1,959 views

まんぷく・安藤サクラの誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 安藤サクラ

記事公開日:2018年10月11日
最終更新日:2020年02月03日

安藤サクラ
出典:wikipedia.org 2016年東京国際映画祭にて

安藤サクラ(あんどう サクラ)は、日本の女優。

2018年10月より連続テレビ小説第99作『まんぷく』のヒロイン・福子役。
また、出演した映画『万引き家族』がカンヌ国際映画祭で女優として高い評価を得ました。

このページでは安藤サクラの生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

安藤サクラの誕生日占い(性格診断)

誕生日:1986年2月18日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin31です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い猿 青い手 音5
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い嵐
互いに学びあう 反対kin 赤い竜
互いに秘かれあう 神秘kin 白い犬
以てるもの同士の類似kin 黄色い星
鏡の向こうのもう一人の自分 kin230
絶対反対kin kin161

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音5」は、いつもはのんびり屋さんですが、いざとなると、底地力を発揮します。一旦ONのスイッチが入ると、行動的・積極的になり、すごいスピードで物事をこなしていきます。説得力があり、一貫性があるので、人から信頼されます。

「青い手」は、チャンスやお金、人のココロなど掴みやすい人です。献身的に人を理解し癒します。「手」を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

ひとことでいえばKin31の誕生日占いは、遊び感覚で熱中できるタイプです。どんなことでも情熱が持てます。しばし躊躇。戸惑いも小休止。

広告

安藤サクラの個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

父は俳優・奥田瑛二、母はエッセイスト・安藤和津。次女として東京で生まれます。
姉は映画監督の安藤桃子。母方の曾祖父は元首相の犬養毅。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2007.2.18~ 21 156 13 黄色い戦士 黄色の種
2008.2.18~ 22 1 1 赤い竜 赤い竜
2009.2.18~ 23 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
2007年に父・奥田瑛二が監督を務めた映画『風の外側』で予定していた主演女優が急遽降板。代役として主演女優としてデビューします。この映画では姉の安藤桃子が助監督として参加。

2009年に映画『愛のむきだし』でカルト教団の勧誘員・コイケを演じ、CNNの「まだ世界的に名前は売れていないが、演技力のある日本の俳優7人」の一人に選ばれます。

ウェブスペルの色が黄色の最後の年に女優デビュー

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2010.2.18~ 24 211 3 青い猿 赤い月
2011.2.18~ 25 56 4 黄色い戦士 赤い空歩く人
2012.2.18~ 26 161 5 赤い竜 赤い地球
2010年にテレビドラマ『野田ともうします。』に出演。
2011年に映画『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』を始め、立て続けに注目作に出演。第84回キネマ旬報ベスト・テン助演女優賞を受賞。
2012年に俳優の柄本佑と結婚。柄本佑は俳優の柄本明と角替和枝の長男で2世俳優同士のビッグカップルとして注目を集めます。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに俳優の柄本佑と結婚。

子どもの頃から映画作りを近くで見てきたため、映画とどう向き合うか父から影響を受けてきましたが、女優として大きく影響を受けたのは、同じく芸能一家の柄本家に嫁いでからだと話す

主演女優賞

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2013.2.18~ 27 6 6 白い世界の橋渡し 赤い竜
2014.2.18~ 28 111 7 青い猿 赤い蛇
2015.2.18~ 29 216 8 黄色い戦士 赤い月
2013年に映画『かぞくのくに』に出演。キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞と助演女優賞をダブル受賞。
2014年に映画『0.5ミリ』『百円の恋』で2年連続キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞をダブル受賞。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに映画『かぞくのくに』『0.5ミリ』『百円の恋』で主演女優賞を受賞

さらなる活躍

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.2.18~ 30 61 9 赤い竜 赤い空歩く人
2017.2.18~ 31 166 10 白い世界の橋渡し 赤い地球
2018.2.18~ 32 11 11 青い猿 赤い竜
2016年にテレビドラマ『ゆとりですがなにか』で連続ドラマ初ヒロイン。
2017年に日本アカデミー賞にて西田敏行とともに司会を担当。
2017年に第1子を出産。同年にNHK連続テレビ小説のヒロインのオファーが届き、連続テレビ小説第99作『まんぷく』のヒロイン・福子役に決定。
2018年にリリー・フランキーとW主演した映画『万引き家族』でカンヌ国際映画祭にてコンペティション部門で最高賞のパルムドールを受賞

ウェブスペルの色が赤色の後半に2018年下半期連続テレビ小説『まんぷく』のヒロイン・福子役を演じます。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.2.18~ 32 11 11 青い猿 赤い竜
2019.2.18~ 33 116 12 黄色い戦士 赤い蛇
2020.2.18~ 34 221 13 赤い竜 赤い月
安藤サクラの現在は、ウェブスペルの色が赤色の最後の年に当たります。
34才の時はKin221。自分の考えや行動などを深くかえりみることができる年です。

  • 音13は、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことに向いています。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえることができます。
  • 赤い竜は、物事を誕生させるパワーがあり、叩かれてもめげません。母性愛が強く血のつながりをとても大事にします。
  • 赤い月は、常に新しい流れをつくりだします。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

気を引き締め運気にのり、忙しさを喜ぶ。

安藤サクラのまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の最後の年に女優デビュー
赤色の半ばに俳優の柄本佑と結婚。
赤色の半ばに映画『かぞくのくに』『0.5ミリ』『百円の恋』で主演女優賞を受賞
赤色の後半に2018年下半期連続テレビ小説『まんぷく』のヒロイン・福子役を演じます。

その役柄に徹するために『百円の恋』では、ニートからボクサーになる主人公を演じるため、まず太ってだらしない体型を作り、撮影の後半の10日間で体を絞りプロテストに合格できるようなボクサーの体型を作っていった。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

岩城滉一
岩城滉一(いわき こういち)は、日本の俳優・歌手・タレント。原宿を拠点にした硬派バイクチーム「クールス」の副団長。ドラマ『北の国から』に「草太兄ちゃん」役で出演し知られる存在になりました。

続きを読む


三島由紀夫
三島由紀夫(みしま ゆきお)は日本の作家。戦後の日本文学界を代表する人物。ノーベル文学賞候補にあがるなど海外でも定評が高い。晩年は自衛隊市ヶ谷駐屯地に仲間4人と乗り込み割腹自殺した。

続きを読む


筧利夫
筧利夫(かけい としお)は、日本の俳優。劇団「第三舞台」で長く活躍。第三舞台に入ってからほぼ全ての作品に参加。ドラマ「踊る大捜査線シリーズ」で新城賢太郎役で大きく知名度を上げました。

続きを読む


桑田真澄
桑田真澄(くわた ますみ)は、日本の元プロ野球選手、野球解説者。PL学園高校時代は清原和博とのKKコンビでチームをけん引。プロ入り後は先発投手として長きにわたり読売ジャイアンツを支えた人物です。

続きを読む


上塚周平
上塚周平(うえつか しゅうへい)は、日本のブラジル移民功労者。「ブラジル移民の父」と称される人物です。ブラジル移民の輸送監督としてブラジルに渡ります。生涯日系ブラジル移民のために尽力します。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin031)

山本寛斎
山本寛斎(やまもと かんさい)は、日本のファッションデザイナー、イベントプロデューサー。世界的なファッションデザイナー。世界各地の主要都市に「ブティック寛斎」を出店。

続きを読む


ジャンボ鶴田
ジャンボ鶴田(ジャンボ つるた)は、日本のプロレスラー。全日本プロレスで活躍した。三冠ヘビー級王座の初代王者であり、日本人初のAWA世界ヘビー級王者(第30代)。

続きを読む


竹中直人
竹中直人(たけなか なおと)は、日本の俳優、声優、タレント、コメディアン、映画監督、歌手。コメディアンとして活動、並行し俳優活動を行います。大河ドラマ『秀吉』で秀吉役が当たり役となります。

続きを読む


関連記事 (女優)

キムラ緑子
キムラ緑子(キムラ みどりこ)は、日本の女優。長く劇団M.O.P.の看板女優として活躍。2000年頃からテレビにも進出。朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』でヒロインの義姉・西門和枝役を演じて一躍注目を集めます。

続きを読む


森口瑤子
森口瑤子(もりぐち ようこ)は、日本の女優。夫は脚本家の坂元裕二。「ミス松竹」に選出され『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』で映画デビュー。鈴木杏樹の次となる相棒の3代目女将に起用。

続きを読む


木村多江
木村多江(きむら たえ)は、日本の女優。ドラマ『リング』『らせん』で山村貞子役で注目を集めます。その後、演じた役柄から「日本一不幸役が板につく女優」と称され、同世代女優とは異なるポジションを確立。

続きを読む


真矢ミキ
真矢ミキ(まや みき)は日本の女優。元宝塚歌劇団花組トップスター。宝塚退団後に芸能界入りするが順風満帆といかずどん底を経験。自らオーディションを受け映画『踊る大捜査線 THE MOVIE 2』で復帰。

続きを読む


桃井かおり
桃井かおり(ももい かおり)は、日本の女優。1975年にドラマ『前略おふくろ様』でお茶の間にブレイク。2005年からハリウッドに活動の場を広げます。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事