2,600 views

電流デスマッチ「大仁田厚」の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 大仁田厚

記事公開日:2016年09月18日
最終更新日:2021年10月01日

大仁田厚
出典:wikipedia.org

大仁田厚(おおにた あつし)は、、日本のフリーレスラー、元参議院議員、タレント、俳優としても活躍。

全日本プロレスで活躍。引退後にFMWを立ち上げ電流デスマッチでブレイク。
その後、参院選に出馬し当選。小泉チルドレンの一人となります。政界を引退後に再度プロレスラーに復帰します。

2017年10月に通算7度目となる引退を表明。
2018年4月15日に佐賀県神埼市長選に無所属で出馬しますが落選。
2018年9月にファイトマネーをもらわないボランティアレスラーとして現役復帰。

このページでは、大仁田厚(おおにた あつし)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

大仁田厚の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1957年10月25日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin95(絶対拡張Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い鷲 黄色い人 音4
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い猿
互いに学びあう 反対kin 赤い蛇
互いに秘かれあう 神秘kin 白い世界の橋渡し
以てるもの同士の類似kin 黄色い種
鏡の向こうのもう一人の自分 kin166
絶対反対kin kin225

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音4」は、職人肌で玄人さんです。自分自身の内面を掘り下げることに長け、勉強・探究に励む人です。周りから理解され難い面を持っていますが、人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。地に足がついたようにどっしりとした道を究めた感じの安定感を持っています。

「黄色い人」は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

絶対拡張Kinですので世の中に物事を広めやすいです。

ひとことでいえばKin95の誕生日占いは、大らかな気持ちを誰に対しても発揮できるタイプです。誠心誠意生きなさい。

広告

大仁田厚の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

実家は長崎で風呂敷の製造・販売業を営む。高校を中退した後、日本一周徒歩旅行を計画。
長崎県庁前から出発し神戸まで辿り着いたが、火事で家が全焼した知らせが入り断念。

全日本プロレス時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1972.10.25~ 15 110 6 白い犬 赤い蛇
1973.10.25~ 16 215 7 青い鷲 赤い月
1980.10.25~ 23 170 1 白い犬 白い犬
1981.10.25~ 24 15 2 青い鷲 白い魔法使い
1982.10.25~ 25 120 3 黄色い太陽 白い鏡
1984.10.25~ 27 70 5 白い犬 白い世界の橋渡し

1973年 ジャイアント馬場に憧れ、全日本プロレスに「新弟子第一号」として入門
1974年 プロデビュー
1981年 海外修業に出発
1982年 3月にNWAインターナショナル・ジュニアヘビー級王座を奪取
1983年 リングを飛び降り着地時に足を滑らせ左膝蓋骨粉砕骨折
1985年 1月3日に後楽園ホールで引退式

馬場は付き人の大仁田を可愛がり、養子にしようと本気で考えており、馬場元子は引退式後に大仁田を抱きしめて涙していたため、馬場夫妻にとっては苦渋の決断だったことが伺える

ウェブスペルの色が赤色の半ばに全日本プロレスに入門します。この年には黒Kinが表れています。
白色の始めころから海外修業に出発。NWAインターナショナル・ジュニアヘビー級王座を奪取
白色の半ばに全日本プロレスを引退します

FMWがブレイク

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1988.10.25~ 31 230 9 白い犬 白い風
1989.10.25~ 32 75 10 青い鷲 白い世界の橋渡し
1990.10.25~ 33 180 11 黄色い太陽 白い犬
1993.10.25~ 36 235 1 青い鷲 青い鷲
1994.10.25~ 37 80 2 黄色い太陽 青い嵐
1996.10.25~ 39 30 4 白い犬 青い手
1998.10.25~ 41 240 6 黄色い太陽 青い鷲

1989年 自らの団体FMWを旗揚げ
1990年 ノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチで一気にブレイク。
1991年 日本テレビの『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』にも取り上げられ知名度を上げる。
1994年 縫合個所「1000針突破記念パーティー」を開催。
1995年 5月5日に、川崎球場で弟子のハヤブサと戦い、2度目の引退。
1996年 12月11日のFMW駒沢体育館大会で2度目の復帰戦
1998年 11月20日の横浜文化体育館大会を最後に、FMWを追放される。

ウェブスペルの色が白色の後半にFMWを立ち上げます。過激なパフォーマンスで一気にブレイクします。
ウェブスペルの色が青色の始め頃にFMWを引退・復帰。青色の半ばに自身が立ち上げたFMWから追放されます。

フリープロレスラー・政治家として

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1999.10.25~ 42 85 7 赤い蛇 青い嵐
2000.10.25~ 43 190 8 白い犬 青い夜
2002.10.25~ 45 140 10 黄色い太陽 青い猿
2006.10.25~ 49 40 1 黄色い太陽 黄色い太陽

1999年 FMW追放後は、新日本プロレスへ参戦。新日本マットで電流爆破マッチも実現。「大仁田劇場」と称された、
2001年 7月29日に実施された第19回参院選に比例区で出馬、当選。「小泉チルドレン」の一人となった。
2003年 WJプロレスに参加。越中詩郎と電流爆破マッチを行う。
2007年 6月23日、次期参議院選挙に不出馬、政界引退を表明。

ウェブスペルの色が青色の半ばにフリープロレスラーとして新日本プロレスへ参戦。
青色の後半から参議院の政治家になり、黄色の始めの年まで政界入りしました。

大仁田と同じように元プロレスラーの国会議員に馳浩(はせ ひろし)がいます。
馳浩は1995年に衆院選で初当選。現在まで6選し第20代・文部科学大臣を務めるまでになりました。

また現役プロレスラー復帰

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2007.10.25~ 50 145 2 赤い蛇 黄色の種
2012.10.25~ 55 150 7 白い犬 黄色の種
2013.10.25~ 56 255 8 青い鷲 黄色い星
2014.10.25~ 57 100 9 黄色い太陽 黄色い人

2008年 2月5日、都内会見にて現役プロレスラー復帰を発表
2012年 「邪道軍」としての活動を活発化。佐山聡や曙との抗争を立て続けに宣言
2013年 電流デスマッチがエスカレート
2014年 「還暦電流爆破を持って一線を引く」と発言し7度目の引退を示唆した。
2016年に7度目の引退したが2018年に現役復帰。

ウェブスペルの色が黄色の始めに現役プロレスラー復帰を発表
黄色の半ばに「邪道軍」としての活動を活発化、電流デスマッチがエスカレートしたりします。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.10.25~ 62 105 1 赤い蛇 赤い蛇
2020.10.25~ 63 210 2 白い犬 赤い月
2021.10.25~ 64 55 3 青い鷲 赤い空歩く人
大仁田厚の現在は、ウェブスペルの色が赤色の始まり付近に当たります。
64才の時はKin55。いつも真剣に取り組み夢を実現できる年です。

  • 音3は、性質の異なる人・物事を結びつける役割があります。立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり調整したりします。
  • 青い鷲は、勘が働き観察力にすぐれ、常にその先を意識できます。物事を常に客観的に見れます。
  • 赤い空歩く人は、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。

あなたの生かす力を背後に感じれば順風満帆の勢い。母性能力ある。

大仁田厚のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の半ばに全日本プロレスに入門します。
白色の始めころから海外修業に出発。NWAインターナショナル・ジュニアヘビー級王座を奪取。
白色の半ばに全日本プロレスを引退します
白色の後半にFMWを立ち上げます。過激なパフォーマンスで一気にブレイクします。
青色の始め頃にFMWを引退・復帰。
青色の半ばにFMWから追放されます。その後フリープロレスラーとして新日本プロレスへ参戦。
青色の後半から参議院の政治家になります。
黄色の始めの年に政界を引退し現役プロレスラー復帰を発表。
黄色の半ばに「邪道軍」としての活動を活発化、電流デスマッチがエスカレートしたりします。

テレビ番組収録時にケガをして大きな切り傷から出血してしまったが、近くに病院がないため、その場にあった瞬間接着剤で傷口を塞いでその場をしのいだ。
その後、病院に行ったところ医者から「その処置は正しい」と言われたそうです。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

足立梨花
足立梨花(あだち りか)は、日本のバラエティタレント、グラビアアイドル、女優。愛称は、あだっちぃー。ホリプロ所属。『第32回ホリプロタレントスカウトキャラバン』で応募総数5万1923人の中からグランプリを獲得し芸能界入り。

続きを読む


佐久間由衣
佐久間由衣(さくま ゆい)は、日本の女優。『ViVi』の専属モデルオーディションでグランプリを獲得。翌年女優デビュー。朝の連続テレビ小説『ひよっこ』に出演し知名度UP。

続きを読む


渡辺いっけい
渡辺いっけい(わたなべ いっけい)は、日本の俳優。大阪芸術大学在学中に劇団☆新感線に参加。大学を卒業し上京。状況劇場に入団し舞台に多数出演。朝の連続ドラマ『ひらり』に出演し人気を博します。以降も数々の作品に出演。

続きを読む


筒井康隆
筒井康隆(つつい やすたか)は、日本の小説家、劇作家、俳優。小松左京、星新一と並んで「SF御三家」とも称される人物。代表作に『時をかける少女』『日本以外全部沈没』『虚人たち』などあります。

続きを読む


森下千里
森下千里(もりした ちさと)は、日本の政治活動家、元タレント。レースクイーンとして活動を始め人気のグラビアモデルに成長。女優、タレントなどマルチに活躍。2019年に芸能界から引退。2021年に宮城5区から自民党公認で衆院選に出馬。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin095)

エルヴィス・プレスリー
エルヴィス・プレスリーはアメリカのミュージシャン、映画俳優。1950年代にロックンロールの誕生と普及に大きく貢献しました。

続きを読む


二宮和也
二宮和也(にのみや かずなり)は、歌手、俳優、タレントで、男性アイドルグループ・嵐のメンバー。愛称は「ニノ」。映画「硫黄島からの手紙」の演技が高く評価されアカデミー賞候補に選ばれた。

続きを読む


棟方志功
棟方志功(むなかた しこう)は、青森県出身の板画家。20世紀の美術を代表する世界的巨匠の一人。版画を「板画」と称し、木版の特徴を生かした作品を一貫して作り続けました。

続きを読む


浅香唯
浅香唯(あさか ゆい)は、歌手、タレント、女優。オーディションでグランプリを受賞し芸能界にデビューし、スケバン刑事シリーズでブレイク。トップアイドルとして活動します。

続きを読む


麻生太郎
麻生太郎(あそう たろう)は、日本の政治家、実業家。第92代内閣総理大臣。総理大臣を経験した後に安倍内閣に入閣。首相経験者の入閣は戦後4人目。モントリオールオリンピックにクレー射撃に日本代表で参加。

続きを読む


関連記事 (アスリート)

フェデラーとナダル
ロジャー・フェデラーとラファエル・ナダルはテニス界において2000年代の世界トップ選手としてライバル関係の二人です。2008年ウィンブルドン決勝は、テニス史上でも最高レベルの名勝負でした。

続きを読む


前園真聖
前園真聖(まえぞの まさきよ)は、日本の元サッカー選手、タレント。1996年、アトランタオリンピックの予選突破の最大の功労者。引退後、酒によってタクシー運転手に暴行を加え逮捕。その後、タレント活動を開始。

続きを読む


増田明美
増田明美はスポーツジャーナリスト、マラソンレース解説者。1980年代前半の女子長距離走の第一人者。レース解説では選手や監督の思いを伝えたいとのことから詳しすぎる解説で有名です。

続きを読む


本田圭佑
本田圭佑(ほんだ けいすけ)は、大阪出身のプロサッカー選手です。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。日本代表。カンボジア代表GM。

続きを読む


高橋尚子
高橋尚子(たかはし なおこ)は、日本の元陸上競技選手(女子マラソン)。愛称は「Qちゃん」。2000年シドニーオリンピック金メダリスト。女子スポーツ界で初の国民栄誉賞を受賞。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ