1,353 views

俳優・伊勢谷友介の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 伊勢谷友介

伊勢谷友介
出典:wikipedia.org

伊勢谷友介(いせや ゆうすけ)は、日本の俳優、映画監督、美術家、実業家。異母兄はデザイナーの山本寛斎。

1999年の映画「ワンダフルライフ」でデビュー。
映画「あしたのジョー」「翔んで埼玉」、NHKドラマ「白洲次郎」「龍馬伝」などで活躍。

このページでは、伊勢谷友介(いせや ゆうすけ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

伊勢谷友介の誕生日占い

生年月日:1976年5月29日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin121です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い竜 白い鏡 音4
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い地球
互いに学びあう 反対kin 青い猿
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い太陽
以てるもの同士の類似kin 白い鏡
鏡の向こうのもう一人の自分 kin140
絶対反対kin kin251

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音4」は、職人肌で玄人さんです。自分自身の内面を掘り下げることに長け、勉強・探究に励む人です。周りから理解され難い面を持っていますが、人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。地に足がついたようにどっしりとした道を究めた感じの安定感を持っています。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

ひとことでいえばKin121の誕生日占いは、思うがままに行動するタイプです。思いやり深い人が多いです。見極めがつかないことはこれから伸びる可能性あり。

広告

伊勢谷友介の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都世田谷区出身。
幼少期は北海道函館市で過ごします。父は洋服の仕立て屋。異母兄に山本寛斎がいます。
父とは離れて暮らし母子家庭で育ちます。母は教育熱心な人物で伊勢谷の妹も海外に留学。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1994.5.29~ 18 191 9 青い猿 青い夜
1997.5.29~ 21 246 12 白い世界の橋渡し 青い鷲
1998.5.29~ 22 91 13 青い猿 青い嵐
子供の頃から絵を書くのが好きで東京藝術大学に現役で合格。

1997年に大学のメンバー3人でアーティストグループ『カクト』の活動を開始。
1998年に是枝監督の映画『ワンダフルライフ』で映画初出演。

東京藝術大学を卒業し東京藝術大学大学院に進学。その後、美術研究科修士課程を修了。

ウェブスペルの色が青色の最後の年にデビュー。

初監督

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2002.5.29~ 26 251 4 青い猿 黄色い星
2003.5.29~ 27 96 5 黄色い戦士 黄色い人
2004.5.29~ 28 201 6 赤い竜 黄色い戦士
2002年に初監督作品『カクト』が劇場公開されます。

ウェブスペルの色が黄色の前半に初監督作品『カクト』が劇場公開。

リバース・プロジェクト

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2008.5.29~ 32 101 10 赤い竜 黄色い人
2009.5.29~ 33 206 11 白い世界の橋渡し 黄色い戦士
2010.5.29~ 34 51 12 青い猿 黄色い太陽
2008年よりリバース・プロジェクトの活動を開始。
2009年のスペシャルドラマ『白洲次郎』3部作で主演。これがテレビドラマ初出演・初主演。
2010年の大河ドラマ『龍馬伝』に高杉晋作役で出演。同年末の紅白歌合戦の審査員にも選ばれます。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近からテレビドラマで見られるようになります。

元気玉プロジェクト

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2011.5.29~ 35 156 13 黄色い戦士 黄色の種
2012.5.29~ 36 1 1 赤い竜 赤い竜
2013.5.29~ 37 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
2011年に映画『あしたのジョー』では力石徹の役作りのため3カ月のトレーニングを行い体重を67kgから57kgに落とし撮影に臨みます。
『あしたのジョー』で第54回ブルーリボン賞・助演男優賞、第35回日本アカデミー賞・優秀助演男優賞を受賞。
同年の東日本大震災では自ら「元気玉プロジェクト」と題する復興支援を積極的に行います。

2012年に映画『セイジ -陸の魚』の監督・脚本を担当。

ウェブスペルの色が黄色の最後の年に映画『あしたのジョー』で日本アカデミー賞・優秀助演男優賞を受賞。

連ドラに初出演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2017.5.29~ 41 6 6 白い世界の橋渡し 赤い竜
2018.5.29~ 42 111 7 青い猿 赤い蛇
2019.5.29~ 43 216 8 黄色い戦士 赤い月
2017年の宮藤官九郎脚本のテレビドラマ『監獄のお姫さま』で民放の連ドラに初出演。
2019年の映画『翔んで埼玉』に出演し第43回日本アカデミー賞・優秀助演男優賞を受賞。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに『監獄のお姫さま』で民放の連ドラに初出演。

大麻取締法違反で逮捕

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.5.29~ 44 61 9 赤い竜 赤い空歩く人
2020年9月8日に自宅で大麻を所持していたとして大麻取締法違反の容疑で警視庁に逮捕。

ウェブスペルの色が赤色の後半に大麻取締法違反の容疑で逮捕。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.5.29~ 44 61 9 赤い竜 赤い空歩く人
2021.5.29~ 45 166 10 白い世界の橋渡し 赤い地球
2022.5.29~ 46 11 11 青い猿 赤い竜
伊勢谷友介の現在は、ウェブスペルの色が赤色の後半に当たります。
44才の時はKin61。自分のことを生真面目に考える割にノー天気な年です。

  • 音9は、基本的に人気者で人間関係は良好です。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。
  • 赤い竜は、物事を誕生させるパワーがあり、叩かれてもめげません。母性愛が強く血のつながりをとても大事にします。
  • 赤い空歩く人は、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。

初めをあいまいにすることで後で大きな不安が生じる。母性能力ある。人助けをしなさい。

伊勢谷友介のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の最後の年にデビュー。
黄色の前半に初監督作品『カクト』が劇場公開。
黄色の最後付近からテレビドラマで見られるようになります。
黄色の最後の年に映画『あしたのジョー』で日本アカデミー賞・優秀助演男優賞を受賞。
赤色の半ばに『監獄のお姫さま』で民放の連ドラに初出演。
赤色の後半に大麻取締法違反の容疑で逮捕。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

川平慈英
川平慈英(かびら じえい)は、日本のタレント、スポーツキャスター。別名はジェイ・カビラ。長兄はタレントのジョン・カビラ。「ムムッ!」「いいんです!」の決まり文句。楽天カードマンでも有名。熱狂的なサッカー好きで知られています。

続きを読む


黒島結菜
黒島結菜(くろしま ゆいな)は、日本の女優。沖縄県糸満市出身。沖縄が日本に復帰50年を記念して作成される2022年前期の連続テレビ小説『ちむどんどん』のヒロイン。

続きを読む


船越英二
船越英二(ふなこし えいじ)は、日本の俳優。長男は俳優の船越英一郎。大映第2期ニューフェイスに合格し俳優デビュー。大映倒産まで映画で、その後は学園ドラマ・現代劇・時代劇を問わず活躍。

続きを読む


生瀬勝久
生瀬勝久(なませ かつひさ)は日本の俳優、タレント、司会者。1980年代後半にテレビの深夜番組に出演し関西学生演劇ブームをひき起こす一端となった。その後、全国区のテレビドラマに本格的に進出。

続きを読む


賀来賢人
賀来賢人(かく けんと)は、日本の俳優。叔母(父の妹)は女優の賀来千香子。妻は女優の榮倉奈々。朝の連続テレビ小説『花子とアン』、大河ドラマ『花燃ゆ』に出演し知名度UP。映画『斉木楠雄のΨ難』に出演しコメディ俳優としてもブレイク。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin121)

上岡龍太郎
上岡龍太郎(かみおか りゅうたろう)は、日本の元漫才師、タレント、司会者。2000年まで活躍した伝説の芸人。『探偵!ナイトスクープ』の初代局長。

続きを読む


森尾由美
森尾由美(もりお ゆみ)は、日本の女優、声優、タレント。アイドル歌手・女優としてデビュー。トレンディドラマに出演し人気を博します。その後、『元気が出るテレビ』『はなまるマーケット』にレギュラー出演。

続きを読む


関連記事 (俳優)

坂口健太郎
坂口健太郎(さかぐち けんたろう)は、日本の俳優、モデル。メンズノンノのオーディションに自ら応募しモデルデビュー。その後、俳優としてもデビュー。2018年のドラマ『シグナル』で連続ドラマ初主演。

続きを読む


梅宮辰夫
梅宮辰夫(うめみや たつお)は日本の俳優・タレント・実業家。娘はタレントの梅宮アンナ。昭和の映画スター。俳優として映画・テレビドラマに出演。その後、飲食事業の経営やバラエティ番組にも進出。

続きを読む


鬼平犯科帳
鬼平犯科帳は池上正太郎原作の時代小説。テレビドラマでは現:テレビ朝日系とフジテレビ系で放映されました。主人公の長谷川平蔵を八代目松本幸四郎、丹波哲郎、萬屋錦之介、二代目中村吉右衛門が演じています。

続きを読む


神木隆之介
神木隆之介(かみき りゅうのすけ)は、日本の俳優、声優。2才から芸能界で活動。『妖怪大戦争』で日本アカデミー賞・新人俳優賞、『君の名は。』で立花瀧役を務め、声優アワード・主演男優賞を受賞。

続きを読む


渡瀬恒彦
渡瀬恒彦(わたせ つねひこ)は日本の俳優・歌手。兄は俳優の渡哲也。映画で活躍後にテレビで多く見られるようになります。特に、多数の刑事ドラマシリーズで主演を行いました。2017年にガンで亡くなります。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ