1,745 views

一握の砂・石川啄木の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 石川啄木

記事公開日:2018年09月26日
最終更新日:2022年06月04日

石川啄木
出典:wikipedia.org

石川啄木(いしかわ たくぼく)は日本の歌人、詩人。

歌集『一握の砂』で近代短歌に新領域を開いた人物です。結核のため26歳の若さでなくなります。

このページでは、石川啄木(いしかわ たくぼく)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

石川啄木(いしかわ たくぼく)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1886年2月20日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin193です。

太陽の紋章(健在意識)ウェブスペル(潜在意識)銀河の音
赤い空歩く人青い夜音11
ガイドをしてしてくれる ガイドkin赤い空歩く人
互いに学びあう 反対kin青い夜
互いに秘かれあう 神秘kin黄色い星
以てるもの同士の類似kin白い世界の橋渡し
鏡の向こうのもう一人の自分kin68
絶対反対kinkin63

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音11」は、オリジナリティが高く、自分のスタンスやスタイルを崩さず、独自の道を歩むエネルギーの強い人です。常に自分自身の中に、堅実さと奔放さなど相反する要素を持っています。強い破壊力の持ち主で良くも悪くも、事をやり遂げるためには手段を選びません。「改革者」という言葉が似合う人です。

「青い夜」は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、寝なくってもご飯を食べなくてもどんなことでもやれる人です。自分を理解してくれる人は囲い込み、よく面倒を見る反面、好き嫌いもはっきりしてます。嫌いなものは嫌い。と厳しい面も。

「赤い空歩く人」は、面倒見がよく、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。良識的な人が多く、経験重視の判断をする傾向があります。まとめ役になることも多いのが特徴です。

ひとことでいえばKin193の誕生日占いは、パフォーマンスが得意なタイプです。エネルギッシュでパワフルです。自分のままに生きることが自分らしく生きること。

広告

石川啄木(いしかわ たくぼく)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

岩手県盛岡市の曹洞宗の住職の家に生まれます。本名は石川 一(いしかわ はじめ)。
1才の時に父が盛岡市渋民にある宝徳寺住職になり、一家で渋民村へ移住します。

中学時代

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
1898.2.20~1215310赤い空歩く人黄色の種
1899.2.20~1325811白い鏡黄色い星
1900.2.20~1410312青い夜黄色い人
1901.2.20~1520813黄色い星黄色い戦士
1898年に岩手県盛岡尋常中学校に入学。三年先輩に金田一京助、また10年後には宮沢賢治がこの学校に入学します。
中学時代に『明星』を読んで与謝野晶子らの短歌にのめり込み文学への志を抱いた。
1901年に『岩手日報』に短歌を発表。これが初めて活字となった啄木の短歌でした。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に文学への志を抱きます。

あこがれ

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
1904.2.20~1833青い夜赤い竜
1905.2.20~191084黄色い星赤い蛇
1906.2.20~202135赤い空歩く人赤い月
1904年に中学時代の同級生だった堀合節子と婚約。
1905年に詩集『あこがれ』を出版。一部で天才詩人と評された。
しかし一方で、父が金銭トラブルで住職を免職、節子と結婚。と父、母、妻を養わなければならず文学どころではなくなります。
1906年に盛岡の渋民尋常高等小学校の代用職員として勤務。

ウェブスペルの色が赤色の前半に詩集『あこがれ』を出版。一方で、父、母、妻を扶養にし生活は困窮します。

北海道

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
1907.2.20~21586白い鏡赤い空歩く人
1908.2.20~221637青い夜赤い地球
1907年に北海道で知り合いを得て代用教員を辞して北海道へ渡ります。
函館商工会議所の臨時雇い、代用教員、新聞社社員などに就きますが、どの仕事も長続きせず函館、札幌、小樽、釧路と転々とします。
函館では宮崎郁雨と知り合い、友となります。
文学への夢をあきらめきれない啄木は1908年に旧友の金田一京助を頼り再び上京します。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに北海道へ渡りますが、文学をあきらめきれず再度上京します。

一握の砂

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
1909.2.20~2388黄色い星赤い竜
1910.2.20~241139赤い空歩く人赤い蛇
1909年に『東京朝日新聞』の校正係になる。
借金生活が続いていたが後に、浅草に通い娼妓との遊興に費やされた為の貧困だったとローマ字日記で判明。
1910年に歌集『一握の砂』を出版。近代短歌に新領域を開きます。

ウェブスペルの色が赤色の後半に歌集『一握の砂』を出版します。

晩年

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
1911.2.20~2521810白い鏡赤い月
1912.2.20~266311青い夜赤い空歩く人
1910年に明治天皇の暗殺を計画したとされる大逆事件が発生。啄木は社会主義に目覚めます。
1912年4月13日に結核で亡くなりました。
啄木の死後の6月20日に第二歌集『悲しき玩具』出版されます。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に26才の若さで亡くなりました。

石川啄木(いしかわ たくぼく)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の最後付近に文学への志を抱きます。
赤色の前半に詩集『あこがれ』を出版。一方で、父、母、妻を扶養にし生活は困窮します。
赤色の半ばに北海道へ渡りますが、文学をあきらめきれず再度上京します。
赤色の後半に歌集『一握の砂』を出版。近代短歌に新領域を開きます。
赤色の最後付近に26才の若さで亡くなりました。第二歌集『悲しき玩具』出版。

啄木の一周忌を機に函館の立待岬に宮崎郁雨らの手で「石川啄木一族の墓」が立てられ遺骨が移されます。
1958年(昭和33年)に石川啄木像建設期成会によって石川啄木座像が函館大森浜に寄贈。1977年に函館大森浜「啄木小公園」に移設。
現在、隣接地には土方・啄木浪漫館があり函館の観光スポットの1つになっています。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

西野七瀬
西野七瀬(にしの ななせ)は、日本の女優、ファッションモデル、タレント。乃木坂46の元メンバー。乃木坂46ではグループ最多となる7度センターに抜擢。ソロ写真集『風を着替えて』は発行部数20万部を突破。auのCM「意識高すぎ!高杉くん」で貯杉先生として登場。

続きを読む


滝沢沙織
滝沢沙織(たきざわ さおり)は、日本の女優。ユニチカ水着キャンペーンガールに選出されデビュー。モデルとして活動後女優に転身。連続テレビドラマに23クール連続でレギュラー出演した記録を持ちます。

続きを読む


マリ・キュリー
マリ・キュリーは、ポーランド出身の物理学者・化学者。キュリー夫人の名で有名。ラジウム、ポロニウムの発見および放射線の研究で、1903年のノーベル物理学賞、1911年のノーベル化学賞と2度ノーベル賞を受賞。ノーベル賞を2度受賞した人物はマリ・キュリーが初。

続きを読む


杉田玄白
杉田玄白(すぎた げんぱく)は、日本の江戸時代の蘭学医。解剖学書『解体新書』を刊行したことで有名。医学塾『天真楼』を開きたくさんの門人を育成。蘭学の発達に貢献。

続きを読む


陳建一
陳建一(ちん けんいち)は、中華料理(四川料理)の料理人、調理師、料理研究家。テレビ番組『料理の鉄人』への出演で知られます。四川飯店グループのオーナーとして日本各地で店舗を展開。父は日本における四川料理の父といわれた陳建民。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin193)

八千草薫
八千草薫(やちぐさ かおる)は、日本の女優。宝塚歌劇団で美貌・清純派の娘役として一時代を風靡。退団後はおっとりとした良妻賢母役でテレビドラマなどで活躍。

続きを読む


中島知久平
中島知久平(なかじま ちくへい)は、日本の海軍軍人、実業家、政治家。創設した中島飛行機は第二次世界大戦終戦までは東洋最大、世界有数の航空機メーカー。戦後GHQより財閥解体指令を受けます。

続きを読む


浜口京子
浜口京子(はまぐち きょうこ)は、日本の女子レスリング選手。父はアニマル浜口。アテネオリンピック、北京オリンピックで72kg級に出場し銅メダルを獲得。

続きを読む


安藤忠雄
安藤忠雄(あんどう ただお)は、建築家。コンクリート打ち放しと幾何学的なフォルムによる独自の表現を確立し、世界的な評価を得る。1990年代以降、公共建築、美術館建築の仕事を行う。

続きを読む


中村梅雀
二代目 中村梅雀(なかむら ばいじゃく)は日本の俳優、ベーシスト、作曲家。代々続く歌舞伎役者の家系の出身でありながらテレビドラマや映画に積極的に出演。

続きを読む


関連記事 (作家)

山本周五郎
山本周五郎(やまもと しゅうごろう)は、日本の小説家。作風は時代小説。代表作に『樅ノ木は残った』『赤ひげ診療譚』など。直木賞受賞決定後に辞退。

続きを読む


村上龍
村上龍(むらかみ りゅう)は、日本の小説家、映画監督、脚本家。『限りなく透明に近いブルー』でデビュー。芥川賞を受賞。テレビ東京『カンブリア宮殿』では司会を担当。

続きを読む


山崎豊子
山崎豊子さんは小説家。主要作品の大半が映画化およびドラマ化され社会派小説の金字塔を打ち立てた作家です。「白い巨塔」や「華麗なる一族」などが有名です。

続きを読む


内館牧子
内館牧子(うちだて まきこ)は、日本の脚本家、作家、作詞家。代表作に『ひらり』『毛利元就』『私の青空』など。好角家としてしられ2000年より10年間横綱審議委員を努めます。

続きを読む


小松左京
小松左京(こまつ さきょう)は、日本の小説家。筒井康隆、星新一と並んで「SF御三家」とも称される人物。代表作に『復活の日』『日本沈没』『果しなき流れの果に』などあります。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ