6,815 views

ナンノ「南野陽子」の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 南野陽子

記事公開日:2016年09月09日
最終更新日:2018年10月30日

南野陽子
→ 画像検索はこちら

南野陽子(みなみの ようこ)は、日本の女優、タレント、歌手。愛称はナンノ。

1985年6月23日に「恥ずかしすぎて」で歌手デビュー。
同年11月からフジテレビ系ドラマ『スケバン刑事』シリーズ第2作『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』で主役を演じ、一躍トップアイドルの座を獲得。

フジカラー、グリコ、JR西日本など多数の企業のイメージキャラクターに起用されCMに出演。
中山美穂、工藤静香、浅香唯と共に、女性アイドル四天王の1人として活躍します。

このページでは南野陽子の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事(他の女性アイドル四天王)
中山美穂の誕生日占いはこちら
工藤静香の誕生日占いはこちら
浅香唯の誕生日占いはこちら

南野陽子の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1967年6月23日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin241(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い竜 青い鷲 音7
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い空歩く人
互いに学びあう 反対kin 青い猿
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い太陽
以てるもの同士の類似kin 白い鏡
鏡の向こうのもう一人の自分 kin20
絶対反対kin kin111

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音7」は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。バランス感覚があり、調整能力に長けています。神秘的な性格で自分自身も周りも理解しがたいところがあります。よくも悪くも「自分探し」をする人です。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin241の誕生日占いは、人に先んじて物事を起こすタイプです。男性ならば出世する人が多いです。苦しいときこそ、何が大切かはっきりわかる。

広告

南野陽子の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

兵庫県で生まれます。
神戸にある松蔭高等学校在学中にオーディションに合格、高校2年生の夏に上京し堀越高等学校に編入します。

トップアイドル

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1984.6.23~ 17 206 11 白い世界の橋渡し 黄色い戦士
1985.6.23~ 18 51 12 青い猿 黄色い太陽
1986.6.23~ 19 156 13 黄色い戦士 黄色の種
1987.6.23~ 20 1 1 赤い竜 赤い竜
1988.6.23~ 21 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
1989.6.23~ 22 211 3 青い猿 赤い月
1984年 ドラマ『名門私立女子高校』に出演し、芸能界デビュー。
1985年 「恥ずかしすぎて」で歌手デビュー
1985年 11月から『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』で主役を演じ、一躍トップアイドルの座を獲得
1986年 ニッポン放送のラジオ番組『南野陽子 ナンノこれしきっ!』が始まり、1990年までパーソナリティを務めた。
1987年 主題歌の「楽園のDoor」で初のオリコンチャート第1位を獲得する。

その後も「話しかけたかった」「はいからさんが通る」「吐息でネット」「あなたを愛したい」「秋からも、そばにいて」などヒット曲を連発。
8曲連続オリコン1位を記録。またフジカラー、グリコ、JR西日本など多数の企業のイメージキャラクターに起用されCMに出演。
こうして、中山美穂、工藤静香、浅香唯と共に、女性アイドル四天王の1人として活躍する

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に芸能界・歌手デビューします。
『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』で主役を演じた年には黒Kinが表れています。
ウェブスペルの色が赤色に変わり、黒Kinが連続で出ている年にヒット曲を連発。
8曲連続オリコン1位を記録したり、CMに起用されたのはこの頃です。

歌手活動を休止

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1992.6.23~ 25 6 6 白い世界の橋渡し 赤い竜
1993.6.23~ 26 111 7 青い猿 赤い蛇
1994.6.23~ 27 216 8 黄色い戦士 赤い月
1995.6.23~ 28 61 9 赤い竜 赤い空歩く人
1992年 歌手活動を休止した。その後は女優業に専念する。

1990年代に入り、CDのセールスが伸びなくなると共に歌番組も減少した背景がある

1992年 映画『寒椿』、映画『私を抱いて、そしてキスして』主演。同年、日本アカデミー賞主演女優賞を受賞
1995年 3月に帝国劇場で公演された舞台『ゆずり葉の井戸』に出演。これより以後、商業演劇への出演が女優としての活動の多くを占めることとなる。

ウェブスペルの色が赤色の半ばから女優業に専念します。

昼ドラ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2001.6.23~ 34 171 2 青い猿 白い犬
2002.6.23~ 35 16 3 黄色い戦士 白い魔法使い
2003.6.23~ 36 121 4 赤い竜 白い鏡
2002年 6月に昼ドラマの『一攫千金夢家族』で主役を演じる。
2003年 6月に昼ドラマの『一攫千金夢家族』パート2が放映された。

ウェブスペルの色が白色に変わり、昼ドラマで主役を演じます。

「ナンノちゃん祭り」

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2005.6.23~ 38 71 6 青い猿 白い世界の橋渡し
2006.6.23~ 39 176 7 黄色い戦士 白い犬
2007.6.23~ 40 21 8 赤い竜 白い魔法使い
2008.6.23~ 41 126 9 白い世界の橋渡し 白い鏡
2005年 歌手20周年にあたるこの年は、自ら「ナンノちゃん祭り」と称し精力的に活動を行った。
2006年 ニッポン放送のラジオ番組『南野陽子 今日はナンノ日っ!』がスタート
2007年 『森田一義アワー 笑っていいとも!』の水曜日レギュラー
2010年 人材派遣会社社長と結婚

ウェブスペルの色が白色の半ばから、「ナンノちゃん祭り」と称し精力的に活動を行います。
この頃からテレビなどへの露出が増えていきます。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.6.23~ 51 136 6 黄色い戦士 青い猿
2019.6.23~ 52 241 7 赤い竜 青い鷲
2020.6.23~ 53 86 8 白い世界の橋渡し 青い嵐
南野陽子の現在は、ウェブスペルの色が青色の半ばに当たります。
51才の時はKin136。自分の意見をはっきり言う年です。何事にも疑問を持ち、問いを発する人です。

  • 音6は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないです。束縛されることを嫌います。
  • 黄色い戦士は、「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。
  • 青い猿は、小さなことでも楽しみや喜び・満足を見いだせ、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

責任ある立場に立つと本領発揮。

南野陽子のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の最後付近に芸能界・歌手デビューします。『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』で一躍トップアイドルへ
赤色の始めに8曲連続オリコン1位を記録したり、CMに起用されたり、女性アイドル四天王と称されます
赤色の半ばに歌手活動を休止し女優業に専念します
白色の始めに昼ドラマで主役を演じます
白色の半ばから「ナンノちゃん祭り」と称し精力的に活動を行いテレビなどへの露出が増えていきます。

デビュー当初は全くの無名だったが、個人的な売り込み活動を行った結果、『週刊少年マガジン』などのグラビアでは大量ページで取り上げられたそうです。
2005年に行った「ナンノちゃん祭り」の活動と一緒ですね。


参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

榮倉奈々
榮倉奈々(えいくら なな)は、日本の女優、タレント。連続テレビ小説「瞳」で1608人の中から選ばれ主演。俳優の賀来賢人と結婚し第一子を出産。女優の賀来千香子は義理の叔母。

続きを読む


安田顕
安田顕(やすだ けん)は、日本の俳優、タレント。愛称は「ヤスケン」。「水曜どうでしょう」の準レギュラー・onちゃんの中の人。2004年以降は俳優として全国区で本格的に活動。

続きを読む


ヒャダイン
ヒャダインこと前山田健一(まえやまだ けんいち)は日本のミュージシャン。ニコニコ動画へゲームのアレンジ局や自作曲を投稿。ミリオン再生を続出させ謎のクリエーターとして世界的に注目を集めます。

続きを読む


山口智子
山口智子(やまぐち ともこ)は日本の女優。数々のトレンディドラマに出演し一躍スターになります。唐沢寿明と結婚後は女優業からCMへ仕事をシフト。

続きを読む


モンキー・パンチ
モンキー・パンチは、日本の漫画家。本名は加藤一彦(かとう かずひこ)。代表作に『ルパン三世』・『一宿一飯』など。本名は加藤一彦(かとう かずひこ)。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin241)

大鵬幸喜
大鵬幸喜(たいほう こうき)さんは、第48代横綱。現役時代に当時の子供たちの好きな物を並べた「巨人・大鵬・卵焼き」という流行語に取り上げられるほど人気がありました。

続きを読む


森繁久彌
森繁久彌(もりしげ ひさや)は、日本の俳優、歌手、コメディアン、元NHKアナウンサー。昭和を代表する国民的俳優の一人。映画・テレビ・舞台・ラジオ・歌手など幅広い分野で活躍。没後に国民栄誉賞が追贈。

続きを読む


菅井きん
菅井きん(すがい きん)は、日本の女優。「必殺仕事人」シリーズ、映画「お葬式」などに出演。名脇役として数々の映画や演劇、テレビドラマに出演します。長く、おばあちゃん役が定着していました。

続きを読む


関連記事 (タレント)

麻木久仁子
麻木久仁子(あさぎ くにこ)は、日本のタレント、司会者、女優。東京ディズニーランドのCMでデビュー。その後、司会者、女優として活動します。近年は『Qさま!!』に出演。クイズ番組で才能を示します。

続きを読む


バカリズム
バカリズムは、日本のお笑いタレント、ナレーター。本名は升野英知(ますの ひでとも)。かつては松下敏宏とコンビでバカリズムしたが松下脱退後も芸名をそのまま使用。近年はテレビ番組のMCとしても活動。

続きを読む


愛川欽也
愛川欽也(あいかわ きんや)は、日本の俳優・声優・タレント・司会者。愛称はキンキン。妻はタレントのうつみ宮土理。50年以上にわたってテレビ、ラジオ、映画で活躍した人物です。

続きを読む


関連記事 (女優)

賀来千香子
賀来千香子(かく ちかこ)は、日本の女優。デビュー以来さまざまなテレビドラマに出演代表作は『七人の女弁護士』シリーズ、『ずっとあなたが好きだった』など。元夫は俳優の宅麻伸、甥は俳優の賀来賢人。

続きを読む


原田知世
原田知世(はらだ ともよ)は、日本の女優、歌手。「時をかける少女」で映画デビューします。主演映画「私をスキーに連れてって」では、スキーブームの火付け役となりました。

続きを読む


高島礼子
高島礼子(たかしま れいこ)は、日本の女優。恵まれたプロポーションと男勝りの気性がバブル時代にマッチ。幅広い役をこなし、女優として順調に成長。『極道の妻たち』シリーズの4代目「極妻」を務めます。

続きを読む


関連記事 (歌手)

沢田研二
沢田研二(さわだ けんじ)は、日本の歌手、俳優。愛称はジュリー。ザ・タイガースのリードボーカルとして活躍後、ソロで活躍。1960年代から1980年代の歌謡界を席巻し数多くのファンを熱狂させました。

続きを読む


野口五郎
野口五郎(のぐち ごろう)は、俳優・歌手。新御三家の一人として、1970年代の日本を代表する男性アイドルである。妻はタレントの三井ゆり。

続きを読む


本田美奈子.
本田美奈子.(ほんだ みなこ)は歌手、女優、声楽家。1980年代はアイドル、1990年代以降はミュージカルで活動します。2005年に白血病で38歳の若さで亡くなりました。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事