573 views

今日のエッセイ的な何か 08月08日(Kin232) スタートアップ(起業)に求められること

 TOP管理人のつぶやき → 2016年08月08日(Kin232)

はたらくということ

・起業家支援のイベントへ行ってきた。

イベントで起業家の孫泰蔵さんの講演をはじめ、様々な分野で活躍中のゲストたちの
グループトークやディスカッションがあって、音楽があって、
「力をあわせて沖縄を盛り上げていきましょー」の熱意は伝わったし、
盛り上げてサポートする側の決意表明は面白いなーと思ったわけです。

じゃ、スタートアップ(起業)に求められていることはなんなのか?

「日本の教育制度に問題がある」とか
「日本の政治が破綻している」とか
お決まりの「誰か」が賛成しそうな答えではないような気がする。

新しいアイディアをかたちにしようするとき、
世界を新しい視点で見ようとするとき、
非常に居心地の悪い思いをすることになる。

そこは「聡明さ」よりも、「定説や常識を打ち破る勇気」が必要になるし、
今の世界には、天才よりも勇気のある人のほうが不足しているんじゃないのかな。と。

「新しいことをはじめるときの本質的な課題」なのです。

起業家は唯一無二な地位を築こうとするわけで、
つまり、「独占」を目指すわけです。

社会にとって、「独占すること」がいいことなのか悪いことなのかは、わからないけど、
企業側から見ると、やはり「独占する」というのはとても魅力的なことだと思うのです。

競合がいないということは、
ものすごく独創性の高いことを、非常に上手にやっているということになる。

ビジネスにおいての「独占」対「競争」の考えこそ、
とっても重要でかつ大切であるにもかかわらず、
多くの人々がなかなか理解できていない。

Googleだって、Appleだって「テクノロジー企業」と自分たちで言っているように、
ライバルにわずかに差をつける努力をするよりかは、
画期的なイノベーションに集中した方が良いよね。という考え方は合理的だと思うのです。

・全員が全員スタートアップする必要もないし、
エンジニアになれ、とも、起業しろ、とも言う気はないのだけど、
ワクワクすることが見つからない人には、

「絶対にやりたくないことからは逃げる」とココロに決めること。

「絶対に」って思えないなら、文句を言いながらでもいい。
逃げずにやり遂げろということ。
そうしているうちにワクワクが見つかると思う。

新卒採用すると、自分の人生と対峙させられるなー。

追記:「マヤ暦|ツォルキン暦」の当サイトは、起業ではなくプロダクトです。

今日も当サイトに遊びにきてくださりありがとございます。
沖縄は雨です。雨は雨のペースでまったりしてます。

2016年8月8日 Kin232 (黄色い人-白い風 音11)





sponsordLink




コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事