1,767 views

女優・中村玉緒の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 中村玉緒

記事公開日:2018年05月12日
最終更新日:2021年02月16日

中村玉緒
→ 画像検索はこちら

中村玉緒(なかむらたまお)は、日本の女優、タレント。

歌舞伎界の名門の出身。若くして女優デビューしますが陽の目は当たりませんでした。
その後、テレビドラマの脇役として評価を得ます。
1990年代からバラエティ番組やテレビCMに出演するようなり、主演ドラマや主演舞台もこなすようになります。

このページでは中村玉緒(なかむらたまお)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

中村玉緒の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1939年7月12日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin180です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い太陽 白い犬 音11
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い太陽
互いに学びあう 反対kin 白い犬
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い竜
以てるもの同士の類似kin 青い嵐
鏡の向こうのもう一人の自分 kin81
絶対反対kin kin50

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音11」は、オリジナリティが高く、自分のスタンスやスタイルを崩さず、独自の道を歩むエネルギーの強い人です。常に自分自身の中に、堅実さと奔放さなど相反する要素を持っています。強い破壊力の持ち主で良くも悪くも、事をやり遂げるためには手段を選びません。「改革者」という言葉が似合う人です。

「白い犬」は、正直すぎる人で、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝える、やさしく厳しい人です。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。家族のためなら、自分を犠牲にしても家族を守ります。

「黄色い太陽」は、小さい頃からしっかり者で明るく、決めたことは最後までやりとおします。「責任」に反応しますので、物事をまかされると力を発揮します。自分中心(太陽中心)と無意識で思っているようで、 多少のことは気にしません。

ひとことでいえばKin180の誕生日占いは、多くの才能に恵まれているタイプです。内面を満たそう。体裁を整える前に中身を充実すること。

Kin番号からの交渉能力の高さが実業家に転身したあと発揮されたんですかね。

広告

中村玉緒の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

京都市で生まれます。父は歌舞伎俳優の二代目中村鴈治郎。
歌舞伎界の名門の出身です。旧芸名は林玉緒(はやし たまお)。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1953.7.12~ 14 90 12 白い犬 青い嵐
1954.7.12~ 15 195 13 青い鷲 青い夜
1955.7.12~ 16 40 1 黄色い太陽 黄色い太陽
1953年に映画初出演するが、そのあとはお呼びがかからなかった。
1954年に親戚で大映の重役も兼ねていた長谷川一夫に頼み込んで大映に入社。
娘役で出演した映画は全て中村玉緒が売れるきっかけにはならなかった。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に娘役で女優デビューしますが陽の目は当たりませんでした。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1962.7.12~ 23 255 8 青い鷲 黄色い星
1963.7.12~ 24 100 9 黄色い太陽 黄色い人
1964.7.12~ 25 205 10 赤い蛇 黄色い戦士
1962年に俳優の勝新太郎と結婚。
結婚し本名は奥村玉緒(おくむら たまお)になります。
2人の子の長男は俳優の鴈龍(奥村雄大)、長女は奥村真粧美。
勝新太郎が亡くなる1997年まで夫婦でした。

ウェブスペルの色が黄色の後半に勝新太郎と結婚します。

転機

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1973.7.12~ 34 110 6 白い犬 赤い蛇
1974.7.12~ 35 215 7 青い鷲 赤い月
1975.7.12~ 36 60 8 黄色い太陽 赤い空歩く人
1970年代になりテレビドラマの脇役として出演したのが転機となります。
痛々しく健気な母親役を得意とし、評価を得ます。中村玉緒は女優として徐々に評価を高めていきます。

ウェブスペルの色が赤色の半ばころからテレビドラマの脇役として出演し女優として転機となります。

天然キャラ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1994.7.12~ 55 235 1 青い鷲 青い鷲
1995.7.12~ 56 80 2 黄色い太陽 青い嵐
1996.7.12~ 57 185 3 赤い蛇 青い夜
1994年に明石家さんま司会のバラエティ番組『明石家多国籍軍』などにおいて、強烈な天然ボケキャラクターで人気を得ます。
以降、さんまが司会を務める番組の常連出演者になります。
この頃より長者番付に名を連ね、主演ドラマや主演舞台もこなすようになります。

ウェブスペルの色が青色の始めの年より、さんまが司会を務める番組の常連出演者になります。

タレント活動

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.7.12~ 59 135 5 青い鷲 青い猿
2002.7.12~ 63 35 9 青い鷲 青い手
本職は女優ですが、1990年代からバラエティ番組やテレビCMに出演するようなります。

1998年に、バンダイの「たまごっちシリーズ」のキャラクターになり、「玉緒っち」の愛称で人気を得ます。
2002年にサミーよりパチンコ「CR玉緒でドッカン!!」を発表。中村玉緒自身パチンコ好きとしてカメラに収められることもあった。

ウェブスペルの色が青色の半ばころからテレビ以外でもタレントとして活動を行うようになります。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.7.12~ 80 260 13 黄色い太陽 黄色い星
2020.7.12~ 81 105 1 赤い蛇 赤い蛇
2021.7.12~ 82 210 2 白い犬 赤い月
中村玉緒の現在は、ウェブスペルの色が赤色の変わったタイミングに当たります。
81才の時はKin105。周囲に耳を傾けることで考えがはっきりする年です。

  • 音1は、迷いのない決断力のあり即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。
  • 赤い蛇は、よくも悪くも執着心が強く、あきらめない執念を持っています。

困難を解消するために希望をもとう。

中村玉緒のまとめ

個人Kin年表のウェブスペルの色から人生をみてみると

青色の最期付近に娘役で女優デビューしますが陽の目は当たりませんでした。
黄色の後半に勝新太郎と結婚します。
赤色の半ばころからテレビドラマの脇役として出演。女優としての転機となります。
青色の始めの年より、さんまが司会を務める番組の常連出演者になります。
青色の半ばころからテレビ以外でもタレントとして活動を行うようになります。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

大橋悠依
大橋悠依(おおはし ゆい)は、日本の競泳選手。専門は個人メドレー。2020年東京オリンピック400m個人メドレーの金メダリストです。

続きを読む


新井恵理那
新井恵理那(あらい えりな)は、日本のフリーアナウンサー、タレント。アメリカ生まれの帰国子女。2009年にミス青学のグランプリを受賞。大学卒業後はフリーアナウンサーとして活躍。活動の場を広げ2019年上半期にはTV番組出演本数ランキング女性部門で首位を獲得。

続きを読む


スザンヌ
福岡を中心にローカルタレントとして活動後に上京。クイズ番組 『クイズ!ヘキサゴンII』に出演し珍解答を連発。「おバカタレント」の代表格としてバラエティ番組への出演が急増。

続きを読む


佐藤二朗
佐藤二朗(さとう じろう)は、日本の俳優、脚本家、映画監督。演劇ユニット「ちからわざ」を旗揚げし脚本、出演を担当。映像作品では個性豊かなトリッキーな役どころで活躍。

続きを読む


土屋アンナ
土屋アンナ(つちや アンナ)は、日本のモデル、歌手、女優。タレントとしてテレビ等に出演するほか、モデル、女優、歌手としても活動。映画『下妻物語』では深田恭子とW主演し8つの映画賞を受賞。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin180)

相葉雅紀
相葉雅紀(あいば まさき)は、歌手、俳優、タレント、司会者であり、男性アイドルグループ・嵐のメンバー。

続きを読む


今村昌平
今村昌平(いまむら しょうへい)は、日本の映画監督、脚本家。カンヌ国際映画祭で2度のグランプリを受賞した日本を代表する映画監督の一人。日本映画学校(現・日本映画大学)の創設者。

続きを読む


夏菜
夏菜(なつな)は、日本の女優、タレント。2012年に連続テレビ小説『純と愛』のヒロインに2258名から抜擢され狩野純役を務めた。

続きを読む


関連記事 (タレント)

峰竜太
峰竜太(みね りゅうた)は、日本の俳優、タレント。妻は海老名美どり。元石原プロ所属の俳優。『大都会』や『西部警察』に出演。異色のソフト路線タレント・司会者として、多くの番組で重宝されます。その後独立。

続きを読む


石坂浩二
石坂浩二(いしざか こうじ)は、日本の俳優・タレント・司会者など。NHK大河ドラマでは『天と地と』を皮切りに『元禄太平記』、『草燃える』と3作品で主演を務めた。

続きを読む


ローラ
ローラは、日本で活動するバラエティタレント、ファッションモデル、歌手。会話の合間にペロッと舌を出したり頬を膨らませたり、タメ口で接するキャラクターで知られています。

続きを読む


関連記事 (女優)

夏目雅子
夏目雅子さんは、女優として映画やテレビなどで活躍し、映画「鬼龍院花子」の「なめたらいかんぜよ!」は当時の流行語となります。大女優と期待されるが白血病になり若くして亡くなりました。

続きを読む


桜井日奈子
桜井日奈子(さくらい ひなこ)は、日本の女優、モデル、タレント。「岡山美少女・美人コンテスト」でグランプリを獲得し芸能界デビュー。CMに出演し人気が拡大。その後、女優としてデビュー。2018年より「桃太郎のまち岡山大使」。

続きを読む


宮沢りえ
宮沢りえ(みやざわ りえ)は、日本の女優、ファッションモデル、歌手。1987年、14才の時にCM『三井のリハウス』の初代リハウスガール“白鳥麗子”役を務めて注目を集め、トップアイドルの一人となった。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ