889 views

スラムダンク・井上雄彦の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 井上雄彦

記事公開日:2018年08月02日
最終更新日:2019年05月27日

井上雄彦
→ 画像検索はこちら

井上雄彦(いのうえ たけひこ)は、日本の漫画家。

代表作に『SLAM DUNK』『バガボンド』『リアル』など。スポーツや闘いを通じて青年の成長を描く作品が多いのが特徴。

特に『SLAM DUNK』は空前の大ヒットとなりました。

このページでは、井上雄彦の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

井上雄彦の誕生日占い

生年月日:1967年1月12日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin79です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い嵐 青い嵐 音1
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い嵐
互いに学びあう 反対kin 赤い月
互いに秘かれあう 神秘kin 白い風
以てるもの同士の類似kin 黄色い太陽
鏡の向こうのもう一人の自分 kin182
絶対反対kin kin209

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音1」は太陽の紋章とウェブスペルが一緒です。迷いのない決断力のある人で、人の先頭に立って決断をする即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。色々なものが引き寄せられてきます。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

ひとことでいえばKin79の誕生日占いは、パワフルに働くタイプです。人格者も多いです。理解者を求めています。まとまりの欠けるところに運動と興味が集中する。

広告

井上雄彦の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

鹿児島県で生まれ育ちます。
小学・中学時代は剣道部に所属。高校ではバスケットボール部に入部し主将を務めます。
子供のころから絵を描くのが好きで高校卒業するころに漫画家になるのを意識します。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1986.1.12~ 19 254 7 白い魔法使い 黄色い星
1987.1.12~ 20 99 8 青い嵐 黄色い人
1988.1.12~ 21 204 9 黄色の種 黄色い戦士
大学は熊本大学に進学。
20才の時に週刊少年ジャンプに投稿した作品が編集者・中村泰造の目に止まります。
本格的に漫画家を目指し大学を中退し上京。当時『シティハンター』を連載していた北条司のアシスタントを10カ月ほど務め漫画製作を学びます。
1988年に第35回手塚賞に入選し漫画家としてデビューします。

ウェブスペルの色が黄色の後半に手塚賞に入選し漫画家デビューします。

SLAM DUNK

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1989.1.12~ 22 49 10 赤い月 黄色い太陽
1990.1.12~ 23 154 11 白い魔法使い 黄色の種
1993.1.12~ 26 209 1 赤い月 赤い月
1989年に『週刊少年ジャンプ』にて「カメレオンジェイル」を連載。
1990年より『週刊少年ジャンプ』にて「SLAM DUNK」を連載。1996年まで
1993年より「SLAM DUNK」はテレビアニメ化され空前の大ヒットになります。

漫画家を目指すようになり、とにかくバスケットを描こうと決めていました。
「SLAM DUNK」の日本におけるバスケットボールブームの火付け役となり、累計単行本発行部数は1億2000万部を突破。
週刊少年ジャンプで歴代最高部数653万部を達成した1995年3-4号で巻頭オールカラーを飾り、最終回でも表紙と巻頭カラーの両方を飾りました。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に「SLAM DUNK」の連載開始
赤色の始めの年に「SLAM DUNK」はテレビアニメ化され空前の大ヒットになります。

バガボンド・リアル

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1996.1.12~ 29 4 4 黄色の種 赤い竜
1997.1.12~ 30 109 5 赤い月 赤い蛇
1998.1.12~ 31 214 6 白い魔法使い 赤い月
1999.1.12~ 32 59 7 青い嵐 赤い空歩く人
1998年に「SLAM DUNK」の連載およびテレビアニメが終了。
1998年に『モーニング』(講談社の週刊誌)で「バガボンド」の連載開始。
「バガボンド」は吉川英治の小説「宮本武蔵」を原作とした作品。単行本は現在37巻まで刊行。

1999年に『週刊ヤングジャンプ』(集英社の青年紙)で「リアル」の連載開始。
「リアル」は車椅子バスケットボールを題材とした作品。単行本は現在14巻まで刊行。

ウェブスペルの色が赤色の前半に「SLAM DUNK」の連載およびテレビアニメが終了
赤色の半ばから「バガボンド」「リアル」の連載が開始されます。

井上雄彦 最後のマンガ展

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.1.12~ 33 164 8 黄色の種 赤い地球
2001.1.12~ 34 9 9 赤い月 赤い竜
2002.1.12~ 35 114 10 白い魔法使い 赤い蛇
「バガボンド」で2000年に文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、2002年に手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞。
「リアル」で2001年に文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。

ウェブスペルの色が赤色の後半に「バガボンド」「リアル」で様々な賞を受賞します。

井上雄彦 最後のマンガ展

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.1.12~ 39 14 1 白い魔法使い 白い魔法使い
2008.1.12~ 41 224 3 黄色の種 白い風
2009.1.12~ 42 69 4 赤い月 白い世界の橋渡し
2010.1.12~ 43 174 5 白い魔法使い 白い犬
2006年に文化庁によるアンケート企画「日本のメディア芸術100選」において「SLAM DUNK」はマンガ部門1位を獲得。

2008年から2010年まで東京・熊本・大阪・仙台を巡回し、自ら「最後」と銘打った「井上雄彦 最後のマンガ展」が開催されます。

ウェブスペルの色が白色の始めの年に「SLAM DUNK」は「日本のメディア芸術100選」マンガ部門1位を獲得
白色の前半に「井上雄彦 最後のマンガ展」が開催されました。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.1.12~ 51 234 13 白い魔法使い 白い風
2019.1.12~ 52 79 1 青い嵐 青い嵐
2020.1.12~ 53 184 2 黄色の種 青い夜
井上雄彦の現在は、ウェブスペルの色が青色の変わったタイミングに当たります。
52才の時はKin79。パワフルに働く年です。人格者も多いです。理解者を求めています。

  • 音1は、迷いのない決断力のあり即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。
  • 青い嵐は、変化のエネルギーが強く、周りに影響を与え、まわりを巻き込みます。状況を変化させ、変化を恐れず、のめりこみます。

まとまりの欠けるところに運動と興味が集中する。

井上雄彦のまとめ

ウェブスペルの色でまとめてみますと

黄色の後半に手塚賞に入選し漫画家デビューします。
黄色の最後付近に「SLAM DUNK」の連載開始
赤色の始めの年に「SLAM DUNK」はテレビアニメ化され空前の大ヒットになります。
赤色の前半に「SLAM DUNK」の連載およびテレビアニメが終了
赤色の半ばから「バガボンド」「リアル」の連載が開始されます。
赤色の後半に「バガボンド」「リアル」で様々な賞を受賞します。
白色の始めの年に「SLAM DUNK」は「日本のメディア芸術100選」マンガ部門1位を獲得
白色の前半に「井上雄彦 最後のマンガ展」が開催されました。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

石原良純
石原良純(いしはら よしずみ)は、日本の俳優、タレント、司会者、気象予報士。愛称は「まゆ毛」「よっちゃん」「ずみさん」。父は元東京都知事の石原慎太郎。叔父は石原裕次郎。

続きを読む


勝新太郎
勝新太郎(かつ しんたろう)は、日本の俳優・歌手。妻は中村玉緒。映画俳優として活躍後に「勝プロダクション」を設立し、劇場用映画やテレビ作品などの製作にも携わった。

続きを読む


吉村明宏
和田アキ子のモノマネを武器に一躍人気タレントへ。自身初の冠番組を持ちますが、スタッフに上から目線で怒ったりするなどの悪行を繰り返し関係が悪化。『アッコにおまかせ!』を降板後はテレビ出演は激減。

続きを読む


生島ヒロシ
生島ヒロシ(いくしま ひろし)は、日本のアナウンサー、タレント。元TBSアナウンサー。TBSラジオで『生島ヒロシのおはよう定食』と『生島ヒロシのおはよう一直線』を担当。20年以上続けています。

続きを読む


鈴木杏樹
鈴木杏樹(すずき あんじゅ)は、日本の女優、司会者。女優として司会者として長く活躍。特に『ミュージックフェア』では20年に渡り司会を担当。一時期CM14本に出演しCMの女王の異名をとったこともあります。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin079)

江崎グリコ
江崎利一(えざき りいち)は、日本の実業家。江崎グリコの創業者。カキの煮汁からグリコーゲンを採取し、キャラメルの中に入れた栄養菓子「グリコ」を製作。

続きを読む


成宮寛貴
成宮寛貴(なりみや ひろき)は俳優。宮本亜門の舞台で俳優デビュー。ドラマ『ごくせん』や『ブラッディ・マンデイ』などで知られる存在となります。ドラマ『相棒』では甲斐享役で出演。大人気となります。

続きを読む


設楽悠太
設楽悠太(したら ゆうた)は、日本の陸上競技選手です。双子のランナーで有名で共に東洋大学より出場し黄金時代を築き、その後Hondaに所属。2018年2月25日に東京マラソン2018で日本記録を更新

続きを読む


青山剛昌
青山剛昌(あおやま ごうしょう)は、日本の漫画家。「名探偵コナン」「YAIBA」の作者で知られています。特に「名探偵コナン」はアニメ化、映画化され、現在も続く人気作です。

続きを読む


岡田卓也
岡田卓也(おかだ たくや)は、日本の実業家。「イオン」の創業者。三重県四日市市の老舗呉服商の岡田屋をスーパー「ジャスコ」に業態転換。次男は民進党の岡田克也。

続きを読む


関連記事 (漫画家)

スタン・リー
スタン・リーは、アメリカの漫画家。「スパイダーマン」や「X-メン」といったスーパーヒーローの生みの親です。また、数十年にわたり発行人としてマーベル・コミックを率いた人物です。

続きを読む


水木しげる
水木しげるさんは妖怪漫画の第一人者の漫画家です。「ゲゲゲの鬼太郎」はテレビアニメで第5シリーズまで放送された人気番組です。

続きを読む


梶原一騎
梶原一騎(かじわら いっき)は、日本の漫画原作者、小説家、映画プロデューサー。『巨人の星』の原作者として名声を上げ、「スポ根」分野を確立した。

続きを読む


藤子不二雄
藤子不二雄は漫画家で、藤本弘と安孫子素雄の共同ペンネーム。1951年にコンビを結成。1954年から、コンビを解消する1987年まで使用。コンビ結成時から長らく2人で話を考え絵を描いていました。

続きを読む


ゆでたまご
ゆでたまごは、漫画家ユニット。嶋田隆司と中井義則の合同ペンネーム。デビュー作『キン肉マン』は1980年代に大ヒットします。1998年にキン肉マンII世が連載され2度目のヒットとなります。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事