735 views

3人娘・江利チエミの誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 江利チエミ

記事公開日:2019年07月04日
最終更新日:2020年04月23日

江利チエミ
出典:wikipedia.org 1955年

江利チエミ(えり チエミ)は、昭和期に活躍した日本の歌手・女優・タレント。

天才少女と呼ばれ一躍スターダムに上がった。
美空ひばり,雪村いづみとともに「3人娘」と呼ばれ大衆的に大人気を得た。
45歳の時に脳卒中で突如なくなります。

このページでは江利チエミの生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

江利チエミの誕生日占い

生年月日:1937年1月11日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin48です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い星 黄色い太陽 音9
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い種
互いに学びあう 反対kin 白い鏡
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い空歩く人
以てるもの同士の類似kin 青い猿
鏡の向こうのもう一人の自分 kin213
絶対反対kin kin178

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音9」は、楽し事を考えたりワクワク・ドキドキすることが大好きです。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。好きなことにはとことん情熱を注ぎ楽しみを見出しますが、興味の無い人や物にはまったく興味や関心を示しません。基本的に人気者で人間関係は良好です。

「黄色い太陽」は、小さい頃からしっかり者で明るく、決めたことは最後までやりとおします。「責任」に反応しますので、物事をまかされると力を発揮します。自分中心(太陽中心)と無意識で思っているようで、 多少のことは気にしません。

「黄色い星」は、職人気質で、プロ意識を持っています。やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。自分の居場所、ココロの綺麗な人、とにかく綺麗なものがなんでも好きです。逆に、ごちゃごちゃした環境ではストレスがたまります。

ひとことでいえばKin48の誕生日占いは、表現力豊かで明るく忍耐強いタイプです。おしゃれな面もあります。十分に力を蓄えよ。家庭的に苦労しやすい。

広告

江利チエミの個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都出身。
軽音楽の演奏者である父親と浅草軽演劇の女優である母親の間に3男1女の末娘として生まれます。本名は久保智恵美。

芸能活動を開始

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1949.1.11~ 12 8 8 黄色い星 赤い竜
1950.1.11~ 13 113 9 赤い空歩く人 赤い蛇
1951.1.11~ 14 218 10 白い鏡 赤い月
戦争のあと生活を支えるために、父がマネージャー、長兄が付き人になり1949年、12才の時に芸能活動をスタート。
長兄は陸軍士官学校出身で英語も堪能なエリート。
家族で進駐軍のキャンプをまわり、歌謡ショーを行い、次第に進駐軍のアイドルになります。愛称は「エリー」。

ウェブスペルの色が赤色の後半に進駐軍で歌謡ショーを行い芸能活動をスタート。

メジャーデビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1952.1.11~ 15 63 11 青い夜 赤い空歩く人
1953.1.11~ 16 168 12 黄色い星 赤い地球
1954.1.11~ 17 13 13 赤い空歩く人 赤い竜
進駐軍でかわいがってくれたケネス・ボイドから「テネシーワルツ」のレコードをプレゼントされます。
江利チエミはこの曲でデビューしよう決め、レコード会社のオーディションを受けますがことごとく失敗。
1952年にキングレコードより「テネシーワルツ/家へおいでよ」でメジャーデビュー。23万枚のヒット。
同年、初主演映画の『猛獣使いの少女』に出演、「美空ひばり以来の天才少女」と呼ばれるようになります。
1953年にはアメリカのキャピトル・レコードで「ゴメンナサイ / プリティ・アイド・ベイビー」を発表。ヒットチャートにランキング。日本人初の快挙を達成。
一躍スターとなります。1953年に紅白歌合戦に初出場。

ウェブスペルの色が赤色の最期付近に「テネシーワルツ」でメジャーデビュー。一躍スターとなります。

一世を風靡

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1955.1.11~ 18 118 1 白い鏡 白い鏡
1956.1.11~ 19 223 2 青い夜 白い風
1957.1.11~ 20 68 3 黄色い星 白い世界の橋渡し
美空ひばり雪村いづみとともに「三人娘」と呼ばれ、一世を風靡。1955年に『ジャンケン娘』などの一連の映画で共演。
この頃より日劇をホームグラウンドとして活躍。
1956年より映画『サザエさん』全10作がヒット。のちにドラマ化、舞台化され生涯の当たり役となった。

ウェブスペルの色が白色の始めの年に美空ひばり・雪村いづみとともに「三人娘」と呼ばれ、一世を風靡。『サザエさん』は当たり役となった。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1959.1.11~ 22 18 5 白い鏡 白い魔法使い
1960.1.11~ 23 123 6 青い夜 白い鏡
1962.1.11~ 25 73 8 赤い空歩く人 白い世界の橋渡し
1959年に俳優の高倉健と結婚。一時は家庭に入るものの1960年に本格復帰。
1962年に妊娠するが重度の妊娠高血圧症候群を発症し中絶。生涯子宝に恵まれませんでした。

ウェブスペルの色が白色の半ばに高倉健と結婚。
白色の後半に妊娠しますが病気を発症し中絶。

紅白歌合戦

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1963.1.11~ 26 178 9 白い鏡 白い犬
1964.1.11~ 27 23 10 青い夜 白い魔法使い
1968.1.11~ 31 183 1 青い夜 青い夜
1963年、1964年に現役歌手として初めて紅白歌合戦の紅組の司会を担当。
1953年より1968年まで連続16回紅白歌合戦に出場。
このあとヒット曲に恵まれ度々NHKから出演要請を受けますが、出演しませんでした。

ウェブスペルの色が白色の後半に紅白歌合戦の紅組の司会を担当。
青色の始めの年に連続16回紅白歌合戦に出場。これが紅白歌合戦最後の出場となった。

離婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1971.1.11~ 34 238 4 白い鏡 青い鷲
1972.1.11~ 35 83 5 青い夜 青い嵐
1973.1.11~ 36 188 6 黄色い星 青い夜
チエミの異父姉の横領事件で夫に迷惑をかけたくないと1971年に高倉健と離婚。
横領事件で2億とも4億ともいわれる借金と実家をとられます。異父姉の嫉妬からの計画的な犯行でした。
チエミは自己破産せず、数年かけ一人で完済させます。

ウェブスペルの色が青色の前半に離婚。

突然の死

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1982.1.11~ 45 93 2 赤い空歩く人 黄色い人
1982年2月13日に自宅マンションの寝室で倒れているのをマネージャーが発見。死因は脳卒中でした。

ウェブスペルの色が黄色の始めころに亡くなりました。

江利チエミのまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の後半に進駐軍で歌謡ショーを行い芸能活動をスタート。
赤色の最期付近に「テネシーワルツ」でメジャーデビュー。一躍スターとなります。
白色の始めの年に美空ひばり・雪村いづみとともに「三人娘」と呼ばれ、一世を風靡。『サザエさん』は当たり役となった。
白色の半ばに高倉健と結婚。
白色の後半に妊娠しますが病気を発症し中絶。紅白歌合戦の紅組の司会を担当。
青色の始めの年に連続16回紅白歌合戦に出場。これが紅白歌合戦最後の出場。
青色の前半に離婚。
黄色の始めころに亡くなりました。

その活動の範囲は、歌手・女優に留まらず司会業でも活躍。
クイズ番組では、NHK『連想ゲーム』の紅組2代目キャプテン、テレビ朝日『象印クイズヒントでピント』の女性軍初代キャプテンなど務めます。
幅広いジャンルで活躍した人物です。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。


参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

五木寛之
五木寛之(いつき ひろゆき)は、日本の小説家・随筆家。『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞を受賞。エッセイ『大河の一滴』など多数のベストセラーを生んだ人物です。

続きを読む


カズレーザー
カズレーザーは、日本のお笑いタレント。お笑いコンビ・メイプル超合金のボケ担当。クイズが得意で、多くのテレビ番組に出場。同じくクイズを得意とする芸人のロザン・宇治原史規とは良きライバル。

続きを読む


田中好子
田中好子(たなか よしこ)は、アイドル歌手でキャンディーズのメンバー、女優。愛称「スーちゃん」。キャンディーズ解散後は女優に転身しテレビや映画で活躍。2011年4月にガンで亡くなります。

続きを読む


小山茉美
小山茉美(こやま まみ)は、日本の声優、女優、ナレーター。『Dr.スランプ アラレちゃん』の則巻アラレの声優で一躍ブレイク。他に『あんみつ姫』『魔法のプリンセス ミンキーモモ』などが代表作。

続きを読む


室井佑月
室井佑月(むろい ゆづき)は、日本の小説家、随筆家、タレント。モデルなど様々な職に就いた後、小説新潮のコンテストに入選し文筆活動を開始。その後、テレビ番組やラジオ番組のコメンテーターとして数々の番組に出演。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin048)

高橋克実
高橋克実(たかはし かつみ)は、日本の俳優、マルチタレント、司会者。愛称は「カッツミー」。ドラマ『ショムニ』に出演しブレイク。バラエティ番組『トリビアの泉』の司会を務め全国区の認知度を獲得。

続きを読む


内田裕也
内田裕也(うちだ ゆうや)は、日本のミュージシャン、俳優。1991年の東京都知事選に出馬。政見放送で視聴者に強烈な印象を残します。口癖は「ロケンロール」。妻は俳優の樹木希林。本木雅弘は娘婿。

続きを読む


立川志の輔
立川志の輔(たてかわ しのすけ)は、落語家、タレント。立川談志に入門。その後、テレビのレポーターに抜擢され一気に売れっ子になります。落語を続け平成を代表する落語家として君臨。

続きを読む


関連記事 (女優)

檀れい
檀れい(だん れい)は、日本の女優。元宝塚歌劇団の月組・星組トップ娘役。元夫は俳優の及川光博。宝塚歌劇団を退団後は女優として活躍。

続きを読む


浅野ゆう子
浅野ゆう子(あさの ゆうこ)は、日本の女優、歌手。ドラマ『抱きしめたい!』で浅野温子とW主演。以降「トレンディドラマの女王」と称されブレイク。バブル時代はW浅野の服装が大いに流行。

続きを読む


橋本愛
橋本愛(はしもと あい)は、日本の女優、元ファッションモデル。「HUAHUAオーデション」でグランプリを受賞し芸能界デビュー。朝の連続テレビ小説『あまちゃん』にヒロインの親友・足立ユイ役で出演。

続きを読む


関連記事 (歌手)

奥田民生
奥田民生(おくだ たみお)は、日本のミュージシャン、音楽プロデューサー。ユニコーンのボーカルとして活躍。解散後、ソロとして活動。また、音楽プロデューサーとしてPUFFYなどデビューさせます。

続きを読む


布施明
布施明(ふせ あきら)は、歌手・シンガーソングライター、俳優。歌手としてデビュー。「シクラメンのかほり」がミリオンヒット。ハリウッド女優と結婚・離婚。その後、俳優としても活動。

続きを読む


槇原敬之
槇原敬之(まきはら のりゆき)は、日本のシンガーソングライター。愛称は「マッキー」。「どんなときも。」「もう恋なんてしない」などヒット曲多数。「世界に一つだけの花」をはじめ、楽曲提供も多い。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事