2,352 views

俳優「佐藤浩市」の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 佐藤浩市

記事公開日:2016年11月02日
最終更新日:2019年05月25日

佐藤浩市
出典:wikipedia.org

佐藤浩市(さとう こういち)は俳優。

大学在学中に俳優としてデビューします。
演技力の高さから舞台への進出も期待されているが、「自分は映像で際立つ役者である」ことを理由に一貫して映像作品への出演を貫いています。

父は俳優の三國連太郎。釣りバカ日誌のスーさんといえばわかる方も多いはず。
三國は佐藤浩市が幼少期に家出しその後、離婚。三國は生涯4度結婚したそうで、佐藤浩市は3番目の奥さんとの子だったそうです。

このページでは佐藤浩市(さとう こういち)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

佐藤浩市の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1960年12月10日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin196です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い戦士 黄色い戦士 音1
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い戦士
互いに学びあう 反対kin 白い世界の橋渡し
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い蛇
以てるもの同士の類似kin 青い夜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin65
絶対反対kin kin66

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音1」は太陽の紋章とウェブスペルが一緒です。迷いのない決断力のある人で、人の先頭に立って決断をする即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。色々なものが引き寄せられてきます。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

ひとことでいえばKin196の誕生日占いは、自分の疑問には自分の行動で答えるタイプです。自分のままに生きることが自分らしく生きること。

広告

佐藤浩市(さとう こういち)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

幼少時代、父の三國連太郎が家出。三國はその後離婚。後に別の女性と再婚。
佐藤は母に育てられたため、三國との間に確執があった。
多摩芸術学園・映画学科に在籍中に俳優としてデビューする

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1979.12.10~ 19 111 7 青い猿 赤い蛇
1980.12.10~ 20 216 8 黄色い戦士 赤い月
1981.12.10~ 21 61 9 赤い竜 赤い空歩く人

1980年 大学在学中のNHK『続・続事件』でデビュー。 主演・月崎守役。
1981年 映画『青春の門』でブルーリボン賞新人賞を受賞。
1982年 映画『青春の門 自立篇』で主演・伊吹信介役。

ウェブスペルの色が赤色の半ば、大学在学中に俳優としてデビューします。

父の三國と初共演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1985.12.10~ 25 221 13 赤い竜 赤い月
1986.12.10~ 26 66 1 白い世界の橋渡し 白い世界の橋渡し
1987.12.10~ 27 171 2 青い猿 白い犬
1988.12.10~ 28 16 3 黄色い戦士 白い魔法使い

1986年 映画『人間の約束』で父の三國と初共演
1986年 モデルの女性と結婚
1988年 映画『敦煌』。いろいろな賞を受賞。
1989年 モデルの女性と離婚

ウェブスペルの色が赤色の最後の年に父の三國と初共演。同年1度目の結婚します。
白色の始め付近に離婚します。

再婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1992.12.10~ 32 176 7 黄色い戦士 白い犬
1993.12.10~ 33 21 8 赤い竜 白い魔法使い
1995.12.10~ 35 231 10 青い猿 白い風

1993年 舞台女優の女性と再婚
1996年 映画『美味しんぼ』で父の三國と共演。映画の発表会見で険悪な雰囲気になる。

ウェブスペルの色が白色の半ばに再婚します。
白色の後半に父の三國と共演しますが、まだまだ険悪な雰囲気になります。

実力派俳優

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1997.12.10~ 37 181 12 赤い竜 白い犬
1999.12.10~ 39 131 1 青い猿 青い猿
2001.12.10~ 41 81 3 赤い竜 青い嵐

1998年 映画『あ、春』。コメディ映画・主演。
2000年 映画『顔』。異色の犯罪映画
2002年 映画『KT』。金大中事件を題材にした日本と韓国の合作映画。

演技力の高さから舞台への進出も期待されているが、「自分は映像で際立つ役者である」ことを理由に一貫して映像作品への出演を貫いている。

ウェブスペルの色が白色の最後付近も実力派俳優として活躍します。映画・テレビなど映像への出演を貫きます。

自然な和解

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2007.12.10~ 47 191 9 青い猿 青い夜
2008.12.10~ 48 36 10 黄色い戦士 青い手
2012.12.10~ 52 196 1 黄色い戦士 黄色い戦士

2008年 ANAのCMで親子共演。仲睦まじい姿を見せる。
2009年 『徹子の部屋』に出演した時に三國のことを「努力の人」と語っている。

21世紀に入ると徐々に親子関係は改善の兆しを見せ、自然に和解するような形となった。

2012年 東北芸術工科大学の文芸学科客員教授に就任。2015年まで。
2013年 三國が死去

ウェブスペルの色が青色の後半から父・三國との親子関係は改善の兆しを見せます。
黄色の最初の年に父・三國が亡くなります。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.12.10~ 58 46 7 白い世界の橋渡し 黄色い太陽
2019.12.10~ 59 151 8 青い猿 黄色の種
2020.12.10~ 60 256 9 黄色い戦士 黄色い星
佐藤浩市の現在は、ウェブスペルの色が黄色の半ばに当たります。
58才の時はKin46。人と人の交流により新しいものを作るのが上手な年です。

  • 音7は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすいです。
  • 白い世界の橋渡しは、野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。
  • 黄色い太陽は、決めたことは最後までやりとおします。物事をまかされると力を発揮します。

十分に力を蓄えよ。

佐藤浩市のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の半ば、大学在学中に俳優としてデビューします。
赤色の最後の年に父の三國と初共演。同年1度目の結婚します。

白色の始め付近に離婚します。
白色の半ばに再婚します。
白色の後半に父の三國と共演しますが、まだまだ険悪な雰囲気になります。
白色の最後付近も実力派俳優として活躍します。映画・テレビなど映像への出演を貫きます。

青色の後半から父・三國との親子関係は改善の兆しを見せます。
黄色の最初の年に父・三國が亡くなります。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

石田純一
石田純一(いしだ じゅんいち)は、日本のタレント、俳優。数々のトレンディドラマに出演。バブル期を代表する俳優。長谷川理恵との不倫で『不倫は文化』というフレーズでバッシングを受けます。

続きを読む


松下由樹
松下由樹(まつした ゆき)は、日本の女優。映画『アイコ十六歳』のオーディションに合格し女優デビュー。ドラマ『ナースのお仕事』で準主演。バラエティ『ココリコミラクルタイプ』にレギュラー出演。

続きを読む


山村紅葉
山村紅葉(やまむら もみじ)は、日本の女優、タレント、元国家公務員。母は推理作家の山村美紗。母の作品が原作のドラマを中心に2016年時点で500本以上出演し、2時間ドラマの裏女王と言われる。

続きを読む


草刈民代
草刈民代(くさかり たみよ)は、日本の女優。元バレリーナ。夫は映画監督の周防正行。映画『Shall we ダンス?』に役所広司とW主演。数々の賞を受賞。その後、バレリーナから引退し女優に転身。

続きを読む


富田靖子
富田靖子(とみた やすこ)は、日本の女優。中学在学中に映画『アイコ十六歳』のオーディションを受け、ヒロインに選ばれデビュー。最近では、主演やヒロインを務める事は少なくなったが、ベテラン脇役として活躍。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin196)

マリア・シャラポワ
マリア・シャラポワは、ロシア出身の女子プロテニス選手。史上10人目のキャリアグランドスラム達成者。ロンドン五輪銀メダリスト。

続きを読む


伊調馨
伊調馨(いちょう かおり)は、女子レスリング選手。女子個人として世界初のオリンピック4連覇を成し遂げ、2016年に国民栄誉賞を受賞しました

続きを読む


関連記事 (俳優)

竹内涼真
竹内涼真(たけうち りょうま)は、日本の俳優、モデル、タレント。2017年に朝の連続小説『ひよっこ』、『過保護のカホコ』、『陸王』など立て続けに注目作に出演。ブレイク俳優ランキングで1位を獲得。

続きを読む


高見のっぽ
高見のっぽ(たかみ のっぽ)は、俳優、作家。1966年から1990年にNHK教育で放送された『できるかな』で一切喋らないキャラクター「ノッポさん」を務め上げ国民的な知名度を得た人物です。

続きを読む


森本レオ
森本レオ(もりもと レオ)は、日本の俳優、ナレーター、タレント。「脱力系」の芸能人の代表格として挙げられる人物。ダチョウ倶楽部の肥後克広のモノマネレパートリーの1人としても有名。

続きを読む


小日向文世
小日向文世(こひなた ふみよ)は、日本の俳優。19年間「オンシアター自由劇場」に在籍。劇団は解散し映画・テレビドラマに端役で出演。テレビドラマ「HERO」のレギュラーに抜擢されたのを機に人生が変わります。

続きを読む


仲村トオル
仲村トオル(なかむら トオル)は、俳優、タレント。大学在学中の1985年に映画『ビー・バップ・ハイスクール』で俳優デビュー。ドラマ『あぶない刑事』に出演し人気となった。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事