2,871 views

やすきよ「西川きよし」の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 西川きよし

記事公開日:2016年10月05日
最終更新日:2019年12月24日

西川きよし
→ 画像検索はこちら

西川きよし(にしかわ きよし)は、タレント、俳優、お笑い芸人・元参議院議員

横山やすしに何度も口説かれてコンビを結成したあとは、人気を博した。
漫才コンビ「やすしきよし」は漫才ブームの火付け役になり、日本武道館での公演も果たした。
吉本興業では、六代桂文枝(旧名:桂三枝)、三代目笑福亭仁鶴と共にトップに君臨する。

このページでは西川きよしの生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
横山やすしと西川きよしの誕生日占いと相性占いを診断はこちら
秘密のケンミンSHOWのメンバーの誕生日占いと相性占いを診断はこちら

西川きよし(にしかわ きよし)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1946年7月2日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin125です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い蛇 白い鏡 音8
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い月
互いに学びあう 反対kin 青い鷲
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い戦士
以てるもの同士の類似kin 白い魔法使い
鏡の向こうのもう一人の自分 kin136
絶対反対kin kin255

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音8」は、バランスと調和を大事にする人です。母性力があり面倒見がよく、細かいところにもよく気づきます。どんな状況でもすぐに溶け込める人です。人間関係は残念ながら、人づきあいがさほど上手ではありません。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

「赤い蛇」は、よくも悪くも執着心が強く、執念深く情熱的です。高い集中力をもった、努力家さんです。あきらめない執念を持っています。好き嫌いがはっきりしてます。独特の感性を持っており、まわり振り回されることがありません。

ひとことでいえばKin125の誕生日占いは、不機嫌さをあわせ持っているタイプです。自己コントロールがキーワードです。依存からの一人立ちへ。

広告

西川きよし(にしかわ きよし)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

高知生まれで大阪育ち。
父親が事業に手を出し失敗したことから大阪府に転居した。家計は苦しく10歳のときからアルバイトし家計を支えた。
19歳のとき、のちに妻となるヘレンと知り合った。当時はまったく売れなかったので、売れっ子のヘレンに食べさせてもらう状況だった。
横山やすしに何度も口説かれてコンビを結成

芸能界デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1965.7.2~ 19 40 1 黄色い太陽 黄色い太陽
1966.7.2~ 20 145 2 赤い蛇 黄色の種
1967.7.2~ 21 250 3 白い犬 黄色い星

1966年 横山やすしと漫才コンビを結成
1967年 ヘレン杉本と結婚
人気女優だったヘレン杉本との結婚で、きよしは会社・劇団から冷遇されてしまう

ウェブスペルの色が黄色の始めの年に横山やすしと漫才コンビを結成
黄色の始め付近に結婚します

テレビ司会者

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1969.7.2~ 23 200 5 黄色い太陽 黄色い戦士
1970.7.2~ 24 45 6 赤い蛇 黄色い太陽
1971.7.2~ 25 150 7 白い犬 黄色の種
1973.7.2~ 27 100 9 黄色い太陽 黄色い人
1975.7.2~ 29 50 11 白い犬 黄色い太陽

1969年 『爆笑寄席』1975年まで
1970年 横山やすしの不祥事でコンビ活動自粛
1970年 『素人名人会』2002年まで
1970年 『仁鶴・きよしのただいま恋愛中』1977年まで
1971年 『スター誕生』1983年まで
1973年 『パンチDEデート』1984年まで
1973年 『プロポーズ大作戦』1985年まで
1975年 『料理天国』1992年まで

相方の横山やすしの不祥事でコンビ活動は自粛。
このころからテレビ司会者として活路を見出します。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに相方の横山やすしの不祥事でコンビ活動は自粛。
テレビ司会者として活路を見出します。

漫才ブーム

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1979.7.2~ 33 210 2 白い犬 赤い月
1980.7.2~ 34 55 3 青い鷲 赤い空歩く人
1981.7.2~ 35 160 4 黄色い太陽 赤い地球
1982.7.2~ 36 5 5 赤い蛇 赤い竜

1980年から1982年ごろの漫才ブームでは東西のリーダー格として活躍。その人気は頂点に達します。

ウェブスペルの色が赤色の始め頃に漫才ブームが起きその人気は頂点に達します。

政界進出

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1986.7.2~ 40 165 9 赤い蛇 赤い地球
1989.7.2~ 43 220 12 黄色い太陽 赤い月
1995.7.2~ 49 70 5 白い犬 白い世界の橋渡し
2004.7.2~ 58 235 1 青い鷲 青い鷲

1986年 参議院議員選挙に当選
1989年 不祥事で相方の横山やすしが吉本興業の専属契約を解除
1996年 1月21日に横山やすしが死去
2004年 政界から身を引きタレントとしての活動に専念しつつ、福祉関係の仕事に従事すると発表。3期18年間に渡る議員生活だった。

ウェブスペルの色が赤色の後半に参議院議員になります。
赤色の最後付近に相方の横山やすしが吉本興業の専属契約を解除
白色の半ばに相方の横山やすしが亡くなります
青色の始めの年に政界から身を引きます

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.7.2~ 72 145 2 赤い蛇 黄色の種
2019.7.2~ 73 250 3 白い犬 黄色い星
2020.7.2~ 74 95 4 青い鷲 黄色い人
西川きよしの現在は、ウェブスペルの色が黄色の始まり付近に当たります。
73才の時はKin250。人から信頼されることを大切に考える年です。

  • 音3は、性質の異なる人・物事を結びつける役割があります。立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり調整したりします。
  • 白い犬は、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝えます。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。

繰り返しの感覚にとらわれたら、改めて見通しを立てる。

西川きよしのまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の始めの年に横山やすしと漫才コンビを結成
黄色の始め付近に結婚します
黄色の半ばに相方の横山やすしの不祥事でコンビ活動は自粛。テレビ司会者として活路を見出します。
赤色の始め頃に漫才ブームが起きその人気は頂点に達します。
赤色の後半に参議院議員になります。
赤色の最後付近に相方の横山やすしが吉本興業の専属契約を解除
白色の半ばに相方の横山やすしが亡くなります
青色の始めの年に政界から身を引きます


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

木村多江
木村多江(きむら たえ)は、日本の女優。ドラマ『リング』『らせん』で山村貞子役で注目を集めます。その後、演じた役柄から「日本一不幸役が板につく女優」と称され、同世代女優とは異なるポジションを確立。

続きを読む


キムラ緑子
キムラ緑子(キムラ みどりこ)は、日本の女優。長く劇団M.O.P.の看板女優として活躍。2000年頃からテレビにも進出。朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』でヒロインの義姉・西門和枝役を演じて一躍注目を集めます。

続きを読む


角田光代
角田光代(かくた みつよ)は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家。読みやすい文体で家族や恋愛をテーマにした作品を発表し若い女性から支持を得ます。『対岸の彼女』で直木賞を受賞。

続きを読む


森口瑤子
森口瑤子(もりぐち ようこ)は、日本の女優。夫は脚本家の坂元裕二。「ミス松竹」に選出され『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』で映画デビュー。鈴木杏樹の次となる相棒の3代目女将に起用。

続きを読む


岩田聡
岩田聡(いわた さとる)は、日本のゲームクリエイター。任天堂の4代目社長で、HAL研究所社長なども歴任。プログラマーとして数々の逸話を持つ人物。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin125)

長谷川京子
長谷川京子(はせがわ きょうこ)はファッションモデル、女優、タレント。夫はポルノグラフィティ・新藤晴一。モデル時代は人気ぶりが社会現象にもなり「はせきょー現象」という言葉も生まれた。

続きを読む


関連記事 (タレント)

コサキン
コサキンは、小堺一機と関根勤によるコンビ。1981年にコンビを結成。欽ちゃんのどこまでやるの!?で全国的に知られるようになった。コサキンは小堺一機と関根勤が一緒に仕事をする時の通称だそうです。

続きを読む


大橋巨泉
大橋巨泉(おおはし きょせん)は、タレント(テレビ番組司会者、ラジオパーソナリティ)など多方面で活躍した人物です。1960年から1980年にかけて11PM・クイズダービーなど司会者で活躍します。

続きを読む


矢追純一
矢追純一は、日本のディレクター、テレビタレント、疑似科学作家。企画物を数多く担当し「怪奇ディレクター」「UFOディレクター」の愛称で知られました。

続きを読む


名倉潤と渡辺満里奈
名倉潤と渡辺満里奈は2005年4月に結婚した夫婦です。2007年に長男、2010年に長女が誕生しました。2人はバラエティ『銭形金太郎』での共演を機に交際スタート。お互い一目惚れだったそうです。

続きを読む


はしのえみ
はしのえみは、日本のモデル、タレント、司会者。愛称は「えみちゃん」「はしえみ」「姫」。欽ちゃん劇団の出身者。『王様のブランチ』に出演し姫様のキャラなどで人気を得ます。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事