1,022 views

ヤックン・薬丸裕英の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 薬丸裕英

記事公開日:2018年06月03日
最終更新日:2019年03月23日

薬丸裕英
→ 画像検索はこちら

薬丸裕英(やくまる ひろひで)は、日本のタレント、司会者。愛称は「ヤックン」。

シブガキ隊として活躍後、アイドル歌手・石川秀美と電撃結婚。
その後、「はなまるマーケット」の司会を17年半に渡り努めました。

このページでは薬丸裕英の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ シブがき隊メンバーの誕生日占いと相性占いを診断

薬丸裕英の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1966年2月19日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin12です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い人 赤い竜 音12
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い種
互いに学びあう 反対kin 白い風
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い月
以てるもの同士の類似kin 青い手
鏡の向こうのもう一人の自分 kin249
絶対反対kin kin142

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音12」は、人当りのよい雰囲気を持っていますので、人から相談されたり、頼られたり、話を聞いてくれそうな雰囲気のため、自然と人が寄ってきます。組織や集団の中で「相談役」になることが多い人です。 解決をしていく上でキーパーソンになり、問題解決能力に長けています。好き嫌いが激しく、さみしがり屋さんで依存心・依託心を持つ一面があります。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

「黄色い人」は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。

ひとことでいえばKin12の誕生日占いは、相手の気持ちを尊重すると自分の能力が磨かれるタイプです。偶然の出会いを生かすことで日常が新鮮になります。

広告

薬丸裕英の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都武蔵野市で生まれます。
幼少時代から高校時代までは関東近郊を転々と転居し育ちます。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1981.2.19~ 15 27 1 青い手 青い手
1982.2.19~ 16 132 2 黄色い人 青い猿
1983.2.19~ 17 237 3 赤い地球 青い鷲
1981年にTBS『2年B組仙八先生』でデビュー。同番組では本木雅弘、布川敏和、三田寛子がデビューしています。
1982年アイドルグループ「シブがき隊」のメンバーとして、シングル『NAI・NAI 16』で歌手デビュー。
「シブがき隊」も「花の82年組」に入れられることがあります。同年の『第24回日本レコード大賞』では最優秀新人賞を受賞。

明治大学付属中野高等学校の定時制を中退します。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に『2年B組仙八先生』でデビュー。翌年「シブがき隊」で歌手デビューします。

シブがき隊

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1986.2.19~ 20 32 6 黄色い人 青い手
1987.2.19~ 21 137 7 赤い地球 青い猿
1988.2.19~ 22 242 8 白い風 青い鷲
「シブがき隊」のセンターは当初薬丸だったが、途中から本木がセンターになった。
米国から見た日本、すなわちジャポニズムの楽曲が多数制作されます。
1982年から1986年まで紅白歌合戦に5回出場。
1988年11月2日に「シブがき隊」は解散します。

ウェブスペルの色が青色の後半に「シブがき隊」は解散します。

ジャニーズ解散後は「マルチタレント」として、テレビドラマや映画、バラエティ番組などに出演し、ジャニーズの後輩とも度々共演します。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1990.2.19~ 24 192 10 黄色い人 青い夜
1991.2.19~ 25 37 11 赤い地球 青い手
1992.2.19~ 26 142 12 白い風 青い猿
1990年にアイドル時代より交際を続けていた石川秀美と結婚。
婚約発表時、石川はすでに妊娠8か月でした。石川は結婚を機に芸能界を引退。その後、3男2女、5人の子に恵まれます。

ウェブスペルの色が青色の後半に石川秀美と結婚します。

はなまるマーケット

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1996.2.19~ 30 42 3 白い風 黄色い太陽
1997.2.19~ 31 147 4 青い手 黄色の種
1998.2.19~ 32 252 5 黄色い人 黄色い星
1996年より「はなまるマーケット」の司会を岡江久美子と共に務めます。
番組開始当初は「半年の“つなぎ”だから」といわれた番組でしたが長寿番組に成長します。

ウェブスペルの色が黄色の始めころに「はなまるマーケット」の司会を岡江久美子と共に務めます。

はなまるマーケット終了

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2013.2.19~ 47 7 7 青い手 赤い竜
2014.2.19~ 48 112 8 黄色い人 赤い蛇
2015.2.19~ 49 217 9 赤い地球 赤い月
2007年に長男のSHOが芸能界デビュー。次男はサッカー選手としてヨーロッパで活動。

2013年に妻の石川秀美が夫を残し、長女の留学と共に、幼児の次女を連れてハワイへ移住。
週末は、薬丸裕英がハワイへ来て帰っていく生活を何年も続けています。

「はなまるマーケット」の司会は2014年3月まで17年半に渡りつづけます。

ウェブスペルの色が赤色の後半に「はなまるマーケット」の司会は終了します。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.2.19~ 52 12 12 黄色い人 赤い竜
2019.2.19~ 53 117 13 赤い地球 赤い蛇
2020.2.19~ 54 222 1 白い風 白い風
薬丸裕英の現在は、ウェブスペルの色が赤色の最後の年に当たります。
53才の時はKin117。融通の利く年です。「感情が」がキーワードです。変化に身を任せよう。

  • 音13は、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことに向いています。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえることができます。
  • 赤い地球は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。
  • 赤い蛇は、よくも悪くも執着心が強く、あきらめない執念を持っています。

変化に身を任せよう。頭の切り替えが大事。

薬丸裕英のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の始めの年に『2年B組仙八先生』でデビュー。翌年「シブがき隊」で歌手デビューします。
青色の後半に「シブがき隊」は解散します。
青色の後半にアイドル歌手の石川秀美と結婚します。
黄色の始めころに「はなまるマーケット」の司会を岡江久美子と共に務めます。
赤色の後半に「はなまるマーケット」の司会は終了します。


参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

田中圭
田中圭(たなか けい)は、日本の俳優、タレント。2018年にドラマ『おっさんずラブ』で主演をつとめ、人気を博します。

続きを読む


パンツェッタ・ジローラモ
パンツェッタ・ジローラモは、イタリア生まれの外国人タレント。ちょいワルオヤジとして知られる人物。ホリプロ所属で元東京純心女子大学講師。ニックネームはジローさん。

続きを読む


藤井フミヤ
藤井フミヤ(ふじいフミヤ)は、日本のミュージシャン、俳優。元チェッカーズのリードボーカル。チェッカーズ解散後はソロとして活動。弟の藤井尚之と「F-BLOOD」を結成し活動。

続きを読む


乃木希典(のぎ まれすけ)は、日本の武士(長府藩士)、軍人、教育者。日露戦争における旅順攻囲戦の指揮。明治天皇の後を慕って殉死。「乃木神社」や「乃木坂」に名前を残した人物。

続きを読む


渋野日向子
渋野日向子(しぶの ひなこ)は、日本の女子プロゴルファー。ニックネームはシブコ。2019年「AIG全英女子オープン」で日本人女子選手として樋口久子以来、42年ぶりのメジャー優勝を果たした人物です。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin012)

森泰吉郎
森泰吉郎(もり たいきちろう)は、日本の実業家、経営史学者。森ビルの創業者です。学者として横浜市立大学商学部長・教授も務めた。

続きを読む


池畑慎之介
ピーターこと池畑慎之介(いけはた しんのすけ)は、日本の歌手、俳優、タレント。役者を行うときは池畑慎之介、バラエティー番組の時はピーターと名前を使い分けています。

続きを読む


伊丹十三
伊丹十三(いたみ じゅうぞう)は映画監督、俳優。代表作は「マルサの女」や「たんぽぽ」など。

続きを読む


丸山桂里奈
丸山桂里奈(まるやま かりな)は、日本の元サッカー選手、タレント。サッカー選手として日本代表に選出。FIFA女子ワールドカップに出場し初優勝に貢献。引退後はタレントに転身。発言で注目を集めます。

続きを読む


小錦八十吉
小錦八十吉(こにしき やそきち)は、アメリカ・ハワイ出身。東関部屋の元大相撲力士。最高位は大関。現在はKONISHIKI(コニシキ)の芸名でタレント活動を行っています。

続きを読む


関連記事 (タレント)

間寛平
間寛平(はざま かんぺい)は、日本のお笑いタレント、歌手。吉本新喜劇のスターとして関西を中心に絶大な人気を得ます。「アヘアヘアヘアヘ…」「アーメマ!」「かいーの」などのギャグで有名。

続きを読む


渡辺満里奈
渡辺満里奈(わたなべ まりな)はタレント、司会者、歌手。夫はお笑いトリオ「ネプチューン」の名倉潤。「おニャン子クラブ」の会員番号36番。その後、バラエティに進出。趣味・経験の本を多数出版。

続きを読む


長嶋一茂
長嶋一茂(ながしま かずしげ)は、日本のタレント、元プロ野球選手。父と同じ立教大学で活躍後にプロ野球選手になります。ヤクルト、巨人と入団しますが成績を残せずに現役引退し芸能人に転身。

続きを読む


吉村明宏
和田アキ子のモノマネを武器に一躍人気タレントへ。自身初の冠番組を持ちますが、スタッフに上から目線で怒ったりするなどの悪行を繰り返し関係が悪化。『アッコにおまかせ!』を降板後はテレビ出演は激減。

続きを読む


東八郎
東八郎(あずま はちろう)は、日本のコメディアン、タレント。昭和を代表するコメディアンの一人です。次男は東MAX(アズマックス)こと東貴博(あずま たかひろ)。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事