3,662 views

半分、青い。の永野芽郁の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 永野芽郁

記事公開日:2018年06月28日
最終更新日:2021年12月24日

永野芽郁
→ 画像検索はこちら

永野芽郁(ながの めい)は、日本の女優、ファッションモデル、タレント。

2018年度上半期NHK連続テレビ小説『半分、青い。』のヒロイン・楡野鈴愛(にれの すずめ)役を演じています。

このページでは、永野芽郁(ながの めい)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

永野芽郁(ながの めい)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1999年9月24日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin54です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い魔法使い 赤い空歩く人 音2
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い世界の橋渡し
互いに学びあう 反対kin 黄色い種
互いに秘かれあう 神秘kin 青い手
以てるもの同士の類似kin 赤い蛇
鏡の向こうのもう一人の自分 kin207
絶対反対kin kin184

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音2」はパワーが強い人で、衝突するような体験が多い人生を送ります。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。組織の中でも決断を行うキーパーソンとなる役割が多い人です。

「赤い空歩く人」は、面倒見がよく、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。良識的な人が多く、経験重視の判断をする傾向があります。まとめ役になることも多いのが特徴です。

「白い魔法使い」は、人の気持ちを軽くすることができる人です。人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたり、ココロが軽くなったりし、癒され魅了される人も多いはず。常にベストを尽くし、真面目に取り組み好印象で、きっちり仕事をする人です。手を抜けない頑張り屋さんです。

ひとことでいえばKin54の誕生日占いは、張り詰めた緊張感の持ち主のタイプです。あなたの生かす力を背後に感じれば順風満帆の勢い。母性能力ある。

広告

永野芽郁(ながの めい)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都で生まれ育ちます。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2008.9.24~ 9 219 11 青い嵐 赤い月
2009.9.24~ 10 64 12 黄色の種 赤い空歩く人
2010.9.24~ 11 169 13 赤い月 赤い地球
小学3年生の時に吉祥寺でスカウトされ芸能界入りします。スターダストプロモーションに所属。
2017年度下半期『わろてんか』のヒロイン役を演じた「葵わかな」とは同じ事務所でデビュー当時から仲が良いそうです。

2009年に公開の映画『ハード・リベンジ、ミリー ブラッディバトル』で子役としてデビュー。
2010年にドラマ『ハガネの女』の主人公・芳賀稲子(吉瀬美智子)の小学生時代の役を演じます。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近にスカウトされ芸能界入り。子役としてデビューします。

連続ドラマ初主演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2013.9.24~ 14 224 3 黄色の種 白い風
2015.9.24~ 16 174 5 白い魔法使い 白い犬
2016.9.24~ 17 19 6 青い嵐 白い魔法使い
2013年に大河ドラマ『八重の桜』の山川常盤の少女期を演じます。
2015年に映画『俺物語!!』のヒロイン役にオーディションを勝ち抜き抜擢。
2016年に連続ドラマ『こえ恋』で初主演。
同年、雑誌『Seventeen』(集英社)のモデルとして活動を始めます。

ウェブスペルの色が白色の前半に大河ドラマ『八重の桜』に出演。
白色の半ばに連続ドラマで初主演

連続ドラマ初主演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.9.24~ 17 19 6 青い嵐 白い魔法使い
2017.9.24~ 18 124 7 黄色の種 白い鏡
2017年6月にオーディション参加者2,366人からヒロイン・楡野鈴愛(にれの すずめ)役に選ばれます。
2018年度上半期NHK連続テレビ小説『半分、青い。』が放送されます。

脚本は北川悦吏子による書き下ろしによるオリジナルストーリーです。

ウェブスペルの色が白色の半ばに朝ドラ『半分、青い。』のヒロイン・楡野鈴愛役に選ばれます。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2021.9.24~ 22 24 11 黄色の種 白い魔法使い
2022.9.24~ 23 129 12 赤い月 白い鏡
2023.9.24~ 24 234 13 白い魔法使い 白い風
永野芽郁の現在は、ウェブスペルの色が白色の最後付近に当たります。
22才の時はKin24。柔軟な感性の持ち主で素直な考えが出来る年です。

  • 音11は、オリジナリティが高く、独自の道を歩むエネルギーの強いです。
  • 黄色い種は、物事の根本的な原因、本質を最初から納得できるまで追究したくなります。他人の良いところを見つけ開花させるのに向いています。
  • 白い魔法使いは、人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたりできます。常にベストを尽くし、きっちり仕事をします。

勢いが増しているときこそタヅナを引き締めること。

永野芽郁のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみると

赤色の最後付近にスカウトされ芸能界入り。子役としてデビューします。
白色の前半に大河ドラマ『八重の桜』に出演。
白色の半ばに連続ドラマで初主演。朝ドラ『半分、青い。』のヒロイン・楡野鈴愛役。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

ヒコロヒー
ヒコロヒーは、日本の女性お笑いタレント。芸風は仕掛けに頼らない一人コント。2021年から初の冠番組『キョコロヒー』が始まるなどテレビ出演が増え、2021年ブレイクタレントランキングで5位。

続きを読む


五島昇
五島昇(ごとう のぼる)は、日本の実業家。東急創業者の五島慶太の長男。拡大した東急グループを再編し、本業である鉄道業や運輸業と関連性の高い事業に特化。鉄道敷設を行うほか、沿線のリゾートや宅地開発に関しては父慶太が立案した通りに忠実にやり遂げます。

続きを読む


ウィル・スミス
ウィル・スミスは、、アメリカ合衆国の俳優、映画プロデューサー、ラッパー。俳優をする前はラッパーとして活動。その後、テレビ、映画に俳優として進出。出演作はジャンルを問わずメガヒットを放つ、アメリカを代表する「ドル箱俳優」のひとり。

続きを読む


前野朋哉
前野朋哉(まえの ともや)は日本の俳優、映画監督。大阪芸術大学で映画制作に携わります。役者業を勧められ続けます。2016年にCM『au三太郎シリーズ』で一寸法師役で出演し知られる存在になります。

続きを読む


トミー・リー・ジョーンズ
トミー・リー・ジョーンズは、、アメリカ合衆国の俳優。俳優デビュー後はしばらく役に恵まれず、下積みが長く続きます。『逃亡者』でアカデミー助演男優賞を受賞。『メン・イン・ブラック』でK役。サントリーBOSSのCM『宇宙人ジョーンズの地球調査シリーズ』に長く出演。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin054)

スカルノ
スカルノは、インドネシア共和国の初代大統領。デヴィ夫人の夫。オランダの植民地時代からインドネシアを独立に大きく関与した人物です。

続きを読む


門脇麦
門脇麦(かどわき むぎ)は、日本の女優。バレリーナを目指していたが断念し女優の道へ進みます。映画『愛の渦』や『闇金ウシジマくん Part2』などの演技が高く評価され以降数多くのドラマや映画に出演。

続きを読む


船越英一郎
船越英一郎の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。船越英一郎(ふなこし えいいちろう)は、日本の俳優、タレント、司会者。元妻は松井一代。2時間ドラマ、サスペンスドラマに多く出演し、「2時間ドラマの帝王」の異名を持ちます。

続きを読む


江角マキコ
江角マキコ(えすみ まきこ)は、日本の元女優。バレーボールの実業団で活躍。その後、女優に転身。ドラマ『ショムニ』で主演を務め大ヒット。2017年1月に芸能界を引退。

続きを読む


カズオ・イシグロ
カズオ・イシグロは、長崎県出身の日系イギリス人作家です。2017年にノーベル文学賞を受賞しました。

続きを読む


関連記事 (女優)

沢尻エリカ
沢尻エリカ(さわじり エリカ)は、日本の女優、歌手。女優デビュー後に歌手デビュー。2作連続で首位を獲得。その後、舞台挨拶で不機嫌そうな振舞いを行い世間・マスコミよりバッシングを受けます。

続きを読む


藤原紀香
藤原紀香(ふじわら のりか)は、女優、モデル、タレント。第24回ミス日本グランプリ受賞。夫は歌舞伎俳優・片岡愛之助。前の夫は陣内智則。

続きを読む


石田ひかり
スカウトをうけアイドル歌手、女優としてデビュー。朝の連続テレビ小説『ひらり』のヒロイン、大林宣彦監督の映画『ふたり』『はるか、ノスタルジィ』で主演。姉は女優の石田ゆり子。

続きを読む


夏目雅子
夏目雅子さんは、女優として映画やテレビなどで活躍し、映画「鬼龍院花子」の「なめたらいかんぜよ!」は当時の流行語となります。大女優と期待されるが白血病になり若くして亡くなりました。

続きを読む


余貴美子
余貴美子(よ きみこ)は、日本の女優。高校を卒業してから劇団に入団。その後、東京壱組を結成。東京壱組は解散後は活躍の場をTVや映画に移します。代表作に『おくりびと』『ディア・ドクター』などあります。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ