312 views

金ちゃん・濱田岳の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 濱田岳

濱田岳
→ 画像検索はこちら

濱田岳(はまだ がく)は、日本の俳優。

テレビドラマ『釣りバカ日誌』の浜ちゃんや、au三太郎の金太郎などで知られます。
2015年のCM好感度ランキングの男性部門で第2位を獲得。

このページでは濱田岳(はまだ がく)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

濱田岳の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1988年6月28日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin111(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い猿 赤い蛇 音7
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い夜
互いに学びあう 反対kin 赤い竜
互いに秘かれあう 神秘kin 白い犬
以てるもの同士の類似kin 黄色い星
鏡の向こうのもう一人の自分 kin150
絶対反対kin kin241

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音7」は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。バランス感覚があり、調整能力に長けています。神秘的な性格で自分自身も周りも理解しがたいところがあります。よくも悪くも「自分探し」をする人です。

「赤い蛇」は、よくも悪くも執着心が強く、執念深く情熱的です。高い集中力をもった、努力家さんです。あきらめない執念を持っています。好き嫌いがはっきりしてます。独特の感性を持っており、まわり振り回されることがありません。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin111の誕生日占いは、なにごとにもオールマイティーなタイプです。1つのことでは物足りないと感じるかもしれません。失うことは与えること。マイナスをプラスに。

広告

濱田岳の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京で生まれます。

子役時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1997.6.28~ 9 16 3 黄色い戦士 白い魔法使い
1998.6.28~ 10 121 4 赤い竜 白い鏡
1999.6.28~ 11 226 5 白い世界の橋渡し 白い風
2000.6.28~ 12 71 6 青い猿 白い世界の橋渡し
9才のころに現事務所・スターダストプロモーションにスカウトされます。
1998年にドラマ『ひとりぼっちの君に』で子役デビュー。
2000年にドラマ『平成夫婦茶碗 ドケチの花道』などに出演。

ウェブスペルの色が白色の前半にスカウトを受け子役として活動。

一時休止

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2001.6.28~ 13 176 7 黄色い戦士 白い犬
2002.6.28~ 14 21 8 赤い竜 白い魔法使い
2003.6.28~ 15 126 9 白い世界の橋渡し 白い鏡
中学、高校時代はラグビーに夢中になり役者活動は一時休止。

ウェブスペルの色が白色の半ばにラグビーに夢中になり役者活動を一時休止。

再開

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.6.28~ 16 231 10 青い猿 白い風
2005.6.28~ 17 76 11 黄色い戦士 白い世界の橋渡し
2006.6.28~ 18 181 12 赤い竜 白い犬
2004年に『3年B組金八先生』の出演をきっかけに本格的に俳優の道を志します。
2006年に映画『青いうた のど自慢 青春編』で映画初主演。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に『3年B組金八先生』に出演をきっかけに俳優を本格的に志します。

受賞

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2007.6.28~ 19 26 13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い
2008.6.28~ 20 131 1 青い猿 青い猿
2009.6.28~ 21 236 2 黄色い戦士 青い鷲
2007年に映画『アヒルと鴨のコインロッカー』で主演。この作品で2008年に第22回 高崎映画祭最優秀主演男優賞を受賞。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に高崎映画祭最優秀主演男優賞を受賞。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2010.6.28~ 22 81 3 赤い竜 青い嵐
2011.6.28~ 23 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
2012.6.28~ 24 31 5 青い猿 青い手
2011年に『ピースボート -Piece Vote-』で連続ドラマ初主演。
同年、ファッションモデルの小泉深雪と結婚。2012年1月下旬に第1子となる女児が誕生。
シャイで奥手の濱田は小泉と偶然飲み屋で知り合い一目惚れ。酔った勢いで電話番号をGETし交際に発展。

ウェブスペルの色が青色の前半に結婚。第1子女児が誕生。

CM好感度ランキング

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2014.6.28~ 26 241 7 赤い竜 青い鷲
2015.6.28~ 27 86 8 白い世界の橋渡し 青い嵐
2016.6.28~ 28 191 9 青い猿 青い夜
2015年に「2014年CM好感度ランキング」の男性部門で第2位を獲得
同年、テレビドラマ『釣りバカ日誌番外編 新入社員 浜崎伝助』で主演の浜崎伝助役。映画では長く西田敏行が務めていました。
また、テレビCM「au三太郎シリーズ」で金ちゃん役。
2017年の朝の連続ドラマ『わろてんか』で風太役。主演は葵わかな

ウェブスペルの色が青色の半ばにCM好感度ランキングの男性部門で第2位を獲得。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.6.28~ 31 246 12 白い世界の橋渡し 青い鷲
2020.6.28~ 32 91 13 青い猿 青い嵐
2021.6.28~ 33 196 1 黄色い戦士 黄色い戦士
濱田岳の現在は、ウェブスペルの色が青色の最後付近に当たります。
31才の時はKin246。自分ができたことは他人にもできるようにさせるのが上手な年です。

  • 音12は、人から相談されたり、頼られたり、組織や集団の中で「相談役」になることが多いです。
  • 白い世界の橋渡しは、野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。
  • 青い鷲は、勘が働き観察力にすぐれ、常にその先を意識できます。物事を常に客観的に見れます。

賑わいの中で発展する。競争は避けられない。

濱田岳のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の前半にスカウトを受け子役として活動。
白色の半ばにラグビーに夢中になり役者活動を一時休止。
白色の最後付近に『3年B組金八先生』に出演をきっかけに俳優を本格的に志します。
青色の始めの年に高崎映画祭最優秀主演男優賞を受賞。
青色の前半にファッションモデルの小泉深雪と結婚。第1子女児が誕生。
青色の半ばにCM好感度ランキングの男性部門で第2位を獲得。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

八木亜希子
八木亜希子(やぎ あきこ)は、日本のフリーアナウンサー、タレント。フジテレビ時代は様々なジャンルの番組をオールラウンドに担当。退社後はアナウンサー業はもとより、タレント、女優としても活動。

続きを読む


尾美としのり
尾美としのり(おみ としのり)は、日本の俳優。子役としてデビュー。『鬼平犯科帳』では同心の木村忠吾役でレギュラー出演。宮藤官九郎脚本作品に頻繁に出演していることでも有名。

続きを読む


小林聡美
小林聡美(こばやし さとみ)は、日本の女優、エッセイスト。映画『転校生』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。『やっぱり猫が好き』に三女・きみえ役で出演し一躍人気者。元夫は映画監督の三谷幸喜。

続きを読む


小林幸子
小林幸子(こばやし さちこ)は、日本の歌手、女優、タレント、実業家。9才の時にスカウトされデビュー。しかし仕事が激減し低迷期を歩みます。その後『おもいで酒』で復活。紅白歌合戦では派手な衣装で話題。

続きを読む


田中要次
田中要次(たなか ようじ)、日本の俳優、タレント。俳優になる前は国鉄職員、照明助手など異色の経歴の持ち主。ドラマ『HERO』にバーテンダー役で「あるよ」のセリフでブレイク。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin111)

マツコ・デラックス
マツコ・デラックスは、女装タレント、司会者。2010年ころからレギュラー番組が続々と開始され、ほぼ毎日テレビでみられるようになりました。

続きを読む


安田善次郎
安田善次郎(やすだ ぜんじろう)は、富山県富山市出身の実業家。安田財閥の祖です。

続きを読む


栗原はるみ
栗原はるみ(くりはら はるみ)は、日本の料理研究家、実業家。日本人で初めてグルマン世界料理本賞の受賞者。多くの料理本を発表する一方、料理番組でも活躍。

続きを読む


はいだしょうこ
はいだしょうこは、日本の歌手、女優、タレント、声優。元宝塚歌劇団出身。旧芸名は、千琴ひめか。その後、『おかあさんといっしょ』第19代目うたのおねえさんを担当。

続きを読む


関連記事 (俳優)

藤山寛美
藤山寛美(ふじやま かんび)は、日本の喜劇役者。戦後昭和の上方喜劇界を代表する喜劇役者。永年にわたり松竹新喜劇の大スターとして活躍。「あほの寛ちゃん」として人気を博した。

続きを読む


浅野忠信
浅野忠信(あさの ただのぶ)は、日本の俳優、音楽家。俳優としてデビュー後に新鋭の映画監督の作品に出演し知名度を高めます。近年はドローイング(線画)の個展を開催。

続きを読む


三船敏郎
三船敏郎(みふね としろう)は、日本の俳優・映画監督・映画プロデューサー。黒澤明監督の作品に多く出演。世界のミフネと呼ばれます。タレントの三船美佳は内縁の娘。

続きを読む


梅宮辰夫
梅宮辰夫(うめみや たつお)は日本の俳優・タレント・実業家。娘はタレントの梅宮アンナ。昭和の映画スター。俳優として映画・テレビドラマに出演。その後、飲食事業の経営やバラエティ番組にも進出。

続きを読む


杉良太郎
杉良太郎(すぎ りょうたろう)は、日本の俳優、歌手。テレビドラマ「遠山の金さん」などに主演した時代劇のスター。舞台での活動を続け中年女性を魅了。100万枚を超えるヒット曲「すきま風」の歌手でもあります。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事