1,539 views

俳優「西島秀俊」の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 西島秀俊

記事公開日:2016年10月21日
最終更新日:2017年11月16日

西島秀俊
→ 画像検索はこちら

西島秀俊(にしじま ひでとし)は俳優。

先輩の勧めで大学時代にオーディションに合格し俳優になります。
所属事務所を移籍に伴い5年の期間は民放のテレビに出演できないこともありました。
2014年には刑事ドラマ『MOZU』が人気となりオリコン・ブレイク俳優ランキング2位になります。

このページでは西島秀俊(にしじま ひでとし)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

西島秀俊の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1971年3月29日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin55です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い鷲 赤い空歩く人 音3
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い嵐
互いに学びあう 反対kin 赤い蛇
互いに秘かれあう 神秘kin 白い世界の橋渡し
以てるもの同士の類似kin 黄色い種
鏡の向こうのもう一人の自分 kin206
絶対反対kin kin185

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音3」は、性質の異なる人・物事を結びつける役割があります。立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり、調整したりします。人に対して非常に優しく、また細やかな気づかいができる人です。

「赤い空歩く人」は、面倒見がよく、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。良識的な人が多く、経験重視の判断をする傾向があります。まとめ役になることも多いのが特徴です。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

ひとことでいえばKin55の誕生日占いは、いつも真剣に取り組み夢を実現できるタイプです。あなたの生かす力を背後に感じれば順風満帆の勢い。母性能力ある。

広告

西島秀俊の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

大学生の頃、アルバイトで中学生数人の家庭教師をしていた。

横浜国立大学工学部生産工学科に在籍していたが中退した。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1990.3.29~ 19 230 9 白い犬 白い風
1991.3.29~ 20 75 10 青い鷲 白い世界の橋渡し
1992.3.29~ 21 180 11 黄色い太陽 白い犬
1993.3.29~ 22 25 12 赤い蛇 白い魔法使い
1994.3.29~ 23 130 13 白い犬 白い鏡

1990年 19歳の時、先輩の薦めで受けたオーディションに合格し俳優となる
1992年 ドラマ『はぐれ刑事純情派5』で俳優活動開始。
1993年 ドラマ『悪魔のKISS』での新興宗教にハマる青年役
1993年 ドラマ『あすなろ白書』での同性愛者役で注目を集める。最高視聴率31.9%を記録
1994年 映画『居酒屋ゆうれい』で映画初出演

ウェブスペルの色が白色の後半に俳優となる
白色の最後付近から俳優活動を開始。ドラマ・映画で注目を集める

所属事務所を移籍

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1997.3.29~ 26 185 3 赤い蛇 青い夜
1998.3.29~ 27 30 4 白い犬 青い手
1999.3.29~ 28 135 5 青い鷲 青い猿
2000.3.29~ 29 240 6 黄色い太陽 青い鷲
2001.3.29~ 30 85 7 赤い蛇 青い嵐
2002.3.29~ 31 190 8 白い犬 青い夜

1997年 所属事務所を移籍。退社時の条件により1997年から2002年までの期間は民放のテレビに出演できなかった。
1999年 役所広司と共演した『ニンゲン合格』で映画初主演を果たす。

ウェブスペルの色が青色の始めのころから後半まで所属事務所の移籍条件により民放のテレビに出演できなかった。
青色の半ばに映画初主演。

民法テレビに復帰

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2003.3.29~ 32 35 9 青い鷲 青い手
2004.3.29~ 33 140 10 黄色い太陽 青い猿
2005.3.29~ 34 245 11 赤い蛇 青い鷲
2006.3.29~ 35 90 12 白い犬 青い嵐

2003年 ドラマ『笑顔の法則』に出演
2004年 ドラマ『大奥 第一章』に出演
2005年 映画『帰郷』で数々の賞を受賞する
2006年 連続テレビ小説『純情きらり』に出演。お茶の間からの人気を得る。

ウェブスペルの色が青色の後半から民法への出演の復帰
青色の最期付近にはお茶の間からの人気を得ます

ブレイク俳優

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2010.3.29~ 39 250 3 白い犬 黄色い星
2011.3.29~ 40 95 4 青い鷲 黄色い人
2012.3.29~ 41 200 5 黄色い太陽 黄色い戦士
2013.3.29~ 42 45 6 赤い蛇 黄色い太陽
2014.3.29~ 43 150 7 白い犬 黄色の種
2010年 映画『サヨナライツカ』。老後のシーンのために体重を13kg増やし、その後の若い頃のシーンのために、1か月で15kg減量。
体型を変えることが得意だそうです。

2013年 NHK大河ドラマ『八重の桜』。山本覚馬役

2014年 16歳年下の一般女性と結婚。2016年には第一子が誕生します。
2014年 ドラマ『MOZU』で主演。シリーズ化・映画化され人気を博す
2014年 ブレイク俳優ランキングで第2位にランクイン

ウェブスペルの色が黄色の始め頃に映画『サヨナライツカ』で自由に体形を変えます
黄色の半ばに『MOZU』でブレイク。2014年ブレイク俳優ランキング2位になります。

西島秀俊のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の後半に俳優となる
白色の最後付近から俳優活動を開始。ドラマ・映画で注目を集める

青色の始めのころから後半まで所属事務所の移籍条件により民放のテレビに出演できなかった。
青色の半ばに映画初主演。
青色の後半から民法への出演の復帰
青色の最期付近にはお茶の間からの人気を得ます

黄色の始め頃に映画『サヨナライツカ』で自由に体形を変えます
黄色の半ばに『MOZU』でブレイク。オリコン・ブレイク俳優ランキング2位になります。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

横澤彪
横澤彪(よこざわ たけし)は、元フジテレビのプロデューサー。『笑っていいとも!』『オレたちひょうきん族』などを手掛け視聴率が低迷していたフジテレビに大きく貢献します。

続きを読む


蛭子能収
蛭子能収(えびす よしかず)は、日本の漫画家、イラストレーター、タレント。漫画家としてアンダーグラウンドで活動後に「笑っていいとも!」にレギュラー出演を機にテレビタレントとして活動します。

続きを読む


徳光和夫
徳光和夫(とくみつ かずお)は、フリーアナウンサー、タレント、司会者。1979年より日本テレビ『ズームイン!!朝!』の初代キャスターになり名物アナウンサーとなります。

続きを読む


加藤一二三
加藤一二三(かとう ひふみ)は将棋棋士。幅広い層から「ひふみん」の愛称で親しまれます。14歳7ヶ月で棋士になり、以降棋士として活躍。2017年6月に現役を引退、引退後はタレント活動も行っています。

続きを読む


高田純次
高田純次(たかだ じゅんじ)は、タレント、俳優。『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』にレギュラー出演しブレイク。『グロンサン』のCMの「5時から男」で「流行語部門・大衆賞」を受賞。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin055)

西郷隆盛
西郷隆盛は、日本の武士(薩摩藩士)、軍人、政治家で激動の幕末を生き日本を変えた英傑。江戸幕府の倒幕と明治維新に尽力しました。

続きを読む


立石一真
立石一真(たていし かずま)は、オムロンの創業者。資本金の4倍もの資金をかけて中央研究所を設立。この後、紙幣両替機、信号制御システム、無人駅システムなど次々に開発。

続きを読む


関連記事 (俳優)

大泉洋
大泉洋(おおいずみ よう)は、日本の俳優、タレント、コメディアン、声優。「水曜どうでしょう」が北海道内で人気となり全国に番販され、それに伴い大泉の知名度も上がります。

続きを読む


二宮和也
二宮和也(にのみや かずなり)は、歌手、俳優、タレントで、男性アイドルグループ・嵐のメンバー。愛称は「ニノ」。映画「硫黄島からの手紙」の演技が高く評価されアカデミー賞候補に選ばれた。

続きを読む


中村獅童
二代目 中村獅童(にだいめ なかむら しどう) は、歌舞伎役者、俳優・声優。2012年に映画『ピンポン』で準主役を射止めて以降多数の映画やドラマに出演。

続きを読む


松崎しげる
松崎しげる(まつざき しげる)は、歌手、俳優、タレント。1970年代の後半に「愛のメモリー」が大ヒット。ドラマ「噂の刑事トミーとマツ」でお茶の間に知れわたります。

続きを読む


中村勘九郎と前田愛
中村勘九郎と前田愛は2009年10月に結婚した夫婦です。2人は2001年に放送されたドラマ「光の帝国」での共演で知り合い交際を開始します。2011年に長男、2013年に次男が誕生します。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事