785 views

元宝塚歌劇団・檀れいの誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 檀れい

記事公開日:2020年07月16日
最終更新日:2021年02月08日

檀れい
→ 画像検索はこちら

檀れい(だん れい)は、日本の女優。元宝塚歌劇団の月組・星組トップ娘役。

宝塚歌劇団を退団後は女優として活躍。元夫は俳優の及川光博。

このページでは、檀れい(だん れい)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

檀れいの誕生日占い

生年月日:1971年8月4日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin183です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い夜 青い夜 音1
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い夜
互いに学びあう 反対kin 赤い空歩く人
互いに秘かれあう 神秘kin 白い鏡
以てるもの同士の類似kin 黄色い戦士
鏡の向こうのもう一人の自分 kin78
絶対反対kin kin53

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音1」は太陽の紋章とウェブスペルが一緒です。迷いのない決断力のある人で、人の先頭に立って決断をする即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。色々なものが引き寄せられてきます。

「青い夜」は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、寝なくってもご飯を食べなくてもどんなことでもやれる人です。自分を理解してくれる人は囲い込み、よく面倒を見る反面、好き嫌いもはっきりしてます。嫌いなものは嫌い。と厳しい面も。

ひとことでいえばKin183の誕生日占いは、自分の考えを持っており自分の世界をしっかり持っているタイプです。進行を妨げられたら計画を温めなおすこと。

広告

檀れいの個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

兵庫県生まれ。本名は山崎まゆみ。
幼稚園時代に学芸会でほめられたのをきっかけに人前に立つ仕事に興味を持ちます。

宝塚歌劇団

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1990.8.4~ 19 98 7 白い鏡 黄色い人
1991.8.4~ 20 203 8 青い夜 黄色い戦士
1992.8.4~ 21 48 9 黄色い星 黄色い太陽
兵庫県の高校を卒業し1990年に宝塚音楽学校に入学。
1992年に宝塚歌劇団に第78期生で入団。入団時の成績は40位と最下位でした。
芸名は本名の「まゆみ」と同じ読みの樹々の檀(マユミ)から「檀れい」と名付けます。

ウェブスペルの色が黄色の後半に宝塚歌劇団に入団。

月組トップ娘役

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1997.8.4~ 26 53 1 赤い空歩く人 赤い空歩く人
1998.8.4~ 27 158 2 白い鏡 赤い地球
1999.8.4~ 28 3 3 青い夜 赤い竜
1993年に月組に配属。1997年に雪組に異動。
1998年に入団7年目で初めてヒロインに抜擢。
1999年に真琴つばさの相手役として月組トップ娘役に就任。

ウェブスペルの色が赤色の前半に真琴つばさの相手役として月組トップ娘役に就任。

星組トップ娘役

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2001.8.4~ 30 213 5 赤い空歩く人 赤い月
2002.8.4~ 31 58 6 白い鏡 赤い空歩く人
2003.8.4~ 32 163 7 青い夜 赤い地球
2001年に真琴つばさが退団。檀れいは専科(特定の組に所属しない団体)へ異動。
2003年に湖月わたるの相手役として、星組トップ娘役に就任。
『王家に捧ぐ歌』のアムネリス、『花舞う長安』の楊貴妃などが当たり役となった。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに湖月わたるの相手役として星組トップ娘役に就任。

宝塚歌劇団を退団

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2005.8.4~ 34 113 9 赤い空歩く人 赤い蛇
2006.8.4~ 35 218 10 白い鏡 赤い月
2007.8.4~ 36 63 11 青い夜 赤い空歩く人
2005年に宝塚歌劇団を退団。退団後は女優として歩み始めます。
2006年に映画『武士の一分』で映画デビュー。日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。
2006年よりCMに出演。サントリー金麦(2007年6月 – 2019年12月)のCMへは10年以上と長く出演。

ウェブスペルの色が赤色の後半に宝塚歌劇団を退団。女優として歩み始めます。
2年連続で黒Kinが表れているときでした。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2010.8.4~ 39 118 1 白い鏡 白い鏡
2011.8.4~ 40 223 2 青い夜 白い風
2012.8.4~ 41 68 3 黄色い星 白い世界の橋渡し
2010年にNHKドラマ『八日目の蝉』でドラマ初主演。
2011年に俳優の及川光博と結婚。
2012年に遊佐未森のCDアルバム『淡雪』に参加。

ウェブスペルの色が白色の始めころに及川光博と結婚。

離婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2015.8.4~ 44 123 6 青い夜 白い鏡
2016.8.4~ 45 228 7 黄色い星 白い風
2018.8.4~ 47 178 9 白い鏡 白い犬
2015年に農林水産省の「日本食普及の特別親善大使」に任命。
2018年11月28日に及川光博と離婚。2人の間には子はいない。

ウェブスペルの色が白色の後半に及川光博と離婚。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.8.4~ 48 23 10 青い夜 白い魔法使い
2020.8.4~ 49 128 11 黄色い星 白い鏡
2021.8.4~ 50 233 12 赤い空歩く人 白い風
檀れいの現在は、ウェブスペルの色が白色の最後付近に当たります。
49才の時はKin128。別の側面から物事をみることが出来る年です。

  • 音11は、オリジナリティが高く、独自の道を歩むエネルギーの強いです。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。
  • 白い鏡は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をします。

依存からの一人立ちへ。

檀れいのまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の後半に宝塚歌劇団に入団。
赤色の前半に真琴つばさの相手役として月組トップ娘役に就任。
赤色の半ばに湖月わたるの相手役として星組トップ娘役に就任。
赤色の後半に宝塚歌劇団を退団。女優として歩み始めます。
白色の始めころに及川光博と結婚。
白色の後半に及川光博と離婚。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

とにかく明るい安村
とにかく明るい安村(とにかくあかるいやすむら)は、日本のお笑いタレント。元アームストロングのメンバー。「安心してください、はいてますよ」でブレイク。ユーキャン新語・流行語大賞のトップ10受賞。しかし不倫報道で一転。

続きを読む


飯野賢治
飯野賢治(いいの けんじ)は日本の実業家、ゲームクリエイター。『Dの食卓』を発売し100万本売る大ヒット。代表作となった。その後、積極的にマスコミに露出し時代の寵児的扱いを受けます。42才の時に高血圧性心不全のため亡くなります。

続きを読む


遠藤雅伸
遠藤雅伸(えんどう まさのぶ)は日本の実業家、ゲームクリエイター。ナムコ在籍時に『ゼビウス』『ドルアーガの塔』等を手がけ、その後独立。『ゼビウス』のヒットを機にメディアに出演しゲームデザイナーとして知られる存在となった。

続きを読む


伊藤健太郎
伊藤健太郎(いとう けんたろう)は、日本の俳優。雑誌、広告を中心にモデルとして活動後に俳優に転身。2019年後期の朝の連続テレビ小説『スカーレット』に出演し高評価。

続きを読む


平山あや
平山あや(ひらやま あや)は、日本のタレント、女優、元グラビアアイドル。夫は俳優の速水もこみち。第23回ホリプロタレントスカウトキャラバンで約38000人の応募者の中からグランプリを獲得し芸能界入り。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin183)

ノーラン・ブッシュネル
ノーラン・ブッシュネルは、アメリカの元ゲームデザイナー兼実業家で、アタリ社の創業者。娯楽産業史上「ビデオゲームの父」と呼ばれる人物です。

続きを読む


トーベ・ヤンソン
トーベ・ヤンソンは、フィンランドの画家、小説家、ファンタジー作家、児童文学作家。代表作は『ムーミン』シリーズ。日本ではあまり知られていませんが一般向けの小説も多く書いています。

続きを読む


鈴木宗男
鈴木宗男(すずき むねお)は、日本の政治家。第2次橋本内閣改造内閣で北海道・沖縄開発庁長官に就任し初入閣。ムネオハウスの疑惑を発端として数々の疑惑で失脚。その後、新党大地を結党し衆議院議員に返り咲き。

続きを読む


山田洋次
山田洋次さんは、映画監督、脚本家。映画「男はつらいよ」は大ヒットシリーズとなり48作まで作られ、毎年お盆と暮れの興行は日本人の風物詩、国民的映画とまで言われました。

続きを読む


村山聖
村山聖(むらやま さとし)は、日本の将棋棋士、九段(追贈)。「羽生世代」と呼ばれる棋士の一人。29才の若さで癌で亡くなります。将棋漫画のモデルとして取り上げられます。

続きを読む


関連記事 (女優)

伊藤つかさ
伊藤つかさ(いとう つかさ)は、日本の女優。幼少時代から子役で活動。「3年B組金八先生」ではクラスのアイドル的女子生徒で出演。翌年、アイドル歌手としてデビュー。1980年代に一世を風靡。

続きを読む


工藤夕貴
工藤夕貴(くどう ゆうき)は、日本の歌手、女優。中学の時に芸能界デビュー。高校の時にハリウッドに挑戦し長く海外を中心に活動。その後、日本に戻り再婚。広大な土地を購入し農業を行いながらカフェをオープン。

続きを読む


浅野温子
浅野温子(あさの あつこ)は、日本の女優。1976年にオーディションに合格し映画デビュー。1991年にはテレビドラマ『101回目のプロポーズ』で武田鉄矢と共に主演。最高視聴率36.7%の高視聴率を記録

続きを読む


深津絵里
深津絵里は、日本の女優。1988年にJR東海のクリスマス・エクスプレス'88のCMに15歳で起用され認知されます。1997年にドラマ「踊る大捜査線」に恩田すみれ役でレギュラー出演しブームになります。

続きを読む


芳根京子
芳根京子(よしね きょうこ)は、日本の女優。朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』で主演。2018年に日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ