26,077 views

スケート選手「羽生結弦」の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 羽生結弦

記事公開日:2016年11月03日
最終更新日:2022年07月19日

羽生結弦
出典:wikipedia.org

羽生結弦(はにゅう ゆづる)は仙台市出身のフィギュアスケート選手。

主な戦績として2018年のピョンチャンオリンピック男子シングル優勝。2014年ソチオリンピック男子シングル優勝。2014年世界選手権優勝。
グランプリファイナル4連覇(2013年-2016年)。全日本選手権4連覇(2012年-2015年)。
史上初めてショートプログラムで100点、フリースケーティングで200点、トータルスコアで300点超えを達成した男子選手です。
2018年7月に国民栄誉賞を授与。23歳での受賞は個人最年少。
2022年7月にアマチュアから引退しプロへ転向。

このページでは、羽生結弦(はにゅう ゆづる)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

羽生結弦(はにゅう ゆづる)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1994年12月7日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin123です。

太陽の紋章(健在意識)ウェブスペル(潜在意識)銀河の音
青い夜白い鏡音6
ガイドをしてしてくれる ガイドkin青い夜
互いに学びあう 反対kin赤い空歩く人
互いに秘かれあう 神秘kin白い鏡
以てるもの同士の類似kin黄色い戦士
鏡の向こうのもう一人の自分kin138
絶対反対kinkin253

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音6」は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないマイペースさんです。自分の世界を大事にするように、相手の世界も大事にしようと思う人です。束縛されることを嫌います。冷静沈着で危機的状況や連携が必要なときには、存在感が増します。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

「青い夜」は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、寝なくってもご飯を食べなくてもどんなことでもやれる人です。自分を理解してくれる人は囲い込み、よく面倒を見る反面、好き嫌いもはっきりしてます。嫌いなものは嫌い。と厳しい面も。

ひとことでいえばKin123の誕生日占いは、マイペース、鉄の意志、信念の強さを持っているタイプです。見極めがつかないことはこれから伸びる可能性あり。

広告

羽生結弦(はにゅう ゆづる)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

2歳の頃から喘息(ぜんそく)の持病があった。スケートを始めた目的のひとつは、喘息を克服することだった。
移動時や練習時にマスクを着用することで心肺機能を上げるなどの対策を続け、改善されつつある。
羽生結弦選手が愛用しているPM2.5対策マスク「ピッタリッチ」が大人気のようです。
1998年の長野五輪フィギュアスケート競技では、日本代表7人中4人が長久保裕コーチの教え子だった。
長久保裕はこのころ仙台市の「泉DLLアカデミー」のコーチだった。仙台ではフィギュアスケートブームが起った。

天才スケート少年

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
1998.12.7~42310青い夜白い魔法使い
1999.12.7~512811黄色い星白い鏡
2006.12.7~12835青い夜青い嵐
2007.12.7~131886黄色い星青い夜

1998年 4歳の時にスケートを始める。
2006年 11歳の時に地元のテレビで「天才スケート少年」として羽生の特集が組まれる。
2007年 中学1年ながら全日本ジュニア選手権で3位。

ウェブスペルの色が白色の最後付近からスケートを開始します。
青色の半ばには「天才スケート少年」として注目を集めます。

東日本大震災

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
2008.12.7~14337赤い空歩く人青い手
2009.12.7~151388白い鏡青い猿
2010.12.7~162439青い夜青い鷲

2008年 全日本ジュニア選手権で初優勝。全日本選手権で8位。世界ジュニア選手権で12位。
2009年 全日本ジュニア選手権で2連覇。全日本選手権で6位。世界ジュニア選手権で優勝。
2010年 全日本選手権で4位。四大陸選手権で初出場で2位。

2011年3月11日。東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が発生。
地震発生時には仙台市のアイスリンク仙台で競技の練習中だった。アイスリンク仙台は被災し営業停止。
自宅も大きな被害を受けたため避難所で4日間過ごした。
その後、復興支援の目的としアイスショーへ多数出演した。
2011年7月にアイスリンク仙台が営業再開し羽生は拠点を仙台に戻した。

ウェブスペルの色が青色の後半に四大陸選手権で初出場で2位。次の年に東日本大震災で被災。復興支援の目的としアイスショーへ多数出演した。

ソチオリンピックで金メダル

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
2011.12.7~178810黄色い星青い嵐
2012.12.7~1819311赤い空歩く人青い夜
2013.12.7~193812白い鏡青い手

2011年 全日本選手権で3位。世界選手権で3位。
2012年 全日本選手権で初優勝。世界選手権で4位。GPファイナルで2位。早稲田大学に進学。
2013年 全日本選手権で2連覇。GPファイナルで歴代最高得点を更新し優勝。
2014年 2月。ソチオリンピックで金メダル。日本選手で過去冬季五輪の金メダリストは記念すべき10人目となった。

表彰式のインタビューで東日本大震災についての質問を受け、「金メダルをとったからといって、復興に直接つながるわけではない。自分には何もできていないんだという無力感がある。でも、金メダリストになれたからこそ、これをスタートとして、復興のためにできることがあるんじゃないかと今は思っています。」と回答し、故郷への感謝を述べた。

2014年 3月。世界選手権で初優勝

ウェブスペルの色が青色の最期付近にソチオリンピックで金メダルを獲ります。

前人未到のスコア

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
2014.12.7~2014313青い夜青い猿
2015.12.7~212481黄色い星黄色い星

2014年 全日本選手権で3連覇。GPファイナルで2連覇。

練習中に中国選手と衝突事故が起き、包帯を施したままの状態で演技に臨んだ。
最下位でGPファイナルへと進むが2種類の4回転を成功させ自己ベストを更新。
事故を乗り越えてのGPファイナルで2連覇となった。

2015年 全日本選手権で4連覇。GPファイナルで3連覇。

NHK杯でトータルスコアが322.40点を記録。
それまでパトリック・チャンが保持していた295.27点の世界歴代最高得点。
これを大幅に塗り替える前人未到のスコアで優勝を果たした。
全日本選手権で4連覇は男子史上29年ぶりの記録となる

ウェブスペルの色が青色の最後の年に衝突事故を乗り越えGPファイナルで2連覇達成。
黄色の始めの年に前人未到のスコア322.40点を記録します。

平昌オリンピック金メダル・国民栄誉賞

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
2016.12.7~22932赤い空歩く人黄色い人
2017.12.7~231983白い鏡黄色い戦士
2018.12.7~24434青い夜黄色い太陽
2018年2月の平昌オリンピックで金メダル獲得。オリンピック2連覇を果たした。
2018年7月に国民栄誉賞を授与。

ウェブスペルの色が黄色の前半にオリンピック2連覇。国民栄誉賞を授与。

プロへ転向

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
2021.12.7~27987白い鏡黄色い人
2022年2月に北京オリンピックに出場。結果は総合4位。
7月にプロへ転向。

ウェブスペルの色が黄色の半ばにプロへの転向を発表。

そして現在

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
2021.12.7~27987白い鏡黄色い人
2022.12.7~282038青い夜黄色い戦士
2023.12.7~29489黄色い星黄色い太陽
羽生結弦の現在は、ウェブスペルの色が黄色の半ばに当たります。
27才の時はKin98。自分の世界観をしっかり持っている年です。甘えない自立した人です。

  • 音7は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすいです。
  • 白い鏡は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をします。
  • 黄色い人は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫きます。

即断即決。あらゆるものを加速させる。

羽生結弦(はにゅう ゆづる)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の最後付近からスケートを始めます。
青色の半ばには「天才スケート少年」として注目を集めます。
青色の後半に四大陸選手権で初出場で2位。次の年に東日本大震災で被災。復興支援の目的としアイスショーへ多数出演した。
青色の最期付近にソチオリンピックで金メダルを獲ります。
青色の最後の年に衝突事故を乗り越えGPファイナルで2連覇達成
黄色の始めの年に前人未到のスコア322.40点を記録します。
黄色の前半に平昌オリンピックで金メダル。国民栄誉賞を授与。
黄色の半ばにプロへの転向を発表。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

キャリー・マリス
キャリー・マリスは、アメリカの生化学者。ポリメラーゼ連鎖反応 (PCR) 法の開発で知られ、その功績によりノーベル化学賞を受賞。サーフィン好きで、かつてLSDやマリファナを使用していたことを公言するなど、奇行も多い人物。

続きを読む


Ado(アド)
Ado(アド)は、日本の女性歌手。「うっせぇわ」でメジャーデビュー。「うっせぇわ」は「新語・流行語大賞」の年間トップテンに選出。映画『ONE PIECE FILM RED』でウタの歌唱キャストを担当。

続きを読む


藤原さくら
藤原さくら(ふじわら さくら)は、日本のシンガーソングライター、俳優。父の影響からギターを始めます。スカウトされ芸能事務所アミューズと育成契約。その後、メジャーデビュー、女優デビュー、自身初の他ミュージシャンへの楽曲提供。

続きを読む


西野七瀬
西野七瀬(にしの ななせ)は、日本の女優、ファッションモデル、タレント。乃木坂46の元メンバー。乃木坂46ではグループ最多となる7度センターに抜擢。ソロ写真集『風を着替えて』は発行部数20万部を突破。auのCM「意識高すぎ!高杉くん」で貯杉先生として登場。

続きを読む


滝沢沙織
滝沢沙織(たきざわ さおり)は、日本の女優。ユニチカ水着キャンペーンガールに選出されデビュー。モデルとして活動後女優に転身。連続テレビドラマに23クール連続でレギュラー出演した記録を持ちます。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin123)

中嶋朋子
中嶋朋子(なかじま ともこ)は、日本の女優、ナレーター、エッセイスト。『北の国から』で黒板蛍役。兄役の吉岡秀隆とともに人気を博します。20才を機にセクシー路線に転向した時期もありました。40才になり重厚な語り口の朗読活動にシフト。

続きを読む


葵わかな
葵わかな(あおい わかな)は日本の女優。2017年度下半期放送の連続テレビ小説『わろてんか』のヒロイン・藤岡てん役を演じた人物です。

続きを読む


鈴木敏夫
鈴木敏夫(すずき としお)は、日本の映画プロデューサー、編集者。徳間書店に入社。その後スタジオジブリに移籍。『魔女の宅急便』で日本テレビと提携しヒット。以降スタジオジブリの映画プロデューサーとして活躍。

続きを読む


渡辺直美
渡辺直美(わたなべ なおみ)は、日本の女性歌手、ピン芸人、お笑いタレント、女優。デビュー当初、ビヨンセのダンスのモノマネで「和製ビヨンセ」と呼ばれていました。

続きを読む


倉木麻衣
倉木麻衣(くらき まい)は、日本の女性歌手。デビューシングルはプロモーションのTV出演もなく、タイアップもないにも関わらずの大ヒット。1stアルバムは売上350万枚となる快挙。トータルCDセールスは2000万枚以上。

続きを読む


関連記事 (アスリート)

水谷隼、丹羽孝希、吉村真晴
リオデジャネイロ五輪で男子卓球団体で銀メダルを取った水谷隼、丹羽孝希、吉村真晴。3名の生年月日から求めた誕生日占いと相性占いを行います。リオ五輪と次回開催の東京五輪のころの個人Kin年表も診断します。

続きを読む


三浦雄一郎
三浦雄一郎はプロスキーヤー及び登山家。富士山やエベレストからのスキー滑降。1985年に世界七大陸最高峰からのスキー滑降。2003年にエベレストに世界最高齢で登頂します。

続きを読む


三宅宏実、八木かなえ、安藤美希子、松本潮霞
2016年リオデジャネイロ五輪で重量挙げ女子に内定している三宅宏実、八木かなえ、安藤美希子、松本潮霞の4名の生年月日から求めた誕生日占いと相性占いを行います。

続きを読む


佐々木悟、北島寿典、石川末廣
2016年リオデジャネイロオリンピックで男子マラソンに内定している佐々木悟、北島寿典、石川末廣の3名の生年月日から求めた誕生日占いと相性占いを行います。

続きを読む


中山雅史
中山雅史(なかやま まさし)は、サッカー選手、サッカー解説者。ゴン中山の愛称で知られます。Jリーグの黎明期から活躍。日本代表として数々の記録を残した炎のストライカー。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ