887 views

大女優・松坂慶子の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 松坂慶子

記事公開日:2018年04月24日
最終更新日:2019年02月01日

松坂慶子
→ 画像検索はこちら

松坂慶子(まつざかけいこ)は、日本の女優・歌手・司会者・タレント。

日本を代表する大女優。大河ドラマには2018年「西郷どん」で9度目の出演。

このページでは松坂慶子の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

松坂慶子の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1952年7月20日生まれ

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin253です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い空歩く人 黄色い星 音6
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い空歩く人
互いに学びあう 反対kin 青い夜
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い星
以てるもの同士の類似kin 白い世界の橋渡し
鏡の向こうのもう一人の自分 kin8
絶対反対kin kin123

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音6」は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないマイペースさんです。自分の世界を大事にするように、相手の世界も大事にしようと思う人です。束縛されることを嫌います。冷静沈着で危機的状況や連携が必要なときには、存在感が増します。

「黄色い星」は、職人気質で、プロ意識を持っています。やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。自分の居場所、ココロの綺麗な人、とにかく綺麗なものがなんでも好きです。逆に、ごちゃごちゃした環境ではストレスがたまります。

「赤い空歩く人」は、面倒見がよく、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。良識的な人が多く、経験重視の判断をする傾向があります。まとめ役になることも多いのが特徴です。

ひとことでいえばKin253の誕生日占いは、辛抱強く負けず嫌い。プライドがありマイペースなタイプです。自身が揺らぐときこそ、変化への動きを感じる。

広告

松坂慶子の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

日本人の母と韓国人の父の子として生まれます。
母は戸籍が無く、幼少のころに身売りされた過去を持ち、身寄りのない2人は同棲するようになります。

習い事をかけもち

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1960.7.20~ 8 53 1 赤い空歩く人 赤い空歩く人
1964.7.20~ 12 213 5 赤い空歩く人 赤い月
戦後に父の複数の事業が成功。母は慶子にいくつもの習い事をかけもちし、いつしか元気に育っていった。
1960年に「くるみ児童合唱団」に入団
1964年に母の日本の戸籍が回復し慶子を母の戸籍に入れ日本国籍になります。これらの事実は1993年に出版された両親の著書『娘・松坂慶子への「遺言」』で公表されます。

ウェブスペルの色が赤色の始めころ、いくつもの習い事をかけもちし、いつしか元気に育っていった。

大映にスカウト

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1967.7.20~ 15 8 8 黄色い星 赤い竜
1968.7.20~ 16 113 9 赤い空歩く人 赤い蛇
1969.7.20~ 17 218 10 白い鏡 赤い月
1967年、中学3年の時に「劇団ひまわり」に入団。同年、テレビ初出演。水谷豊などもいました。
1969年、高校2年の時に大映にスカウトされ、映画で初主演します。

ウェブスペルの色が赤色の後半に大映にスカウトされ映画に出演します。

国盗り物語

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1972.7.20~ 20 13 13 赤い空歩く人 赤い竜
1973.7.20~ 21 118 1 白い鏡 白い鏡
1974.7.20~ 22 223 2 青い夜 白い風
1975.7.20~ 23 68 3 黄色い星 白い世界の橋渡し
1972年に松竹に移籍。
1973年に大河ドラマ『国盗り物語』で濃姫を演じて広く知られます。
1975年に時代劇『江戸を斬る』に出演。

ウェブスペルの色が白色に変わったタイミングで『国盗り物語』に出演し広く知られます。

愛の水中花

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1978.7.20~ 26 123 6 青い夜 白い鏡
1979.7.20~ 27 228 7 黄色い星 白い風
1980.7.20~ 28 73 8 赤い空歩く人 白い世界の橋渡し
1978年に映画『事件』では清純派からの脱皮を果たします。
1979年にテレビドラマ『水中花』に主演。自らが歌う主題歌「愛の水中花」が大ヒットし、歌手としての人気も確立します。

ウェブスペルの色が白色の後半に主題歌「愛の水中花」が大ヒット。歌手としての人気も確立。

大女優の仲間入り

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1985.7.20~ 33 78 13 白い鏡 白い世界の橋渡し
1986.7.20~ 34 183 1 青い夜 青い夜
1987.7.20~ 35 28 2 黄色い星 青い手
1980年代に入ると『青春の門』、『男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎』、『蒲田行進曲』、『人生劇場』、『火宅の人』などの映画や、テレビドラマでは『春の波涛』などの作品に立て続けに主演・出演。名実ともに大女優の仲間入りをします。
この頃の深作欣二が監督する映画・テレビドラマに多く出演します。

ウェブスペルの色が青色に変わったころには多くの映画、テレビドラマに出演し名実ともに大女優の仲間入りをします。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1989.7.20~ 37 238 4 白い鏡 青い鷲
1990.7.20~ 38 83 5 青い夜 青い嵐
1991.7.20~ 39 188 6 黄色い星 青い夜
1990年にジャズギタリストの高内春彦(ハル高内)と結婚。2女に恵まれます。
複雑な家庭環境、格差婚など様々な憶測を呼びました。

ウェブスペルの色が青色の半ばに結婚、2女に恵まれます。

さくら伝説

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.7.20~ 48 93 2 赤い空歩く人 黄色い人
2001.7.20~ 49 198 3 白い鏡 黄色い戦士
2002.7.20~ 50 43 4 青い夜 黄色い太陽
2000年に東京電話のCMでは大根を持った主婦をコミカルに演じ、新境地を拓きます。
2002年に写真集『さくら伝説 -松坂慶子写真集』を発表。50歳とは思えない美貌と肌の美しさで、大きな話題を呼びます。
2009年に紫綬褒章を受章。

ウェブスペルの色が黄色の前半に写真集『さくら伝説』を発表し大きな話題を呼びます。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2017.7.20~ 65 58 6 白い鏡 赤い空歩く人
2018.7.20~ 66 163 7 青い夜 赤い地球
2019.7.20~ 67 8 8 黄色い星 赤い竜
松坂慶子の現在は、ウェブスペルの色が赤色の半ばに当たります。
66才の時はKin163。自分の思い込みが原動力になる年です。

  • 音7は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすいです。
  • 青い夜は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、いつもより頑張れます。
  • 赤い地球は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。

外に向かうより内側を安定。

池上彰のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の始めころ、いくつもの習い事をかけもちし、いつしか元気に育っていった。
赤色の後半に大映にスカウトされ映画に出演します。
白色に変わったタイミングで大河ドラマ『国盗り物語』に出演し広く知られます。
白色の後半に主題歌「愛の水中花」が大ヒット。歌手としての人気も確立します。
青色に変わったころには多くの映画、テレビドラマに出演し名実ともに大女優の仲間入りをします。
青色の半ばに結婚、2女に恵まれます。
黄色の前半に写真集『さくら伝説』を発表し大きな話題を呼びます。

大河ドラマに多く出演。2018年に西郷どんに出演。9回目の大河ドラマ出演になります。
12回の西田敏行、10回の石坂浩二、9回の高橋英樹に並びます。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

芳根京子
芳根京子(よしね きょうこ)は、日本の女優。朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』で主演。2018年に日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

続きを読む


マイケル・デル
マイケル・デルは、アメリカの実業家。デルの創設者にして会長兼最高経営責任者。コンピュータ業界初の直販制度で急成長を遂げます。

続きを読む


せんだみつお
せんだみつおは、日本のタレント、コメディアン。1970年代にラジオ番組・テレビ番組の人気司会者。「ナハッナハッ」のギャグで有名。余興で行われる「せんだみつおゲーム」でも有名。

続きを読む


榎木孝明
榎木孝明(えのき たかあき)は、日本の俳優、水彩画家。NHK朝の連続小説『ロマンス』で主演でテレビデビュー。『浅見光彦シリーズ』で主役の浅見光彦役は当たり役と評されます。

続きを読む


高橋克実
高橋克実(たかはし かつみ)は、日本の俳優、マルチタレント、司会者。愛称は「カッツミー」。ドラマ『ショムニ』に出演しブレイク。バラエティ番組『トリビアの泉』の司会を務め全国区の認知度を獲得。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin253)

島津久光
島津久光(しまず ひさみつ)は、江戸時代末期から明治時代初期にかけての日本の政治家。幕末の薩摩藩における事実上の最高権力者。玄孫(やしゃご)に平成天皇がいます。

続きを読む


假屋崎省吾
假屋崎省吾(かりやざき しょうご)は、日本のフラワーアーティスト。要人や式典で花の総合プロデュース。花の教室を主宰、個展開催、タレント、本の出版など多岐にわたり活躍しています。

続きを読む


藤田ニコル
藤田ニコル(ふじた ニコル)は、日本のファッションモデル、タレント、声優。ニコラモデルオーディションでグランプリを獲得。年齢を重ね『nicola』『Popteen』『ViVi』と専属モデルを務めます。

続きを読む


関連記事 (女優)

加賀まりこ
加賀まりこ(かが まりこ)は日本の女優、司会者。長く女優として活躍。デビュー以来、奔放な言動でマスコミを賑わせ「小悪魔」などと呼ばれます。芸能界屈指の雀士としても知られます。

続きを読む


黒木瞳
黒木瞳(くろき ひとみ)は、日本の女優、タレント、歌手、映画監督。元宝塚歌劇団月組トップ娘役。宝塚歌劇団を退団後、芸能界に転身。映画『失楽園』に出演し知名度は一気に上昇。活躍の場を広げます。

続きを読む


広末涼子
広末涼子(ひろすえ りょうこ)は、日本の女優。かつては歌手としても活動していた。NTTドコモポケベルのCMで一躍有名になり歌手として、女優として活躍します。

続きを読む


常盤貴子
常盤貴子(ときわ たかこ)は女優。1990年代から多くのテレビドラマに主演。出演作の全てがヒットし「連ドラの女王」と呼ばれます。2009年には劇作家・演出家・俳優の長塚圭史と結婚します。

続きを読む


中村勘九郎と前田愛
中村勘九郎と前田愛は2009年10月に結婚した夫婦です。2人は2001年に放送されたドラマ「光の帝国」での共演で知り合い交際を開始します。2011年に長男、2013年に次男が誕生します。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事