3,274 views

たけくらべ・樋口一葉の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 樋口一葉

記事公開日:2017年04月18日
最終更新日:2020年05月26日

樋口一葉
出典:wikipedia.org

樋口一葉(ひぐち いちよう)は、日本の小説家。

生活に苦しみながら、わずか1年半で「たけくらべ」「にごりえ」「十三夜」といった作品を発表。
しかしわずか24歳6ヶ月で肺結核により死去しました。

2004年より新渡戸稲造に代わり五千円紙幣のデザインに採用されます。

このページでは樋口一葉の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

樋口一葉(ひぐち いちよう)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1872年5月2日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin94です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い魔法使い 黄色い人 音3
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い鏡
互いに学びあう 反対kin 黄色い種
互いに秘かれあう 神秘kin 青い手
以てるもの同士の類似kin 赤い蛇
鏡の向こうのもう一人の自分 kin167
絶対反対kin kin224

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音3」は、性質の異なる人・物事を結びつける役割があります。立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり、調整したりします。人に対して非常に優しく、また細やかな気づかいができる人です。

「黄色い人」は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。

「白い魔法使い」は、人の気持ちを軽くすることができる人です。人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたり、ココロが軽くなったりし、癒され魅了される人も多いはず。常にベストを尽くし、真面目に取り組み好印象で、きっちり仕事をする人です。手を抜けない頑張り屋さんです。

ひとことでいえばKin94の誕生日占いは、自然で飾らない姿に好感を持たれるタイプです。誠心誠意生きなさい。

広告

樋口一葉(ひぐち いちよう)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

現在の東京都千代田区の長屋で生まれます。戸籍上の名前は樋口奈津(ひぐち なつ)。

樋口家は山梨県甲州市塩山の長百姓。父は母との結婚が許されなかったため、駆け落ち同然で江戸に出たという。
父は運よく幕府直参となり、明治維新後には下級役人として士族の身分を得た。

樋口一葉は少女時代までは中流家庭に育った。

歌人として

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1886.5.2~ 14 4 4 黄色の種 赤い竜
1887.5.2~ 15 109 5 赤い月 赤い蛇
1888.5.2~ 16 214 6 白い魔法使い 赤い月
1889.5.2~ 17 59 7 青い嵐 赤い空歩く人
父は娘の文才を見抜き和歌を習わせます。
1886年に中島歌子の歌塾「萩の舎」に入門します。素養を積んでからは助手として講義をおこないます。

1888年に戸主であった長男の泉太郎が死去し、樋口家の戸主を相続します。
1889年に父が事業に失敗。同年亡くなります。

1885年から渋谷三郎とイイナズケの関係にありましたが父の死により解消。

1890年に「萩の舎」の内弟子になるが苦しい生活を強いられます。

ウェブスペルの色が赤色の前半に歌塾「萩の舎」に入門します。
赤色の半ばに樋口家の戸主を相続。兄と父が亡くなります。

一葉自身は労働で報酬を得ることを見さげていました。
自分にできる他の収入の道を探していたところ「萩の舎」の姉弟子である田辺花圃が小説『薮の鶯』で多額の原稿料を得たのを知り、1889年頃より小説を書こうと決意します。

文学界へ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1890.5.2~ 18 164 8 黄色の種 赤い地球
1891.5.2~ 19 9 9 赤い月 赤い竜
1891年4月に小説家として生計を立てるため、東京朝日新聞専属作家の半井桃水(なからい とうすい)に師事し、指導を受けます。

桃水は困窮した生活を送る一葉の面倒を見続けます。次第に一葉は桃水に恋心の感情を持つようになったそうです。
しかし結婚を前提としない男女の付き合いは許されない時代でしたので中島歌子の支持により桃水と縁を切ります。

ウェブスペルの色が赤色の後半に半井桃水に師事し小説家を目指します。

文筆活動

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1892.5.2~ 20 114 10 白い魔法使い 赤い蛇
1893.5.2~ 21 219 11 青い嵐 赤い月
1894.5.2~ 22 64 12 黄色の種 赤い空歩く人
文筆活動を続け、小説を発表していきます。

1892年に、闇桜、別れ霜、たま欅、五月雨、経づくえ
1893年に、うもれ木、暁月夜、雪の日、琴の音
1894年に、花ごもり、暗(やみ)夜

吉原遊郭近くの現在の台東区竜泉一丁目で荒物と駄菓子を売る雑貨店を開いたが1894年5月には店を引き払います。
この時の経験が後に代表作となる小説「たけくらべ」の題材となっています。

ウェブスペルの色が赤色の後半から小説を次々に発表していきます。

奇跡の14ヶ月

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1894.5.2~ 22 64 12 黄色の種 赤い空歩く人
1895.5.2~ 23 169 13 赤い月 赤い地球
1895年に半井桃水から博文館の大橋乙羽を紹介される。
博文館は明治20年に創業された出版社で出版界をリードする存在でした。
大橋乙羽は樋口一葉に小説を依頼します。

この年代表作となる「たけくらべ(1895年1月 – 1896年1月)」を7回にわたり発表します。「大つごもり(1894年12月)、たけくらべ、軒もる月、ゆく雲、うつせみ、にごりえ、十三夜、この子、わかれ道、うらむらさき(1896年2月)」を発表。
この期間は「奇跡の14ヶ月」と呼ばれます。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に「たけくらべ」など発表。奇跡の14ヶ月と呼ばれます。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1896.5.2~ 24 14 1 白い魔法使い 白い魔法使い
「たけくらべ」は森鴎外や幸田露伴らから絶賛を受け高く評価されます。

しかし当時治療方のなかった肺結核が進行してしまいます。
1896年8月に医者から絶望的と診断を受け、1896年11月23日に24歳と6ヶ月で亡くなります。

ウェブスペルの色が白色の始めの年に肺結核で亡くなります。

樋口一葉のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の前半に歌塾「萩の舎」に入門します。
赤色の半ばに樋口家の戸主を相続。兄と父が亡くなります。
赤色の後半に半井桃水に師事し小説家を目指します。
赤色の後半から小説を次々に発表していきます。
赤色の最後付近に「たけくらべ」など発表。奇跡の14ヶ月と呼ばれます。

白色の始めの年に肺結核で亡くなります。

樋口一葉は近代以降では最初の職業女流作家です。
24年の生涯の中で、特に亡くなるまでの1年2ヶ月の期間に日本の近代文学史に残る作品を残しました。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

佐々木蔵之介
佐々木蔵之介(ささき くらのすけ)は、日本の俳優。学生時代から関西の小劇団『惑星ピスタチオ』の看板俳優として活躍。上京し俳優となった。朝の連続テレビ小説『オードリー』に出演し脚光を浴びます。

続きを読む


古田新太
古田新太(ふるた あらた)は、日本の俳優、声優。『劇団☆新感線』の看板俳優。『オールナイトニッポン』のパーソナリティを担当し全国区で知られます。

続きを読む


野々村真
野々村真(ののむら まこと)は、日本の俳優、タレント。初代“いいとも青年隊”でデビュー。『世界・ふしぎ発見!』のレギュラー解答者として珍回答を頻繁に出し会場を笑わすボケ役で有名。

続きを読む


柳葉敏郎
柳葉敏郎(やなぎば としろう)は、日本の俳優、歌手、タレント。一世風靡セピアのメンバー。解散後は俳優としてトレンディドラマに多く出演。『踊る大捜査線』シリーズに室井慎次役で出演し当たり役となった。

続きを読む


杏
杏(あん)は、日本の女優、ファッションモデル。モデルとしてデビュー。その後、女優としてデビュー。朝の連続ドラマ『ごちそうさん』でオーディションなしで主役に抜擢。父は俳優の渡辺謙。夫は俳優の東出昌大。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin094)

新垣結衣
新垣結衣(あらがき ゆい)は、女優、歌手、ファッションモデル。愛称はガッキー。姉に勧められ子供向けファッション誌のモデルに応募しデビュー。2006年ころにポッキーのCMでブレイク。

続きを読む


村上隆
村上隆(むらかみ たかし)は、日本の現代美術家、ポップアーティスト、映画監督。「日本のオタクカルチャーとアートの融合」を武器に、世界を舞台にした精力的な活動を展開。

続きを読む


関連記事 (作家)

小泉八雲
小泉八雲(こいずみ やくも)は、ギリシャ生まれの新聞記者(探訪記者)、小説家、日本研究家。アメリカの出版社の通信員として来日後に日本人の小泉セツと結婚し日本に帰化。著書『怪談』で有名。

続きを読む


宮部みゆき
宮部みゆき(みやべ みゆき)は、日本の小説家。「我らが隣人の犯罪」でデビュー。推理・ミステリー・SF・時代小説など多彩な分野の作品を執筆。直木賞を始め数々の文学賞を受賞。

続きを読む


アンデルセン
ハンス・クリスチャン・アンデルセンは、デンマークの代表的な童話作家、詩人。代表作に『マッチ売りの少女』『みにくいアヒルの子』『裸の王様』『人魚姫』など。

続きを読む


関連記事 (歴史の人)

岩倉具視
岩倉具視(いわくら ともみ)は、日本の公家、政治家。江戸時代の幕末に王政復古を画策。明治新政府で廃藩置県を断行。条約改正交渉と米欧視察のため岩倉使節団を束ね外国を巡ります。

続きを読む


乃木希典(のぎ まれすけ)は、日本の武士(長府藩士)、軍人、教育者。日露戦争における旅順攻囲戦の指揮。明治天皇の後を慕って殉死。「乃木神社」や「乃木坂」に名前を残した人物。

続きを読む


山内容堂
山内容堂(やまうち ようどう)は幕末の土佐藩15代藩主。藩政改革を断行し、幕末の四賢侯の一人として評価。後藤象二郎から進言され徳川慶喜に大政奉還の案を建白。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事