1,802 views

2019ノーベル化学賞・吉野彰の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 吉野彰

記事公開日:2019年10月11日
最終更新日:2022年11月01日

吉野彰
出典:wikipedia.org

吉野彰(よしの あきら)は、日本のエンジニア、研究者。

リチウムイオン二次電池の発明者の一人。2019年のノーベル化学賞受賞者。

このページでは、吉野彰(よしの あきら)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

吉野彰(よしの あきら)の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1948年1月30日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin182です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い風 白い犬 音13
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い世界の橋渡し
互いに学びあう 反対kin 黄色い人
互いに秘かれあう 神秘kin 青い嵐
以てるもの同士の類似kin 赤い地球
鏡の向こうのもう一人の自分 kin79
絶対反対kin kin52

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音13」は、肯定的なセルフイメージを持っており、自分に絶対的な自信があり、モチベーション高く物事に取り組みます。忍耐力もあるので、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことが得意です。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえるめちゃめちゃポジディブシンキングな人です。

「白い犬」は、正直すぎる人で、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝える、やさしく厳しい人です。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。家族のためなら、自分を犠牲にしても家族を守ります。

「白い風」は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

ひとことでいえばKin182の誕生日占いは、伝達能力に優れているタイプです。心から思いを伝えましょう。進行を妨げられたら計画を温めなおすこと。

広告

吉野彰(よしの あきら)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

大阪府吹田市出身。
小学3年の頃に担当教師の影響で化学に関心を持ちます。

大学時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1966.1.30~ 18 252 5 黄色い人 黄色い星
1970.1.30~ 22 152 9 黄色い人 黄色の種
1971.1.30~ 23 257 10 赤い地球 黄色い星
関西トップクラスの名門校・大阪府立北野高等学校卒業。
新たなものを作り出したいとの発想のもと1966年に京都大学工学部石油化学科に進学。
1970年に同大学を卒業。修士課程に進み、1972年に京都大学工学研究科修士課程修了。

ウェブスペルの色が黄色の半ばから黄色の最後付近まで京都大学で学びます。

北野高等学校の卒業生には手塚治虫橋下徹など、優秀な人材を多く輩出しています。

リチウムイオン二次電池

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1972.1.30~ 24 102 11 白い風 黄色い人
1985.1.30~ 37 167 11 青い手 赤い地球
1986.1.30~ 38 12 12 黄色い人 赤い竜
大学を卒業し、大学での研究ではなく企業での研究開発に関わることを望み、旭化成工業(現 旭化成株式会社)に入社。
1980年代、携帯電話やノートパソコンなどに使われる高容量で小型軽量な二次電池のニーズが高まります。当時のニッケル水素電池では限界があり新型二次電池が切望されていました。
1976年にスタンリー・ウィッティンガム(2019年ノーベル化学賞)が金属リチウム二次電池を提案。しかし問題があり、実用化されませんでした。
ジョン・グッドイナフ(2019年ノーベル化学賞)は1983年にリチウムイオン二次電池の原型を完成。
これを吉野彰らが改良し1985年にリチウムイオン二次電池 (LIB) の基本概念を確立。実験と改良を繰り返しほぼ現在のLIBの構成を完成。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に旭化成に入社。
赤色の最後付近にリチウムイオン二次電池 (LIB) の基本概念を確立。

実用化

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1991.1.30~ 43 17 4 赤い地球 白い魔法使い
1992.1.30~ 44 122 5 白い風 白い鏡
1993.1.30~ 45 227 6 青い手 白い風
1991年にリチウムイオン二次電池(LIB)は旭化成とソニーなどにより実用化。
幅広い電子・電気機器に搭載され、2010年にはLIB市場は1兆円規模に成長。

ウェブスペルの色が白色の前半にリチウムイオン二次電池(LIB)は実用化され、電子・電気機器に幅広く搭載。

工学博士

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2003.1.30~ 55 237 3 赤い地球 青い鷲
2004.1.30~ 56 82 4 白い風 青い嵐
2005.1.30~ 57 187 5 青い手 青い夜
2003年に旭化成グループフェロー。
2004年に紫綬褒章を受賞。
2005年に論文博士にて大阪大学で博士(工学)の学位取得。

ウェブスペルの色が青色の半ばに大阪大学で博士(工学)の学位取得。

ノーベル化学賞

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2017.1.30~ 69 147 4 青い手 黄色の種
2018.1.30~ 70 252 5 黄色い人 黄色い星
2019.1.30~ 71 97 6 赤い地球 黄色い人
2017年に旭化成名誉フェロー。
2019年にノーベル化学賞を受賞。

ウェブスペルの色が赤色の半ばにノーベル化学賞を受賞。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2021.1.30~ 73 47 8 青い手 黄色い太陽
2022.1.30~ 74 152 9 黄色い人 黄色の種
2023.1.30~ 75 257 10 赤い地球 黄色い星
吉野彰の現在は、ウェブスペルの色が黄色の後半に当たります。
75才の時はKin257。姿・形を整えることにより宇宙の力とシンクロを得ることのできる年です。

  • 音10は、見えない部分で力を発揮し、土台を作成する能力に長けています。誰かが出したアイディアを形にしたりプロデュースやアドバイザーに向いています。
  • 赤い地球は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。

先を争わず控えめに。道は開かれる。

吉野彰(よしの あきら)のまとめ

個人Kin年表のウェブスペルの色で分けてみると

黄色の半ばから黄色の最後付近まで京都大学で学びます。
黄色の最後付近に旭化成に入社。
赤色の最後付近にリチウムイオン二次電池 (LIB) の基本概念を確立。
白色の前半にリチウムイオン二次電池(LIB)は実用化され、電子・電気機器に幅広く搭載されます。
青色の半ばに大阪大学で博士(工学)の学位取得。
2度目の赤色の半ばにノーベル化学賞を受賞。

参考文献

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

鈴木浩介
鈴木浩介(すずき こうすけ)は日本の俳優。西田敏行に憧れ青年座に入団。退団後はテレビドラマを中心に活動。ドラマ『LIAR GAME』に出演し知名度UP。ドラマ『ドクターX』シリーズでは原守役で出演。

続きを読む


エフゲニー・プルシェンコ
エフゲニー・プルシェンコは、ロシアの元フィギュアスケート選手、フィギュアスケートコーチ。2006年トリノオリンピック金メダリスト。世界選手権優勝3回。ロシアフィギアスケート界の重鎮。皇帝と呼ばれます。

続きを読む


吉田類
吉田類(よしだ るい)は、日本の随筆家。居酒屋探訪家として冠番組『吉田類の酒場放浪記』がヒット。同ジャンルの番組が製作される先駆けになります。『吉田類のにっぽん百低山』がレギュラー放送。

続きを読む


奈緒
奈緒(なお)は日本の女優、タレント、元モデル。福岡の天神でスカウトを受けモデルとして芸能界入り。20才の時に上京。2018年の『半分、青い。』ではヒロインの友人役で出演し注目を集めます。2022年の『ファーストペンギン!』で地上波連続ドラマ初主演。

続きを読む


清野菜名
清野菜名(せいの なな)は、日本の女優。夫は俳優の生田斗真。映画『TOKYO TRIBE』でヒロイン役に抜擢。注目を集めます。『半分、青い。』『今日から俺は!!』等に出演し一躍有名になります。2022年の日経トレンディ「今年の顔」に選出されます。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin182)

小林多喜二
小林多喜二(こばやし たきじ)は、日本のプロレタリア文学の代表的な作家、小説家。代表作に「蟹工船」などあります。29才の若さで壮絶な尋問を受け亡くなりました。

続きを読む


LiLiCo
LiLiCo(リリコ)は、日本のタレント。夫は俳優の小田井涼平。スウェーデン出身。来日してから下済み生活を続けます。『王様のブランチ』にレギュラー出演して以降マルチタレントとして幅広く活躍。DDTプロレスリングでプロレスラーとして活動したこともあります。

続きを読む


久石譲
久石譲(ひさいし じょう)は日本の作曲家、編曲家。映画音楽を中心に手掛け、特に宮崎駿監督作品においては、『風の谷のナウシカ』以降『風立ちぬ』まで29年間すべての長編アニメ映画の音楽を手掛ける。

続きを読む


近藤芳正
近藤芳正(こんどう よしまさ)は、日本の俳優。ドラマ『中学生日記』でデビュー。劇団七曜日の劇団員ながら東京サンシャインボーイズの舞台に多く出演。三谷幸喜脚本の映画作品に数多く出演。名脇役で知られる人物。

続きを読む


なかやまきんに君
なかやまきんに君(なかやまきんにくん)は、日本の男性お笑い芸人。恵まれた体質を活かしてスポーツ特番に出演。数々の好成績を収めます。サバンナ・八木真澄とはプロレスでタッグを組んだり、漫才コンビ『ザ☆健康ボーイズ』を結成。

続きを読む


関連記事 (ノーベル賞)

マリ・キュリー
マリ・キュリーは、ポーランド出身の物理学者・化学者。キュリー夫人の名で有名。ラジウム、ポロニウムの発見および放射線の研究で、1903年のノーベル物理学賞、1911年のノーベル化学賞と2度ノーベル賞を受賞。ノーベル賞を2度受賞した人物はマリ・キュリーが初。

続きを読む


マザーテレサ
マザーテレサさんはカトリック教会の修道女。インドのカルカッタで始まった貧しい人々のための活動は、後進の修道女たちによって全世界に広められました。

続きを読む


アルフレッド・ノーベル
アルフレッド・ノーベルは、スウェーデンの化学者、発明家、実業家。ダイナマイトの発明で知られ、巨万の富を築き、その遺産を「ノーベル賞」の創設に使用させた人物です。

続きを読む


ヴィルヘルム・レントゲン
ヴィルヘルム・レントゲンはドイツの物理学者。第1回ノーベル物理学賞を受賞者。X線を発見。透過性の高いX線の発見はただちにX線写真として医学に応用。

続きを読む


ジョン・バーディーン
ジョン・バーディーンは、アメリカの物理学者。1956年にトランジスターの開発、1972年に超伝導現象の理論的解明でノーベル物理学賞を2度受賞した人物。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ