243 views

三択の女王・竹下景子の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 竹下景子

竹下景子
→ 画像検索はこちら

竹下景子(たけした けいこ)は、日本の女優、タレント。

『クイズダービー』にレギュラー出演。「三択の女王」と呼ばれ、人気を獲得。
『男はつらいよ』シリーズでは別々の役で三度マドンナとして起用された。

このページでは、竹下景子(たけした けいこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

竹下景子の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1953年9月15日生まれ

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin155(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い鷲 黄色い種 音12
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い手
互いに学びあう 反対kin 赤い蛇
互いに秘かれあう 神秘kin 白い世界の橋渡し
以てるもの同士の類似kin 黄色い種
鏡の向こうのもう一人の自分 kin106
絶対反対kin kin25

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音12」は、人当りのよい雰囲気を持っていますので、人から相談されたり、頼られたり、話を聞いてくれそうな雰囲気のため、自然と人が寄ってきます。組織や集団の中で「相談役」になることが多い人です。 解決をしていく上でキーパーソンになり、問題解決能力に長けています。好き嫌いが激しく、さみしがり屋さんで依存心・依託心を持つ一面があります。

「黄色い種」は、「物事の根本的な原因」「本質」「理屈」を最初から納得できるまで追究したくなる人です。理屈で物事を考える人です。相手にも自分にも、気づかせたい、気づきたい。と思っています。他人の良いところを見つけ開花させるのも得意です。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin155の誕生日占いは、心のままに生きると自然に願いが叶うタイプです。血気さかんな時こそ、来るべき事態に備える。

広告

竹下景子の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

名古屋市生まれ。父は竹下重人(たけした しげと)。父は国税局勤務。

父の転勤

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1957.9.15~ 4 55 3 青い鷲 赤い空歩く人
1963.9.15~ 10 165 9 赤い蛇 赤い地球
1964.9.15~ 11 10 10 白い犬 赤い竜
4才の時に父が国税庁に転勤となり東京に引っ越し。
小学4年の時に父が国税庁を辞め弁護士を目指すことになったため、公務員宿舎に住むことができず、名古屋へ引っ越し。
以後、高校卒業まで名古屋で過ごします。

ウェブスペルの色が赤色の後半に東京より名古屋へ引っ越し。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1968.9.15~ 15 170 1 白い犬 白い犬
1969.9.15~ 16 15 2 青い鷲 白い魔法使い
1973.9.15~ 20 175 6 青い鷲 白い犬
1969年、高校1年の時にNHKの『中学生群像』(『中学生日記』の前身)を紹介され、ドラマデビュー。
共演した三ツ矢雄二や戸田恵子とは今の親友通し。

大学は東京女子大学に進学。
1973年にNHK『波の塔』で本格的にデビュー。以後、多くのテレビドラマに出演。

ウェブスペルの色が白色の始めの年にドラマデビュー。
白色の半ばより本格的に活動を始めます。

三択の女王

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1976.9.15~ 23 230 9 白い犬 白い風
1977.9.15~ 24 75 10 青い鷲 白い世界の橋渡し
1978.9.15~ 25 180 11 黄色い太陽 白い犬
1976年から『クイズダービー』のレギュラー回答者として出演。「三択の女王」と呼ばれ、人気を獲得。司会は大橋巨泉
1977年に「お嫁さんにしたい女優No.1」と言われ、人気が沸騰。
1978年に大河ドラマ『黄金の日日』に出演。大河ドラマにも数本出演。

ウェブスペルの色が白色の後半に『クイズダービー』のレギュラー回答者として出演。「三択の女王」と呼ばれ、人気を獲得。

クイズダービーには約16年間出演。はらたいらに次ぐ正解率だった。

代表作

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1981.9.15~ 28 235 1 青い鷲 青い鷲
1982.9.15~ 29 80 2 黄色い太陽 青い嵐
1983.9.15~ 30 185 3 赤い蛇 青い夜
1981年に倉本聰の『北の国から』に「雪子おばさん」として出演。
山田洋次監督の『男はつらいよ』シリーズには3度(1983年,1987年,1989年)マドンナとして起用。
どちらも竹下の代表作となった。

ウェブスペルの色が青色に変わり『北の国から』や『男はつらいよシリーズ』に出演。代表作となった。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1984.9.15~ 31 30 4 白い犬 青い手
1985.9.15~ 32 135 5 青い鷲 青い猿
1986.9.15~ 33 240 6 黄色い太陽 青い鷲
1984年に15才年上の写真家・関口照生と結婚。
1986年に長男・関口まなと、1988年に次男・関口アナンが誕生。
2人の息子の出産時にクイズダービーでは、宮崎美子、市毛良枝、原日出子が代役を務めました。

ウェブスペルの色が青色の前半に写真家・関口照生と結婚。2人の子に恵まれます。

名古屋出身芸能人

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.9.15~ 51 50 11 白い犬 黄色い太陽
2005.9.15~ 52 155 12 青い鷲 黄色の種
2006.9.15~ 53 260 13 黄色い太陽 黄色い星
クイズダービーで大橋巨泉より名古屋ネタをよく振られていた。クイズダービー以外でも名古屋弁でのトークを披露したりするなど広く認知。
2005年に名古屋で開催された愛・地球博では、長久手日本館の総館長を務めた。
同年、中日ドラゴンズと横浜ベイスターズとの開幕戦で始球式を担当。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に愛・地球博で長久手日本館の総館長を務めます。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.9.15~ 66 65 13 赤い蛇 赤い空歩く人
2020.9.15~ 67 170 1 白い犬 白い犬
2021.9.15~ 68 15 2 青い鷲 白い魔法使い
竹下景子の現在は、ウェブスペルの色が赤色の最後の年に当たります。
66才の時はKin65。情熱家であり人生を客観的に見ることのできる年です。限界をバネに生きるのが大切です。

  • 音13は、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことに向いています。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえることができます。
  • 赤い蛇は、よくも悪くも執着心が強く、あきらめない執念を持っています。
  • 赤い空歩く人は、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。

下積みが日の目を見る。母性能力ある。人助けをしなさい。

竹下景子のまとめ

個人Kin年表のウェブスペルの色で分けてみると

赤色の後半に東京より名古屋へ引っ越し。
白色の始めの年にドラマデビュー。
白色の半ばより本格的に芸能活動を開始。
白色の後半に『クイズダービー』のレギュラー回答者として出演。「三択の女王」と呼ばれ、人気を獲得。
青色に変わり『北の国から』や『男はつらいよシリーズ』に出演。代表作となった。
青色の前半に写真家・関口照生と結婚。2人の子に恵まれます。
黄色の最後付近に愛・地球博で長久手日本館の総館長を務めます。

参考文献

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

舞の海秀平
舞の海秀平(まいのうみ しゅうへい)は元大相撲力士。最高位は東小結。現役時代は多彩な技で「平成の牛若丸」、「技のデパート」とも呼ばれファンを楽しませます。

続きを読む


笹野高史
笹野高史(ささの たかし)は、日本の俳優、タレント。コミカル、シリアス、真面目、堅物と、どのような役柄でも独特の味わいを見せる俳優。山田洋次監督作品の常連でもあり、時代劇には欠かせない存在。

続きを読む


柄本明
柄本明(えもと あきら)は、日本の俳優、コメディアン。劇団東京乾電池の設立メンバー。舞台以外にも映画、テレビでも活躍。息子の俳優・柄本佑は女優・安藤サクラと結婚。

続きを読む


堤真一
堤真一(つつみ しんいち)は、日本の俳優。舞台俳優として活動後、テレビドラマ『ピュア』『やまとなでしこ』に出演し知名度UP。日本アカデミー賞では主演と助演の2部門を受賞。史上4人目。

続きを読む


野口健
野口健(のぐち けん)は、アメリカ出身の日本人登山家。ヒマラヤ、富士山での清掃活動といった環境保護活動、ヒマラヤでの学校建設・森林づくり、第二次世界大戦の戦没者の遺骨収集などの社会貢献活動を行っています。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin155)

ディエゴ・マラドーナ
ディエゴ・マラドーナは、アルゼンチン出身の元サッカー選手。FIFAワールドカップには1982年大会から4大会連続出場。1986年に同大会でチームを優勝に導きました。

続きを読む


浅野総一郎
浅野総一郎(あさの そういちろう)は、日本の実業家。一代で浅野財閥を築きました。「セメント王」や「日本の臨海工業地帯開発の父」とも呼ばれています。

続きを読む


梅沢富美男
梅沢富美男(うめざわ とみお)は、日本の俳優、歌手、タレント。下町の玉三郎の異名を持ちます。歌手としては、1982年に『夢芝居』が大ヒット。

続きを読む


関連記事 (タレント)

波田陽区
波田陽区(はた ようく)は、日本のお笑いタレント。『エンタの神様』で「ギター侍」のネタでブレイク。しかしブレイクは続かず1発屋の自虐ネタを披露。近年は九州に活動拠点を移し活躍しています。

続きを読む


ケンドーコバヤシ
ケンドーコバヤシは日本のお笑いタレント、俳優。数回のコンビ結成・解散を経てピン芸人に転身。『アメトーク』で自らプレゼンした「越中詩郎大好き芸人」で一躍売れっ子芸人の仲間入りを果たします。

続きを読む


ローラ
ローラは、日本で活動するバラエティタレント、ファッションモデル、歌手。会話の合間にペロッと舌を出したり頬を膨らませたり、タメ口で接するキャラクターで知られています。

続きを読む


関連記事 (俳優)

ブルース・リー
ブルース・リーさんは香港の俳優、武道家、脚本家、映画プロデューサーである。映画「ドラゴン危機一髪」で一躍香港のトップスターになるが、公開から2年後にて突然亡くなります。

続きを読む


中村勘九郎と前田愛
中村勘九郎と前田愛は2009年10月に結婚した夫婦です。2人は2001年に放送されたドラマ「光の帝国」での共演で知り合い交際を開始します。2011年に長男、2013年に次男が誕生します。

続きを読む


中井貴一
中井貴一(なかい きいち)は、俳優、歌手。大学時代に映画・テレビでデビュー。『ふぞろいの林檎たち』で知名度が急上昇します。大河ドラマ『武田信玄』が大ヒット。その後さまざまな役に挑戦します。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事