962 views

音楽家・瀧廉太郎の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 瀧廉太郎

記事公開日:2018年10月22日
最終更新日:2019年12月17日

瀧廉太郎
出典:wikipedia.org

瀧廉太郎(たき れんたろう)は、日本の音楽家、作曲家。

明治の西洋音楽黎明期における代表的な音楽家の一人です。
代表作に「荒城の月」「箱根八里」「鳩ぽっぽ」「お正月」などあります。

このページでは瀧廉太郎の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

瀧廉太郎の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1879年8月24日生まれ

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin163です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い夜 赤い地球 音7
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い鷲
互いに学びあう 反対kin 赤い空歩く人
互いに秘かれあう 神秘kin 白い鏡
以てるもの同士の類似kin 黄色い戦士
鏡の向こうのもう一人の自分 kin98
絶対反対kin kin33

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音7」は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。バランス感覚があり、調整能力に長けています。神秘的な性格で自分自身も周りも理解しがたいところがあります。よくも悪くも「自分探し」をする人です。

「赤い地球」は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。「きづな」を大事する姿勢と、「説得力」がある言葉と、「バランスのいい判断力」を持っているので、まわりから慕われます。

「青い夜」は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、寝なくってもご飯を食べなくてもどんなことでもやれる人です。自分を理解してくれる人は囲い込み、よく面倒を見る反面、好き嫌いもはっきりしてます。嫌いなものは嫌い。と厳しい面も。

ひとことでいえばKin163の誕生日占いは、自分の思い込みが原動力になるタイプです。外に向かうより内側を安定。

広告

瀧廉太郎の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京で生まれます。
実家は江戸時代に大分県にある豊後国日出藩の家老職を代々つとめた家柄で、父の吉弘は官僚として、大久保利通伊藤博文の元つとめます。
その後、父は地方官になり神奈川、富山、大分など赴任。滝廉太郎は生後まもなく各地を回ります。
姉が2人おりどちらも幼少より楽器に親しんでおり廉太郎も幼少よりバイオリンを弾いていました。

学生時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1894.8.24~ 15 178 9 白い鏡 白い犬
1897.8.24~ 18 233 12 赤い空歩く人 白い風
1898.8.24~ 19 78 13 白い鏡 白い世界の橋渡し
15才の時に現:東京藝術大学に入学、1898年に本科を卒業し研究科へ進学。
滝廉太郎はピアノと作曲の腕をメキメキを上げていきます。

ウェブスペルの色が白色の最後の年に現:東京藝術大学を卒業

明治時代前半に多くの翻訳唱歌がありましたが日本人作曲家によるオリジナルの歌が高まっていきます。そんな中、滝廉太郎は作曲家として次々に発表していきます。

続々と代表作を発表

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1899.8.24~ 20 183 1 青い夜 青い夜
1900.8.24~ 21 28 2 黄色い星 青い手
1900年に洗礼を受けクリスチャンになります。
1900年に代表作となる「荒城の月」「箱根八里」などを作曲。文部省編纂の「中学唱歌」に掲載。
「お正月」「鳩ぽっぽ」「花」「雪やこんこん」など作曲。幼稚園唱歌に掲載。日本生まれの最も古い童謡作品として知られます。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に代表作となる「荒城の月」「箱根八里」など作曲。中学唱歌、幼稚園唱歌に掲載されます。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1901.8.24~ 22 133 3 赤い空歩く人 青い猿
1902.8.24~ 23 238 4 白い鏡 青い鷲
1901年に日本人の音楽家では2人目となるヨーロッパ留学生としてドイツに旅立ちます。
しかし肺結核を発病、ドイツで治療を受けますが治らず1902年に日本へ帰国。
日本では父の故郷の大分県で療養しますが、1903年6月29日に結核のため亡くなりました。

ウェブスペルの色が青色の前半にドイツ留学。肺結核を患い帰国、父の故郷の大分で亡くなりました。

滝廉太郎のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の最後の年に現:東京藝術大学を卒業
青色の始めの年に代表作となる「荒城の月」「箱根八里」など作曲。中学唱歌、幼稚園唱歌に掲載されます。
青色の前半にドイツ留学。しかし肺結核を患い帰国、父の故郷の大分で亡くなりました。

肺結核に冒されたため滝廉太郎の死後、多数の作品が日の目を見ず焼却されたといいます。
23才という短い生涯で作曲作品は34曲でした。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

筧利夫
筧利夫(かけい としお)は、日本の俳優。劇団「第三舞台」で長く活躍。第三舞台に入ってからほぼ全ての作品に参加。ドラマ「踊る大捜査線シリーズ」で新城賢太郎役で大きく知名度を上げました。

続きを読む


桑田真澄
桑田真澄(くわた ますみ)は、日本の元プロ野球選手、野球解説者。PL学園高校時代は清原和博とのKKコンビでチームをけん引。プロ入り後は先発投手として長きにわたり読売ジャイアンツを支えた人物です。

続きを読む


上塚周平
上塚周平(うえつか しゅうへい)は、日本のブラジル移民功労者。「ブラジル移民の父」と称される人物です。ブラジル移民の輸送監督としてブラジルに渡ります。生涯日系ブラジル移民のために尽力します。

続きを読む


佐藤隆太
佐藤隆太(さとう りゅうた)は、日本の俳優、タレント、司会者。『池袋ウエストゲートパーク』に出演し知名度UP。『ROOKIES』で主役の川藤幸一役。近年はシリアスな役柄までを幅広くこなす実力派俳優。

続きを読む


佐々木蔵之介
佐々木蔵之介(ささき くらのすけ)は、日本の俳優。学生時代から関西の小劇団『惑星ピスタチオ』の看板俳優として活躍。上京し俳優となった。朝の連続テレビ小説『オードリー』に出演し脚光を浴びます。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin163)

ジャガー横田
ジャガー横田(ジャガーよこた)は、日本の女子プロレスラー、タレント。2度の引退後に現役最古参女子レスラーとしてリングに上がると共に後輩の指導を行います。夫婦そろって人気番組に出演し人気を博します。

続きを読む


与謝野晶子
与謝野晶子(よさの あきこ)は日本の歌人、作家、思想家。情熱的な作品が多いと評される歌集『みだれ髪』や、日露戦争の時に歌った『君死にたまふことなかれ』が有名です。

続きを読む


ブルース・リー
ブルース・リーさんは香港の俳優、武道家、脚本家、映画プロデューサーである。映画「ドラゴン危機一髪」で一躍香港のトップスターになるが、公開から2年後にて突然亡くなります。

続きを読む


三船敏郎
三船敏郎(みふね としろう)は、日本の俳優・映画監督・映画プロデューサー。黒澤明監督の作品に多く出演。世界のミフネと呼ばれます。タレントの三船美佳は内縁の娘。

続きを読む


輪島大士
輪島大士(わじま ひろし)は、元大相撲力士、第54代横綱、元プロレスラー、元タレント。大相撲で横綱に上り詰め、横綱・北の湖と輪湖時代(りんこじだい)と呼ばれる名勝負を繰り返します。

続きを読む


関連記事 (芸術家)

片岡鶴太郎
片岡鶴太郎(かたおか つるたろう)は、日本の俳優、お笑いタレント、歌手、画家、書家。「オレたちひょうきん族」に出演し全国区の人気タレントになります。

続きを読む


すぎやまこういち
すぎやまこういちは、日本の作曲家、編曲家、指揮者。ゲーム『ドラゴンクエストシリーズ』の楽曲を担当。近年では『「ドラゴンクエスト」コンサート』などで自ら指揮者として出演することも多い。

続きを読む


篠山紀信
篠山紀信(しのやま きしん)は日本の写真家。芸能人や素人をモデルにした「激写シリーズ」、ヘアヌード・ブームの火付け役として有名です。妻は元アイドル歌手の南沙織。

続きを読む


草間彌生
草間彌生(くさま やよい)は、日本の芸術家。水玉や網模様をモチーフにした作品で世界的に知らる人物。1960年代に「前衛の女王」の異名をとった。

続きを読む


辰野金吾
辰野金吾(たつの きんご)は、日本の建築家。代表作に東京駅や日本銀行本店などあります。日本の近代建築の父ともいわれる人物です。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事