1,301 views

トルネード「野茂英雄」の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 野茂英雄

記事公開日:2016年09月11日
最終更新日:2017年11月29日

野茂英雄
出典:wikipedia.org

野茂英雄(のも ひでお)は、元プロ野球選手(投手)。NPBとMLBで活躍した。

日本人として2人目のメジャーリーガーで日本にメジャーリーグを広めた先駆者。
ニックネームは「ドクターK」,「The Tornado」。
大きく振りかぶってから背中を打者に向ける独特の投法は「トルネード投法」と呼ばれる。フォークボールを武器とした
長男の野茂貴裕は北海道日本ハムファイターズの球団通訳。

このページでは野茂英雄の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

ちなみに日本初のメジャーリーガーは1964年にサンフランシスコ・ジャイアンツに2年在籍した村上雅則です。

野茂英雄の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1968年8月31日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin155(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い鷲 黄色い種 音12
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い手
互いに学びあう 反対kin 赤い蛇
互いに秘かれあう 神秘kin 白い世界の橋渡し
以てるもの同士の類似kin 黄色い種
鏡の向こうのもう一人の自分 kin106
絶対反対kin kin25

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音12」は、人当りのよい雰囲気を持っていますので、人から相談されたり、頼られたり、話を聞いてくれそうな雰囲気のため、自然と人が寄ってきます。組織や集団の中で「相談役」になることが多い人です。 解決をしていく上でキーパーソンになり、問題解決能力に長けています。好き嫌いが激しく、さみしがり屋さんで依存心・依託心を持つ一面があります。

「黄色い種」は、「物事の根本的な原因」「本質」「理屈」を最初から納得できるまで追究したくなる人です。理屈で物事を考える人です。相手にも自分にも、気づかせたい、気づきたい。と思っています。他人の良いところを見つけ開花させるのも得意です。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin155の誕生日占いは、心のままに生きると自然に願いが叶うタイプです。血気さかんな時こそ、来るべき事態に備える。

広告

野茂英夫の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

大阪で生まれ育ちます。
小・中学校時代は全くの無名選手であったが、この頃既に「体を捻って投げると直球の威力が増す」と考え、後のトルネード投法の原型となるフォームで投げていた。
高校は野球とは無縁の公立高校に進学。2年生からエースとなり3年時はベスト16(5回戦)進出などの成績を残す。
プロからの誘いがあったが高校卒業後は新日本製鐵堺へ入社。1988年にソウル五輪の代表時選ばれ銀メダル獲得に貢献。
1989年のドラフト会議で史上最多の8球団で1位指名を受け、近鉄バファローズに入る。

近鉄時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1989.8.31~ 21 20 7 黄色い太陽 白い魔法使い
1990.8.31~ 22 125 8 赤い蛇 白い鏡
1991.8.31~ 23 230 9 白い犬 白い風
1992.8.31~ 24 75 10 青い鷲 白い世界の橋渡し
1993.8.31~ 25 180 11 黄色い太陽 白い犬
1994.8.31~ 26 25 12 赤い蛇 白い魔法使い
1990年 プロ初登板。新人ながら最多勝利・最優秀防御率・最多奪三振・最高勝率と投手四冠を独占、ベストナイン・新人王・沢村栄治賞・MVPにも輝いた。
同時に1990年から1993年にかけ、史上初の新人年からの4年連続最多勝と最多奪三振のタイトル同時獲得を達成

1994年 右肩痛のためシーズン途中で戦線を離脱し、最多勝と最多奪三振の連続記録も途切れた。

1994年の契約更改で近鉄球団から厳しい意見。マスコミも近鉄の意見に同調し、次第に孤立していった。
メジャーリーグへの挑戦を決意する1つ目の理由となった。交渉が不調に終わった結果近鉄を退団し、メジャーリーグに挑戦する。

ウェブスペルの色が白色の半ばにドラフト会議で史上最多の8球団で1位指名を受け、近鉄バファローズに入ります。この年は黒Kinが表れています。
その後、4年連続最多勝と最多奪三振のタイトル同時獲得。
ウェブスペルの色が白色の最後付近に右肩を痛め近鉄を退団し、メジャーリーグに挑戦します。

ドジャース時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.8.31~ 27 130 13 白い犬 白い鏡
1996.8.31~ 28 235 1 青い鷲 青い鷲
1997.8.31~ 29 80 2 黄色い太陽 青い嵐
1995年 ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結ぶ。年俸は近鉄時代の1億4000万円からわずか980万円になった。
1995年 最多奪三振のタイトルを獲得。チームの7年ぶりの地区優勝に貢献。
1996年 メジャー史上3人目となる1年目から2年連続200奪三振を達成。
1997年 メジャー史上最速となる444回2/3での500奪三振を達成。メジャー史上2人目となる新人年から3年連続の200奪三振を達成
1998年 右手中指の痛みで5月まで12試合の登板。6月1日に退団の意思を示し、4日にトレードでメッツに移籍。

ウェブスペルの色が白色の最後の年にドジャースとマイナー契約を結びます。この年はチームの7年ぶりの地区優勝に貢献。
ウェブスペルの色が青色に変わり、奪三振の記録を積み上げていきます。

メッツ・タイガース・レッドソックス・移籍

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.8.31~ 30 185 3 赤い蛇 青い夜
1999.8.31~ 31 30 4 白い犬 青い手
2000.8.31~ 32 135 5 青い鷲 青い猿
2001.8.31~ 33 240 6 黄色い太陽 青い鷲
1999年 メッツと再契約。1年で292万5000ドルの契約だった。
1999年 メジャー史上3番目のスピード記録となる147試合目でのメジャー通算1000奪三振を達成。
2000年 デトロイト・タイガースと1年契約を結ぶ
2001年 ボストン・レッドソックスと1年契約を結ぶ。4年ぶりに200奪三振を越えて二度目の最多奪三振を獲得

ウェブスペルの色が青色の始め頃から1年度に違う球団で活躍します。

ドジャース復帰

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2002.8.31~ 34 85 7 赤い蛇 青い嵐
2003.8.31~ 35 190 8 白い犬 青い夜
2004.8.31~ 36 35 9 青い鷲 青い手
2002年 ドジャースに復帰。2年契約で1375万ドル。この年はメジャー通算1500奪三振を記録。
2003年 メジャー通算100勝を達成
2004年 オフに受けた肩の手術からの回復が遅れて球速が戻らず、自己ワーストの10連敗を喫した。

ウェブスペルの色が青色の半ばにドジャース復帰します。復帰した年には黒Kinが表れています。

ドジャース退団後

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2005.8.31~ 37 140 10 黄色い太陽 青い猿
2006.8.31~ 38 245 11 赤い蛇 青い鷲
2007.8.31~ 39 90 12 白い犬 青い嵐
2008.8.31~ 40 195 13 青い鷲 青い夜
2005年 タンパベイ・デビルレイズとマイナー契約。NPB/MLB通算200勝を達成
2006年 ホワイトソックスとマイナー契約するも右肘の炎症を理由として故障者リストに登録され、6月8日に契約解除
2008年 現役を引退。東北楽天ゴールデンイーグルスが交渉意思を示すも、入団には至らなかった。

ウェブスペルの色が青色の最後の年に現役を引退します。

引退後

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2013.8.31~ 45 200 5 黄色い太陽 黄色い戦士
2014.8.31~ 46 45 6 赤い蛇 黄色い太陽
2015.8.31~ 47 150 7 白い犬 黄色の種
2014年 野球殿堂博物館に競技者表彰者として殿堂入り
2015年 アメリカのプロ野球スカウト財団は、野茂と朴賛浩に「先駆者賞」を授与し、大リーグの国際化に果たした功績を称えた
2016年 サンディエゴ・パドレスのアドバイザーに就任

ウェブスペルの色が黄色の半ばのことでした。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.8.31~ 48 255 8 青い鷲 黄色い星
2017.8.31~ 49 100 9 黄色い太陽 黄色い人
2018.8.31~ 50 205 10 赤い蛇 黄色い戦士
野茂英雄の現在は、ウェブスペルの色が黄色の後半に当たります。
49才の時はKin100。何もないところから道を切り開いていける年です。組織の責任者が多いです。

  • 音9は、基本的に人気者で人間関係は良好です。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。
  • 黄色い太陽は、決めたことは最後までやりとおします。物事をまかされると力を発揮します。
  • 黄色い人は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫きます。

即断即決。あらゆるものを加速させる。

野茂英雄のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の半ばにドラフト会議で史上最多の8球団で1位指名を受け、近鉄バファローズに入ります。
白色の後半には4年連続最多勝と最多奪三振のタイトル同時獲得。
白色の最後付近に右肩を痛め近鉄を退団し、メジャーリーグに挑戦します。
白色の最後の年にドジャースとマイナー契約を結びます。チームの7年ぶりの地区優勝に貢献。

青色の始め付近から1年度に違う球団で活躍します。
青色の半ばにドジャース復帰します。
青色の最後の年に現役を引退します。

黄色の半ばにいろいろな賞を受賞します。

1995年にディアマンテスが野茂の応援歌「野茂英雄のテーマ・HIDE-O」をシングルCDで発売。
当時、「Nomo(野茂)が投げれば大丈夫」の歌詞は街でよく聴かれ、ブームにもなった。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

横澤彪
横澤彪(よこざわ たけし)は、元フジテレビのプロデューサー。『笑っていいとも!』『オレたちひょうきん族』などを手掛け視聴率が低迷していたフジテレビに大きく貢献します。

続きを読む


蛭子能収
蛭子能収(えびす よしかず)は、日本の漫画家、イラストレーター、タレント。漫画家としてアンダーグラウンドで活動後に「笑っていいとも!」にレギュラー出演を機にテレビタレントとして活動します。

続きを読む


徳光和夫
徳光和夫(とくみつ かずお)は、フリーアナウンサー、タレント、司会者。1979年より日本テレビ『ズームイン!!朝!』の初代キャスターになり名物アナウンサーとなります。

続きを読む


加藤一二三
加藤一二三(かとう ひふみ)は将棋棋士。幅広い層から「ひふみん」の愛称で親しまれます。14歳7ヶ月で棋士になり、以降棋士として活躍。2017年6月に現役を引退、引退後はタレント活動も行っています。

続きを読む


高田純次
高田純次(たかだ じゅんじ)は、タレント、俳優。『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』にレギュラー出演しブレイク。『グロンサン』のCMの「5時から男」で「流行語部門・大衆賞」を受賞。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin155)

梅沢富美男
梅沢富美男(うめざわ とみお)は、日本の俳優、歌手、タレント。下町の玉三郎の異名を持ちます。歌手としては、1982年に『夢芝居』が大ヒット。

続きを読む


波瑠
波瑠(はる)は女優、タレント、ファッションモデル。2015年に連続テレビ小説『あさが来た』のヒロインを演じます。2016年ブレイク女優ランキング2位に輝きました。

続きを読む


浅野総一郎
浅野総一郎(あさの そういちろう)は、日本の実業家。一代で浅野財閥を築きました。「セメント王」や「日本の臨海工業地帯開発の父」とも呼ばれています。

続きを読む


関連記事 (アスリート)

マイケルフェルプス
マイケル・フレッド・フェルプスは、アメリカ合衆国の競泳選手。オリンピックメダル獲得数史上1位の記録も打ち立てた。史上最強のスイマーとの呼び声も高い。

続きを読む


髙安晃
大相撲・現役大関の生年月日から求めた誕生日占いと相性占いを行います。大相撲の大関は現在4名おり、琴奨菊、稀勢の里、豪栄道、照ノ富士。この4名を対象に誕生日占いと相性占いを行います。

続きを読む


中田英寿
中田英寿(なかた ひでとし)は元サッカー選手。元日本代表。株式会社東ハト執行役員。日本代表のFIFAワールドカップ3大会連続出場し活躍した。

続きを読む


白鵬翔
白鵬翔(はくほう しょう)は、現役の大相撲力士、第69代横綱。モンゴル国ウランバートル市出身、宮城野部屋所属。

続きを読む


ジャンボ鶴田
ジャンボ鶴田(ジャンボ つるた)は、日本のプロレスラー。全日本プロレスで活躍した。三冠ヘビー級王座の初代王者であり、日本人初のAWA世界ヘビー級王者(第30代)。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事