1,704 views

俳優・間宮祥太朗の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 間宮祥太朗

記事公開日:2021年02月08日
最終更新日:2022年05月04日

間宮祥太朗
出典:wikipedia.org 2019年

間宮祥太朗(まみや しょうたろう)は、日本のタレント、俳優。

ハナチューの読者モデルとして活躍。その後俳優デビュー。
『半分、青い。』で朝ドラ初出演。大河ドラマ『麒麟がくる』で明智左馬助役。

このページでは、間宮祥太朗(まみや しょうたろう)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

間宮祥太朗(まみや しょうたろう)の誕生日占い

生年月日:1993年6月11日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin99です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い嵐 黄色い人 音8
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い夜
互いに学びあう 反対kin 赤い月
互いに秘かれあう 神秘kin 白い風
以てるもの同士の類似kin 黄色い太陽
鏡の向こうのもう一人の自分 kin162
絶対反対kin kin229

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音8」は、バランスと調和を大事にする人です。母性力があり面倒見がよく、細かいところにもよく気づきます。どんな状況でもすぐに溶け込める人です。人間関係は残念ながら、人づきあいがさほど上手ではありません。

「黄色い人」は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

ひとことでいえばKin99の誕生日占いは、やるきになったら大きな力を発揮できるタイプです。理解者がいないと孤立します。即断即決。あらゆるものを加速させる。

広告

間宮祥太朗(まみや しょうたろう)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

神奈川県横浜市出身。
小学生の頃から映画に親しみ映画にかかわる仕事をしたいを思うようになります。
小学校1年生から中学校3年生まで野球で投手をしていました。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.6.11~ 13 164 8 黄色の種 赤い地球
2007.6.11~ 14 9 9 赤い月 赤い竜
2008.6.11~ 15 114 10 白い魔法使い 赤い蛇
中学時代に主婦の友社『Hana-*chu→』にて読者モデルとして人気を博します。
2008年にドラマ『スクラップ・ティーチャー 教師再生』で俳優デビュー。

ウェブスペルの色が赤色の後半にハナチューの読者モデルとして人気を博します。その後俳優デビュー。

初映画・初舞台

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2010.6.11~ 17 64 12 黄色の種 赤い空歩く人
2011.6.11~ 18 169 13 赤い月 赤い地球
2012.6.11~ 19 14 1 白い魔法使い 白い魔法使い
2010年に映画『Stand up boys』で映画初出演。
同年、舞台『ハーパー・リーガン』が初舞台。

ウェブスペルの色が赤色の最期付近に映画、舞台で初出演。

初主演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.6.11~ 23 174 5 白い魔法使い 白い犬
2017.6.11~ 24 19 6 青い嵐 白い魔法使い
2018.6.11~ 25 124 7 黄色の種 白い鏡
2016年に『ニーチェ先生』でドラマ初主演。
2017年に『お前はまだグンマを知らない』で映画初主演。

2018年に朝の連続テレビ小説『半分、青い。』で朝ドラ初出演。
2018年より『BG 身辺警護人』シリーズに出演。

ウェブスペルの色が白色の半ばにドラマ、映画で初主演。『半分、青い。』で朝ドラ初出演。

麒麟がくる

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.6.11~ 26 229 8 赤い月 白い風
2020.6.11~ 27 74 9 白い魔法使い 白い世界の橋渡し
2019年に映画『殺さない彼と死なない彼女』で桜井日奈子とダブル主演。
同年、ドラマ『べしゃり暮らし』で主演の上妻圭右役。
2020年に大河ドラマ『麒麟がくる』で光秀と共に本能寺の変を引き起こす明智左馬助役。

ウェブスペルの色が白色の後半に大河ドラマ『麒麟がくる』で明智左馬助役。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.6.11~ 27 74 9 白い魔法使い 白い世界の橋渡し
2021.6.11~ 28 179 10 青い嵐 白い犬
2022.6.11~ 29 24 11 黄色の種 白い魔法使い
間宮祥太朗の現在は、ウェブスペルの色が白色の最後付近に当たります。
29才の時はKin24。柔軟な感性の持ち主で素直な考えが出来る年です。

  • 音11は、オリジナリティが高く、独自の道を歩むエネルギーの強いです。
  • 黄色い種は、物事の根本的な原因、本質を最初から納得できるまで追究したくなります。他人の良いところを見つけ開花させるのに向いています。
  • 白い魔法使いは、人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたりできます。常にベストを尽くし、きっちり仕事をします。

勢いが増しているときこそタヅナを引き締めること。

間宮祥太朗のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の後半にハナチューの読者モデルとして活躍。その後俳優デビュー。
赤色の最期付近に映画、舞台で初出演。
白色の半ばにドラマ、映画で初主演。『半分、青い。』で朝ドラ初出演。
白色の後半に大河ドラマ『麒麟がくる』で明智左馬助役。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

河村たかし
河村たかし(かわむら たかし)は、日本の政治家。衆議院議員を5期務めたあと、名古屋市長に転身。市議会リコールの不成立を受け引責辞任。翌年、名古屋市長に復活。東京オリンピック金メダルかじりを巡る騒動など話題が多い人物。

続きを読む


RIKACO
RIKACO(りかこ)は、日本のタレント。元夫は俳優の渡部篤郎。モデルとしてデビュー後に女優・タレントに転身。『浅草橋ヤング洋品店』にレギュラー出演し若者のファッションリーダーとして注目を集めます。

続きを読む


DJ-KOO
DJ KOO(ディージェイ・コー)は、日本のDJ、タレント。TRFのメンバーでDJ担当のリーダー。日本のダンスミュージックを黎明期から知る人物。年間1000個以上食べるパン好きとしても有名。自称パンDJ。

続きを読む


福嶋康博
福嶋康博(ふくしま やすひろ)は、日本の実業家。スクウェア・エニックスの前身の一つである株式会社エニックスの創設者。大々的にアマチュア向けにゲームプログラムコンテストを行い人材を発掘。ドラゴンクエストIII は社会現象とも呼ばれるほどのヒットを記録。

続きを読む


尚泰王
尚泰王(しょう たいおう)は最後の琉球国王。後に日本の華族として琉球藩王、侯爵。わずか4才で父から王位を継ぎ、琉球王国末期の激動に遭遇。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin099)

石塚英彦
石塚英彦(いしづか ひでひこ)は、日本のお笑いタレント、グルメリポーター、俳優。愛称は「石ちゃん」。お笑いコンビ・ホンジャマカとして活躍後、ソロで活動。グルメレポーターとして活躍。食べた後の「まいうー」はトレードマーク。

続きを読む


ジャッキー・チェン
ジャッキー・チェンは香港出身の映画俳優。代表作に『プロジェクトA』『ラッシュアワー』など多数ある。

続きを読む


堺正章
堺正章はお笑いタレント、歌手、俳優、司会者、ラジオパーソナリティ。ザ・スパイダースで人気を博し、解散後に俳優としても世に知られます。司会者として20年を超える長寿番組を持つ売れっ子です。

続きを読む


大久保佳代子
大久保佳代子(おおくぼ かよこ)は、日本のお笑いタレント、司会者、お笑いコンビ・オアシズのメンバー。オアシズとしてデビューしますが相方・光浦だけ取り上げられ不遇の時期を過ごします。その後、復帰を果たし頭角を現しピンでの活動が増えていきます。

続きを読む


田中邦衛
田中邦衛(たなか くにえ)は、俳優。『北の国から』シリーズで父親・黒板五郎役が全国的に知られることになる。現代劇・時代劇・コメディーを問わず、幅広いジャンルで映画・テレビドラマに数多く出演した。

続きを読む


関連記事 (俳優)

坂上忍
坂上忍は、俳優、演出家、タレント、司会者、コメンテーター、映画監督、歌手。子供の頃は天才子役と呼ばれ活躍。2012年に毒舌キャラとしてブレイクしました。

続きを読む


山城新伍
山城新伍(やましろ しんご)は、日本の俳優、司会者、タレント。東映ニューフェイスとなりデビュー。テレビ時代劇『白馬童子』で主演し人気を博します。その後、バラエティにも進出。「チョメチョメ」は流行語となった。

続きを読む


近藤芳正
近藤芳正(こんどう よしまさ)は、日本の俳優。ドラマ『中学生日記』でデビュー。劇団七曜日の劇団員ながら東京サンシャインボーイズの舞台に多く出演。三谷幸喜脚本の映画作品に数多く出演。名脇役で知られる人物。

続きを読む


阿部サダヲ
阿部サダヲ(あべ サダヲ)は、日本の俳優、歌手。劇団大人計画所属。宮藤官九郎脚本の常連出演者でもある。代表作にドラマ『マルモのおきて』など多数。大人計画のメンバーで構成のバンド『グループ魂』のボーカルを担当。

続きを読む


永山瑛太
永山瑛太(ながやま えいた)は、日本の俳優。旧芸名はEITA(エイタ)、瑛太(えいた)。妻は歌手の木村カエラ。モデルデビュー後に俳優としてもデビュー。ドラマ『WATER BOYS』で注目され、その後ドラマ、映画で主演。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ