。数々の記録を出しレッドソックス入りしますが、ヒジを壊し球団を転々とします。
ワールドベースクラシックでは2度MVPに輝きました。

日本に帰国後は引退もささやかれていましたが、2018年にカムバック賞に輝きます。
しかし2019年の春季キャンプで右肩を故障。2020年に古巣の西武ライオンズに14年ぶりに復帰。

このページでは松坂大輔の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

松坂大輔の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1980年9月13日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin128です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い星 白い鏡 音11
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い星
互いに学びあう 反対kin 白い鏡
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い空歩く人
以てるもの同士の類似kin 青い猿
鏡の向こうのもう一人の自分 kin133
絶対反対kin kin258

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音11」は、オリジナリティが高く、自分のスタンスやスタイルを崩さず、独自の道を歩むエネルギーの強い人です。常に自分自身の中に、堅実さと奔放さなど相反する要素を持っています。強い破壊力の持ち主で良くも悪くも、事をやり遂げるためには手段を選びません。「改革者」という言葉が似合う人です。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

「黄色い星」は、職人気質で、プロ意識を持っています。やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。自分の居場所、ココロの綺麗な人、とにかく綺麗なものがなんでも好きです。逆に、ごちゃごちゃした環境ではストレスがたまります。

ひとことでいえばKin128の誕生日占いは、別の側面から物事をみることが出来るタイプです。依存からの一人立ちへ。

広告

松坂大輔の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

青森生まれ東京育ち。
大輔の名は1980年に甲子園で大活躍した荒木大輔から取ったそうです。
5才から小学3年生まで剣道に打ち込み、その後リトルリーグで野球を始めます。

横浜高校時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1996.9.13~ 16 248 1 黄色い星 黄色い星
1997.9.13~ 17 93 2 赤い空歩く人 黄色い人
1998.9.13~ 18 198 3 白い鏡 黄色い戦士
高校は横浜高校に進みます。1つ上に上地雄輔がおり松坂大輔とバッテリーを組んでいました。
当時、「サボリのマツ」と言われるほどの練習嫌い。しかし高校2年の夏の甲子園予選で自身の暴投でサヨナラ負けを機に猛練習。
高校3年の時に150K/hのスピードとスライダーを武器に「平成の怪物」として注目を浴び、甲子園では春夏を連覇。
夏の甲子園、準決勝のPL戦では17回を投げ切り勝利。決勝戦では59年ぶり史上2人目となるノーヒットノーランを達成します。

1998年のプロ野球ドラフト会議では、西武、日本ハム、横浜が1位指定し西武ライオンズが獲得します。

ウェブスペルの色が黄色の始めのころから猛練習し甲子園で連覇します。

西武ライオンズ時代・前半

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.9.13~ 18 198 3 白い鏡 黄色い戦士
1999.9.13~ 19 43 4 青い夜 黄色い太陽
2000.9.13~ 20 148 5 黄色い星 黄色の種
2001.9.13~ 21 253 6 赤い空歩く人 黄色い星
1999年4月7日に初先発。155K/hを披露、鮮烈なデビューを飾ります。
1999年、2000年、2001年と3年連続で最多勝を獲得。新人から3年連続最多勝は高卒新人では史上初。

ウェブスペルの色が黄色の前半に西部ライオンズに入団し3年連続最多勝を獲得します。
多くの黒Kinが出ていますね。

西武ライオンズ時代・後半

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2003.9.13~ 23 203 8 青い夜 黄色い戦士
2004.9.13~ 24 48 9 黄色い星 黄色い太陽
2005.9.13~ 25 153 10 赤い空歩く人 黄色の種
2006.9.13~ 26 258 11 白い鏡 黄色い星
2002年はヒジを壊し不本意な結果になるが2003年に最優秀防御率のタイトルを獲得。
以降、西武を去るまでの間、毎年2桁の勝利を挙げます。

2004年にアテネ五輪野球の日本代表に選ばれ銅メダル獲得。
同年、元日本テレビアナウンサーの柴田倫世と結婚し1男2女に恵まれます。

2006年にワールドベースクラシックの日本代表に選ばれ金メダル獲得。MVPに選ばれます。

2006年のシーズン終了後にポスティングシステムを利用しボストン・レッドソックスに移籍。6年契約で約60億円と破格の契約が結ばれます。

ウェブスペルの色が黄色の後半にボストン・レッドソックスに移籍

レッドソックス時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2007.9.13~ 27 103 12 青い夜 黄色い人
2008.9.13~ 28 208 13 黄色い星 黄色い戦士
2009.9.13~ 29 53 1 赤い空歩く人 赤い空歩く人
2007年にメジャーデビュー。結果15勝12敗。「期待ほどではない」と言われることもあった。
2008年は18勝3敗。野茂英雄のメジャー16勝の記録を超え前年の批判をひっくり返した。
2009年3月にワールドベースクラシックの日本代表に選ばれ金メダル獲得。2度目のMVPに選ばれます。その一方レッドソックスでは調整に失敗し4勝6敗。
この年より故障、復帰を繰り返します。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近にレッドソックスで野茂の記録を塗り替えるなど活躍。ワールドベースクラシックで2度目のMVPを獲得。
赤色に変わりヒジの故障、復帰を繰り返しレッドソックスとの6年の契約期間を終えます。

レッドソックス退団後

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2012.9.13~ 32 108 4 黄色い星 赤い蛇
2013.9.13~ 33 213 5 赤い空歩く人 赤い月
2014.9.13~ 34 58 6 白い鏡 赤い空歩く人
2012年10月29日にFAとなり、2013年2月にクリーブランド・インディアンスとマイナー契約を結びます。
その後、クリーブランド・インディアンス、ニューヨーク・メッツと渡り歩きます。

ウェブスペルの色が赤色の前半にクリーブランド・インディアンス、ニューヨーク・メッツと渡り歩きます。

帰国後

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2015.9.13~ 35 163 7 青い夜 赤い地球
2016.9.13~ 36 8 8 黄色い星 赤い竜
2017.9.13~ 37 113 9 赤い空歩く人 赤い蛇
2014年12月4日に3年12億円の大型契約で福岡ソフトバンクホークス入団が発表
2015年は1度も1軍の登板はなく、2016年10月2日に一軍マウンドに立ち、1回で被安打3、与四死球4、暴投1の5失点(自責点は2)と炎上し翌日1軍抹消となった。
2017年も1度も1軍の登板はなく3年の契約期間を終えた。福岡ソフトバンクホークスで1軍の登板は1度だけだった。
福岡ソフトバンクホークスは2018年からは育成選手契約かコーチ契約を結んだ上でのリハビリ継続を打診したが、松坂はこれを拒否し退団。
2018年に中日ドラゴンズの入団テストを受け合格し入団。推定年棒1500万で1年契約。終わってみれば、この年カムバック賞に輝いた。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに福岡ソフトバンクホークス入団
赤色の後半に中日ドラゴンズに入団

古巣の西武ライオンズに復帰

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.9.13~ 38 218 10 白い鏡 赤い月
2019.9.13~ 39 63 11 青い夜 赤い空歩く人
2019年の春季キャンプで右肩を壊し2軍落ち。1軍で登板はわずか2試合だった。
2020年からは古巣の西武ライオンズに14年ぶりに復帰。背番号は16に決まった。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に西武ライオンズに14年ぶりに復帰。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.9.13~ 39 63 11 青い夜 赤い空歩く人
2020.9.13~ 40 168 12 黄色い星 赤い地球
2021.9.13~ 41 13 13 赤い空歩く人 赤い竜
松坂大輔の現在は、ウェブスペルの色が赤色の最後付近に当たります。
40才の時はKin168。感謝の念が大きな心の支えになる年です。

  • 音12は、人から相談されたり、頼られたり、組織や集団の中で「相談役」になることが多いです。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。
  • 赤い地球は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

主導権を握ると相手にゆずることができる。

松坂大輔のまとめのまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の始めのころから猛練習し甲子園で連覇します。
黄色の前半に西部ライオンズに入団し3年連続最多勝を獲得します。
黄色の後半にボストン・レッドソックスに移籍
黄色の最後付近にレッドソックスで野茂の記録を塗り替えるなど活躍。ワールドベースクラシックで2度目のMVPを獲得。
赤色に変わりヒジの故障、復帰を繰り返しレッドソックスとの6年の契約期間を終えます。
赤色の前半にクリーブランド・インディアンス、ニューヨーク・メッツと渡り歩きます。
赤色の半ばに福岡ソフトバンクホークス入団
赤色の後半に中日ドラゴンズに入団
赤色の最後付近に西武ライオンズに復帰。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

五木寛之
五木寛之(いつき ひろゆき)は、日本の小説家・随筆家。『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞を受賞。エッセイ『大河の一滴』など多数のベストセラーを生んだ人物です。

続きを読む


カズレーザー
カズレーザーは、日本のお笑いタレント。お笑いコンビ・メイプル超合金のボケ担当。クイズが得意で、多くのテレビ番組に出場。同じくクイズを得意とする芸人のロザン・宇治原史規とは良きライバル。

続きを読む


田中好子
田中好子(たなか よしこ)は、アイドル歌手でキャンディーズのメンバー、女優。愛称「スーちゃん」。キャンディーズ解散後は女優に転身しテレビや映画で活躍。2011年4月にガンで亡くなります。

続きを読む


小山茉美
小山茉美(こやま まみ)は、日本の声優、女優、ナレーター。『Dr.スランプ アラレちゃん』の則巻アラレの声優で一躍ブレイク。他に『あんみつ姫』『魔法のプリンセス ミンキーモモ』などが代表作。

続きを読む


室井佑月
室井佑月(むろい ゆづき)は、日本の小説家、随筆家、タレント。モデルなど様々な職に就いた後、小説新潮のコンテストに入選し文筆活動を開始。その後、テレビ番組やラジオ番組のコメンテーターとして数々の番組に出演。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin128)

小平奈緒
小平奈緒(こだいら なお)は、日本のスピードスケート選手。2018年、平昌オリンピックのスピードスケート女子500m金メダリスト・同1000m銀メダリスト。バンクーバー五輪女子チームパシュート銀メダリスト。

続きを読む


タウンゼント・ハリス
タウンゼント・ハリスは、アメリカの外交官。初代駐日本アメリカ合衆国弁理公使。江戸時代後期に訪日し、日米修好通商条約を締結したことで知られます。

続きを読む


アントニ・ガウディ
アントニ・ガウディは、スペインの建築家。19世紀からバルセロナを中心に活動します。ガウディの作品群は1984年ユネスコの世界遺産に登録されました。

続きを読む


尾田栄一郎
尾田栄一郎(おだ えいいちろう)は漫画家。ONE PIECEの作者。「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネスに認定。

続きを読む


深田恭子
深田恭子(ふかだ きょうこ)は女優、歌手、タレント。愛称は、深キョン。第21回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞し芸能界入り。代表作として『神様、もう少しだけ』『富豪刑事』など。

続きを読む


関連記事 (野球)

王貞治と長嶋茂雄
昭和を代表するライバル関係と言えば読売ジャイアンツの王貞治と長嶋茂雄がいます。同じチームメイトで直接対決はしなかったものの選手時代、プロ野球監督時代など日本のプロ野球界に貢献しました。

続きを読む


沢村栄治
沢村栄治(さわむら えいじ)は、戦前に活躍したプロ野球選手(投手)。日本プロ野球史上に残る伝説の選手の一人。戦後、沢村の功績と栄誉を称えて「沢村栄治賞」が設立。プロ野球のその年度の最優秀投手に贈られる。

続きを読む


田淵幸一
田淵幸一(たぶち こういち)は、阪神タイガーズなどで活躍した元プロ野球選手。3代目ミスタータイガースとも称されます。漫画「がんばれ!!タブチくん!!」のモデルでもあります。

続きを読む


桑田真澄
桑田真澄(くわた ますみ)は、日本の元プロ野球選手、野球解説者。PL学園高校時代は清原和博とのKKコンビでチームをけん引。プロ入り後は先発投手として長きにわたり読売ジャイアンツを支えた人物です。

続きを読む


田中将大
田中将大(たなか まさひろ)はプロ野球投手。2007年東北楽天ゴールデンイーグルスに入団。2013年には勝率24勝0敗でNPB歴代最高記録。2014年にニューヨークヤンキースへ移籍。妻はタレントの里田まい。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事