1,146 views

女優・中村玉緒の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 中村玉緒

記事公開日:2018年05月12日
最終更新日:2020年01月18日

中村玉緒
→ 画像検索はこちら

中村玉緒(なかむらたまお)は、日本の女優、タレント。

歌舞伎界の名門の出身。若くして女優デビューしますが陽の目は当たりませんでした。
その後、テレビドラマの脇役として評価を得ます。
1990年代からバラエティ番組やテレビCMに出演するようなり、主演ドラマや主演舞台もこなすようになります。

このページでは中村玉緒の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

中村玉緒の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1939年7月12日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin180です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い太陽 白い犬 音11
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い太陽
互いに学びあう 反対kin 白い犬
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い竜
以てるもの同士の類似kin 青い嵐
鏡の向こうのもう一人の自分 kin81
絶対反対kin kin50

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音11」は、オリジナリティが高く、自分のスタンスやスタイルを崩さず、独自の道を歩むエネルギーの強い人です。常に自分自身の中に、堅実さと奔放さなど相反する要素を持っています。強い破壊力の持ち主で良くも悪くも、事をやり遂げるためには手段を選びません。「改革者」という言葉が似合う人です。

「白い犬」は、正直すぎる人で、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝える、やさしく厳しい人です。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。家族のためなら、自分を犠牲にしても家族を守ります。

「黄色い太陽」は、小さい頃からしっかり者で明るく、決めたことは最後までやりとおします。「責任」に反応しますので、物事をまかされると力を発揮します。自分中心(太陽中心)と無意識で思っているようで、 多少のことは気にしません。

ひとことでいえばKin180の誕生日占いは、多くの才能に恵まれているタイプです。内面を満たそう。体裁を整える前に中身を充実すること。

Kin番号からの交渉能力の高さが実業家に転身したあと発揮されたんですかね。

広告

中村玉緒の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

京都市で生まれます。父は歌舞伎俳優の二代目中村鴈治郎。
歌舞伎界の名門の出身です。旧芸名は林玉緒(はやし たまお)。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1953.7.12~ 14 90 12 白い犬 青い嵐
1954.7.12~ 15 195 13 青い鷲 青い夜
1955.7.12~ 16 40 1 黄色い太陽 黄色い太陽
1953年に映画初出演するが、そのあとはお呼びがかからなかった。
1954年に親戚で大映の重役も兼ねていた長谷川一夫に頼み込んで大映に入社。
娘役で出演した映画は全て中村玉緒が売れるきっかけにはならなかった。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に娘役で女優デビューしますが陽の目は当たりませんでした。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1962.7.12~ 23 255 8 青い鷲 黄色い星
1963.7.12~ 24 100 9 黄色い太陽 黄色い人
1964.7.12~ 25 205 10 赤い蛇 黄色い戦士
1962年に俳優の勝新太郎と結婚。
結婚し本名は奥村玉緒(おくむら たまお)になります。
2人の子の長男は俳優の鴈龍(奥村雄大)、長女は奥村真粧美。
勝新太郎が亡くなる1997年まで夫婦でした。

ウェブスペルの色が黄色の後半に勝新太郎と結婚します。

転機

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1973.7.12~ 34 110 6 白い犬 赤い蛇
1974.7.12~ 35 215 7 青い鷲 赤い月
1975.7.12~ 36 60 8 黄色い太陽 赤い空歩く人
1970年代になりテレビドラマの脇役として出演したのが転機となります。
痛々しく健気な母親役を得意とし、評価を得ます。中村玉緒は女優として徐々に評価を高めていきます。

ウェブスペルの色が赤色の半ばころからテレビドラマの脇役として出演し女優として転機となります。

天然キャラ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1994.7.12~ 55 235 1 青い鷲 青い鷲
1995.7.12~ 56 80 2 黄色い太陽 青い嵐
1996.7.12~ 57 185 3 赤い蛇 青い夜
1994年に明石家さんま司会のバラエティ番組『明石家多国籍軍』などにおいて、強烈な天然ボケキャラクターで人気を得ます。
以降、さんまが司会を務める番組の常連出演者になります。
この頃より長者番付に名を連ね、主演ドラマや主演舞台もこなすようになります。

ウェブスペルの色が青色の始めの年より、さんまが司会を務める番組の常連出演者になります。

タレント活動

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.7.12~ 59 135 5 青い鷲 青い猿
2002.7.12~ 63 35 9 青い鷲 青い手
本職は女優ですが、1990年代からバラエティ番組やテレビCMに出演するようなります。

1998年に、バンダイの「たまごっちシリーズ」のキャラクターになり、「玉緒っち」の愛称で人気を得ます。
2002年にサミーよりパチンコ「CR玉緒でドッカン!!」を発表。中村玉緒自身パチンコ好きとしてカメラに収められることもあった。

ウェブスペルの色が青色の半ばころからテレビ以外でもタレントとして活動を行うようになります。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2017.7.12~ 78 50 11 白い犬 黄色い太陽
2018.7.12~ 79 155 12 青い鷲 黄色の種
2019.7.12~ 80 260 13 黄色い太陽 黄色い星
中村玉緒の現在は、ウェブスペルの色が黄色の最後の年に当たります。
3年連続で黒Kinの年の最後の年です。
80才の時はKin260。大きな会社の社長年です。まとめあげる力を持ちます。

  • 音13は、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことに向いています。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえることができます。
  • 黄色い太陽は、決めたことは最後までやりとおします。物事をまかされると力を発揮します。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

先を争わず控えめに。道は開かれる。

中村玉緒のまとめ

個人Kin年表のウェブスペルの色から人生をみてみると

青色の最期付近に娘役で女優デビューしますが陽の目は当たりませんでした。
黄色の後半に勝新太郎と結婚します。
赤色の半ばころからテレビドラマの脇役として出演。女優としての転機となります。
青色の始めの年より、さんまが司会を務める番組の常連出演者になります。
青色の半ばころからテレビ以外でもタレントとして活動を行うようになります。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

池田勇人
池田勇人(いけだ はやと)は、日本の政治家。第58・59・60代内閣総理大臣。吉田茂の右腕として頭角を現します。総理在任中に所得倍増計画を発表。東京オリンピック開催など、高度経済成長期を代表する政治家。

続きを読む


木村多江
木村多江(きむら たえ)は、日本の女優。ドラマ『リング』『らせん』で山村貞子役で注目を集めます。その後、演じた役柄から「日本一不幸役が板につく女優」と称され、同世代女優とは異なるポジションを確立。

続きを読む


キムラ緑子
キムラ緑子(キムラ みどりこ)は、日本の女優。長く劇団M.O.P.の看板女優として活躍。2000年頃からテレビにも進出。朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』でヒロインの義姉・西門和枝役を演じて一躍注目を集めます。

続きを読む


角田光代
角田光代(かくた みつよ)は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家。読みやすい文体で家族や恋愛をテーマにした作品を発表し若い女性から支持を得ます。『対岸の彼女』で直木賞を受賞。

続きを読む


森口瑤子
森口瑤子(もりぐち ようこ)は、日本の女優。夫は脚本家の坂元裕二。「ミス松竹」に選出され『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』で映画デビュー。鈴木杏樹の次となる相棒の3代目女将に起用。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin180)

小泉八雲
小泉八雲(こいずみ やくも)は、ギリシャ生まれの新聞記者(探訪記者)、小説家、日本研究家。アメリカの出版社の通信員として来日後に日本人の小泉セツと結婚し日本に帰化。著書『怪談』で有名。

続きを読む


古関裕而
古関裕而(こせき ゆうじ)は、日本の作曲家。数多くの応援歌、行進曲の作曲を手がけ、和製スーザと呼ばれた人物。作曲した曲は5千曲に及ぶ。2020年の連続テレビ小説「エール」の主人公は古関がモデル。

続きを読む


夏菜
夏菜(なつな)は、日本の女優、タレント。2012年に連続テレビ小説『純と愛』のヒロインに2258名から抜擢され狩野純役を務めた。

続きを読む


関連記事 (タレント)

はるな愛
はるな愛(はるな あい)は、日本のニューハーフ、タレント、歌手、俳優、実業家。本名は大西賢示(おおにし けんじ)。2008年下半期頃から松浦亜弥の口パクモノマネで大ブレイク。

続きを読む


美保純
美保純(みほ じゅん)は、日本の女優、タレント、コメンテーター。日活ロマンポルノの女優としてデビュー。親しみやすいキャラクターで人気を博し、映画、ドラマ、バラエティなど幅広く活躍。

続きを読む


森本レオ
森本レオ(もりもと レオ)は、日本の俳優、ナレーター、タレント。「脱力系」の芸能人の代表格として挙げられる人物。ダチョウ倶楽部の肥後克広のモノマネレパートリーの1人としても有名。

続きを読む


関連記事 (女優)

浅野温子
浅野温子(あさの あつこ)は、日本の女優。1976年にオーディションに合格し映画デビュー。1991年にはテレビドラマ『101回目のプロポーズ』で武田鉄矢と共に主演。最高視聴率36.7%の高視聴率を記録

続きを読む


桃井かおり
桃井かおり(ももい かおり)は、日本の女優。1975年にドラマ『前略おふくろ様』でお茶の間にブレイク。2005年からハリウッドに活動の場を広げます。

続きを読む


草笛光子
草笛光子(くさぶえ みつこ)は、日本の女優。日本ミュージカル界のパイオニアとして活躍。テレビ、映画、舞台でコンスタントに活躍します。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事