167 views

兵学者・大村益次郎の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 大村益次郎

大村益次郎

大村益次郎(おおむら ますじろう)は長州藩の医師、西洋学者、兵学者。維新の十傑の一人に数えられます。

長州征討と戊辰戦争で長州藩兵を指揮し、勝利の立役者となります。

また、大村益次郎は司馬遼太郎氏著の『花神(上中下3巻)』の主人公です。

このページでは大村益次郎の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 維新三傑「木戸孝允」の人生を見てみる
→ シーボルトの娘「楠本イネ」の生涯を見てみる
→ 松下村塾の「吉田松陰」の人生を見てみる
→ 初代総理大臣「伊藤博文」の人生を見てみる
→ 維新の三傑「西郷隆盛」の人生を見てみる

大村益次郎の誕生日占い

生年月日:1824年5月30日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin22(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い風 白い魔法使い 音9
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い鏡
互いに学びあう 反対kin 黄色い人
互いに秘かれあう 神秘kin 青い嵐
以てるもの同士の類似kin 赤い地球
鏡の向こうのもう一人の自分 kin239
絶対反対kin kin152

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音9」は、楽し事を考えたりワクワク・ドキドキすることが大好きです。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。好きなことにはとことん情熱を注ぎ楽しみを見出しますが、興味の無い人や物にはまったく興味や関心を示しません。基本的に人気者で人間関係は良好です。

「白い魔法使い」は、人の気持ちを軽くすることができる人です。人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたり、ココロが軽くなったりし、癒され魅了される人も多いはず。常にベストを尽くし、真面目に取り組み好印象で、きっちり仕事をする人です。手を抜けない頑張り屋さんです。

「白い風」は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin22の誕生日占いは、自分が大切に思うことを人に伝え、喜びが返ってくると力になるタイプです。勢いが増しているときこそタヅナを引き締めること。

蘭学・兵学・医学の先生としてを教えていた時期もあり、顔には出さないまでも伝えたいことが伝わったら人一倍喜んでいたんでしょうね。

広告

大村益次郎の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

現在の山口市で町医者の「村田孝益」と「うめ」の長男として生まれます。

医学・蘭学を学ぶ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1842.5.30~ 18 92 1 黄色い人 黄色い人
1843.5.30~ 19 197 2 赤い地球 黄色い戦士
1846.5.30~ 22 252 5 黄色い人 黄色い星
1847.5.30~ 23 97 6 赤い地球 黄色い人

1842年 シーボルトの弟子、梅田幽斎に医学・蘭学を学ぶ。
1843年 咸宜園(かんぎえん)に入塾し漢籍、算術、習字など学ぶ
1846年 大坂に出て緒方洪庵(日本の近代医学の祖と言われる人物)の適塾で学び塾頭まで進む。この頃長崎にも遊学。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年からシーボルトの弟子から医学・蘭学を学びます。
黄色の半ばから大坂に出て緒方洪庵から学び医学の頭角を現します。

村医者として開業

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1850.5.30~ 26 152 9 黄色い人 黄色の種
1851.5.30~ 27 257 10 赤い地球 黄色い星
1850年 帰郷して村医として開業。村田良庵と名乗る。

愛想無く物言わぬため、村医者としての評判は悪かった。

1851年 結婚する

ウェブスペルの色が黄色の後半に帰郷し村医者として開業。この頃結婚します。

宇和島藩

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1853.5.30~ 29 207 12 青い手 黄色い戦士
1854.5.30~ 30 52 13 黄色い人 黄色い太陽
1855.5.30~ 31 157 1 赤い地球 赤い地球
1856.5.30~ 32 2 2 白い風 赤い竜
1853年 ペリー率いる黒船が浦賀に来航します。

蘭学者の知識が求められる時代になり、大村益次郎は宇和島藩の要請で宇和島に移ります。

1854年 西洋兵学・蘭学の講義と翻訳を手がけ、宇和島城北部に樺崎砲台を築く
1855年 長崎へ行き軍艦製造の研究を行う。長崎へは二宮敬作が同行し、シーボルトの娘の楠本イネを紹介され、蘭学を教えます。

宇和島に戻ってきてから洋式軍艦のひな型を作ります。わずかな差ですが国産2番目の軍艦だそうです。この頃に村田蔵六と改名します。

1856年 藩主伊達宗城の参勤に同行し江戸に出ます。江戸では「鳩居堂」を開塾し蘭学・兵学・医学を教えます。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近から蘭学者の知識が求められ宇和島藩に移ります。
赤色の始めの年に洋式軍艦のひな型を作ります。

長州藩士

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1857.5.30~ 33 107 3 青い手 赤い蛇
1858.5.30~ 34 212 4 黄色い人 赤い月
1859.5.30~ 35 57 5 赤い地球 赤い空歩く人
1860.5.30~ 36 162 6 白い風 赤い地球
1857年 宇和島藩の御雇の身分のまま、幕府の講武所教授となり、最新の兵学書の翻訳と講義を行った。
1858年 江戸の長州藩上屋敷で開催された蘭書会読会に参加し、兵学書の講義を行う。このとき桂小五郎と知り合う。
1860年 長州藩の要請により江戸在住のまま長州藩士になる。「鳩居堂」の場所も麻布の長州藩中屋敷に移る。

ウェブスペルの色が赤色の始め頃に幕府の講武所教授となります。
赤色の半ばに地元の長州藩士になります。

長州征討

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1863.5.30~ 39 217 9 赤い地球 赤い月
1864.5.30~ 40 62 10 白い風 赤い空歩く人
1865.5.30~ 41 167 11 青い手 赤い地球
1866.5.30~ 42 12 12 黄色い人 赤い竜
1863年 長州の萩に帰国。博習堂の洋学教授となる。この頃、山口の普門寺塾でも兵学を教えた。
1864年 第一次長州征伐。その結果長州藩の保守派が実権を握ります。
1865年 大村益次郎に藩の命令で改名。大村益次郎は奇兵隊の指導を行う。高杉晋作ら保守派を打倒し藩論を倒幕にまとめた。
1866年 第二次長州征伐。最新のライフル銃をグラバーより7300挺を購入し幕府に反撃する。石州口方面の指揮を担当、浜田城を陥落させる。

ウェブスペルの色が赤色の後半に長州に帰国し奇兵隊の指導を行います。

第二次長州征伐は14代将軍徳川家茂が大阪で1866年7月に突如亡くなり1867年1月に解兵令が出るまで続きました。

戊辰戦争

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1867.5.30~ 43 117 13 赤い地球 赤い蛇
1868.5.30~ 44 222 1 白い風 白い風
1869.5.30~ 45 67 2 青い手 白い世界の橋渡し
1867年 大政奉還。260年以上にわたって徳川将軍家が保持していた政権を朝廷に返上表明
1868年 上野戦争において彰義隊を破る。
1869年 箱館の五稜郭を制圧し戊辰戦争が終結。名実ともに明治維新が確立し、新しい明治時代が開かれた。
1869年 6月に大村益次郎は木戸孝允、大久保利通と並び、新政府の幹部となった。
1869年 9月4日。京都三条木屋町の旅館で8人の刺客に襲われた。11月5日に死去した。

ウェブスペルの色が赤色の最後の年に大政奉還が行われます。
白色の始め頃に戊辰戦争は終結し同じ年に暗殺されました。

8人の刺客のうち3名は長州藩士だったそうです。
大村は襲われた後に山口藩邸へ移送され、数日間の治療を受けた後、傷口から菌が入り敗血症になります。
10月に楠本イネらが看護にあたりますが、敗血症による高熱を発して容態が悪化し、11月5日の夜に死去。享年46でした。

大村益次郎のまとめ

個人Kin年表のウェブスペルの色で流れを見てみると

黄色の始めの年からシーボルトの弟子から医学・蘭学を学びます。
黄色の半ばから大坂に出て緒方洪庵から学び医学の頭角を現します。
黄色の後半に帰郷し村医者として開業。この頃結婚します。
黄色の最後付近から蘭学者の知識が求められ宇和島藩に移ります。

赤色の始めの年に洋式軍艦のひな型を作ります。
赤色の始め頃に幕府の講武所教授となります。
赤色の半ばに地元の長州藩士になります。
赤色の後半に長州に帰国し奇兵隊の指導を行います。
赤色の最後の年に大政奉還が行われます。

白色の始め頃に戊辰戦争は終結し同じ年に暗殺されました。

ページ上部の大村益次郎の肖像画はイタリア人のエドアルド・キヨソネ(画家・彫刻家)によるものです。
キヨソネの作品で有名なのは西郷隆盛の肖像画があります。

東京九段の靖国神社の参道の中央にある像は大村益次郎像です。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

徳川慶喜
徳川慶喜(とくがわ よしのぶ)は、江戸幕府の最後の将軍であり最後の征夷大将軍です。大政奉還や新政府軍への江戸開城を行ないました。

続きを読む


柳井正
柳井正(やない ただし)は、日本の実業家、資産家。「ユニクロ」を中心とした企業グループ持株会社であるファーストリテイリング代表取締役会長兼社長。日本で一番の大富豪です。

続きを読む


高杉晋作
高杉晋作(たかすぎ しんさく)は長州藩士。幕末に長州藩の尊王攘夷の志士として活躍しました。奇兵隊など諸隊を創設し、長州藩を倒幕に向けました。吉田松陰の弟子でもあります。

続きを読む


永守重信
永守重信(ながもり しげのぶ)は、実業家。日本電産の創業者。社長を含めて四人で日本電産を創業し、モーター事業において世界首位の実績を誇る企業に育て上げます。

続きを読む


稲盛和夫
稲盛和夫(いなもり かずお)は、実業家。京セラ・第二電電(現・KDDI)創業者。公益財団法人 稲盛財団理事長。日本航空名誉会長。その独特な経営管理手法は「アメーバ経営」と呼ばれます。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (歴史の人)

勝海舟
勝海舟(かつ かいしゅう)は江戸時代末期から明治時代初期の武士(幕臣)、政治家。坂本龍馬の師匠であり、鳥羽伏見の戦いで江戸城への総攻撃を西郷隆盛と会談し江戸無血開城した立役者です。

続きを読む


伊藤博文
伊藤博文さんは、日本の初代総理大臣。松下村塾に学び、幕末期の尊王攘夷・倒幕運動に参加。明治維新後は薩摩・長州の藩閥政権内で力を伸ばし日本政府の幹部を歴任しました。

続きを読む


木戸孝允
木戸孝允さんは、江戸時代末から明治時代に活躍した長州藩士、政治家。明治維新前の名は桂 小五郎。長州藩の尊王攘夷派の中心人物となり徳川幕府の倒幕に活躍しました。

続きを読む


岩崎弥太郎
岩崎弥太郎さんは三菱財閥の創業者で初代総帥。明治の動乱期に政商として巨利を得た最も有名な人物です。

続きを読む


大久保利通
大久保利通は、日本の武士(薩摩藩士)、政治家。激動の幕末を生き日本を変えた英傑。江戸幕府の倒幕と明治維新に尽力した維新の三傑の一人です。

続きを読む




sponsordLink




コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事