3,455 views

ひよっこ・有村架純の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 有村架純

記事公開日:2017年05月28日
最終更新日:2019年08月09日

有村架純
出典:wikipedia.org

有村架純(ありむら かすみ)は、日本の女優。

2013年に「あまちゃん」で小泉今日子演じる主人公の母親の若かりし頃を演じて人気を博しブレイク。
2017年の「ひよっこ」のヒロイン・谷田部みね子を努めました。

2016年、2017年に紅白歌合戦の紅組司会を担当。

このページでは有村架純の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ キョンキョン「小泉今日子」の誕生日占いと人生鑑定

有村架純の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1993年2月13日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin241(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い竜 青い鷲 音7
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い空歩く人
互いに学びあう 反対kin 青い猿
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い太陽
以てるもの同士の類似kin 白い鏡
鏡の向こうのもう一人の自分 kin20
絶対反対kin kin111

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音7」は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。バランス感覚があり、調整能力に長けています。神秘的な性格で自分自身も周りも理解しがたいところがあります。よくも悪くも「自分探し」をする人です。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin241の誕生日占いは、人に先んじて物事を起こすタイプです。男性ならば出世する人が多いです。苦しいときこそ、何が大切かはっきりわかる。

広告

有村架純の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

兵庫県伊丹市に生まれます。
中学3年の時にドラマを見ながら演技のことを「自分ならどう演じる」と、自然に考えていることに気が付き女優を志すようになります。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2009.2.13~ 16 101 10 赤い竜 黄色い人
2010.2.13~ 17 206 11 白い世界の橋渡し 黄色い戦士
2011.2.13~ 18 51 12 青い猿 黄色い太陽
2012.2.13~ 19 156 13 黄色い戦士 黄色の種
2009年12月、高校在学中にFLaMmeのオーディションを受けて合格。

2010年4月に親元を離れ上京。
2010年5月に「ハガネの女」でドラマ初出演。主演は吉瀬美智子

2011年1月に東京ディズニーシー「春のキャンパスデーパスポート」でCM初出演

ウェブスペルの色が黄色の最後付近にオーディションに合格し上京します。

有村架純が19才の時に知り合いの女性カメラマンに、「覚悟が足りないんじゃないの?」と言われ20歳の区切りに何かを変えなければならないとも思ったという。
19才といえば黄色の最後の年ですね。これが転機となった。

あまちゃん

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2013.2.13~ 20 1 1 赤い竜 赤い竜
2014.2.13~ 21 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
2015.2.13~ 22 211 3 青い猿 赤い月
2013年に連続テレビ小説「あまちゃん」で、小泉今日子演じる主人公の母親の若かりし頃を演じて人気を博し、数ヶ月で大ブレイクを果たした。
『あまちゃん』の脚本は宮藤官九郎
『あまちゃん』では、出番が少なくとも、今まで誰も見たことがないような姿を見せたい、という決意で臨んだという。

2013年4月に「伊丹市大使」に任命。

2015年5月に映画『ビリギャル』で主演の金髪ギャルに挑戦して話題となる

ウェブスペルの色が赤色の始めの年に「あまちゃん」でブレイク。この年から3年連続で黒Kinが表れていますね。
赤色の始めの頃には映画「ビリギャル」で主演を演じました。

ひよっこ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.2.13~ 23 56 4 黄色い戦士 赤い空歩く人
2017.2.13~ 24 161 5 赤い竜 赤い地球
2016年に演映画『ビリギャル』での演技でたくさんの賞を取ります。
2016年末の第67回NHK紅白歌合戦の紅組司会者を務めます。

2017年に連続テレビ小説『ひよっこ』のヒロインを演じます。

脚本の岡田惠和の強い要望もあり、オーディションを行わずに主演が決まります。

ウェブスペルの色が赤色の前半に第67回NHK紅白歌合戦の紅組司会者を務めます。
赤色の半ばに「ひよっこ」でヒロインを演じました。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.2.13~ 26 111 7 青い猿 赤い蛇
2020.2.13~ 27 216 8 黄色い戦士 赤い月
2021.2.13~ 28 61 9 赤い竜 赤い空歩く人
有村架純の現在は、ウェブスペルの色が赤色の半ばに当たります。
26才の時はKin111。なにごとにもオールマイティーな年です。1つのことでは物足りないと感じるかもしれません。

  • 音7は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすいです。
  • 青い猿は、小さなことでも楽しみや喜び・満足を見いだせ、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。
  • 赤い蛇は、よくも悪くも執着心が強く、あきらめない執念を持っています。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

失うことは与えること。マイナスをプラスに。

有村架純のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の最後付近にオーディションに合格し上京します。

赤色の始めの年に「あまちゃん」でブレイク。この年から3年連続で黒Kinが表れていますね。
赤色の始めの頃には映画「ビリギャル」で主演を演じました。
赤色の前半に第67回NHK紅白歌合戦の紅組司会者を務めます。
赤色の半ばに「ひよっこ」でヒロインを演じました。


参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

山村紅葉
山村紅葉(やまむら もみじ)は、日本の女優、タレント、元国家公務員。母は推理作家の山村美紗。母の作品が原作のドラマを中心に2016年時点で500本以上出演し、2時間ドラマの裏女王と言われる。

続きを読む


草刈民代
草刈民代(くさかり たみよ)は、日本の女優。元バレリーナ。夫は映画監督の周防正行。映画『Shall we ダンス?』に役所広司とW主演。数々の賞を受賞。その後、バレリーナから引退し女優に転身。

続きを読む


富田靖子
富田靖子(とみた やすこ)は、日本の女優。中学在学中に映画『アイコ十六歳』のオーディションを受け、ヒロインに選ばれデビュー。最近では、主演やヒロインを務める事は少なくなったが、ベテラン脇役として活躍。

続きを読む


松下奈緒
松下奈緒(まつした なお)は、日本の女優、ピアニスト、作曲家、歌手。朝の連続ドラマ『ゲゲゲの女房』でヒロインを務め本格的にブレイク。ピアニストとしても活動しており2006年からコンサートを度々行っています。

続きを読む


森英恵
森英恵(もり はなえ)は、日本の女性ファッションデザイナー。海外のコレクションに参加し国際的に活躍。バルセロナ五輪の日本チームのユニホームや雅子妃のローブデコルテのデザインなどを担当。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin241)

長澤まさみ
長澤まさみ(ながさわ まさみ)は女優。東宝のオーディションで12才史上最年少でグランプリに選ばれ芸能界に入ります。映画『世界の中心で、愛をさけぶ』が大ヒットとなり多数の映画賞を受賞します。

続きを読む


大鵬幸喜
大鵬幸喜(たいほう こうき)さんは、第48代横綱。現役時代に当時の子供たちの好きな物を並べた「巨人・大鵬・卵焼き」という流行語に取り上げられるほど人気がありました。

続きを読む


八村塁
八村塁(はちむら るい)、日本の男子バスケットボール選手。2019年NBAドラフト一巡目でワシントン・ウィザーズより指名(全体9位)。NBAドラフト一巡目での指名は日本人初。

続きを読む


森繁久彌
森繁久彌(もりしげ ひさや)は、日本の俳優、歌手、コメディアン、元NHKアナウンサー。昭和を代表する国民的俳優の一人。映画・テレビ・舞台・ラジオ・歌手など幅広い分野で活躍。没後に国民栄誉賞が追贈。

続きを読む


菅井きん
菅井きん(すがい きん)は、日本の女優。「必殺仕事人」シリーズ、映画「お葬式」などに出演。名脇役として数々の映画や演劇、テレビドラマに出演します。長く、おばあちゃん役が定着していました。

続きを読む


関連記事 (女優)

大島優子
大島優子(おおしま ゆうこ)は、日本の女優。女性アイドルグループAKB48の元メンバー。AKB48時代にシングル「ヘビーローテーション」で初のセンターポジション。子役時代を含めると20年以上の芸歴。

続きを読む


ジュリア・ロバーツ
ジュリア・ロバーツは、アメリカ合衆国の女優。2011年に「ハリウッド女優の所得番付」で約16億円を稼いで5位にランクイン。

続きを読む


のん
のんは、日本の女優、ファッションモデル。旧芸名は能年玲奈(のうねん れな)。2013年に『あまちゃん』で一躍時の人となります。しかし事務所からの独立騒ぎで事実上の休業状態、その後「のん」に芸名を変えます。

続きを読む


石原さとみ
石原さとみ(いしはら さとみ)は、日本の女優。ホリプロのオーディションでグランプリ受賞。『てるてる家族』のヒロインに抜擢。以降、多数のドラマ、映画に出演し知名度を上げます。

続きを読む


森尾由美
森尾由美(もりお ゆみ)は、日本の女優、声優、タレント。アイドル歌手・女優としてデビュー。トレンディドラマに出演し人気を博します。その後、『元気が出るテレビ』『はなまるマーケット』にレギュラー出演。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事