750 views

関西タレント・なるみの誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → なるみ

記事公開日:2019年06月18日
最終更新日:2020年03月26日

なるみ
→ 画像検索はこちら

なるみは、日本のタレント。本名は井上鳴美(いのうえ なるみ)。愛称は「なるなる」。

愛嬌と毒舌を兼ね備えた典型的な大阪のオバハン系タレントとして主に関西ローカルのテレビ・ラジオ番組で活躍。

このページではなるみの生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

なるみの誕生日占い(性格診断)

誕生日:1972年7月8日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin1(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い竜 赤い竜 音1
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い竜
互いに学びあう 反対kin 青い猿
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い太陽
以てるもの同士の類似kin 白い鏡
鏡の向こうのもう一人の自分 kin260
絶対反対kin kin131

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音1」は太陽の紋章とウェブスペルが一緒です。迷いのない決断力のある人で、人の先頭に立って決断をする即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。色々なものが引き寄せられてきます。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin1の誕生日占いは、過ちや欠点なども含め、相手のさまざまな点を受け入れることができる心の広さのあるタイプです。初めての物事が多い。それは天からの贈り物。

広告

なるみの個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

大阪府四條畷市出身。弟がいます。
中学時代は「どヤンキー」でした。

漫才コンビ・トゥナイト

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1988.7.8~ 16 121 4 赤い竜 白い鏡
1989.7.8~ 17 226 5 白い世界の橋渡し 白い風
1990.7.8~ 18 71 6 青い猿 白い世界の橋渡し
1988年にNSC(吉本総合芸能学院)の7期生として入学。同期に雨上がり決死隊などいます。
しずかは、小学生時代からの同級生。共にNSCに入学。
1989年にしずかと漫才コンビ・トゥナイトを結成。関西地区での主に活動します。

ウェブスペルの色が白色の半ばにしずかと漫才コンビ・トゥナイトを結成。

ピン活動

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.7.8~ 26 131 1 青い猿 青い猿
1999.7.8~ 27 236 2 黄色い戦士 青い鷲
1999年にしずかがアメリカ留学のために芸能界を引退。漫才コンビ・トゥナイトは解散しピンで活動。
しずかはアメリカで同年に結婚。後に子供を4人をもうけた。現在でも定期的に連絡を取り合っていそうです。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に漫才コンビ・トゥナイトは解散。ピンで活動することになった。

ピンになってから愛嬌と毒舌を兼ね備えた典型的な大阪のオバハン系タレントとして、主に関西ローカルのテレビ・ラジオ番組で活躍。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.7.8~ 28 81 3 赤い竜 青い嵐
2001.7.8~ 29 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
2002.7.8~ 30 31 5 青い猿 青い手
2001年7月3日に10歳上のカメラマンの男性と結婚。

ウェブスペルの色が青色の前半に結婚。

東京進出

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2005.7.8~ 33 86 8 白い世界の橋渡し 青い嵐
2006.7.8~ 34 191 9 青い猿 青い夜
2007.7.8~ 35 36 10 黄色い戦士 青い手
陣内智則と共にメイン司会を務める、よみうりテレビのローカル生番組『なるトモ!』が2005年10月3日より日本テレビでも放送。
2006年3月31日に関東地区でのネットは打ち切られてしまったものの本格的に東京進出を果たした。

ウェブスペルの色が青色の後半に『なるトモ!』で本格的に東京進出を果たした。

第1子誕生

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2015.7.8~ 43 96 5 黄色い戦士 黄色い人
2016.7.8~ 44 201 6 赤い竜 黄色い戦士
結婚14年目の2015年12月12日、第1子男児に恵まれます。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに第1子男児に恵まれます。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.7.8~ 46 151 8 青い猿 黄色の種
2019.7.8~ 47 256 9 黄色い戦士 黄色い星
2020.7.8~ 48 101 10 赤い竜 黄色い人
なるみの現在は、ウェブスペルの色が黄色の後半に当たります。
47才の時はKin256。タイミングを大事にし、チャンスが来たら大胆に行動する年です。

  • 音9は、基本的に人気者で人間関係は良好です。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。
  • 黄色い戦士は、「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。

自身が揺らぐときこそ、変化への動きを感じる。

なるみのまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の半ばにしずかと漫才コンビ・トゥナイトを結成。
青色の始めの年に漫才コンビ・トゥナイトは解散。ピンで活動することになった。
青色の前半に結婚。
青色の後半に『なるトモ!』で本格的に東京進出を果たした。
黄色の半ばに第1子男児に恵まれます。

ぶたまんの551蓬莱のCMの「あるとき~」「ないとき~」の人で有名です。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

三島由紀夫
三島由紀夫(みしま ゆきお)は日本の作家。戦後の日本文学界を代表する人物。ノーベル文学賞候補にあがるなど海外でも定評が高い。晩年は自衛隊市ヶ谷駐屯地に仲間4人と乗り込み割腹自殺した。

続きを読む


筧利夫
筧利夫(かけい としお)は、日本の俳優。劇団「第三舞台」で長く活躍。第三舞台に入ってからほぼ全ての作品に参加。ドラマ「踊る大捜査線シリーズ」で新城賢太郎役で大きく知名度を上げました。

続きを読む


桑田真澄
桑田真澄(くわた ますみ)は、日本の元プロ野球選手、野球解説者。PL学園高校時代は清原和博とのKKコンビでチームをけん引。プロ入り後は先発投手として長きにわたり読売ジャイアンツを支えた人物です。

続きを読む


上塚周平
上塚周平(うえつか しゅうへい)は、日本のブラジル移民功労者。「ブラジル移民の父」と称される人物です。ブラジル移民の輸送監督としてブラジルに渡ります。生涯日系ブラジル移民のために尽力します。

続きを読む


佐藤隆太
佐藤隆太(さとう りゅうた)は、日本の俳優、タレント、司会者。『池袋ウエストゲートパーク』に出演し知名度UP。『ROOKIES』で主役の川藤幸一役。近年はシリアスな役柄までを幅広くこなす実力派俳優。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin001)

三波伸介
三波伸介(みなみ しんすけ)は、コメディアン・俳優・司会者・タレント。「てんぷくトリオ」で人気を博します。また「笑点」の3代目司会者としても知られています。

続きを読む


松田優作
松田優作さんは、刑事ドラマ「太陽にほえろ!」で人気を獲得。1970年代後半からアクションスターとして人気を博し、1980年代からは演技派としても認められるようになりました。

続きを読む


筑紫哲也
筑紫哲也(ちくし てつや)は、ジャーナリスト、ニュースキャスター。朝日新聞社記者、朝日ジャーナル編集長、TBSテレビ『筑紫哲也 NEWS23』メインキャスター。2008年にガンのため亡くなった。

続きを読む


渋野日向子
渋野日向子(しぶの ひなこ)は、日本の女子プロゴルファー。ニックネームはシブコ。2019年「AIG全英女子オープン」で日本人女子選手として樋口久子以来、42年ぶりのメジャー優勝を果たした人物です。

続きを読む


小林聡美
小林聡美(こばやし さとみ)は、日本の女優、エッセイスト。映画『転校生』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。『やっぱり猫が好き』に三女・きみえ役で出演し一躍人気者。元夫は映画監督の三谷幸喜。

続きを読む


関連記事 (タレント)

伊東四朗
伊東四朗(いとう しろう)は、コメディアン、俳優、タレント、司会者。てんぷくトリオとして人気を得ます。その後、小松政夫との共演でブームを起こします。

続きを読む


立川志の輔
立川志の輔(たてかわ しのすけ)は、落語家、タレント。立川談志に入門。その後、テレビのレポーターに抜擢され一気に売れっ子になります。落語を続け平成を代表する落語家として君臨。

続きを読む


杉本彩
杉本彩(すぎもと あや)は、日本のタレント、女優、グラビアアイドル。ヘアヌード写真集を多数発表。官能小説を執筆、映画『花と蛇』で主演。「エロスの伝道師」を自称しバラエティ番組の出演も増えます。

続きを読む


山田花子
山田花子(やまだ はなこ)は、日本のお笑いタレント、コメディアン。中学時代からタレントとして活動。「笑っていいとも!」などにレギュラー出演し全国区で活動。結婚後、大阪に拠点を戻し吉本新喜劇の座員として復帰。

続きを読む


引田天功
引田天功(ひきた てんこう)は、日本のイリュージョニスト。別名プリンセス・テンコー 。初代・引田天功が1979年12月に急死し1980年12月に2代目に襲名した。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事