445 views

俳優・坂口健太郎の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 坂口健太郎

坂口健太郎
出典:wikipedia.org 2018年

坂口健太郎(さかぐち けんたろう)は、日本の俳優、モデル。

メンズノンノのオーディションに自ら応募しモデルデビュー。
その後、俳優としてもデビュー。2018年のドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』が連続ドラマ初主演。

このページでは坂口健太郎(さかぐち けんたろう)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

坂口健太郎の誕生日占い

生年月日:1991年7月11日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin179です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い嵐 白い犬 音10
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い手
互いに学びあう 反対kin 赤い月
互いに秘かれあう 神秘kin 白い風
以てるもの同士の類似kin 黄色い太陽
鏡の向こうのもう一人の自分 kin82
絶対反対kin kin49

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音10」は、見えない部分で力を発揮し、土台を作成する能力に長けています。誰かが出したアイディアを形にするのも得意です。プロデュースやアドバイザーに向いていますが、若干緻密さにかける一面があります。人格的で従順な人が多く、おおらかな反面スピード感が無く思われがちです。

「白い犬」は、正直すぎる人で、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝える、やさしく厳しい人です。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。家族のためなら、自分を犠牲にしても家族を守ります。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

ひとことでいえばKin179の誕生日占いは、心の葛藤が行動のエネルギーになるタイプです。ダイナミックに行動すること。体裁を整える前に中身を充実すること。

広告

坂口健太郎の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都府中市出身。
高校時代はバレーボール部に所属。
趣味は読書。好きな作家は北方謙三、司馬遼太郎、村上龍など。

モデルデビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2010.7.11~ 19 94 3 白い魔法使い 黄色い人
2011.7.11~ 20 199 4 青い嵐 黄色い戦士
2012.7.11~ 21 44 5 黄色の種 黄色い太陽
2010年、19才の時に第25回『MEN’S NON-NO モデルオーディション』に自ら応募し合格。
モデル活動を開始します。

ウェブスペルの色が黄色の前半にモデルオーデションで合格しモデル活動を開始。

俳優デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2014.7.11~ 23 254 7 白い魔法使い 黄色い星
2015.7.11~ 24 99 8 青い嵐 黄色い人
2016.7.11~ 25 204 9 黄色の種 黄色い戦士
2014年に映画『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』で俳優デビュー。
メンズノンノ6月号で専属モデルとして20年ぶりに単独表紙を飾ります。
2015年にドラマ『コウノドリ』で連続ドラマ初出演。主演は綾野剛

ウェブスペルの色が黄色の半ばに俳優デビュー。

連続ドラマ初主演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2017.7.11~ 26 49 10 赤い月 黄色い太陽
2018.7.11~ 27 154 11 白い魔法使い 黄色の種
2019.7.11~ 28 259 12 青い嵐 黄色い星
2017年に映画『64-ロクヨン- 前編/後編』で日本アカデミー賞・新人俳優賞、エランドール賞・新人賞を受賞。
同年、『MEN’S NON-NO』の専属モデルを卒業。
2018年にドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』で連続ドラマ初主演。
2019年にドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』で主演。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近にドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』で連続ドラマ初主演。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.7.11~ 28 259 12 青い嵐 黄色い星
2020.7.11~ 29 104 13 黄色の種 黄色い人
2021.7.11~ 30 209 1 赤い月 赤い月
坂口健太郎の現在は、ウェブスペルの色が黄色の最後付近に当たります。
28才の時はKin259。どんな変化も受け入れる事ができ、受け入れることにより大きな飛躍をする年です。

  • 音12は、人から相談されたり、頼られたり、組織や集団の中で「相談役」になることが多いです。
  • 青い嵐は、変化のエネルギーが強く、周りに影響を与え、まわりを巻き込みます。状況を変化させ、変化を恐れず、のめりこみます。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。

先を争わず控えめに。道は開かれる。

坂口健太郎のまとめ

ウェブスペルの色を見てみると

黄色の前半にモデルオーデションで合格しモデル活動を開始。
黄色の半ばに俳優デビュー。
黄色の最後付近にドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』で連続ドラマ初主演。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

池田勇人
池田勇人(いけだ はやと)は、日本の政治家。第58・59・60代内閣総理大臣。吉田茂の右腕として頭角を現します。総理在任中に所得倍増計画を発表。東京オリンピック開催など、高度経済成長期を代表する政治家。

続きを読む


木村多江
木村多江(きむら たえ)は、日本の女優。ドラマ『リング』『らせん』で山村貞子役で注目を集めます。その後、演じた役柄から「日本一不幸役が板につく女優」と称され、同世代女優とは異なるポジションを確立。

続きを読む


キムラ緑子
キムラ緑子(キムラ みどりこ)は、日本の女優。長く劇団M.O.P.の看板女優として活躍。2000年頃からテレビにも進出。朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』でヒロインの義姉・西門和枝役を演じて一躍注目を集めます。

続きを読む


角田光代
角田光代(かくた みつよ)は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家。読みやすい文体で家族や恋愛をテーマにした作品を発表し若い女性から支持を得ます。『対岸の彼女』で直木賞を受賞。

続きを読む


森口瑤子
森口瑤子(もりぐち ようこ)は、日本の女優。夫は脚本家の坂元裕二。「ミス松竹」に選出され『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』で映画デビュー。鈴木杏樹の次となる相棒の3代目女将に起用。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin179)

手塚治虫
マンガの神様と評される「手塚治虫」は大学在学中の1946年に漫画家としてデビューしました。「鉄腕アトム」「ジャングル大帝」「リボンの騎士」といったヒット作を次々と手がけました。

続きを読む


奥田瑛二
奥田瑛二(おくだ えいじ)は、日本の俳優、映画監督、画家。業界屈指の色気を持つ俳優。映画監督としてモントリオール世界映画祭でグランプリ、国際批評家連盟賞、エキュメニック賞の3冠を受賞。

続きを読む


イルカ
イルカは、日本のフォークシンガー、絵本作家。代表曲に「なごり雪」「雨の物語」。住友生命のCMソングの「みんな同じ生きているから・・」で始まる『まあるいいのち』でも知られます。

続きを読む


さとう珠緒
さとう珠緒(さとう たまお)は、日本の女優、タレント。初代ミニスカポリスとして活動。過剰なぶりっ子を演じるキャラで活躍。「ぷん! ぷん!」と言うのがトレードマーク。

続きを読む


梶原一騎
梶原一騎(かじわら いっき)は、日本の漫画原作者、小説家、映画プロデューサー。『巨人の星』の原作者として名声を上げ、「スポ根」分野を確立した。

続きを読む


関連記事 (俳優)

笹野高史
笹野高史(ささの たかし)は、日本の俳優、タレント。コミカル、シリアス、真面目、堅物と、どのような役柄でも独特の味わいを見せる俳優。山田洋次監督作品の常連でもあり、時代劇には欠かせない存在。

続きを読む


窪田正孝
窪田正孝(くぼた まさたか)は、日本の俳優。妻は女優の水川あさみ。2020年前期のNHK連続テレビ小説『エール』で作曲家の古関裕而をモデルにした主人公を務めます。

続きを読む


武田鉄矢
武田鉄矢さんは、歌手・俳優・タレント・作詞家・漫画原作者。海援隊のボーカル・リーダー。歌手・俳優・脚本家・漫画原作者としてマルチな才能で活躍しています。

続きを読む


香取慎吾
香取慎吾(かとり しんご)は歌手、俳優であり、男性アイドルグループSMAPのメンバーです。2000年に「慎吾ママのおはロック」を発売しミリオンヒット。慎吾ママの「おっはー」は流行語大賞を受賞。

続きを読む


松田龍平
松田龍平(まつだ りゅうへい)は、日本の俳優。父は俳優の松田優作。大島渚監督の映画『御法度』で様々な受賞し華々しくデビュー。その後、テレビドラマでも見られる存在となります。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事