2,343 views

ミュージシャンYOSHIKIの誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → YOSHIKI

記事公開日:2019年05月04日
最終更新日:2021年02月21日

YOSHIKI
出典:wikipedia.org 2016年

YOSHIKI(ヨシキ)は、日本のミュージシャン、ドラマー、ピアニスト。愛称は「よっちゃん」。

X JAPANのドラマー/ピアニストとして有名。X JAPANのほかにもViolet UK、L・O・X、V2、globe extreme、S.K.I.N.などへ参加。

このページでは、YOSHIKI(ヨシキ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ X JAPANのメンバーの誕生日占いと相性占い

YOSHIKIの誕生日占い

生年月日:1965年11月20日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin181です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い竜 白い犬 音12
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い空歩く人
互いに学びあう 反対kin 青い猿
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い太陽
以てるもの同士の類似kin 白い鏡
鏡の向こうのもう一人の自分 kin80
絶対反対kin kin51

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音12」は、人当りのよい雰囲気を持っていますので、人から相談されたり、頼られたり、話を聞いてくれそうな雰囲気のため、自然と人が寄ってきます。組織や集団の中で「相談役」になることが多い人です。 解決をしていく上でキーパーソンになり、問題解決能力に長けています。好き嫌いが激しく、さみしがり屋さんで依存心・依託心を持つ一面があります。

「白い犬」は、正直すぎる人で、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝える、やさしく厳しい人です。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。家族のためなら、自分を犠牲にしても家族を守ります。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

ひとことでいえばKin181の誕生日占いは、一人で意欲満々のタイプです。他の人と協力することで大きな成果を得ます。進行を妨げられたら計画を温めなおすこと。

広告

YOSHIKIの個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

千葉県館山市の老舗呉服店に生まれます。

音楽とのかかわり

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1969.11.20~ 4 81 3 赤い竜 青い嵐
1974.11.20~ 9 86 8 白い世界の橋渡し 青い嵐
1977.11.20~ 12 141 11 赤い竜 青い猿
4才の時に父からピアノを買い与えられ、9才の頃からピアノで作曲を始めます。
1977年にバンド「DYNAMITE」、1978年にバンド「NOISE」をToshiと共に結成。
ToshiとYOSHIKIは幼稚園で出会います。

ウェブスペルの色が青色の前半からピアノに触れます。
青色の最期付近にはToshiと共にバンドを結成。

X JAPAN

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1981.11.20~ 16 41 2 赤い竜 黄色い太陽
1982.11.20~ 17 146 3 白い世界の橋渡し 黄色の種
1983.11.20~ 18 251 4 青い猿 黄色い星
1982年夏に大学受験に専念するためにメンバーが抜け、バンド「NOISE」は解散。
同年、ハードなロックを指向したバンド「X」(現在のX JAPAN)を新たに結成。
高校を卒業後に、音大への推薦入学が決まっていましたが、大学に進学せず東京でバンドを続ける決意を固めたことをToshiから聞き、YOSHIKIも一緒の道を進むのを決意。
高校卒業後、本格的にバンド活動を行うためにToshlと共に上京。

ウェブスペルの色が黄色の始めころにバンド「X」を結成。高校卒業後に本格的にバンド活動を開始。

メジャーデビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1986.11.20~ 21 46 7 白い世界の橋渡し 黄色い太陽
1988.11.20~ 23 256 9 黄色い戦士 黄色い星
1989.11.20~ 24 101 10 赤い竜 黄色い人
Xのレコードをリリースするために1986年にインディーズのレコード会社「エクスタシーレコード」を設立。
1988年に1枚目のアルバム『Vanishing Vision』(ヴァニシング・ヴィジョン)をリリース。
1989年に2作目のアルバム『BLUE BLOOD』でCBSソニーからメジャー・デビュー。
同年の年末には日本有線大賞の最優秀新人賞、全日本有線放送大賞の最優秀新人賞、第4回日本ゴールドディスク大賞の最優秀新人賞などを受賞。

ウェブスペルの色が黄色の後半に「X」の2枚目のアルバムがメジャーデビュー。様々な賞を受賞。

ソロ活動・アメリカへ拠点を移す

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1991.11.20~ 26 51 12 青い猿 黄色い太陽
1992.11.20~ 27 156 13 黄色い戦士 黄色の種
1993.11.20~ 28 1 1 赤い竜 赤い竜
1991年に小室哲哉と共に「V2」を結成。「V2」ではシングルを1枚発売。
1992年にロサンゼルスにレコーディングスタジオと自宅を購入しアメリカに拠点を移します。同年、東芝EMIとソロ契約を締結。ソロ名義で作品を発表していきます。
1993年にNOAのシングル『今を抱きしめて』をプロデュース。第36回日本レコード大賞で優秀賞を受賞。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近よりソロ活動も開始。アメリカに拠点を移します。

X JAPAN解散

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1997.11.20~ 32 161 5 赤い竜 赤い地球
1998.11.20~ 33 6 6 白い世界の橋渡し 赤い竜
1999.11.20~ 34 111 7 青い猿 赤い蛇
1997年にToshiがX JAPANを脱退。X JAPANを解散を発表。
当初、2000年に新たなボーカルを加え再結成の予定だったが、1998年にHIDEの急逝で精神的に落ち込みます。
そんな中、1999年に『天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典』の奉祝曲の制作依頼を受け作曲したピアノ協奏曲「Anniversary」を演奏。
この時に受けた歓声が再起の契機となります。

ウェブスペルの色が赤色の半ばにToshiがX JAPANを脱退しX JAPANを解散。

X JAPAN再結成

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.11.20~ 41 66 1 白い世界の橋渡し 白い世界の橋渡し
2007.11.20~ 42 171 2 青い猿 白い犬
2008.11.20~ 43 16 3 黄色い戦士 白い魔法使い
X JAPAN 解散後のYOSHIKIはソロとして活動。
2007年にToshiと8年ぶりに再会したのをきっかけにX JAPANを再結成。
同年、GACKTSUGIZO、雅-miyavi-とのロック・バンド「S.K.I.N.」の結成。初ライブとなった「ANIME EXPO AX2007」では15000人収容の会場がほぼ満席となり大成功。

ウェブスペルの色が白色の始めの年にロック・バンド「S.K.I.N.」の結成、X JAPANを再結成。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.11.20~ 55 236 2 黄色い戦士 青い鷲
2021.11.20~ 56 81 3 赤い竜 青い嵐
2022.11.20~ 57 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
YOSHIKIの現在は、ウェブスペルの色が青色の始まり付近に当たります。
55才の時はKin236。自信過剰な反面、落胆しやすい年です。好き嫌いがはっきりしています。

  • 音2は、パワーが強く衝突するような体験が多いです。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。
  • 黄色い戦士は、「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。
  • 青い鷲は、勘が働き観察力にすぐれ、常にその先を意識できます。物事を常に客観的に見れます。

悩みの中にあっても希望を持って時を見る。

YOSHIKIのまとめ

個人Kin年表のウェブスペルの色で流れを見てみると

青色の前半からピアノに触れます。
青色の最期付近にはToshiと共にバンドを結成。
黄色の始めころにバンド「X」を結成。高校卒業後に本格的にバンド活動を開始。
黄色の後半に「X」の2枚目のアルバムがメジャーデビュー。様々な賞を受賞。
黄色の最後付近よりソロ活動も開始。アメリカに拠点を移します。
赤色の半ばにToshiがX JAPANを脱退しX JAPANを解散。
白色の始めの年にロック・バンド「S.K.I.N.」の結成、X JAPANを再結成。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

石塚英彦
石塚英彦(いしづか ひでひこ)は、日本のお笑いタレント、グルメリポーター、俳優。愛称は「石ちゃん」。お笑いコンビ・ホンジャマカとして活躍後、ソロで活動。グルメレポーターとして活躍。食べた後の「まいうー」はトレードマーク。

続きを読む


恵俊彰
恵俊彰(めぐみ としあき)は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優。お笑いコンビ・ホンジャマカとして活躍後、ソロで活動。2009年より『ひるおび!』の総合司会で有名。俳優としても活動しており『下町ロケット』等に出演。

続きを読む


片瀬那奈
片瀬那奈(かたせ なな)は、日本の女優、司会者。スカウトを受け芸能界入り。『旭化成水着キャンペーンモデル』で注目されドラマ『美少女H2』で女優デビュー。情報番組『シューイチ』の総合司会を担当。

続きを読む


小倉久寛
小倉久寛(おぐら ひさひろ)は、日本の俳優、声優。三宅裕司が主催のスーパー・エキセントリック・シアターの旗揚げに参加。1980年代半ばよりバラエティ番組を中心にテレビ出演が増え、その後『ヤングスタジオ101』の司会に抜擢。

続きを読む


染谷将太
染谷将太(そめたに しょうた)は、日本の俳優。妻は女優の菊地凛子。7才から子役として活動。2011年に映画『ヒミズ』で二階堂ふみと共にヴェネツィア国際映画祭のマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin181)

井山裕太
井山裕太(いやま ゆうた)は日本の囲碁棋士。囲碁界・将棋界通して史上初の年間7冠(棋聖・名人・本因坊・王座・天元・碁聖・十段)の達成者です。

続きを読む


土屋太鳳
土屋太鳳(つちや たお)は、日本の女優。朝の連続テレビ小説『まれ』で2020人の応募者からヒロインに選ばれ主演。2018年に『第60回輝く!日本レコード大賞』で安住紳一郎と共に総合司会を担当。

続きを読む


毛利衛
毛利衛(もうり まもる)は北海道出身の宇宙飛行士。日本人で2人目の宇宙にいった人物であり、2度宇宙に行きました。日本人で初めてスペースシャトル計画に関わった人物です。

続きを読む


辻本憲三
辻本憲三(つじもと けんぞう)は、日本の実業家。ゲーム会社の株式会社カプコンの創業者です。個人事業としてワイナリー「ケンゾー エステイト」の経営者でもあります。

続きを読む


関連記事 (歌手)

レイ・チャールズ
レイ・チャールズは、アメリカの歌手。「ソウルミュージックの神様」と称された伝説的な人物。目が見えないというハンディを背負いながら活動。「我が心のジョージア」はミリオンセラーを記録。

続きを読む


山崎まさよし
山崎まさよし(やまざき まさよし)は、日本のシンガーソングライター、俳優。初の主演映画『月とキャベツ』のテーマ曲「One more time, One more chance」でブレイク。

続きを読む


円広志
円広志(まどか ひろし)は、日本のシンガーソングライター、タレント、作曲家。自ら歌った『夢想花』がロングヒット。森昌子の『越冬つばめ』の作曲家。関西製作のバラエティに多く出演。

続きを読む


奥田民生
奥田民生(おくだ たみお)は、日本のミュージシャン、音楽プロデューサー。ユニコーンのボーカルとして活躍。解散後、ソロとして活動。また、音楽プロデューサーとしてPUFFYなどデビューさせます。

続きを読む


後藤真希
後藤真希(ごとう まき)は、日本の歌手、タレント、YouTuber。『モーニング娘。』の元メンバー(3期)。シングル「LOVEマシーン」でセンターを担当。国民的アイドルの階段を一気に駆け上がります。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ