1,070 views

タレント・池畑慎之介の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 池畑慎之介

記事公開日:2018年12月23日
最終更新日:2020年09月20日

池畑慎之介
→ 画像検索はこちら

ピーターこと池畑慎之介(いけはた しんのすけ)は、日本の歌手、俳優、タレント。

役者を行うときは池畑慎之介、バラエティー番組の時はピーターと名前を使い分けています。
2018年いっぱいでピーターを卒業し池畑慎之介に統一。

このページでは、池畑慎之介(いけはた しんのすけ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

池畑慎之介の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1952年8月8日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin12です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い人 赤い竜 音12
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い種
互いに学びあう 反対kin 白い風
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い月
以てるもの同士の類似kin 青い手
鏡の向こうのもう一人の自分 kin249
絶対反対kin kin142

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音12」は、人当りのよい雰囲気を持っていますので、人から相談されたり、頼られたり、話を聞いてくれそうな雰囲気のため、自然と人が寄ってきます。組織や集団の中で「相談役」になることが多い人です。 解決をしていく上でキーパーソンになり、問題解決能力に長けています。好き嫌いが激しく、さみしがり屋さんで依存心・依託心を持つ一面があります。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

「黄色い人」は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。

ひとことでいえばKin12の誕生日占いは、相手の気持ちを尊重すると自分の能力が磨かれるタイプです。偶然の出会いを生かすことで日常が新鮮になります。

広告

池畑慎之介の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

大阪で生まれます。
父は人間国宝の吉村雄輝。上方舞吉村流四世家元です。この家の長男として誕生します。

初舞台

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1955.8.8~ 3 67 2 青い手 白い世界の橋渡し
1957.8.8~ 5 17 4 赤い地球 白い魔法使い
1959.8.8~ 7 227 6 青い手 白い風
1960.8.8~ 8 72 7 黄色い人 白い世界の橋渡し
3歳の時に初舞台を踏みます。父より後継ぎとして厳しく仕込まれます。
5歳の時に両親が離婚。母についていきます。
小学2年の時に母の実家の鹿児島で移ります。

ウェブスペルの色が白色の始めころに初舞台を踏みます。
白色の前半に両親は離婚、白色の半ばに鹿児島へ引っ越しします。

家出

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1964.8.8~ 12 232 11 黄色い人 白い風
1965.8.8~ 13 77 12 赤い地球 白い世界の橋渡し
1966.8.8~ 14 182 13 白い風 白い犬
母を喜ばせたく必死に勉強し名門の鹿児島ラサール中学に入学。
しかし寮生活に耐えきれず普通中学校に編入。中学3年の時に家出し大阪を経由して東京へ向かいます。
表参道のゴーゴークラブで年齢を詐称し働き始めますが、父の関係者に発見され、たまたま歌舞伎座に出演していた父に知らされ実家に連れ戻されます。
このことをきっかけに両親は復縁。

ウェブスペルの色が白色の最後の年に家出します。このことをきっかけに両親は復縁。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1967.8.8~ 15 27 1 青い手 青い手
1968.8.8~ 16 132 2 黄色い人 青い猿
1969.8.8~ 17 237 3 赤い地球 青い鷲
高校1年の時に再び家出し上京。六本木のゴーゴークラブで、男の子か女の子か分からない美少年ということから「ピーター・パン」と呼ばれ、これが芸名「ピーター」の由来です。
1969年に六本木で「主役の美少年にぴったり」とスカウトされ俳優デビュー。当時のキャッチフレーズは「アポロが月から連れてきた少年」でした。
同年、歌手としてもデビュー。デビュー曲「夜と朝のあいだに」は『第11回日本レコード大賞』で最優秀新人賞を受賞。一躍アイドルスターになります。

ウェブスペルの色が青色の前半に俳優、歌手デビュー。一躍アイドルスターになります。

女優の仁科亜季子はピーターの幼なじみであり初恋の人です。
結婚を考えていましたが、仁科亜季子は1972年に芸能界入りし、ピーターは独身を貫きます。
一方、仁科亜季子は1979年に俳優の松方弘樹と結婚を機に芸能界引退。離婚を機に1999年春に芸能界へと復帰。

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1985.8.8~ 33 97 6 赤い地球 黄色い人
1986.8.8~ 34 202 7 白い風 黄色い戦士
1987.8.8~ 35 47 8 青い手 黄色い太陽
その後も数々映画に出演する一方で歌手としての活動も続けます。

1985年に黒澤明監督の『乱』に出演。重要な狂言師役に抜擢された頃から役者として厚みが増すようになります。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに映画『乱』で重要な狂言師役に抜擢された頃から役者として厚みが増すようになります。

吉村流と決別

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.8.8~ 46 162 6 白い風 赤い地球
2002.8.8~ 50 62 10 白い風 赤い空歩く人
ピーターは父の吉村流の例会にもきちんと出席。長らく「吉村雄秀(ゆうひで)」の名取でもありました。
父は晩年「慎之介をどうかよろしく」と家元継承を匂わせる発言。
1998年に父が死去すると自ら「雄秀」を返上して吉村流と決別。家元は実力のある内弟子が継ぐという流派の伝統を守らせます。
父の死を機に母と同居。その母も2002年に亡くなります。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに父が亡くなり、吉村流と決別。母と同居を始めます。
赤色の後半に母も亡くなります。

テレビに頻繁に出演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.8.8~ 54 222 1 白い風 白い風
2007.8.8~ 55 67 2 青い手 白い世界の橋渡し
2008.8.8~ 56 172 3 黄色い人 白い犬
2006年からテレビに頻繁に出演するようになります。
特に「愛のエプロン」では料理の腕を振る舞い、優勝するほど活躍。以降、料理番組に多数出演するようになります。
また、CMやバラエティにも出演し、年齢と性別を超越した活動を行います。

ウェブスペルの色が白色の始めの年からテレビに頻繁に出演するようになります。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.8.8~ 66 182 13 白い風 白い犬
2019.8.8~ 67 27 1 青い手 青い手
2020.8.8~ 68 132 2 黄色い人 青い猿
池畑慎之介の現在は、ウェブスペルの色が青色の始まり付近に当たります。
68才の時はKin132。平凡を嫌い極端に憧れる面のある年です。

  • 音2は、パワーが強く衝突するような体験が多いです。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。
  • 黄色い人は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫きます。
  • 青い猿は、小さなことでも楽しみや喜び・満足を見いだせ、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

池畑慎之介のまとめ

個人Kin年票のウェブスペルで流れを見てみると

白色の始めころに初舞台を踏みます。
白色の前半に両親は離婚、白色の半ばに鹿児島へ引っ越しします。
白色の最後の年に家出します。このことをきっかけに両親は復縁。
青色の前半に俳優、歌手デビュー。一躍アイドルスターになります。
黄色の半ばに映画『乱』で重要な狂言師役に抜擢された頃から役者として厚みが増すようになります。
赤色の半ばに父が亡くなり、吉村流と決別。母と同居を始めます。
赤色の後半に母も亡くなります。
2度目の白色の始めの年からテレビに頻繁に出演するようになります。

2018年5月に同年いっぱいで「ピーター」の名前を卒業し、本名の「池畑慎之介」で統一することを発表。
2019年からは1年から2年の休養を取り、充電期間をとっています。

参考文献

池畑慎之介(Wiki)

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

檀ふみ
檀ふみ(だん ふみ)は、日本の女優、司会者、エッセイスト。クイズ番組『連想ゲーム』で紅組レギュラー。女優として清純派女優として活躍。父は作家の檀一雄。阿川佐和子との共著で講談社エッセイ賞を受賞。

続きを読む


ダレノガレ明美
ダレノガレ明美(ダレノガレ あけみ)、ブラジル生まれの日本の女性ファッションモデル、タレント。『JJ』でモデルデビュー。すぐにキャラが話題になり、様々なバラエティ番組などに引っ張りだこ。

続きを読む


森七菜
森七菜(もり なな)、日本の女優。大分県出身。スカウトを受け芸能界入り。劇場版アニメ『天気の子』のヒロイン・天野陽菜役。朝の連続テレビ小説『エール』でヒロインの妹役。

続きを読む


ホラン千秋
ホラン千秋(ホラン ちあき)、日本のタレント、キャスター、女優。『魔法戦隊マジレンジャー』で女優デビュー。髪をショートカットにしてからキャスターやバラエティ番組の仕事が次々と入るようになります。

続きを読む


豊川悦司
豊川悦司(とよかわ えつし)は、日本の俳優。舞台俳優を経て映画、テレビドラマなどの映像作品に出演。ドラマ『愛していると言ってくれ』で常盤貴子とW主演。最高視聴率28.1%を記録。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin012)

丸山桂里奈
丸山桂里奈(まるやま かりな)は、日本の元サッカー選手、タレント。サッカー選手として日本代表に選出。FIFA女子ワールドカップに出場し初優勝に貢献。引退後はタレントに転身。発言で注目を集めます。

続きを読む


薬丸裕英
薬丸裕英(やくまる ひろひで)は、日本のタレント、司会者。愛称は「ヤックン」。シブガキ隊として活躍後、石川秀美と結婚。その後「はなまるマーケット」の司会を17年半に渡り努めました。

続きを読む


藤木直人
藤木直人(ふじき なおひと)は日本の俳優、歌手、ミュージシャン。「ナースのお仕事」、「ホタルノヒカリ」など数々の作品に出演。「おしゃれイズム」のパーソナリティを務めたりするなど幅広く活躍。

続きを読む


関連記事 (タレント)

笑福亭仁鶴
3代目笑福亭仁鶴(しょうふくてい にかく)は、日本の上方落語を演じる落語家。「バラエティー生活笑百科」で相談室長をつとめ、「四角い仁鶴がまぁるく収めまっせ~」という台詞でもお馴染み。

続きを読む


泉ピン子
泉ピン子(いずみ ピンこ)は、女優、コメディエンヌ、漫談家、歌手。『おしん』の母親役で高く評価される。その後『渡る世間は鬼ばかり』に出演。20年以上に渡りシリーズ化

続きを読む


古坂大魔王
古坂大魔王(こさかだいまおう)は、日本のお笑いタレント、DJ、音楽プロデューサー。2016年に「ピコ太郎」に扮して『ペンパイナッポーアッポーペン』(PPAP)で世界的にブレイク。翌年にタレントの安枝瞳と結婚。

続きを読む


関連記事 (俳優)

竹内涼真
竹内涼真(たけうち りょうま)は、日本の俳優、モデル、タレント。2017年に朝の連続小説『ひよっこ』、『過保護のカホコ』、『陸王』など立て続けに注目作に出演。ブレイク俳優ランキングで1位を獲得。

続きを読む


石丸幹二
石丸幹二(いしまる かんじ)は、日本の俳優、歌手、司会者。劇団四季に17年在籍。ミュージカルとストレートプレイの両方で看板俳優として活動。退団後は舞台はもとよりテレビドラマや映画、歌手にも進出。

続きを読む


大野智
大野智(おおの さとし)は、歌手、俳優、タレント、アイドルであり、男性アイドルグループ・嵐のメンバーでありリーダー。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ