160 views

マルチタレント・高橋克実の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 高橋克実

高橋克実
→ 画像検索はこちら

高橋克実(たかはし かつみ)は、日本の俳優、マルチタレント、司会者。愛称は「カッツミー」。

ドラマ『ショムニ』に出演しブレイク。バラエティ番組『トリビアの泉』の司会を務め全国区の認知度を獲得。

このページでは高橋克実(たかはし かつみ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

高橋克実(たかはし かつみ)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1961年4月1日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin48です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い星 黄色い太陽 音9
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い種
互いに学びあう 反対kin 白い鏡
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い空歩く人
以てるもの同士の類似kin 青い猿
鏡の向こうのもう一人の自分 kin213
絶対反対kin kin178

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音9」は、楽し事を考えたりワクワク・ドキドキすることが大好きです。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。好きなことにはとことん情熱を注ぎ楽しみを見出しますが、興味の無い人や物にはまったく興味や関心を示しません。基本的に人気者で人間関係は良好です。

「黄色い太陽」は、小さい頃からしっかり者で明るく、決めたことは最後までやりとおします。「責任」に反応しますので、物事をまかされると力を発揮します。自分中心(太陽中心)と無意識で思っているようで、 多少のことは気にしません。

「黄色い星」は、職人気質で、プロ意識を持っています。やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。自分の居場所、ココロの綺麗な人、とにかく綺麗なものがなんでも好きです。逆に、ごちゃごちゃした環境ではストレスがたまります。

ひとことでいえばKin48の誕生日占いは、表現力豊かで明るく忍耐強いタイプです。おしゃれな面もあります。十分に力を蓄えよ。家庭的に苦労しやすい。

広告

高橋克実(たかはし かつみ)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

新潟県三条市で生まれます。実家は日用雑貨店。

上京

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1979.4.1~ 18 118 1 白い鏡 白い鏡
1980.4.1~ 19 223 2 青い夜 白い風
1981.4.1~ 20 68 3 黄色い星 白い世界の橋渡し
地元の高校を卒業後に上京。予備校に入り浪人生活を送ります。
2浪して私立大学に入学するがすぐに中退。
紆余曲折の末、松田優作に憧れ役者の道を志します。

ウェブスペルの色が白色の始めの年に上京し浪人生活。その後、松田優作に憧れ役者を目指します。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1987.4.1~ 26 178 9 白い鏡 白い犬
1988.4.1~ 27 23 10 青い夜 白い魔法使い
1993.4.1~ 32 28 2 黄色い星 青い手
1987年に劇団離風霊船に入団。同年、映画の端役でデビュー。
1993年にNHKドラマ『トーキョー国盗り物語』でドラマ初主演。しかし途中で降板させられた。

ウェブスペルの色が白色の後半に劇団に入団。映画の端役でデビュー。

結婚・ブレイク・離婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.4.1~ 34 238 4 白い鏡 青い鷲
1998.4.1~ 37 33 7 赤い空歩く人 青い手
1999.4.1~ 38 138 8 白い鏡 青い猿
1995年に女優の兎本有紀(うもと ゆき)と結婚。
1998年に江角マキコ主演のドラマ『ショムニ』に寺崎人事部長役で出演しブレイク。
1999年に兎本有紀と離婚。

高橋克実は『ショムニ』でブレイクするまでアルバイトで生計を立てていた苦労人。
1999年に舞台で半年の間、全国公演。帰宅すると妻と荷物が消えていた。

ウェブスペルの色が青色の前半に兎本有紀と結婚。
青色の後半に『ショムニ』に出演しブレイク。兎本有紀と離婚。

トリビアの泉

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2002.4.1~ 41 193 11 赤い空歩く人 青い夜
2003.4.1~ 42 38 12 白い鏡 青い手
2004.4.1~ 43 143 13 青い夜 青い猿
2002年にタモリ出演の深夜放送『トリビアの泉』の司会を八嶋智人と担当。
2003年にはゴールデン枠に移行。2006年までレギュラー放送が続きます。
高視聴率を記録し、認知度も高い。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に『トリビアの泉』の司会を八嶋智人と担当。

ドラマ初主演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.4.1~ 45 93 2 赤い空歩く人 黄色い人
2007.4.1~ 46 198 3 白い鏡 黄色い戦士
2008.4.1~ 47 43 4 青い夜 黄色い太陽
2006年に金曜エンタテイメント『こちら新宿駆けこみ寺』でドラマ初主演。
2008年にNHK土曜ドラマ『フルスイング』で連続ドラマ初主演。ギャラクシー賞2008年2月度月間賞を受賞。

ウェブスペルの色が黄色の前半に連続ドラマ初主演。

再婚・父になる

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2011.4.1~ 50 98 7 白い鏡 黄色い人
2012.4.1~ 51 203 8 青い夜 黄色い戦士
2015.4.1~ 54 258 11 白い鏡 黄色い星
2011年に15才年下の一般女性と再婚。
2012年に長男が誕生し51歳にして初めて子を持ちます。
2015年に長女が誕生。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに一般女性と再婚。その後、2人の子に恵まれます。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.4.1~ 58 158 2 白い鏡 赤い地球
2020.4.1~ 59 3 3 青い夜 赤い竜
2021.4.1~ 60 108 4 黄色い星 赤い蛇
高橋克実の現在は、ウェブスペルの色が赤色の始まり付近に当たります。
58才の時はKin158。悩みと葛藤をバネに生きれる年です。

  • 音2は、パワーが強く衝突するような体験が多いです。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。
  • 白い鏡は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をします。
  • 赤い地球は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。

前進したほうが良い。

高橋克実(たかはし かつみ)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の始めの年に上京し浪人生活。その後、松田優作に憧れ役者を目指します。
白色の後半に劇団に入団。映画の端役でデビュー。
青色の前半に兎本有紀と結婚。
青色の後半に『ショムニ』に出演しブレイク。兎本有紀と離婚。
青色の最期付近に『トリビアの泉』の司会を八嶋智人と担当。
黄色の前半に連続ドラマ初主演。
黄色の半ばに一般女性と再婚。その後、2人の子に恵まれます。

松田優作の大ファン。それが高じて役者となった。
後に、優作の息子である松田翔太とドラマ『ドン★キホーテ』で共演。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

沢口靖子
沢口靖子(さわぐち やすこ)は、日本の女優。第1回「東宝シンデレラ」でグランプリを獲得し芸能界入り。朝ドラ『澪つくし』のヒロインを演じ全国区で知名度・人気が定着。

続きを読む


大倉喜八郎
大倉喜八郎(おおくら きはちろう)は、日本の実業家。戊辰戦争など新政府の武器御用商人として名を馳せます。その後、東京電灯、大日本麦酒(ビール)、帝国ホテルなど数多くの会社設立に関与。

続きを読む


大川平三郎
大川平三郎(おおかわ へいざぶろう)は、日本の実業家。明治から昭和初期に活躍。渋沢栄一の書生から身を起こし様々な製紙会社を経営し「日本の製紙王」と呼ばれ「大川財閥」を築いた人物です。

続きを読む


川島なお美
川島なお美(かわしま なおみ)は、日本の女優、タレント、歌手。女子大生タレントの先駆け的存在。ヘアーヌード写真集が転機となり、ドラマ『失楽園』で女優として開花。その後、セレブ女優に方向転換。

続きを読む


高橋由美子
高橋由美子(たかはし ゆみこ)は、日本の女優、歌手。ドラマ『南くんの恋人』で武田真治とW主演。『20世紀最後の正統派アイドル』と評された。その後、個性派女優への転身。舞台を中心に活動。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin048)

内田裕也
内田裕也(うちだ ゆうや)は、日本のミュージシャン、俳優。1991年の東京都知事選に出馬。政見放送で視聴者に強烈な印象を残します。口癖は「ロケンロール」。妻は俳優の樹木希林。本木雅弘は娘婿。

続きを読む


立川志の輔
立川志の輔(たてかわ しのすけ)は、落語家、タレント。立川談志に入門。その後、テレビのレポーターに抜擢され一気に売れっ子になります。落語を続け平成を代表する落語家として君臨。

続きを読む


関連記事 (タレント)

片岡鶴太郎
片岡鶴太郎(かたおか つるたろう)は、日本の俳優、お笑いタレント、歌手、画家、書家。「オレたちひょうきん族」に出演し全国区の人気タレントになります。

続きを読む


高橋英樹
高橋英樹(たかはし ひでき)は、俳優・タレント・司会者。日活に入社し若手俳優として映画に出演。その後テレビへ活躍の場を移し時代劇俳優として活躍します。

続きを読む


和田アキ子
和田アキ子は、歌手、タレント、女優、司会者、ラジオパーソナリティ。1968年にデビュー、1985年にアッコにおまかせ!の司会を担当。紅白歌合戦には現在もなお連続出場しています。

続きを読む


関連記事 (俳優)

中村勘九郎と前田愛
中村勘九郎と前田愛は2009年10月に結婚した夫婦です。2人は2001年に放送されたドラマ「光の帝国」での共演で知り合い交際を開始します。2011年に長男、2013年に次男が誕生します。

続きを読む


小日向文世
小日向文世(こひなた ふみよ)は、日本の俳優。19年間「オンシアター自由劇場」に在籍。劇団は解散し映画・テレビドラマに端役で出演。テレビドラマ「HERO」のレギュラーに抜擢されたのを機に人生が変わります。

続きを読む


中井貴一
中井貴一(なかい きいち)は、俳優、歌手。大学時代に映画・テレビでデビュー。『ふぞろいの林檎たち』で知名度が急上昇します。大河ドラマ『武田信玄』が大ヒット。その後さまざまな役に挑戦します。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事