1,280 views

キンキン・愛川欽也の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 愛川欽也

記事公開日:2018年07月02日
最終更新日:2020年02月10日

愛川欽也
→ 画像検索はこちら

愛川欽也(あいかわ きんや)は、日本の俳優・声優・タレント・司会者。愛称はキンキン。

妻はタレントのうつみ宮土理。50年以上にわたってテレビ、ラジオ、映画で活躍した人物です。

このページでは愛川欽也の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

愛川欽也の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1934年6月25日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin158です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い鏡 赤い地球 音2
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い犬
互いに学びあう 反対kin 黄色い星
互いに秘かれあう 神秘kin 青い夜
以てるもの同士の類似kin 赤い竜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin103
絶対反対kin kin28

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音2」はパワーが強い人で、衝突するような体験が多い人生を送ります。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。組織の中でも決断を行うキーパーソンとなる役割が多い人です。

「赤い地球」は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。「きづな」を大事する姿勢と、「説得力」がある言葉と、「バランスのいい判断力」を持っているので、まわりから慕われます。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

ひとことでいえばKin158の誕生日占いは、悩みと葛藤をバネに生きれるタイプです。前進したほうが良い。

広告

愛川欽也の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京の巣鴨で生まれ育ちます。
中学の頃に埼玉県に転居。高校時代に演劇にのめり込み、俳優を志ざすようになります。

声優時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1954.6.25~ 20 178 9 白い鏡 白い犬
1962.6.25~ 28 238 4 白い鏡 青い鷲
1963.6.25~ 29 83 5 青い夜 青い嵐
高校を中退し1954年に俳優座養成所(3期生)に入所。
最初の結婚をし1958年に長男、1960年に長女に恵まれます。
1962年にアメリカのテレビドラマ『ルート66』の吹き替えを担当。このドラマは人気番組となります。
1960年代は主に声優としての仕事がメインで、「いなかっぺ大将」のニャンコ先生や「ハクション大魔王」のそれからおじさんなど初期のタツノコプロの作品の声優として出演。

ウェブスペルの色が青色の半ばに声優として活動します。

転機

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1971.6.25~ 37 143 13 青い夜 青い猿
1972.6.25~ 38 248 1 黄色い星 黄色い星
1973.6.25~ 39 93 2 赤い空歩く人 黄色い人
1974.6.25~ 40 198 3 白い鏡 黄色い戦士
1971年に深夜ラジオ「パックインミュージック」のパーソナリティに抜擢。若者を中心に人気となります。
この勢いを借り、テレビ番組やCM出演。1974年より「11PM」の司会を大橋巨泉とともに務めます。

1972年より「うつみ宮土理」と一緒に仕事をします。

ウェブスペルの色が黄色に変わったころに転機が訪れ司会業に進出します。

トラック野郎

1975年に映画「トラック野郎」の企画を自ら持ち込み「菅原文太」の相棒・やもめのジョナサン役を演じます。
「トラック野郎」は大ヒットし1979年までに10作品作られ東映のドル箱シリーズとなります。

1975年より「シャボン玉こんにちは」の司会を「うつみ宮土理」と共演し親交を深めます。
1978年に前妻と離婚、翌日に「うつみ宮土理」と再婚します。

ウェブスペルの色が黄色の前半に映画「トラック野郎」の企画を持ち込み自らも出演。大ヒットします。
黄色の半ばに「うつみ宮土理」と再婚します。

なるほど!ザ・ワールド

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1975.6.25~ 41 43 4 青い夜 黄色い太陽
1976.6.25~ 42 148 5 黄色い星 黄色の種
1977.6.25~ 43 253 6 赤い空歩く人 黄色い星
1978.6.25~ 44 98 7 白い鏡 黄色い人
1979.6.25~ 45 203 8 青い夜 黄色い戦士
期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1981.6.25~ 47 153 10 赤い空歩く人 黄色の種
1982.6.25~ 48 258 11 白い鏡 黄色い星
1983.6.25~ 49 103 12 青い夜 黄色い人
1981年より「なるほど!ザ・ワールド」の司会に抜擢。楠田枝里子と共につとめます。
番組は大ヒット。1996年まで放送されます。
同年より不定期放送の『土曜ワイド劇場 西村京太郎トラベルミステリー』の亀井刑事役を行います。

ウェブスペルの色が黄色の後半より「なるほど!ザ・ワールド」の司会を務め番組は大ヒットします。

出没!アド街ック天国

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.6.25~ 61 63 11 青い夜 赤い空歩く人
1996.6.25~ 62 168 12 黄色い星 赤い地球
1997.6.25~ 63 13 13 赤い空歩く人 赤い竜
1995年より『出没!アド街ック天国』の司会を担当。
この年より『土曜ワイド劇場 西村京太郎トラベルミステリー』と同じ時間に愛川欽也が見られるようになります。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近より『出没!アド街ック天国』の司会を担当

劇団キンキン塾

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.6.25~ 66 68 3 黄色い星 白い世界の橋渡し
2009.6.25~ 75 233 12 赤い空歩く人 白い風
2000年に「劇団キンキン塾」を結成。
2009年に私財を投じて小劇場「キンケロ・シアター」を東京都目黒区青葉台にオープン。劇団キンキン塾の活動拠点となった。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に私財を投じて小劇場「キンケロ・シアター」をオープンさせます。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2013.6.25~ 79 133 3 赤い空歩く人 青い猿
2014.6.25~ 80 238 4 白い鏡 青い鷲
2014年に『出没!アド街ック天国』の司会で「世界最高齢の情報番組司会者」としてギネス世界記録に認定。
『出没!アド街ック天国』の放送1000回目となる2015年3月7日放送分で急遽降板。
「放送1000回を機に、愛川さんはバカンス中です。」と説明されます。

2015年4月15日、肺がんのため東京都内の自宅で死去。2014年冬に肺がんが見つかり最後まで仕事復帰する可能性に懸け病状を伏せていたという。

ウェブスペルの色が青色の前半に亡くなりました。

愛川欽也のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の半ばに声優として活動します。
黄色に変わったころに転機が訪れ司会業に進出します。
黄色の前半に映画「トラック野郎」の企画を持ち込み自らも出演。大ヒットします。
黄色の半ばに「うつみ宮土理」と再婚します。
黄色の後半より「なるほど!ザ・ワールド」の司会を務め番組は大ヒットします。
赤色の最後付近より『出没!アド街ック天国』の司会を担当
白色の最後付近に私財を投じて小劇場「キンケロ・シアター」をオープンさせます。
2度目の青色の前半に亡くなりました。

過去に3つのレストランを経営。倒産し多額の債務を背負ったがその後完済したそうです。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

キムラ緑子
キムラ緑子(キムラ みどりこ)は、日本の女優。長く劇団M.O.P.の看板女優として活躍。2000年頃からテレビにも進出。朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』でヒロインの義姉・西門和枝役を演じて一躍注目を集めます。

続きを読む


角田光代
角田光代(かくた みつよ)は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家。読みやすい文体で家族や恋愛をテーマにした作品を発表し若い女性から支持を得ます。『対岸の彼女』で直木賞を受賞。

続きを読む


森口瑤子
森口瑤子(もりぐち ようこ)は、日本の女優。夫は脚本家の坂元裕二。「ミス松竹」に選出され『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』で映画デビュー。鈴木杏樹の次となる相棒の3代目女将に起用。

続きを読む


岩田聡
岩田聡(いわた さとる)は、日本のゲームクリエイター。任天堂の4代目社長で、HAL研究所社長なども歴任。プログラマーとして数々の逸話を持つ人物。

続きを読む


山田花子
山田花子(やまだ はなこ)は、日本のお笑いタレント、コメディアン。中学時代からタレントとして活動。「笑っていいとも!」などにレギュラー出演し全国区で活動。結婚後、大阪に拠点を戻し吉本新喜劇の座員として復帰。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin158)

由美かおる
由美かおる(ゆみ かおる)は日本の女優。長く人気時代劇『水戸黄門』に「かげろうお銀」役でレギュラー出演。番組の中で披露される入浴シーンは名物となった。

続きを読む


なぎら健壱
なぎら健壱(なぎら けんいち)は、フォークシンガー、俳優、タレント、漫談家、エッセイスト。フォークシンガーとしてデビュー。以降、バラエティ番組にタレントとして活動。俳優としても活動し映画、テレビに出演。

続きを読む


桂歌丸
桂歌丸(かつら うたまる)は、日本の落語家。『笑点』の放送開始から出演、およそ50年笑点のメンバーとして活躍。2006年より10年間は『笑点』の5代目司会者を務めました。

続きを読む


関連記事 (タレント)

いとうまい子
いとうまい子(いとう まいこ)は、日本の女優、タレント、元アイドル歌手。ミスマガジンコンテストで初代グランプリを受賞。ドラマ『不良少女とよばれて』でヒロイン・曽我笙子役を演じ高視聴率を記録。

続きを読む


清水ミチコ
清水ミチコ(しみず ミチコ)は、日本のタレント、ナレーター、女優。「ものまねの女王」と称えられバラエティー番組で頻繁に披露。実写版ドラマ「ちびまる子ちゃん」では、まる子の母役で出演。

続きを読む


温水洋一
温水洋一(ぬくみず よういち)は、日本の俳優、タレント。愛称は「ぬっくん」。もともとは舞台俳優。演劇活動と並行してドラマ・バラエティ番組し広く知られる存在。名わき役として有名です。

続きを読む


関連記事 (司会者)

中山秀征
中山秀征はABブラザーズで人気を博したあと、『DAISUKI!』や『ウチくる!?』にレギュラー出演。2004年から『ラジかる!!』のメイン司会を担当。昼の帯番組を持ちます。

続きを読む


小倉智昭
小倉智昭(おぐら ともあき)は、日本のフリーアナウンサー、タレント、司会者、ラジオパーソナリティ。1999年4月にスタートした『情報プレゼンター とくダネ!』で、司会者としての地位を確実なものにした

続きを読む


伊東四朗
伊東四朗(いとう しろう)は、コメディアン、俳優、タレント、司会者。てんぷくトリオとして人気を得ます。その後、小松政夫との共演でブームを起こします。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事