367 views

俳優・生瀬勝久の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 生瀬勝久

生瀬勝久
→ 画像検索はこちら

生瀬勝久(なませ かつひさ)は日本の俳優、タレント、司会者。

1980年代後半にテレビの深夜番組に出演し関西学生演劇ブームをひき起こす一端となった。
その後、全国区のテレビドラマに本格的に進出。『トリック』『ごくせん』など仲間由紀恵との共演が多くあります。

このページでは、生瀬勝久(なませ かつひさ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

生瀬勝久の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1960年10月13日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin138です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い鏡 青い猿 音8
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い風
互いに学びあう 反対kin 黄色い星
互いに秘かれあう 神秘kin 青い夜
以てるもの同士の類似kin 赤い竜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin123
絶対反対kin kin8

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音8」は、バランスと調和を大事にする人です。母性力があり面倒見がよく、細かいところにもよく気づきます。どんな状況でもすぐに溶け込める人です。人間関係は残念ながら、人づきあいがさほど上手ではありません。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

ひとことでいえばKin138の誕生日占いは、自分と人の世界の調和を重んじるタイプです。転機が新しいものを生み出す力。

広告

生瀬勝久の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

兵庫県西宮市出身。生瀬勝久は本名。

学生時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1979.10.13~ 19 53 1 赤い空歩く人 赤い空歩く人
1981.10.13~ 21 3 3 青い夜 赤い竜
1982.10.13~ 22 108 4 黄色い星 赤い蛇
1980年に同志社大学に入学。同志社大学の劇団「第三劇場」に所属します。
1982年に京都大学系の劇団「劇団そとばこまち」で2代目座長を務めていた辰巳琢郎にスカウトを受け1983年に劇団に入団。
学生時代は槍魔栗三助(やりまくり さんすけ)の名で活動。

ウェブスペルの色が赤色の前半に劇団「劇団そとばこまち」に入団し活動。

生瀬勝久

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1986.10.13~ 26 8 8 黄色い星 赤い竜
1987.10.13~ 27 113 9 赤い空歩く人 赤い蛇
1988.10.13~ 28 218 10 白い鏡 赤い月
1986年に同志社大学を卒業。起業から内定を受けていましたが演劇の道に進みます。
1988年に劇団「劇団そとばこまち」の4代目座長に就任。4代目座長生瀬勝久のもと、山西惇・小松純也・みやなおこ・八十田勇一らが中心メンバーとなった。
同年より讀賣テレビの番組でコメディアンとして才能を発揮。1988年に「探偵ナイトスクープ」の初回放送より槍魔栗三助で出演。道頓堀に沈んだカーネル・サンダース救出作戦を担当。1990年まで。
1988年の朝の連続テレビ小説『純ちゃんの応援歌』に出演するのを機に芸名を本名の生瀬勝久に改名。

ウェブスペルの色が赤色の後半に劇団「劇団そとばこまち」4代目座長に就任。生瀬勝久に改名。

関西学生演劇ブームの一端

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1989.10.13~ 29 63 11 青い夜 赤い空歩く人
1990.10.13~ 30 168 12 黄色い星 赤い地球
1991.10.13~ 31 13 13 赤い空歩く人 赤い竜
1989年に『現代用語の基礎体力』、1990年の『ムイミダス』『未確認飛行ぶっとい』など讀賣テレビの深夜番組に出演。
「劇団☆新感線」の古田新太や「売名行為」の立原啓裕などと関西学生演劇ブームをひき起こす一端となった。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近にテレビの深夜番組に出演し関西学生演劇ブームをひき起こす一端となった。

全国区

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1994.10.13~ 34 68 3 黄色い星 白い世界の橋渡し
1995.10.13~ 35 173 4 赤い空歩く人 白い犬
1996.10.13~ 36 18 5 白い鏡 白い魔法使い
1990年代半ばより全国区のテレビドラマに本格的に進出。

1994年に大河ドラマ『花の乱』で大河ドラマ初出演。
1996年に映画『トキワ荘の青春』で映画初出演。

ウェブスペルの色が白色の前半より全国区のテレビドラマに本格的に進出。

劇団「そとばこまち」を退団

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.10.13~ 40 178 9 白い鏡 白い犬
2001.10.13~ 41 23 10 青い夜 白い魔法使い
2002.10.13~ 42 128 11 黄色い星 白い鏡
2000年にドラマ『トリック』で矢部謙三役。主演の仲間由紀恵とは『ごくせん』『功名が辻』『ゴーストママ捜査線』など共演が多くあります。
役者としての活動の場を関西から全国に広げるため2001年に劇団「そとばこまち」を退団。
2002年にドラマ『ごくせん』で猿渡五郎役で出演。

ウェブスペルの色が白色の後半に劇団「そとばこまち」を退団。仲間由紀恵との共演が多くなります。

テレビ初主演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2010.10.13~ 50 188 6 黄色い星 青い夜
2011.10.13~ 51 33 7 赤い空歩く人 青い手
2012.10.13~ 52 138 8 白い鏡 青い猿
2010年に『警部補 矢部謙三』でテレビ初主演。2013年に『警部補 矢部謙三2』でも主演。
2011年に『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』でクセのある上司役で出演。

ウェブスペルの色が青色の半ばに『警部補 矢部謙三』でテレビ初主演。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.10.13~ 60 198 3 白い鏡 黄色い戦士
2021.10.13~ 61 43 4 青い夜 黄色い太陽
2022.10.13~ 62 148 5 黄色い星 黄色の種
生瀬勝久の現在は、ウェブスペルの色が黄色の始まり付近に当たります。
60才の時はKin198。いつも精一杯いきている年です。表現が下手です。

  • 音3は、性質の異なる人・物事を結びつける役割があります。立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり調整したりします。
  • 白い鏡は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をします。
  • 黄色い戦士は、「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

中身が充実していれば謙虚になれる。言葉より行動を。

生瀬勝久のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の前半に劇団「劇団そとばこまち」に入団し活動。
赤色の後半に劇団「劇団そとばこまち」4代目座長に就任。生瀬勝久に改名。
赤色の最後付近にテレビの深夜番組に出演し関西学生演劇ブームをひき起こす一端となった。
白色の前半より全国区のテレビドラマに本格的に進出。
白色の後半に劇団「そとばこまち」を退団。仲間由紀恵との共演が多くなります。
青色の半ばに『警部補 矢部謙三』でテレビ初主演。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

三ツ矢雄二
三ツ矢雄二(みつや ゆうじ)は、日本の声優、タレント。中学時代より子役として活動。その後『コン・バトラーV』のオーディションで主役に抜擢。以降、声優としてのキャリアを積み重ねていきます。

続きを読む


土井善晴
土井善晴(どい よしはる)は、日本の料理研究家、フードプロデューサー。父は家庭料理の第一人者である料理研究家・土井勝。父親譲りの独特の優しげな関西弁で『きょうの料理』などの料理番組に多数出演。

続きを読む


大久保佳代子
大久保佳代子(おおくぼ かよこ)は、日本のお笑いタレント、司会者、お笑いコンビ・オアシズのメンバー。オアシズとしてデビューしますが相方・光浦だけ取り上げられ不遇の時期を過ごします。その後、復帰を果たし頭角を現しピンでの活動が増えていきます。

続きを読む


大神いずみ
大神いずみ(おおがみ いずみ)は、日本の女性フリーアナウンサー、タレント。夫は元プロ野球選手の元木大介。元日本テレビのアナウンサー。バラエティ番組を中心に活躍。その後、フリーアナウンサーに転向。結婚、出産。

続きを読む


佐藤栞里
佐藤栞里(さとう しおり)は、日本のファッションモデル、タレント。『ピチレモン』の専属モデルとして活動して以来様々な女性ファッション雑誌で活動。バラエティ番組にも進出し『王様のブランチ』の女性6代目MCを担当。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin138)

正力松太郎
正力松太郎(しょうりき まつたろう)は、日本の内務官僚、実業家、政治家。元読売新聞社社主。読売新聞社の経営者として、新聞部数拡大に成功した、読売中興の祖です。

続きを読む


郷ひろみ
郷ひろみ(ごう ひろみ)は、日本の歌手、俳優。西城秀樹、野口五郎と共に『新・御三家』と並び称される昭和を代表するスターの一人です。長く第一線での活躍を続け、母娘の親子2代でファンというケースもあるほど。

続きを読む


大杉久美子
大杉久美子(おおすぎ くみこ)は、日本の歌手。『アタックNo.1』のOP主題歌を歌い自身初のヒット。1970年代後半には「アニソン四天王」と呼ばれるまで活躍。

続きを読む


関連記事 (タレント)

東八郎
東八郎(あずま はちろう)は、日本のコメディアン、タレント。昭和を代表するコメディアンの一人です。次男は東MAX(アズマックス)こと東貴博(あずま たかひろ)。

続きを読む


泉ピン子
泉ピン子(いずみ ピンこ)は、女優、コメディエンヌ、漫談家、歌手。『おしん』の母親役で高く評価される。その後『渡る世間は鬼ばかり』に出演。20年以上に渡りシリーズ化

続きを読む


清水ミチコ
清水ミチコ(しみず ミチコ)は、日本のタレント、ナレーター、女優。「ものまねの女王」と称えられバラエティー番組で頻繁に披露。実写版ドラマ「ちびまる子ちゃん」では、まる子の母役で出演。

続きを読む


関連記事 (俳優)

GACKT
GACKT(ガクト)は、日本の男性シンガーソングライター、俳優。沖縄県出身。「芸能人格付けチェック!」で一流芸能人に分類されるほどの正解率を誇ります。

続きを読む


ショーン・コネリーは、イギリス出身の元映画俳優。『007』シリーズの初代ジェームス・ボンドで有名です。2006年に俳優業を引退。

続きを読む


賀来賢人
賀来賢人(かく けんと)は、日本の俳優。叔母(父の妹)は女優の賀来千香子。妻は女優の榮倉奈々。朝の連続テレビ小説『花子とアン』、大河ドラマ『花燃ゆ』に出演し知名度UP。映画『斉木楠雄のΨ難』に出演しコメディ俳優としてもブレイク。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ