959 views

伝説的アイドル・山口百恵の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 山口百恵

記事公開日:2018年09月08日
最終更新日:2019年01月25日

山口百恵
→ 画像検索はこちら

山口百恵(やまぐち ももえ)は、日本の元歌手、元女優。

芸能界デビューしわずか7年半、絶頂の時に俳優の三浦友和と結婚し芸能界を引退。
引退してから25年以上たつ現在でも伝説的なアイドルとして語り継がれます。

このページでは山口百恵の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

山口百恵の誕生日占い

生年月日:1959年1月17日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin24です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い種 白い魔法使い 音11
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い種
互いに学びあう 反対kin 白い魔法使い
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い地球
以てるもの同士の類似kin 青い鷲
鏡の向こうのもう一人の自分 kin237
絶対反対kin kin154

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音11」は、オリジナリティが高く、自分のスタンスやスタイルを崩さず、独自の道を歩むエネルギーの強い人です。常に自分自身の中に、堅実さと奔放さなど相反する要素を持っています。強い破壊力の持ち主で良くも悪くも、事をやり遂げるためには手段を選びません。「改革者」という言葉が似合う人です。

「白い魔法使い」は、人の気持ちを軽くすることができる人です。人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたり、ココロが軽くなったりし、癒され魅了される人も多いはず。常にベストを尽くし、真面目に取り組み好印象で、きっちり仕事をする人です。手を抜けない頑張り屋さんです。

「黄色い種」は、「物事の根本的な原因」「本質」「理屈」を最初から納得できるまで追究したくなる人です。理屈で物事を考える人です。相手にも自分にも、気づかせたい、気づきたい。と思っています。他人の良いところを見つけ開花させるのも得意です。

ひとことでいえばKin24の誕生日占いは、柔軟な感性の持ち主で素直な考えが出来るタイプです。勢いが増しているときこそタヅナを引き締めること。

広告

山口百恵の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京都渋谷区で生まれます。
幼少期に横浜に移り、小学2年の時に横須賀に転居。デビューするまで横須賀で育ちます。

スター誕生

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1972.1.17~ 13 89 11 赤い月 青い嵐
1973.1.17~ 14 194 12 白い魔法使い 青い夜
1974.1.17~ 15 39 13 青い嵐 青い手
1972年12月に「スター誕生」で準優勝します。
1973年に14才という若さで歌手デビュー。ホリプロに所属。同世代の森昌子、桜田淳子と共に「花の中三トリオ」と呼ばれます。
1974年に5枚目のシングル「ひと夏の経験」が大ヒット。山口百恵はトップアイドルとして上り詰めます。同年、紅白歌合戦に初出場。

同年、映画「伊豆の踊子」で主演、三浦友和と共演します。三浦友和とは夏にグリコプリッツのCMで共演していました。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に芸能界デビュー。
赤色の最後の年にシングル「ひと夏の経験」が大ヒット。トップアイドルになります。

絶大な人気

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1975.1.17~ 16 144 1 黄色の種 黄色の種
1976.1.17~ 17 249 2 赤い月 黄色い星
1977.1.17~ 18 94 3 白い魔法使い 黄色い人
1978.1.17~ 19 199 4 青い嵐 黄色い戦士
山口百恵は1970年代に復活した山本リンダのようなセクシー路線と違い、純朴なビジュアルと歌とのギャップの「青い性」路線で絶大な人気を獲得します。

1976年にプロマイドの年間売り上げで第1位を獲得。
1978年に紅白歌合戦で紅組トリを務めます。10代で紅白のトリは山口百恵が初です。
1978年にホリプロは目黒に自社ビルを建設。百恵の成功が大きいことから「百恵ビル」とも呼ばれます。

ウェブスペルの色が黄色の前半は山口百恵は絶大な人気を誇ります。

引退

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1979.1.17~ 20 44 5 黄色の種 黄色い太陽
1980.1.17~ 21 149 6 赤い月 黄色の種
人気絶頂の1979年に三浦友和との交際を発表。三浦とは映画の半分以上が共演作でした。
1980年に日本武道館での公演がラストコンサート。三浦友和と結婚し芸能界を引退します。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに三浦友和と結婚し芸能界を引退しました。

山口百恵の曲はオリコンシングルチャートにおいて1973年から1981年まで405週連続で100位以内にチャートインし続けました。
シングルは31作の累計で1630万枚、LPは45作の累計で434万枚。1970年代最もレコードを売り上げた歌手です。

子に恵まれる

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1984.1.17~ 25 49 10 赤い月 黄色い太陽
1985.1.17~ 26 154 11 白い魔法使い 黄色の種
1986.1.17~ 27 259 12 青い嵐 黄色い星
山口百恵は芸能活動を引退した後も根強い人気を持ち続けます。復帰せずに一定距離を保ち続けます。

1984年に長男の三浦祐太朗(みうら ゆうたろう)が誕生。現在、シンガーソングライター・俳優・歌手。
1985年に次男の三浦貴大(みうら たかひろ)が誕生。現在、俳優。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に男子が誕生します。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.1.17~ 59 239 5 青い嵐 青い鷲
2019.1.17~ 60 84 6 黄色の種 青い嵐
2020.1.17~ 61 189 7 赤い月 青い夜
山口百恵の現在は、ウェブスペルの色が青色の半ばに当たります。
60才の時はKin84。コミュニケーションの中から自然に知識を吸収できる年です。

  • 音6は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないです。束縛されることを嫌います。
  • 黄色い種は、物事の根本的な原因、本質を最初から納得できるまで追究したくなります。他人の良いところを見つけ開花させるのに向いています。
  • 青い嵐は、変化のエネルギーが強く、周りに影響を与え、まわりを巻き込みます。状況を変化させ、変化を恐れず、のめりこみます。

困ったときは自分の欠点を見直すチャンスになる。

山口百恵のまとめ

個人Kin年表のウェブスペルの色で流れを見てみると

赤色の最後付近に芸能界デビュー。
赤色の最後の年にシングル「ひと夏の経験」が大ヒット。トップアイドルになります。
黄色の前半は山口百恵は絶大な人気を誇りました。
黄色の半ばに三浦友和と結婚し芸能界を引退しました。
黄色の最後付近に男子が誕生します。

2011年、母の日にちなんで行われた「母が選ぶ理想の母」のアンケートで1位を獲得しました。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

八千草薫
八千草薫(やちぐさ かおる)は、日本の女優。宝塚歌劇団で美貌・清純派の娘役として一時代を風靡。退団後はおっとりとした良妻賢母役でテレビドラマなどで活躍。

続きを読む


藤田ニコル
藤田ニコル(ふじた ニコル)は、日本のファッションモデル、タレント、声優。ニコラモデルオーディションでグランプリを獲得。年齢を重ね『nicola』『Popteen』『ViVi』と専属モデルを務めます。

続きを読む


パパイヤ鈴木
パパイヤ鈴木(パパイヤ すずき)は、日本のダンサー、振付師、タレント。『パパイヤ鈴木とおやじダンサーズ』を結成。人気を博します。その後『debuya』に出演し、デブタレントとして認知。

続きを読む


小島慶子
小島慶子(こじま けいこ)はタレント、エッセイスト、ラジオパーソナリティ。元TBSアナウンサー。近年はクイズ番組でも活躍しています。

続きを読む


安美佳(アン-ミカ)
安美佳(アン ミカ)は、韓国出身大阪育ちのファッションモデル。1993年にパリコレに参加。以降はモデル業以外にテレビ・ラジオ出演、エッセイ執筆や講演など様々な方面で活躍。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin024)

長州力
長州力(ちょうしゅう りき)は、日本のプロレスラー。ニックネームは革命戦士。レスリングでオリンピックに出場後に新日本プロレスに入団し活躍。必殺技にサソリ固め、リキ・ラリアットなどあります。

続きを読む


ジェフ・ベゾス
ジェフ・ベゾスは、アメリカの実業家。Amazon.com の共同創設者でありCEO、取締役会長、社長。世界有数の資産家としても知られています。

続きを読む


秋元康
秋元康(あきもと やすし)は、日本の作詞家、放送作家、漫画原作者。AKB48グループのほぼ全ての楽曲の作詞をし、番組の企画構成やドラマの脚本なども手掛けます。

続きを読む


具志堅用高
具志堅用高は、元プロボクサー、タレント。プロボクシング・ライトフライ級の世界王座を13度防衛。引退後はタレントとして活躍。「チョッチュネ」は具志堅の代名詞にもなっています。

続きを読む


宮根誠司
宮根誠司(みやね せいじ)は、フリーアナウンサー、タレント、司会者。元朝日放送のアナウンサー。『おはよう朝日です』を20年に渡り担当。フリーとなり『情報ライブ ミヤネ屋』が全国区で放送されます。

続きを読む


関連記事 (歌手)

MISIA
MISIA(ミーシャ)は、日本の女性歌手。5オクターブの音域を持つ、日本のみならずアジアを代表する歌手。日本における女性R&Bブームの火つけ役的存在で、本格派R&Bのメイン・ストリーム化に大いに貢献。

続きを読む


小室哲哉
小室哲哉(こむろ てつや)は、ミュージシャンであり、音楽プロデューサー。1990年代後半から2000年にかけて数々のミリオンセラーやヒット曲を打ち立て「小室ブーム」と呼ばれる社会現象を起こします。

続きを読む


都はるみ
都はるみ(みやこ はるみ)は、女性演歌歌手。昭和40年代から50年代にかけて数多くのヒット曲を生み、名実ともに日本を代表する演歌歌手です。代表曲は「アンコ椿は恋の花」「北の宿から」など。

続きを読む


尾崎豊
尾崎豊(おざき ゆたか)は、日本の歌手、作詞家。高校在学中にデビュー。心の叫びを表現した曲の数々がうけ1980年代から若者を中心にカリスマ的存在になります。

続きを読む


美川憲一
美川憲一(みかわ けんいち)は、演歌歌手、俳優、タレント、シャンソン歌手です。デビュー後に紅白歌合戦に7回連続出場。しかし大麻取締法違反で逮捕、以降仕事が激減。その後再起し奇跡の復活を遂げます。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事