1,864 views

俳優・役所広司の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 役所広司

記事公開日:2018年04月28日
最終更新日:2021年01月23日

役所広司
出典:wikipedia.org 第28回東京国際映画祭にて(2015年)

役所広司(やくしょ こうじ)は、日本の俳優。

仲代達矢主宰の無名塾出身。映画『Shall we ダンス?』で主演を演じブレイクします。
海外の監督作品にも出演し、その高い演技力に対し様々な賞が贈られます。

このページでは役所広司(やくしょ こうじ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

役所広司の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1956年1月1日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin213です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い空歩く人 赤い月 音5
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い竜
互いに学びあう 反対kin 青い夜
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い星
以てるもの同士の類似kin 白い世界の橋渡し
鏡の向こうのもう一人の自分 kin48
絶対反対kin kin83

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音5」は、いつもはのんびり屋さんですが、いざとなると、底地力を発揮します。一旦ONのスイッチが入ると、行動的・積極的になり、すごいスピードで物事をこなしていきます。説得力があり、一貫性があるので、人から信頼されます。

「赤い月」は、常に新しい流れをつくりだします。簡単に出来ることではないですが、その分大きなパワーを発揮します。相手の心が読めるの能力が高いです。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

「赤い空歩く人」は、面倒見がよく、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。良識的な人が多く、経験重視の判断をする傾向があります。まとめ役になることも多いのが特徴です。

ひとことでいえばKin213の誕生日占いは、そこぢからのあるタイプです。困難な状況であればあるほと力を発揮します。人も金も集まってくる。我を通すと災いになる。

広告

役所広司の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

長崎県諫早市生まれ。
本名は橋本広司(はしもと こうじ)。
高校を卒業するまで長崎県で育ちます。

無名塾

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1978.1.1~ 22 183 1 青い夜 青い夜
1979.1.1~ 23 28 2 黄色い星 青い手
1980.1.1~ 24 133 3 赤い空歩く人 青い猿
高校を卒業し上京。役所に勤めます。
あるとき、友人に連れられ仲代達矢の舞台を見て感銘を受けます。
1978年に仲代達矢が主宰する俳優養成所「無名塾」に入り俳優になるのを志します。
役所広司の芸名は前職が役所務めに加え、役どころが広くなるようにと仲代が命名。
当初は所属する無名塾の舞台公演に出演します。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に「無名塾」に入り俳優になるのを志します。

テレビ、映画にデビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1980.1.1~ 24 133 3 赤い空歩く人 青い猿
1983.1.1~ 27 188 6 黄色い星 青い夜
1985.1.1~ 29 138 8 白い鏡 青い猿
1980年にNHK連続テレビ小説『なっちゃんの写真館』でテレビデビュー。
1982年に結婚。
1983年に大河ドラマ『徳川家康』で織田信長役を演じ注目を集めます。
1985年に伊丹十三監督作品『タンポポ』に出演。

この頃の役所広司が出演していた番組は評価は高いものの視聴率がいまいちでした。

ウェブスペルの色が青色の始めころよりテレビ、映画に出演するようになります。

ブレイク

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1996.1.1~ 40 253 6 赤い空歩く人 黄色い星
1997.1.1~ 41 98 7 白い鏡 黄色い人
1998.1.1~ 42 203 8 青い夜 黄色い戦士
1999.1.1~ 43 48 9 黄色い星 黄色い太陽
1996年に周防正行監督の映画『Shall we ダンス?』で主演を演じ大ヒットになります。
さらに、『シャブ極道』、『眠る男』で1996年度の国内14の映画賞で主演男優賞を独占
1996年より日本アカデミー賞の優秀主演男優賞を7年連続で受賞。日本を代表する映画俳優の一人になります。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに映画『Shall we ダンス?』の主演を演じブレイク。この年日本国内14の映画賞を総なめします。

世界進出

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2005.1.1~ 49 158 2 白い鏡 赤い地球
2006.1.1~ 50 3 3 青い夜 赤い竜
2007.1.1~ 51 108 4 黄色い星 赤い蛇
2005年にアジアを代表する俳優やハリウッドをけん引するスタッフが製作する『SAYURI』に出演。
2006年には『バベル』でブラッド・ピットと共演
2007年には日米伊合作映画『シルク』に出演。
2012年に紫綬褒章を受章

海外でもその高い演技力に対し様々な賞が贈られます。

ウェブスペルの色が赤色の始めころから海外の監督作品に出演。世界進出を果たします。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.1.1~ 64 173 4 赤い空歩く人 白い犬
2021.1.1~ 65 18 5 白い鏡 白い魔法使い
2022.1.1~ 66 123 6 青い夜 白い鏡
役所広司の現在は、ウェブスペルの色が白色の前半に当たります。
65才の時はKin18。自分の考えや行動などを深くかえりみることのできる年です。

  • 音5は、一旦ONのスイッチが入ると、行動的・積極的になり、すごいスピードで物事をこなしていきます。
  • 白い鏡は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をします。
  • 白い魔法使いは、人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたりできます。常にベストを尽くし、きっちり仕事をします。

一旦重荷をおろして再スタートすること。

役所広司のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の始めの年に「無名塾」に入り俳優になるのを志します。
青色の始めころよりテレビ、映画に出演するようになります。
黄色の半ばに映画『Shall we ダンス?』の主演を演じブレイク。この年日本国内14の映画賞を総なめします。
赤色の始めころから海外の監督作品に出演。世界進出を果たします。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

大友康平
大友康平(おおとも こうへい)は、歌手、俳優、タレント。ロックバンド「HOUND DOG」のボーカル。日本武道館史上最多の15日連続ライブを決行。「BRIDGE あの橋をわたるとき」は最大のヒットシングル曲。

続きを読む


秋吉久美子
秋吉久美子(あきよし くみこ)は、日本の女優。映画『赤ちょうちん』に出演し名前が知られるようになります。『異人たちとの夏』『男はつらいよ 寅次郎物語』『深い河』などが代表作。

続きを読む


伊沢拓司
伊沢拓司(いざわ たくし)、日本のクイズプレイヤー、YouTuber、起業家、タレント。クイズ番組で数々の好成績を収めます。クイズ番組『東大王』の第1シーズンでは東大王チームの大将を務めます。

続きを読む


ウエンツ瑛士
ウエンツ瑛士(ウエンツ えいじ)は、日本のタレント、俳優。4才から芸能活動を開始。俳優業やバラエティ番組で活躍する一方、小池徹平と「WaT」で歌手活動も行っていました。

続きを読む


山口智充
山口智充(やまぐち ともみつ)は、日本のお笑いタレント。かつてはお笑いコンビ「DonDokoDon」で活動。全国的に知名度を得て、以降ピンで活動することが多くなります。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin213)

大友康平
大友康平(おおとも こうへい)は、歌手、俳優、タレント。ロックバンド「HOUND DOG」のボーカル。日本武道館史上最多の15日連続ライブを決行。「BRIDGE あの橋をわたるとき」は最大のヒットシングル曲。

続きを読む


はしのえみ
はしのえみは、日本のモデル、タレント、司会者。愛称は「えみちゃん」「はしえみ」「姫」。欽ちゃん劇団の出身者。『王様のブランチ』に出演し姫様のキャラなどで人気を得ます。

続きを読む


日高のり子
日髙のり子(ひだか のりこ)は、日本の声優、女優。代表作に『タッチ』の浅倉南、『となりのトトロ』のサツキ、『らんま1/2』のあかねなどあります。

続きを読む


糸川英夫
糸川英夫さんは日本の工学者。専門は航空工学、宇宙工学。ペンシルロケットの開発者であり「日本の宇宙開発・ロケット開発の父」と呼ばれます。

続きを読む


西村知美
西村知美(にしむら ともみ)は、日本の女優、タレント。80年代アイドル。『第1回ミス・モモコクラブ』でグランプリを受賞しデビュー。その後、バラエティ番組に進出。ほんわかとした天然キャラを売りに活躍。

続きを読む


関連記事 (俳優)

里見浩太朗
里見浩太朗(さとみ こうたろう)は、俳優・歌手。東映へ入社。その後、活躍の場をテレビに移し『水戸黄門』の助さん役を始め数々の時代劇俳優の主演を務めます。

続きを読む


六代目片岡愛之助
六代目 片岡愛之助(ろくだいめ かたおか あいのすけ)は、日本の歌舞伎役者。屋号は松嶋屋。妻は藤原紀香。歌舞伎とは関係ない家庭育ち。十三代目片岡仁左衛門に見出され歌舞伎役者になります。

続きを読む


峰竜太
峰竜太(みね りゅうた)は、日本の俳優、タレント。妻は海老名美どり。元石原プロ所属の俳優。『大都会』や『西部警察』に出演。異色のソフト路線タレント・司会者として、多くの番組で重宝されます。その後独立。

続きを読む


相葉雅紀
相葉雅紀(あいば まさき)は、歌手、俳優、タレント、司会者であり、男性アイドルグループ・嵐のメンバー。

続きを読む


野村萬斎
野村萬斎(のむら まんさい)は、狂言方和泉流の能楽師、俳優。端正な顔立ちから「狂言界のプリンス」と呼ばれる、日本を代表する狂言役者の一人です。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ