755 views

プロ囲碁棋士・井山裕太の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 井山裕太

記事公開日:2017年12月16日
最終更新日:2018年09月05日

井山裕太
→ 画像検索はこちら

井山裕太(いやま ゆうた)は日本の囲碁棋士。

史上初の2度の七冠達成者(棋聖・名人・本因坊・王座・天元・碁聖・十段)。
囲碁界・将棋界通して史上初の年間グランドスラム(その年の七大タイトルをすべて独占)達成者。

2018年2月に将棋の羽生善治と共に国民栄誉賞を受賞しました。

このページでは井山裕太の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 囲碁棋士・平成四天王メンバーの誕生日占いと相性占いを診断

井山裕太の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1989年5月24日生まれ

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin181です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い竜 白い犬 音12
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い空歩く人
互いに学びあう 反対kin 青い猿
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い太陽
以てるもの同士の類似kin 白い鏡
鏡の向こうのもう一人の自分 kin80
絶対反対kin kin51

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音12」は、人当りのよい雰囲気を持っていますので、人から相談されたり、頼られたり、話を聞いてくれそうな雰囲気のため、自然と人が寄ってきます。組織や集団の中で「相談役」になることが多い人です。 解決をしていく上でキーパーソンになり、問題解決能力に長けています。好き嫌いが激しく、さみしがり屋さんで依存心・依託心を持つ一面があります。

「白い犬」は、正直すぎる人で、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝える、やさしく厳しい人です。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。家族のためなら、自分を犠牲にしても家族を守ります。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

ひとことでいえばKin181の誕生日占いは、一人で意欲満々のタイプです。他の人と協力することで大きな成果を得ます。進行を妨げられたら計画を温めなおすこと。

広告

井山裕太の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

大阪府東大阪市生まれ。
幼少の頃の夢は野球選手になることで「イチロー」に憧れていました。

全国制覇

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1994.5.24~ 5 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
1995.5.24~ 6 31 5 青い猿 青い手
1996.5.24~ 7 136 6 黄色い戦士 青い猿
5才の時に父の買ってきたテレビゲームで囲碁を覚え、囲碁好きの祖父から指導を受けます。
6才、小学1年生の時に、とあるアマ大会に出場し解説者の石井邦生九段をうならせ、石井に弟子入り。石井は異例の1000局に及ぶ対局(多くはネット対局)で井上祐太を鍛え続けます。

小学2年生の時に少年少女囲碁大会にて優勝し全国制覇を達成します。小学2年生で全国制覇は1986年に山下敬吾(現9段)以来のことです。
同年に、日本棋院関西総本部の院生となります。

ウェブスペルの色が青色の半ばに小学2年生で少年少女囲碁大会で優勝します。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2002.5.24~ 13 246 12 白い世界の橋渡し 青い鷲
2003.5.24~ 14 91 13 青い猿 青い嵐
2007.5.24~ 18 251 4 青い猿 黄色い星
2008.5.24~ 19 96 5 黄色い戦士 黄色い人
2002年、中学1年生の時に院生リーグで46連勝を含む71勝8敗。関西枠1名のプロ入りを果たします。平成生まれ初の棋士であり、『ヒカルの碁』の放送開始もこの頃で多くのメディアで取り上げられます。

プロ棋士になってからも順調に昇段していきます。

2003年に3段。2005年に7段。
2008年に名人リーグを勝ち上がり、現行7大タイトル戦での最年少挑戦記録を塗り替えます。同年8段に昇段。

ウェブスペルの色が青色の最期付近にプロ囲碁棋士になります。

囲碁の7大タイトルは棋聖・名人・本因坊・王座・天元・碁聖・十段です。
このタイトルを連続5期もしくは通算10期獲得すれば名誉称号を与えられます。

6冠達成

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2009.5.24~ 20 201 6 赤い竜 黄色い戦士
2010.5.24~ 21 46 7 白い世界の橋渡し 黄色い太陽
2011.5.24~ 22 151 8 青い猿 黄色の種
2012.5.24~ 23 256 9 黄色い戦士 黄色い星
2013.5.24~ 24 101 10 赤い竜 黄色い人
2009年、20才の若さで初のタイトルとなる名人位を獲得。
2011年から5年連続で囲碁プロ賞金ランキングで一位、4年連続で賞金総額1億円超え。
2012年に将棋の女流棋士・室田伊緒と結婚するが2015年に離婚。
2013年に史上初となる6冠を獲得(十段以外のタイトル獲得)。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに初のタイトルとなる名人位を獲得
黄色の後半に史上初となる6冠を達成します。

前人未到の七冠を達成

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2014.5.24~ 25 206 11 白い世界の橋渡し 黄色い戦士
2015.5.24~ 26 51 12 青い猿 黄色い太陽
2016.5.24~ 27 156 13 黄色い戦士 黄色の種
2017.5.24~ 28 1 1 赤い竜 赤い竜
2016年に前人未到の七冠を達成します。
同年、本因坊・碁聖5連覇を達成し、二十六世本因坊・名誉碁聖の資格を得た。本因坊の号は文裕(もんゆう)。

2017年に七冠2連覇を達成します。
同年、棋聖5連覇を達成し、名誉棋聖の資格を得た。

ウェブスペルの色が黄色の最後の年に前人未到の七冠を達成します。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.5.24~ 29 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
2019.5.24~ 30 211 3 青い猿 赤い月
2020.5.24~ 31 56 4 黄色い戦士 赤い空歩く人
井山祐太の現在は、ウェブスペルの色が赤色の始まり付近に当たります。
3年連続で黒Kinの2年目です。
29才の時はKin106。事実を把握することから大きな可能性がうまれる年です。優秀な人が多いです。

  • 音2は、パワーが強く衝突するような体験が多いです。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。
  • 白い世界の橋渡しは、野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。
  • 赤い蛇は、よくも悪くも執着心が強く、あきらめない執念を持っています。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

困難を解消するために希望をもとう。

井山裕太のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の半ばに小学2年生で少年少女囲碁大会で優勝します。
青色の最期付近にプロ囲碁棋士になります。
黄色の半ばに初のタイトルとなる名人位を獲得
黄色の後半に史上初となる6冠を達成します。
黄色の最後の年に前人未到の七冠を達成します。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

HIKAKIN
HIKAKIN(ヒカキン)は、日本の著名なYoutuber。UUUM(ウーム)株式会社の創業者であり最高顧問。

続きを読む


京極夏彦
京極夏彦(きょうごく なつひこ)は、日本の小説家、妖怪研究家。1994年に『姑獲鳥の夏』でデビュー。『後巷説百物語』で直木賞を受賞。代表作に『百鬼夜行シリーズ』、『巷説百物語シリーズ』など。

続きを読む


平野レミ
平野レミ(ひらの レミ)は、日本の料理愛好家、タレント、シャンソン歌手。料理番組を中心に活躍。終始テンション高く早口で話すのが特徴。

続きを読む


イ・ビョンチョル
李秉喆(イ・ビョンチョル)は、韓国の実業家。韓国で一番大きな財閥サムソングループの創業者です。李秉喆の創業したサムスンは60余年間、時代に必要だった製糖、纎維、電子など多方面の事業を展開します。

続きを読む


澤穂希
澤穂希(さわ ほまれ)は、日本の元女子サッカー選手。2011年FIFA女子ワールドカップドイツ大会で日本女子代表チーム「なでしこジャパン」を優勝に導いたキャプテン。この大会で得点王とMVPを獲得。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin181)

毛利衛
毛利衛(もうり まもる)は北海道出身の宇宙飛行士。日本人で2人目の宇宙にいった人物であり、2度宇宙に行きました。日本人で初めてスペースシャトル計画に関わった人物です。

続きを読む


辻本憲三
辻本憲三(つじもと けんぞう)は、日本の実業家。ゲーム会社の株式会社カプコンの創業者です。個人事業としてワイナリー「ケンゾー エステイト」の経営者でもあります。

続きを読む


関連記事 (国民栄誉賞)

渥美清
渥美清は、コメディアン、俳優。山田洋次監督の映画『男はつらいよ』シリーズにおいて、主演の車寅次郎役を27年間48作に渡って演じた。亡くなった後に国民栄誉賞を授与された。

続きを読む


千代の富士
千代の富士貢(ちよのふじ みつぐ)は、元大相撲力士。第58代横綱。本名は秋元貢(あきもと みつぐ)。1989年には大相撲で初となる「国民栄誉賞」の受賞しました。

続きを読む


植村直己
植村直己は、登山家、冒険家。世界初の五大陸最高峰登頂者であり、アマゾン河6,000km単独でいかだ下り。犬ぞりで北極点到達を単独行。世界の自然相手に大冒険を行った人物です。

続きを読む


伊調千春と伊調馨
伊調千春と伊調馨は姉妹で女子レスリングの選手です。伊調千春はアテネ、北京五輪女子48kg級銀メダリスト。伊調馨はアテネ、北京、ロンドンの五輪女子63kg級金メダリスト。あだ名は「きんさんぎんさん」。

続きを読む


大鵬幸喜
大鵬幸喜(たいほう こうき)さんは、第48代横綱。現役時代に当時の子供たちの好きな物を並べた「巨人・大鵬・卵焼き」という流行語に取り上げられるほど人気がありました。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事