783 views

マルチタレント・高橋克実の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 高橋克実

記事公開日:2019年05月19日
最終更新日:2020年08月07日

高橋克実
→ 画像検索はこちら

高橋克実(たかはし かつみ)は、日本の俳優、マルチタレント、司会者。愛称は「カッツミー」。

ドラマ『ショムニ』に出演しブレイク。バラエティ番組『トリビアの泉』の司会を務め全国区の認知度を獲得。

このページでは、高橋克実(たかはし かつみ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

高橋克実(たかはし かつみ)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1961年4月1日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin48です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い星 黄色い太陽 音9
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い種
互いに学びあう 反対kin 白い鏡
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い空歩く人
以てるもの同士の類似kin 青い猿
鏡の向こうのもう一人の自分 kin213
絶対反対kin kin178

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音9」は、楽し事を考えたりワクワク・ドキドキすることが大好きです。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。好きなことにはとことん情熱を注ぎ楽しみを見出しますが、興味の無い人や物にはまったく興味や関心を示しません。基本的に人気者で人間関係は良好です。

「黄色い太陽」は、小さい頃からしっかり者で明るく、決めたことは最後までやりとおします。「責任」に反応しますので、物事をまかされると力を発揮します。自分中心(太陽中心)と無意識で思っているようで、 多少のことは気にしません。

「黄色い星」は、職人気質で、プロ意識を持っています。やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。自分の居場所、ココロの綺麗な人、とにかく綺麗なものがなんでも好きです。逆に、ごちゃごちゃした環境ではストレスがたまります。

ひとことでいえばKin48の誕生日占いは、表現力豊かで明るく忍耐強いタイプです。おしゃれな面もあります。十分に力を蓄えよ。家庭的に苦労しやすい。

広告

高橋克実(たかはし かつみ)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

新潟県三条市で生まれます。実家は日用雑貨店。

上京

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1979.4.1~ 18 118 1 白い鏡 白い鏡
1980.4.1~ 19 223 2 青い夜 白い風
1981.4.1~ 20 68 3 黄色い星 白い世界の橋渡し
地元の高校を卒業後に上京。予備校に入り浪人生活を送ります。
2浪して私立大学に入学するがすぐに中退。
紆余曲折の末、松田優作に憧れ役者の道を志します。

ウェブスペルの色が白色の始めの年に上京し浪人生活。その後、松田優作に憧れ役者を目指します。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1987.4.1~ 26 178 9 白い鏡 白い犬
1988.4.1~ 27 23 10 青い夜 白い魔法使い
1993.4.1~ 32 28 2 黄色い星 青い手
1987年に劇団離風霊船に入団。同年、映画の端役でデビュー。
1993年にNHKドラマ『トーキョー国盗り物語』でドラマ初主演。しかし途中で降板させられた。

ウェブスペルの色が白色の後半に劇団に入団。映画の端役でデビュー。

結婚・ブレイク・離婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.4.1~ 34 238 4 白い鏡 青い鷲
1998.4.1~ 37 33 7 赤い空歩く人 青い手
1999.4.1~ 38 138 8 白い鏡 青い猿
1995年に女優の兎本有紀(うもと ゆき)と結婚。
1998年に江角マキコ主演のドラマ『ショムニ』に寺崎人事部長役で出演しブレイク。
1999年に兎本有紀と離婚。

高橋克実は『ショムニ』でブレイクするまでアルバイトで生計を立てていた苦労人。
1999年に舞台で半年の間、全国公演。帰宅すると妻と荷物が消えていた。

ウェブスペルの色が青色の前半に兎本有紀と結婚。
青色の後半に『ショムニ』に出演しブレイク。兎本有紀と離婚。

トリビアの泉

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2002.4.1~ 41 193 11 赤い空歩く人 青い夜
2003.4.1~ 42 38 12 白い鏡 青い手
2004.4.1~ 43 143 13 青い夜 青い猿
2002年にタモリ出演の深夜放送『トリビアの泉』の司会を八嶋智人と担当。
2003年にはゴールデン枠に移行。2006年までレギュラー放送が続きます。
高視聴率を記録し、認知度も高い。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に『トリビアの泉』の司会を八嶋智人と担当。

ドラマ初主演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.4.1~ 45 93 2 赤い空歩く人 黄色い人
2007.4.1~ 46 198 3 白い鏡 黄色い戦士
2008.4.1~ 47 43 4 青い夜 黄色い太陽
2006年に金曜エンタテイメント『こちら新宿駆けこみ寺』でドラマ初主演。
2008年にNHK土曜ドラマ『フルスイング』で連続ドラマ初主演。ギャラクシー賞2008年2月度月間賞を受賞。

ウェブスペルの色が黄色の前半に連続ドラマ初主演。

再婚・父になる

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2011.4.1~ 50 98 7 白い鏡 黄色い人
2012.4.1~ 51 203 8 青い夜 黄色い戦士
2015.4.1~ 54 258 11 白い鏡 黄色い星
2011年に15才年下の一般女性と再婚。
2012年に長男が誕生し51歳にして初めて子を持ちます。
2015年に長女が誕生。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに一般女性と再婚。その後、2人の子に恵まれます。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.4.1~ 58 158 2 白い鏡 赤い地球
2020.4.1~ 59 3 3 青い夜 赤い竜
2021.4.1~ 60 108 4 黄色い星 赤い蛇
高橋克実の現在は、ウェブスペルの色が赤色の始まり付近に当たります。
59才の時はKin3。想像力豊かな年です。マイペースな面もあります。

  • 音3は、性質の異なる人・物事を結びつける役割があります。立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり調整したりします。
  • 青い夜は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、いつもより頑張れます。
  • 赤い竜は、物事を誕生させるパワーがあり、叩かれてもめげません。母性愛が強く血のつながりをとても大事にします。

初めての物事が多い。それは天からの贈り物。

高橋克実(たかはし かつみ)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の始めの年に上京し浪人生活。その後、松田優作に憧れ役者を目指します。
白色の後半に劇団に入団。映画の端役でデビュー。
青色の前半に兎本有紀と結婚。
青色の後半に『ショムニ』に出演しブレイク。兎本有紀と離婚。
青色の最期付近に『トリビアの泉』の司会を八嶋智人と担当。
黄色の前半に連続ドラマ初主演。
黄色の半ばに一般女性と再婚。その後、2人の子に恵まれます。

松田優作の大ファン。それが高じて役者となった。
後に、優作の息子である松田翔太とドラマ『ドン★キホーテ』で共演。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

児嶋一哉
児嶋一哉(こじま かずや)は、日本のお笑いタレント、俳優、プロ雀士。お笑いコンビ・アンジャッシュのボケ担当。イジられキャラとしてソロとしても活躍。

続きを読む


六角精児
六角精児(ろっかく せいじ)は、日本の俳優・タレント。『相棒』シリーズで米沢監察医役で出演。『電車男』に出演したころから注目され多くのレギュラーを持つようになります。

続きを読む


丸川珠代
丸川珠代(まるかわ たまよ)は、日本の政治家、元テレビ朝日アナウンサー。テレビ朝日時代は『ビートたけしのTVタックル』などに出演。安倍総理から出馬要請を受けテレビ朝日を退社し参院選に出馬し当選。環境大臣などを歴任。

続きを読む


近藤芳正
近藤芳正(こんどう よしまさ)は、日本の俳優。ドラマ『中学生日記』でデビュー。劇団七曜日の劇団員ながら東京サンシャインボーイズの舞台に多く出演。三谷幸喜脚本の映画作品に数多く出演。名脇役で知られる人物。

続きを読む


西村まさ彦
西村まさ彦(にしむら まさひこ)は、日本の俳優、司会者。東京サンシャインボーイズに入団し多くの三谷脚本作品に出演。『古畑任三郎』シリーズの今泉慎太郎役は当たり役となった。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin048)

江利チエミ
江利チエミ(えり チエミ)は、昭和期に活躍した日本の歌手・女優・タレント。天才少女と呼ばれ一躍スターダムに上がった。美空ひばり,雪村いづみとともに「3人娘」と呼ばれ大衆的に大人気を得た。

続きを読む


相武紗季
相武紗季(あいぶ さき)は、日本の女優。スカウトされ芸能界デビュー。テレビ、映画、舞台、声優など幅広く活躍。『ミスタードーナツ』など多数のCMに出演し、CM女王としても有名。

続きを読む


立川志の輔
立川志の輔(たてかわ しのすけ)は、落語家、タレント。立川談志に入門。その後、テレビのレポーターに抜擢され一気に売れっ子になります。落語を続け平成を代表する落語家として君臨。

続きを読む


関連記事 (タレント)

山田邦子
山田邦子(やまだ くにこ)は、お笑いタレント、女優、司会者、小説家。1980年代から2000年頃にかけて活躍した人で、ゴールデンタイムで冠番組を持った女性ピン芸人は今のところ山田邦子だけ。

続きを読む


笑福亭鶴瓶
笑福亭鶴瓶(しょうふくてい つるべ)は落語家(6代目笑福亭松鶴門下)、タレント、俳優、歌手、司会者、ラジオパーソナリティ。『笑っていいとも!』や『鶴瓶の家族に乾杯』で誰もが知る存在となりました。

続きを読む


東国原英夫
東国原英夫は政治評論家、タレント、元政治家。ビートたけしの一番弟子。2007年に第17回宮崎県知事選挙に当選。2011年に第46回衆議院議員総選挙で近畿ブロック比例1位で当選。しかし1年で辞職します。

続きを読む


関連記事 (俳優)

4代目市川猿之助
四代目 市川猿之助(よだいめ いちかわ えんのすけ)は、日本の歌舞伎役者。前名は二代目市川亀治郎。大河ドラマ『風林火山』に出演以降、テレビドラマ、映画、現代劇、バラエティ番組にも多数く出演。

続きを読む


鈴木亮平
鈴木亮平(すずき りょうへい)は、日本の俳優。2014年にNHK朝ドラ『花子とアン』のヒロインの夫・村岡英治役。2018年の大河ドラマ『西郷どん』で主人公の西郷隆盛を演じます。

続きを読む


安田顕
安田顕(やすだ けん)は、日本の俳優、タレント。愛称は「ヤスケン」。「水曜どうでしょう」の準レギュラー・onちゃんの中の人。2004年以降は俳優として全国区で本格的に活動。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ