1,449 views

俳優・役所広司の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 役所広司

記事公開日:2018年04月28日
最終更新日:2019年12月17日

役所広司
出典:wikipedia.org 第28回東京国際映画祭にて(2015年)

役所広司(やくしょ こうじ)は、日本の俳優。

仲代達矢主宰の無名塾出身。映画『Shall we ダンス?』で主演を演じブレイクします。
海外の監督作品にも出演し、その高い演技力に対し様々な賞が贈られます。

このページでは役所広司の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

役所広司の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1956年1月1日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin213です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い空歩く人 赤い月 音5
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い竜
互いに学びあう 反対kin 青い夜
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い星
以てるもの同士の類似kin 白い世界の橋渡し
鏡の向こうのもう一人の自分 kin48
絶対反対kin kin83

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音5」は、いつもはのんびり屋さんですが、いざとなると、底地力を発揮します。一旦ONのスイッチが入ると、行動的・積極的になり、すごいスピードで物事をこなしていきます。説得力があり、一貫性があるので、人から信頼されます。

「赤い月」は、常に新しい流れをつくりだします。簡単に出来ることではないですが、その分大きなパワーを発揮します。相手の心が読めるの能力が高いです。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

「赤い空歩く人」は、面倒見がよく、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。良識的な人が多く、経験重視の判断をする傾向があります。まとめ役になることも多いのが特徴です。

ひとことでいえばKin213の誕生日占いは、そこぢからのあるタイプです。困難な状況であればあるほと力を発揮します。人も金も集まってくる。我を通すと災いになる。

広告

役所広司の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

長崎県諫早市生まれ。
本名は橋本広司(はしもと こうじ)。
高校を卒業するまで長崎県で育ちます。

無名塾

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1978.1.1~ 22 183 1 青い夜 青い夜
1979.1.1~ 23 28 2 黄色い星 青い手
1980.1.1~ 24 133 3 赤い空歩く人 青い猿
高校を卒業し上京。役所に勤めます。
あるとき、友人に連れられ仲代達矢の舞台を見て感銘を受けます。
1978年に仲代達矢が主宰する俳優養成所「無名塾」に入り俳優になるのを志します。
役所広司の芸名は前職が役所務めに加え、役どころが広くなるようにと仲代が命名。
当初は所属する無名塾の舞台公演に出演します。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に「無名塾」に入り俳優になるのを志します。

テレビ、映画にデビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1980.1.1~ 24 133 3 赤い空歩く人 青い猿
1983.1.1~ 27 188 6 黄色い星 青い夜
1985.1.1~ 29 138 8 白い鏡 青い猿
1980年にNHK連続テレビ小説『なっちゃんの写真館』でテレビデビュー。
1982年に結婚。
1983年に大河ドラマ『徳川家康』で織田信長役を演じ注目を集めます。
1985年に伊丹十三監督作品『タンポポ』に出演。

この頃の役所広司が出演していた番組は評価は高いものの視聴率がいまいちでした。

ウェブスペルの色が青色の始めころよりテレビ、映画に出演するようになります。

ブレイク

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1996.1.1~ 40 253 6 赤い空歩く人 黄色い星
1997.1.1~ 41 98 7 白い鏡 黄色い人
1998.1.1~ 42 203 8 青い夜 黄色い戦士
1999.1.1~ 43 48 9 黄色い星 黄色い太陽
1996年に周防正行監督の映画『Shall we ダンス?』で主演を演じ大ヒットになります。
さらに、『シャブ極道』、『眠る男』で1996年度の国内14の映画賞で主演男優賞を独占
1996年より日本アカデミー賞の優秀主演男優賞を7年連続で受賞。日本を代表する映画俳優の一人になります。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに映画『Shall we ダンス?』の主演を演じブレイク。この年日本国内14の映画賞を総なめします。

世界進出

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2005.1.1~ 49 158 2 白い鏡 赤い地球
2006.1.1~ 50 3 3 青い夜 赤い竜
2007.1.1~ 51 108 4 黄色い星 赤い蛇
2005年にアジアを代表する俳優やハリウッドをけん引するスタッフが製作する『SAYURI』に出演。
2006年には『バベル』でブラッド・ピットと共演
2007年には日米伊合作映画『シルク』に出演。
2012年に紫綬褒章を受章

海外でもその高い演技力に対し様々な賞が贈られます。

ウェブスペルの色が赤色の始めころから海外の監督作品に出演。世界進出を果たします。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.1.1~ 62 223 2 青い夜 白い風
2019.1.1~ 63 68 3 黄色い星 白い世界の橋渡し
2020.1.1~ 64 173 4 赤い空歩く人 白い犬
役所広司の現在は、ウェブスペルの色が白色の前半に当たります。
64才の時はKin173。自分は何を求めているかを探し、求めることをする年です。

  • 音4は、内面を掘り下げ、勉強・探究に励みます。人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。
  • 赤い空歩く人は、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。
  • 白い犬は、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝えます。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

順序良く進む。進む前に一人で歩けるように。

役所広司のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の始めの年に「無名塾」に入り俳優になるのを志します。
青色の始めころよりテレビ、映画に出演するようになります。
黄色の半ばに映画『Shall we ダンス?』の主演を演じブレイク。この年日本国内14の映画賞を総なめします。
赤色の始めころから海外の監督作品に出演。世界進出を果たします。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

河合小市
河合小市(かわい こいち)は、日本の実業家。ヤマハの創業者である山葉寅楠の会社に丁稚奉公入り。その後、会社の労働争議で退社。独立し河合楽器製作所を創設。

続きを読む


北方謙三
北方謙三(きたかた けんぞう)は、日本の小説家。大学時代に作家デビューするが低迷。その後。方向転換しヒット作を次々と生み出しハードボイルド小説の旗手として一躍人気作家に成長。

続きを読む


坂口健太郎
坂口健太郎(さかぐち けんたろう)は、日本の俳優、モデル。メンズノンノのオーディションに自ら応募しモデルデビュー。その後、俳優としてもデビュー。2018年のドラマ『シグナル』で連続ドラマ初主演。

続きを読む


市村正親
市村正親(いちむら まさちか)は、日本の俳優、声優。長く劇団四季で活躍し看板俳優に成長。退団後も舞台、テレビ、映画等で活躍を続けています。妻は女優の篠原涼子。25才の年の差婚と話題を呼びます。

続きを読む


鳩山一郎
鳩山一郎(はとやま いちろう)は、日本の政治家、弁護士。第52・53・54代内閣総理大臣。自由民主党の初代総裁。55年体制最初の内閣総理大臣。孫は第93代内閣総理大臣の鳩山由紀夫。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin213)

はしのえみ
はしのえみは、日本のモデル、タレント、司会者。愛称は「えみちゃん」「はしえみ」「姫」。欽ちゃん劇団の出身者。『王様のブランチ』に出演し姫様のキャラなどで人気を得ます。

続きを読む


糸川英夫
糸川英夫さんは日本の工学者。専門は航空工学、宇宙工学。ペンシルロケットの開発者であり「日本の宇宙開発・ロケット開発の父」と呼ばれます。

続きを読む


小渕恵三
小渕恵三(おぶち けいぞう)は、日本の政治家。官房長官時代に「平成」の元号を発表。「平成おじさん」として広く知られます。その後、内閣総理大臣に就任。しかし在任中に脳梗塞を発症し亡くなった。

続きを読む


西村知美
西村知美(にしむら ともみ)は、日本の女優、タレント。80年代アイドル。『第1回ミス・モモコクラブ』でグランプリを受賞しデビュー。その後、バラエティ番組に進出。ほんわかとした天然キャラを売りに活躍。

続きを読む


関連記事 (俳優)

藤田まこと
藤田まこと(ふじた まこと)は、日本の俳優、コメディアン。『てなもんや三度笠』に出演し人気を得ます。必殺シリーズではぐれ刑事純情派などで俳優として定番となります。

続きを読む


渡瀬恒彦
渡瀬恒彦(わたせ つねひこ)は日本の俳優・歌手。兄は俳優の渡哲也。映画で活躍後にテレビで多く見られるようになります。特に、多数の刑事ドラマシリーズで主演を行いました。2017年にガンで亡くなります。

続きを読む


野村宏伸
野村宏伸(のむら ひろのぶ)は、日本の俳優。『びんびんシリーズ』でアイドル系の俳優としてブレイク。しかし、自身の怠慢から仕事が激減。しばらくして映画『コアラ課長』で主演。再評価されます。

続きを読む


温水洋一
温水洋一(ぬくみず よういち)は、日本の俳優、タレント。愛称は「ぬっくん」。もともとは舞台俳優。演劇活動と並行してドラマ・バラエティ番組し広く知られる存在。名わき役として有名です。

続きを読む


三浦友和
三浦友和(みうら ともかず)は、日本の俳優。妻は元歌手の山口百恵。山口百恵の相手役として映画初出演。次々にヒットとなりゴールデンコンビと騒がれます。その後、テレビドラマでも活躍。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事