732 views

国際派俳優「渡辺謙」の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 渡辺謙

記事公開日:2016年10月04日
最終更新日:2017年04月06日

渡辺謙

渡辺謙(わたなべ けん)は、俳優。

大河ドラマ『独眼竜政宗』で主演、一躍有名俳優となります。
しかし白血病を発病し闘病と復帰を繰り返します。
2000年に入りアメリカ映画『ラストサムライ』に出演し世界的に高い評価を得ます。
その後映画で主演を演じるようになります。

このページでは渡辺謙の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
杏(あん)、東出昌大、渡辺謙さんの誕生日占いと相性占いを診断はこちら

渡辺謙(わたなべ けん)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1959年10月21日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin41です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い竜 黄色い太陽 音2
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い空歩く人
互いに学びあう 反対kin 青い猿
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い太陽
以てるもの同士の類似kin 白い鏡
鏡の向こうのもう一人の自分 kin220
絶対反対kin kin171

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音2」はパワーが強い人で、衝突するような体験が多い人生を送ります。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。組織の中でも決断を行うキーパーソンとなる役割が多い人です。

「黄色い太陽」は、小さい頃からしっかり者で明るく、決めたことは最後までやりとおします。「責任」に反応しますので、物事をまかされると力を発揮します。自分中心(太陽中心)と無意識で思っているようで、 多少のことは気にしません。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

ひとことでいえばKin41の誕生日占いは、一つの事をやり続けると成功するタイプです。浮き沈みの激しい面もあります。時に従い周囲に従い初めて自分の場所に立つ。

広告

渡辺謙(わたなべ けん)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

共に教師をしていた両親の元に生まれる。
両親の転勤で幼少期を入広瀬村、守門村(ともに魚沼市)、高田市(上越市)で過ごす。
中学生の時、父が病に倒れ仕事が出来なくなり大学への進学は断念する。
現在、父の渡辺亮一は画家として活動している。

テレビデビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1977.10.21~ 18 111 7 青い猿 赤い蛇
1978.10.21~ 19 216 8 黄色い戦士 赤い月
1981.10.21~ 22 11 11 青い猿 赤い竜
1982.10.21~ 23 116 12 黄色い戦士 赤い蛇

1978年 演劇集団 円の附属の研究所に入所
1982年 演劇集団 円の劇団員に昇格、『未知なる反乱』でテレビデビュー

ウェブスペルの色が赤色の半ばに演劇集団 円の附属の研究所に入所
赤色の最後付近に演劇集団 円の劇団員に昇格。テレビデビュー

映画デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1983.10.21~ 24 221 13 赤い竜 赤い月
1984.10.21~ 25 66 1 白い世界の橋渡し 白い世界の橋渡し
1985.10.21~ 26 171 2 青い猿 白い犬
1986.10.21~ 27 16 3 黄色い戦士 白い魔法使い
1987.10.21~ 28 121 4 赤い竜 白い鏡
1983年 前妻と結婚。2人の間には、第1子(長男)の渡辺大は俳優、第2子(長女)の杏は女優・ファッションモデルとして活躍

1984年 『瀬戸内少年野球団』で映画デビュー
1985年 映画『タンポポ』に準主役級で出演
1986年 映画『海と毒薬』に準主役級で出演
1986年 NHK朝の連続テレビ小説『はね駒』に出演
1987年 NHK大河ドラマ『独眼竜政宗』で主演。39.7%という大河ドラマ史上最高の平均視聴率を獲得。

ウェブスペルの色が白色始め頃から、主役級の仕事がたて続きに入ります。

闘病・復帰

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1988.10.21~ 29 226 5 白い世界の橋渡し 白い風
1989.10.21~ 30 71 6 青い猿 白い世界の橋渡し
1990.10.21~ 31 176 7 黄色い戦士 白い犬
1992.10.21~ 33 126 9 白い世界の橋渡し 白い鏡
1993.10.21~ 34 231 10 青い猿 白い風

1989年 急性骨髄性白血病を発症。約1年の闘病
1990年 仕掛人・藤枝梅安を中心に活動
1993年 NHK大河ドラマ『炎立つ』に再び主演、完全復活をアピール。
1994年 白血病が再発。翌年復活。

ウェブスペルの色が白色の半ばに白血病のため闘病。
白色の後半に大河ドラマ『炎立つ』で復活をアピール。しかし翌年病気が再発。翌々年に復帰。

方向性の模索

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1994.10.21~ 35 76 11 黄色い戦士 白い世界の橋渡し
1999.10.21~ 40 81 3 赤い竜 青い嵐
2000.10.21~ 41 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
2001.10.21~ 42 31 5 青い猿 青い手

1995年 ドラマ『御家人斬九郎』で主演。2002年まで
2000年 『池袋ウエストゲートパーク』に出演
2001年 NHK大河ドラマ『北条時宗』に出演
2002年 元日をもって演劇集団 円を退団、所属をケイダッシュに移す

ウェブスペルの色が青色の始め付近に方向性の模索
青色の半ばに所属事務所を移します。

世界進出と映画初主演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2002.10.21~ 43 136 6 黄色い戦士 青い猿
2004.10.21~ 45 86 8 白い世界の橋渡し 青い嵐
2006.10.21~ 47 36 10 黄色い戦士 青い手
2008.10.21~ 49 246 12 白い世界の橋渡し 青い鷲
2009.10.21~ 50 91 13 青い猿 青い嵐

2003年 映画『ラストサムライ』。第76回アカデミー賞助演男優賞
2005年 前妻と離婚。同年、女優の南果歩と再婚。
2005年 映画『バットマン ビギンズ』『SAYURI』
2005年 TIME誌の表紙にグラビアが掲載。「最もセクシーな外国人男性」に選出。米国における知名度が高い日本人俳優の一人。
2006年 映画『明日の記憶』で映画初主演
2006年 映画『硫黄島からの手紙』で日本国外映画初主演
2009年 映画『沈まぬ太陽』で主演

ウェブスペルの色が青色の半ばに映画『ラストサムライ』に出演し世界的に高い評価を得る
青色の後半から映画で主演を演じるようになります。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.10.21~ 57 46 7 白い世界の橋渡し 黄色い太陽
2017.10.21~ 58 151 8 青い猿 黄色の種
2018.10.21~ 59 256 9 黄色い戦士 黄色い星
渡辺謙の現在は、ウェブスペルの色が黄色の半ばに当たります。
57才の時はKin46。人と人の交流により新しいものを作るのが上手な年です。

  • 音7は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすいです。
  • 白い世界の橋渡しは、野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。
  • 黄色い太陽は、決めたことは最後までやりとおします。物事をまかされると力を発揮します。

十分に力を蓄えよ。

渡辺謙のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の半ばに演劇集団 円の附属の研究所に入所
赤色の最後付近に演劇集団 円の劇団員に昇格。テレビデビュー
白色始め頃から、主役級の仕事がたて続きに入ります。
白色の半ばに白血病のため闘病。
白色の後半に大河ドラマ『炎立つ』で復活をアピール。しかし翌年病気が再発。翌々年に復帰。
青色の始め付近に方向性の模索
青色の半ばに所属事務所を移します。映画『ラストサムライ』に出演し世界的に高い評価を得ます。
青色の後半から映画で主演を演じるようになります。

ヘビースモーカーだそうで、喫煙ルームや喫煙エリアに突然一人で姿を現し、周りを驚かせたこともあるそうです。

2016年に妻の南果歩が乳がんのステージ1の診断により手術。
2017年3月30日に週刊誌で不倫が報じられます。3年近く不倫していたそうです。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

安藤百福
安藤百福(あんどう ももふく)は、台湾出身の実業家、発明家。日清食品の創業者。チキンラーメンとカップヌードルを開発、インスタントラーメン産業の創始者となった。

続きを読む


庵野秀明
庵野秀明(あんの ひであき)は、アニメーター、映画監督、実業家。代表作に『新世紀エヴァンゲリオン』『トップをねらえ!』『ふしぎの海のナディア』などがあります。

続きを読む


島津久光
島津久光(しまず ひさみつ)は、江戸時代末期から明治時代初期にかけての日本の政治家。幕末の薩摩藩における事実上の最高権力者。玄孫(やしゃご)に平成天皇がいます。

続きを読む


樋口一葉
樋口一葉(ひぐち いちよう)は、小説家。わずか1年半で「たけくらべ」「にごりえ」「十三夜」といった作品を発表。しかしわずか24歳6ヶ月で肺結核により死去しました。

続きを読む


阿部正弘
阿部正弘 (あべ まさひろ) は、江戸時代末期に江戸幕府の老中首座を務め安政の改革を行った人物です。日米和親条約を締結し約200年に及ぶ鎖国政策を終結させました。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (俳優)

いかりや 長介さんはザ・ドリフターズのリーダー。「8時だョ!全員集合」や「ドリフ大爆笑」で一世を風靡し、その後は俳優、タレントとして活躍しました。

続きを読む


GACKT(ガクト)
GACKT(ガクト)は、日本の男性シンガーソングライター、俳優。沖縄県出身。「芸能人格付けチェック!」で一流芸能人に分類されるほどの正解率を誇ります。

続きを読む


松崎しげる
松崎しげる(まつざき しげる)は、歌手、俳優、タレント。1970年代の後半に「愛のメモリー」が大ヒット。ドラマ「噂の刑事トミーとマツ」でお茶の間に知れわたります。

続きを読む


堺雅人
堺雅人(さかい まさと)は、俳優、声優。菅野美穂の夫。『リーガルハイ』が当たり役となりシリーズ化される。『半沢直樹』では「倍返しだ!」がブームとなり、新語・流行語大賞大賞を受賞。

続きを読む


吉岡秀隆
吉岡秀隆(よしおか ひでたか)は、日本の俳優、ミュージシャン。ドラマ「北の国から」で黒板純役でレギュラー出演し代表作になった。山田洋次監督作品への出演が非常に多く、ほぼ常連である。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事