388 views

俳優「藤田まこと」の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 藤田まこと

藤田まこと

藤田まこと(ふじた まこと)は、日本の俳優、歌手、コメディアン。

時代劇コメディー『てなもんや三度笠』に出演し人気を得ます。
必殺シリーズではぐれ刑事純情派シリーズで俳優として定番となります。
2010年に闘病の末、亡くなります。

このページでは藤田まことの生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

初代・必殺仕事人の誕生日占いと相性占いを診断はこちら

藤田まことの誕生日占い(性格診断)

誕生日:1933年4月13日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin240 です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い太陽 青い鷲 音6
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い太陽
互いに学びあう 反対kin 白い犬
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い竜
以てるもの同士の類似kin 青い嵐
鏡の向こうのもう一人の自分 kin21
絶対反対kin kin110

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音6」は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないマイペースさんです。自分の世界を大事にするように、相手の世界も大事にしようと思う人です。束縛されることを嫌います。冷静沈着で危機的状況や連携が必要なときには、存在感が増します。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

「黄色い太陽」は、小さい頃からしっかり者で明るく、決めたことは最後までやりとおします。「責任」に反応しますので、物事をまかされると力を発揮します。自分中心(太陽中心)と無意識で思っているようで、 多少のことは気にしません。

ひとことでいえばKin240の誕生日占いは、観察力および洞察力に優れ、マイペースを貫くタイプです。動揺しがちなときは、立ち止まり様子をうかがう。

広告

藤田まことの個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

父親は無声映画時代のスター俳優だった藤間林太郎。
藤田は芸能人となった後、父にしばしば「お前が生まれるのには金がかかっている。芸人ならばお前の代で元を取れ」と言われたという

てなもんや三度笠に出演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1961.4.13~ 28 60 8 黄色い太陽 赤い空歩く人
1962.4.13~ 29 165 9 赤い蛇 赤い地球
1963.4.13~ 30 10 10 白い犬 赤い竜
1964.4.13~ 31 115 11 青い鷲 赤い蛇
1965.4.13~ 32 220 12 黄色い太陽 赤い月
1968.4.13~ 35 15 2 青い鷲 白い魔法使い

1961年 『笑いの王国』で生放送のCM(亜細亜製薬「強力ベルベ」)に出演。人気を博した
1962年 時代劇コメディー『てなもんや三度笠』に出演。予想外の人気を博し1968年まで。
1965年には最強視聴率64.8%を記録。しかし番組末期には3-4%台にまで低迷。

ウェブスペルの色が赤色の後半から白色の始めにかけて『てなもんや三度笠』に出演。藤田自身の人気も凋落の一途を辿った

必殺シリーズに出演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1973.4.13~ 40 20 7 黄色い太陽 白い魔法使い
1974.4.13~ 41 125 8 赤い蛇 白い鏡
1977.4.13~ 44 180 11 黄色い太陽 白い犬
1978.4.13~ 45 25 12 赤い蛇 白い魔法使い

1973年 時代劇『必殺仕置人』に中村主水役で出演。藤田主演の『必殺シリーズ』は中断を挟みつつ1992年3月まで続いた
藤田はテレビへの出演を必殺シリーズ1本に絞り、あとは舞台に出るというスタンスをとった。
1978年 個人事務所「新演技座」を設立

ウェブスペルの色が白色の半ばから『必殺シリーズ』に出演します。
白色の最後付近に個人事務所「新演技座」を設立

はぐれ刑事純情派に出演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1988.4.13~ 55 35 9 青い鷲 青い手
1989.4.13~ 56 140 10 黄色い太陽 青い猿
1990.4.13~ 57 245 11 赤い蛇 青い鷲
1991.4.13~ 58 90 12 白い犬 青い嵐

1988年 『はぐれ刑事純情派』シリーズの放映が開始。18年間にわたって放映された
1992年 3月『必殺シリーズ』は中断を挟みつつ終了した。

ウェブスペルの色が青色の後半から『はぐれ刑事純情派』シリーズの放映が開始。
青色の最期付近に『必殺シリーズ』は中断を挟みつつ終了した。

必殺シリーズ終了後

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.4.13~ 65 45 6 赤い蛇 黄色い太陽
1999.4.13~ 66 150 7 白い犬 黄色の種
2003.4.13~ 70 50 11 白い犬 黄色い太陽
2004.4.13~ 71 155 12 青い鷲 黄色の種
2005.4.13~ 72 260 13 黄色い太陽 黄色い星

1998年 『剣客商売』シリーズの放映が開始。
2004年 『剣客商売』シリーズの放映が終了
2005年 『はぐれ刑事純情派』シリーズの放映が終了

ウェブスペルの色が黄色の半ばから『剣客商売』シリーズの放映が開始
黄色の最後付近に『剣客商売』『はぐれ刑事純情派』シリーズの放映が終了

闘病、そして死

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2007.4.13~ 74 210 2 白い犬 赤い月
2008.4.13~ 75 55 3 青い鷲 赤い空歩く人
2009.4.13~ 76 160 4 黄色い太陽 赤い地球

2008年 検査を受けたところ、食道癌であることが判明
2010年 2月17日に大動脈瘤破裂のため死去

ウェブスペルの色が赤色の前半に亡くなりました。

藤田まことのまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の後半から白色の始めにかけて『てなもんや三度笠』に出演。藤田自身の人気も凋落の一途を辿った
白色の半ばから『必殺シリーズ』に出演します。
白色の最後付近に個人事務所「新演技座」を設立
青色の後半から『はぐれ刑事純情派』シリーズの放映が開始。
青色の最期付近に『必殺シリーズ』は中断を挟みつつ終了した。
黄色の半ばから『剣客商売』シリーズの放映が開始
黄色の最後付近に『剣客商売』『はぐれ刑事純情派』シリーズの放映が終了
赤色の前半に亡くなりました。

バブル景気が到来すると、藤田は自らが保証人となって銀行から巨額の事業資金を借り入れた。
バブルが去り28億の負債を抱え、不動産をはじめ車や絵画など資産のほとんどを手放す羽目になった。
藤田はバブル景気について、「あの時代はおかしかった」と振り返っている


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

高杉晋作
高杉晋作(たかすぎ しんさく)は長州藩士。幕末に長州藩の尊王攘夷の志士として活躍しました。奇兵隊など諸隊を創設し、長州藩を倒幕に向けました。吉田松陰の弟子でもあります。

続きを読む


永守重信
永守重信(ながもり しげのぶ)は、実業家。日本電産の創業者。社長を含めて四人で日本電産を創業し、モーター事業において世界首位の実績を誇る企業に育て上げます。

続きを読む


稲盛和夫
稲盛和夫(いなもり かずお)は、実業家。京セラ・第二電電(現・KDDI)創業者。公益財団法人 稲盛財団理事長。日本航空名誉会長。その独特な経営管理手法は「アメーバ経営」と呼ばれます。

続きを読む


勝海舟
勝海舟(かつ かいしゅう)は江戸時代末期から明治時代初期の武士(幕臣)、政治家。坂本龍馬の師匠であり、鳥羽伏見の戦いで江戸城への総攻撃を西郷隆盛と会談し江戸無血開城した立役者です。

続きを読む


大村益次郎
大村益次郎(おおむら ますじろう)は長州藩の医師、西洋学者、兵学者。長州征討と戊辰戦争で長州藩兵を指揮した勝利の立役者です。司馬遼太郎氏著『花神(上中下3巻)』の主人公です。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (俳優)

西田敏行
西田敏行は、俳優、歌手、タレント、司会者。主演の映画『釣りバカ日誌』は2009年まで22作続いた自身の代表作。探偵!ナイトスクープの2代目局長に起用され司会者としての顔もあります。

続きを読む


常盤貴子と長塚圭史
常盤貴子と長塚圭史は2009年10月に結婚した夫婦です。2人は2003年に映画「ゲロッパ!」で初共演したのをきっかけに交際をスタートし6年半でゴールインしました。

続きを読む


石原裕次郎
石原裕次郎さんは、俳優、歌手、石原プロの元代表。ヨットマンとしても活動していた。兄は政治家で作家の石原慎太郎。「太陽にほえろ」で刑事ドラマの顔になりました

続きを読む


西島秀俊
西島秀俊(にしじま ひでとし)は俳優。大学時代にオーディションに合格し俳優になります。2014年には刑事ドラマ『MOZU』が人気。オリコン・ブレイク俳優ランキング2位になります。

続きを読む


渥美清
渥美清は、コメディアン、俳優。山田洋次監督の映画『男はつらいよ』シリーズにおいて、主演の車寅次郎役を27年間48作に渡って演じた。亡くなった後に国民栄誉賞を授与された。

続きを読む




sponsordLink




コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事