1,066 views

エロかっこいい・倖田來未の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 倖田來未

記事公開日:2019年12月01日
最終更新日:2020年11月18日

倖田來未
出典:wikipedia.org

倖田來未(こうだ くみ)は、日本の女性歌手。

「エロかっこいい」独自のスタイルを確立。ミリオンセラーを連発。
2006年に新語・流行語大賞トップ10に選ばれた。実妹は歌手のmisono。

このページでは、倖田來未(こうだ くみ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

倖田來未の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1982年11月13日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin139です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い嵐 青い猿 音9
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い鷲
互いに学びあう 反対kin 赤い月
互いに秘かれあう 神秘kin 白い風
以てるもの同士の類似kin 黄色い太陽
鏡の向こうのもう一人の自分 kin122
絶対反対kin kin9

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音9」は、楽し事を考えたりワクワク・ドキドキすることが大好きです。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。好きなことにはとことん情熱を注ぎ楽しみを見出しますが、興味の無い人や物にはまったく興味や関心を示しません。基本的に人気者で人間関係は良好です。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

ひとことでいえばKin139の誕生日占いは、不思議な色気のあるタイプです。こだわりがブレーキになります。転機が新しいものを生み出す力。

広告

倖田來未の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

京都府出身。出生名は神田來未子(こうだ くみこ)。同じく歌手のmisonoは実妹です。
3才の頃より祖父と母の勧めで日本舞踊の演者として初舞台を踏みます。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.11.13~ 16 259 12 青い嵐 黄色い星
1999.11.13~ 17 104 13 黄色の種 黄色い人
2000.11.13~ 18 209 1 赤い月 赤い月
1999年、高校2年の時にオーディション「avex dream 2000」を受け、準グランプリを受賞。
2000年11月にアメリカで1stシングル「TAKE BACK」を「KODA」名義でリリース。
12月に日本でデビュー。しかし大きなヒットにはならなかった。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近にオーディションで準グランプリを受賞。その後、デビュー。

ブレイク

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.11.13~ 22 109 5 赤い月 赤い蛇
2005.11.13~ 23 214 6 白い魔法使い 赤い月
2006.11.13~ 24 59 7 青い嵐 赤い空歩く人
2004年に8kgダイエットし「エロかっこいい」独自のスタイルを確立。TV番組でセクシーな衣装とダンスで世間の注目を集めます。
2005年に自身初のベスト・アルバム『BEST first things』はミリオンセラーを記録。19thシングル「you」は自身初のオリコンチャート初登場1位を記録。同年末にレコード大賞受賞、紅白歌合戦に初出場。
2006年にベスト・アルバム『BEST second session』は180万枚セールス。5枚目のオリジナルアルバム『Black Cherry』は初回出荷枚数150万枚。
同年、新語流行語大賞に「エロかっこいい(エロかわいい)」がトップ10。

ウェブスペルの色が赤色の半ばにブレイク。ミリオンセラーを連発。

misono

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2007.11.13~ 25 164 8 黄色の種 赤い地球
2008.11.13~ 26 9 9 赤い月 赤い竜
2009.11.13~ 27 114 10 白い魔法使い 赤い蛇
2008年1月29日に「倖田來未のオールナイトニッポン」内で「35歳をまわるとお母さんの羊水が腐ってくるんですよね」と発言。これが問題となり一時活動を休止。2008年5月末に本格的に活動再開。
2009年に実妹misonoとのコラボレーション曲「It’s all Love!」を発表。
同年末にmisonoと紅白歌合戦で共演。

ウェブスペルの色が赤色の後半に実妹misonoとコラボ。misonoと紅白歌合戦で共演。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2010.11.13~ 28 219 11 青い嵐 赤い月
2011.11.13~ 29 64 12 黄色の種 赤い空歩く人
2012.11.13~ 30 169 13 赤い月 赤い地球
2010年にデビュー10周年。東京ドームで行ったコンサートは47,000人動員のチケットが即完。
2011年にBACK-ONのボーカルKENJI03と結婚を発表。
2012年に第一子男児を出産。同年末に紅白歌合戦に8度目の出場。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近にKENJI03と結婚。第一子男児を出産。

47都道府県ホールツアー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2015.11.13~ 33 224 3 黄色の種 白い風
2016.11.13~ 34 69 4 赤い月 白い世界の橋渡し
2017.11.13~ 35 174 5 白い魔法使い 白い犬
2015年にデビュー15周年。
2016年に初の47都道府県ホールツアーを開催。
2017年に2年連続となる47都道府県ホールツアーを開催。

ウェブスペルの色が白色の前半に初の47都道府県ホールツアーを開催。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.11.13~ 37 124 7 黄色の種 白い鏡
2020.11.13~ 38 229 8 赤い月 白い風
2021.11.13~ 39 74 9 白い魔法使い 白い世界の橋渡し
倖田來未の現在は、ウェブスペルの色が白色の半ばに当たります。
38才の時はKin229。予備知識をたくさん持っている年です。新しい流れを作るのが上手です。

  • 音8は、バランスと調和を大事にします。どんな状況でもすぐに溶け込めます。
  • 赤い月は、常に新しい流れをつくりだします。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。
  • 白い風は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

心を引き締め足元に注意しスタートすること。

倖田來未のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の最後付近にオーディションで準グランプリを受賞。その後、デビュー。
赤色の半ばにブレイク。ミリオンセラーを連発。
赤色の後半に実妹misonoとコラボ。misonoと紅白歌合戦で共演。
赤色の最後付近にKENJI03と結婚。第一子男児を出産。
白色の前半に初の47都道府県ホールツアーを開催。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

アンリ・デュナン
アンリ・デュナンは、スイスの実業家。赤十字社を創設。第1回ノーベル平和賞の受賞者。その功績から『赤十字の父』と呼ばれる人物です。

続きを読む


オダギリジョー
オダギリジョーは、日本の俳優、映画監督。代表作に『時効警察』シリーズや『八重の桜』など。2019年には『ある船頭の話』で脚本・監督を担当し長編映画監督デビュー。

続きを読む


麻生久美子
麻生久美子(あそう くみこ)は、日本の女優。『全国女子高生制服コレクション』でグランプリを受賞し芸能界入り。映画『カンゾー先生』で数々の映画賞を受賞し女優としての地位を確立。ドラマ『時効警察』に出演し女優としての新境地を開きます。

続きを読む


松本穂香
松本穂香(まつもと ほのか)は、日本の女優。「有村架純の妹分」をキャッチフレーズに本格的に女優活動を開始。連続テレビ小説『ひよっこ』で有村と共演。メガネ姿で食いしん坊の役柄で注目を集めます。

続きを読む


高良一
高良一(たから はじめ)は、日本の実業家、政治家。太平洋戦争後のアメリカ統治下の沖縄で初の映画館「アーニー・パイル国際劇場」を開館。この「国際劇場」にちなんで名付けられた『国際通り』は「奇跡の1マイル」と称されるほど繁栄。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin139)

豊川悦司
豊川悦司(とよかわ えつし)は、日本の俳優。舞台俳優を経て映画、テレビドラマなどの映像作品に出演。ドラマ『愛していると言ってくれ』で常盤貴子とW主演。最高視聴率28.1%を記録。

続きを読む


清水ミチコ
清水ミチコ(しみず ミチコ)は、日本のタレント、ナレーター、女優。「ものまねの女王」と称えられバラエティー番組で頻繁に披露。実写版ドラマ「ちびまる子ちゃん」では、まる子の母役で出演。

続きを読む


布施明
布施明(ふせ あきら)は、歌手・シンガーソングライター、俳優。歌手としてデビュー。「シクラメンのかほり」がミリオンヒット。ハリウッド女優と結婚・離婚。その後、俳優としても活動。

続きを読む


ダイアナ妃
ダイアナ妃はイギリスのチャールズ皇太子の最初の妃。ウィリアム王子およびヘンリー王子の2子をもうけた。1997年にパリで交通事故により不慮の死を遂げた。

続きを読む


原田知世
原田知世(はらだ ともよ)は、日本の女優、歌手。「時をかける少女」で映画デビューします。主演映画「私をスキーに連れてって」では、スキーブームの火付け役となりました。

続きを読む


関連記事 (歌手)

菊池桃子
菊池桃子(きくち ももこ)は女優、歌手、タレント、大学教員、ナレーター。1980年代のアイドル。アイドル歌手の後、俳優にシフトチェンジ、ナレーターとしても活躍。大学院で修士号取得後は母校で教鞭をとります。

続きを読む


中森明菜
中森明菜(なかもり あきな)は、日本の歌手、俳優。1980年代を代表する女性アイドル。スター誕生で合格し歌手としてデビュー。1980年代半ばまでヒットを飛ばし続けます。

続きを読む


篠原ともえ
篠原ともえは、日本の歌手、タレント。1990年末期に個性的なファッションと強烈なキャラクターで、「シノラー」ブームを巻き起こします。

続きを読む


MISIA
MISIA(ミーシャ)は、日本の女性歌手。5オクターブの音域を持つ、日本のみならずアジアを代表する歌手。日本における女性R&Bブームの火つけ役的存在で、本格派R&Bのメイン・ストリーム化に大いに貢献。

続きを読む


山崎まさよし
山崎まさよし(やまざき まさよし)は、日本のシンガーソングライター、俳優。初の主演映画『月とキャベツ』のテーマ曲「One more time, One more chance」でブレイク。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ