1,654 views

カンニング竹山の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → カンニング竹山

記事公開日:2018年05月02日
最終更新日:2020年06月30日

カンニング竹山
→ 画像検索はこちら

カンニング竹山は、日本のタレント、お笑い芸人、俳優、漫才師、コメンテーター。

ネタ中やトーク中になりふりかまわずキレまくる「キレキャラ」が定着し人気を得る。
相方の中島忠幸が他界後はピンとして活動。

※ 戸籍上、1971年4月2日生まれですのでこの日で鑑定しています。

このページではカンニング竹山の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

カンニング竹山の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1971年4月2日生まれ

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin59です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い嵐 赤い空歩く人 音7
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い猿
互いに学びあう 反対kin 赤い月
互いに秘かれあう 神秘kin 白い風
以てるもの同士の類似kin 黄色い太陽
鏡の向こうのもう一人の自分 kin202
絶対反対kin kin189

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音7」は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。バランス感覚があり、調整能力に長けています。神秘的な性格で自分自身も周りも理解しがたいところがあります。よくも悪くも「自分探し」をする人です。

「赤い空歩く人」は、面倒見がよく、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。良識的な人が多く、経験重視の判断をする傾向があります。まとめ役になることも多いのが特徴です。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

ひとことでいえばKin59の誕生日占いは、行動力があるが思い込みで動いてしまいがちなタイプです。平常心を保つ。母性能力ある。

広告

カンニング竹山の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

福岡市で生まれます。
父は事業を起こし成功。竹山は9歳になるまでは非常に裕福な家庭でした。しかし会社が倒産し生活は一転。
竹山が高校生の頃にバブル景気にのり父の羽振りは良くなりますが、竹山が上京後に経営は傾き父は脳出血で亡くなります。
父の死後、竹山のもとに身に覚えのない13億円の背負わされていることが発覚。相続放棄でその負債を免れた。
「借金はするな、保証人にはなるな」が父の遺言のようなものだったといいます。

福岡吉本第1期生

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1989.4.2~ 18 129 12 赤い月 白い鏡
1990.4.2~ 19 234 13 白い魔法使い 白い風
竹山の計画では高校を卒業後、上京して大学卒業後に芸人になるつもりだったが大学受験に失敗。
予備校に通いながら同じく浪人中の小学校の同級生の「ケン坊田中」とコンビを組み、テレビ西日本のオーディションに出演し優勝。
福岡吉本第1期生として所属契約を結びます。同期に、博多華丸・大吉などいます。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に福岡吉本第1期生として所属契約を結びます。

カンニング結成

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1991.4.2~ 20 79 1 青い嵐 青い嵐
1992.4.2~ 21 184 2 黄色の種 青い夜
1993.4.2~ 22 29 3 赤い月 青い手
竹山は福岡で売れても仕方がないとわずか1年で福岡吉本を辞めて上京。
東京で小学校の同級生の中島忠幸と再会。
1992年に中島忠幸とお笑いコンビ「カンニング」を結成します。

ウェブスペルの色が青色の始めころにお笑いコンビ「カンニング」を結成します。

額縁メガネをかけていて、誰かれかまわずキレまくる。あまり暴走し過ぎると相方の中島に逆ギレされ、途端に落ち込むこともあった。
数多くいる毒舌芸人やキレキャラクターの一人に数えられます。

エンタの神様

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.4.2~ 33 144 1 黄色の種 黄色の種
2005.4.2~ 34 249 2 赤い月 黄色い星
2006.4.2~ 35 94 3 白い魔法使い 黄色い人
2004年6月に『エンタの神様』初出演。いきなり「ウ◯コ」発言を繰り返す。
2度目の出演時に脱糞しかけ、スタッフに強制退場。番組終了後に苦情やクレーム殺到。3度目の出演時に中島に説教されステージ上で土下座した。
同年、中島が白血病で入院。コンビ活動はできなくなった。

2006年12月に中島が死去。中島の死去後も竹山はカンニングの芸名で活動します。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年に『エンタの神様』に出演。炎上させます。
黄色の前半に相方の中島が亡くなりピンで活動します。

ピンでの活動を開始

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2007.4.2~ 36 199 4 青い嵐 黄色い戦士
2008.4.2~ 37 44 5 黄色の種 黄色い太陽
2009.4.2~ 38 149 6 赤い月 黄色の種
2006年に初の冠番組『竹山先生。』が1年間放送されます。
2007年3月に21歳の頃から付き合っていた2歳年上の彼女と結婚。
2008年に役者として映画『イエスタデイズ』に出演。同年、単独ライブ『放送禁止』スタート。

ウェブスペルの色が黄色の半ばより俳優としても活動します。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.4.2~ 47 54 2 白い魔法使い 赤い空歩く人
2019.4.2~ 48 159 3 青い嵐 赤い地球
2020.4.2~ 49 4 4 黄色の種 赤い竜
カンニング竹山の現在は、ウェブスペルの色が赤色の前半に当たります。
49才の時はKin4。整理整頓ができる年です。物持ちが良いです。

  • 音4は、内面を掘り下げ、勉強・探究に励みます。人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。
  • 黄色い種は、物事の根本的な原因、本質を最初から納得できるまで追究したくなります。他人の良いところを見つけ開花させるのに向いています。
  • 赤い竜は、物事を誕生させるパワーがあり、叩かれてもめげません。母性愛が強く血のつながりをとても大事にします。

初めての物事が多い。それは天からの贈り物。

カンニング竹山のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の最後付近に福岡吉本第1期生として所属契約を結びます。
青色の始めころにお笑いコンビ「カンニング」を結成します。
黄色の始めの年に『エンタの神様』に出演。炎上させます。
黄色の前半に相方の中島が亡くなりピンで活動します。
黄色の半ばより俳優としても活動します。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

上川隆也
上川隆也(かみかわ たかや)は、日本の俳優。ドラマ『大地の子』の主役に抜擢され以降、テレビドラマや映画にも活動の場を広げるようになります。大河ドラマ『功名が辻』で主役の山内一豊役。

続きを読む


福本豊
福本豊(ふくもと ゆたか)は、元プロ野球選手(外野手)、野球指導者。通算盗塁数およびシーズン盗塁数の日本記録保持者。「世界の福本、世界の盗塁王」の異名を持つ人物。阪急ブレーブス黄金時代の主力として活躍。

続きを読む


柳沢慎吾
柳沢慎吾(やなぎさわ しんご)は、日本のタレント、コメディアン、俳優。『ふぞろいの林檎たち』シリーズなどに出演し俳優としての地位を確立。バラエティ番組では「落ち着きのない」キャラクターを披露。

続きを読む


渡部篤郎
渡部篤郎(わたべ あつろう)は、日本の俳優。デビュー当初は『丹波道場』に所属し日活ロマンポルノにも出演。ドラマ『ストーカー 逃げきれぬ愛』に出演を機に以降数々のドラマに出演。元妻はRICAKO。

続きを読む


石丸幹二
石丸幹二(いしまる かんじ)は、日本の俳優、歌手、司会者。劇団四季に17年在籍。ミュージカルとストレートプレイの両方で看板俳優として活動。退団後は舞台はもとよりテレビドラマや映画、歌手にも進出。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin059)

小倉昌男
小倉昌男(おぐら まさお)は日本の実業家、ヤマト運輸の『クロネコヤマトの宅急便』の生みの親です。

続きを読む


モハメド・アリさんは、アメリカの元プロボクサー、元世界ヘビー級チャンピオン。蝶のように華麗なフットワークと、蜂のように鋭い左ジャブを活用するアウトボクシングをボクシング界に持ち込んだ。

続きを読む


ショーン・コネリーは、イギリス出身の元映画俳優。『007』シリーズの初代ジェームス・ボンドで有名です。2006年に俳優業を引退。

続きを読む


関連記事 (タレント)

安田顕
安田顕(やすだ けん)は、日本の俳優、タレント。愛称は「ヤスケン」。「水曜どうでしょう」の準レギュラー・onちゃんの中の人。2004年以降は俳優として全国区で本格的に活動。

続きを読む


勝俣州和
勝俣州和(かつまた くにかず)は、日本のお笑いタレント、俳優。元アイドルでCHACHAのメンバー。テレビ番組には年中、七分丈ズボンを履いて出演することで知られます。

続きを読む


泉ピン子
泉ピン子(いずみ ピンこ)は、女優、コメディエンヌ、漫談家、歌手。『おしん』の母親役で高く評価される。その後『渡る世間は鬼ばかり』に出演。20年以上に渡りシリーズ化

続きを読む


バカリズム
バカリズムは、日本のお笑いタレント、ナレーター。本名は升野英知(ますの ひでとも)。かつては松下敏宏とコンビでバカリズムしたが松下脱退後も芸名をそのまま使用。近年はテレビ番組のMCとしても活動。

続きを読む


吉村明宏
和田アキ子のモノマネを武器に一躍人気タレントへ。自身初の冠番組を持ちますが、スタッフに上から目線で怒ったりするなどの悪行を繰り返し関係が悪化。『アッコにおまかせ!』を降板後はテレビ出演は激減。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事